ロト 7 当たっ て いる かな。 宝くじ、ロト7が当選しない

宝くじ、ロト7が当選しない

ロト 7 当たっ て いる かな

ネットから購入した宝くじで実際に高額当選した人は存在しますし、数億円の高額当選金が当たった人も存在します。 宝くじ公式サイトからのネット購入で実際に出た高額当選金 【宝くじ公式サイト】が始まったのが2018年10月からなんで、ジャンボ宝くじ系をネットで購入して当選したという人の情報はほとんど見当たらないのですが、 平成30年12月31日に抽せんが行われた『年末ジャンボ宝くじ(第770回全国自治宝くじ)』で、初めて【宝くじ公式サイト】から1等・前後賞合わせて10億円の高額当せんが出たことが公表されています。 また、宝くじの中でもナンバーズは2014年1月から、ロトは2016年1月から特定の取扱金融機関でネット販売が始まっており、ネットで販売している銀行の中には『高額当せんのお知らせ』といった情報を公開している場合もあります。 宝くじのネット販売で公表された高額当選金額 で、ここからは宝くじのネット販売取扱金融機関が公表した高額当せんの情報を参照させてもらい、実際に出た高額当選金額をまとめてみました。 【みずほ銀行|宝くじラッキーライン】から出た宝くじ高額当選金 宝くじの種類 等賞 当せん金額 第719回全国 ドリームジャンボミニ 1等 1億円 第724回全国 サマージャンボミニ 1等 1億円 第2542回近畿 夏・キラキラくじ 1等 6,000万円 第2542回近畿 夏・キラキラくじ 1等前後賞 1,000万円 2本 第731回全国 年末ジャンボ 2等 1,000万円 2本 第732回全国 年末ジャンボミニ 2等 1,000万円 2本 第737回全国 バレンタインジャンボ 2等 1,000万円 第738回全国 バレンタインジャンボミニ 1等 2,000万円 第744回全国 ドリームジャンボミニ 2等 1,000万円 第755回全国 サマージャンボミニ 2等 1,000万円 第760回全国 東京2020大会協賛くじ 2等 1,000万円 第765回全国 ハロウィンジャンボ 2等 1,000万円 第770回全国 年末ジャンボ 2等 1,000万円 第771回全国 年末ジャンボミニ 1等 3,000万円 第771回全国 年末ジャンボミニ 1等前後賞 1,000万円 2本 第771回全国 年末ジャンボミニ 2等 1,000万円 第772回全国 年末ジャンボプチ 1等 1,000万円 5本 第2413回東京都 初夢くじ 1等 1億5,000万円 第2413回東京都 初夢くじ 1等前後賞 2,500万円 2本 第787回全国 ドリームジャンボ 2等 1,000万円 第787回全国 ドリームジャンボ 3等 100万円 9本 第788回全国 ドリームジャンボミニ 1等 3,000万円 第788回全国 ドリームジャンボミニ 1等前後賞 1,000万円 2本 第788回全国 ドリームジャンボミニ 2等 500万円 第788回全国 ドリームジャンボミニ 3等 100万円 7本 ちなみに【宝くじ公式サイト】がスタートする2018年より前からも、みずほ銀行に普通預金口座がある人は【宝くじラッキーライン】というサービスに登録することで、インターネット・携帯電話・電話を利用して、ジャンボ宝くじ・全国通常宝くじ・届け先住所の都道府県で発売されるブロック宝くじを購入する事が可能でした。 宝くじの種類 等賞 当せん金額 ミニロト 第920回 1等 12,658,300円 ミニロト 第922回 1等 18,147,700円 ミニロト 第935回 1等 17,283,400円 ミニロト 第955回 1等 13,043,900円 2口 ミニロト 第959回 1等 10,635,900円 ミニロト 第966回 1等 14,329,400円 ミニロト 第969回 1等 12,973,900円 ミニロト 第979回 1等 40,000,000円 ミニロト 第998回 1等 11,533,000円 ミニロト 第1014回 1等 15,455,500円 ミニロト 第1028回 1等 10,052,800円 ロト6 第1168回 2等 14,103,000円 ロト6 第1172回 2等 12,203,400円 ロト6 第1173回 1等 245,503,400円 ロト6 第1176回 2等 13,642,400円 ロト6 第1187回 2等 11,730,300円 ロト6 第1191回 2等 16,228,300円 ロト6 第1212回 2等 18,797,200円 ロト6 第1254回 2等 10,996,800円 ロト6 第1259回 2等 11,575,700円 ロト6 第1284回 2等 11,765,900円 2口 ロト6 第1348回 1等 113,126,700円 ロト6 第1349回 2等 24,312,300円 ロト6 第1360回 1等 227,332,200円 ロト6 第1363回 2等 11,742,300円 ロト6 第1377回 1等 401,809,500円 ロト7 第210回 1等 81,938,200円 ロト7 第213回 1等 221,975,000円 ロト7 第257回 1等 303,266,300円 ロト7 第310回 2等 12,983,500円 【ジャパンネット銀行】から出た宝くじ高額当選金 宝くじの種類 等賞 当せん金額 ロト6 第1097回 1等 220,816,300円 ロト6 第1189回 1等 200,000,000円 ロト6 第1239回 1等 200,000,000円 ロト6 第1248回 1等 200,000,000円 ロト6 第1258回 1等 200,000,000円 ロト6 第1296回 1等 84,258,400円 2口 ロト6 第1297回 1等 200,000,000円 ロト6 第1299回 1等 259,380,200円 ロト6 第1309回 1等 600,000,000円 ロト7 第217回 1等 366,089,300円 ロト7 第222回 1等 237,488,900円 【楽天銀行】から出た宝くじ高額当選金 宝くじの種類 等賞 当せん金額 ミニロト 第870回 1等 7,642,500円 ミニロト 第871回 1等 7,114,400円 ミニロト 第872回 1等 12,375,800円 ミニロト 第875回 1等 4,770,400円 3口 ミニロト 第879回 1等 12,665,000円 ミニロト 第883回 1等 24,209,500円 ミニロト 第885回 1等 15,847,200円 2口 ミニロト 第886回 1等 16,226,200円 ミニロト 第887回 1等 10,717,100円 ミニロト 第1018回 1等 37,942,900円 ロト6 第1077回 1等 197,901,400円 ロト6 第1106回 1等 35,491,900円 ロト6 第1257回 1等 303,281,400円 ロト7 第156回 1等 259,663,500円 ロト7 第170回 1等 800,000,000円 ロト7 第265回 1等 973,273,800円 ロト7 第307回 1等 1,000,000,000円 宝くじをインターネットで購入できる銀行 先に書いたように平成30年10月から全国自治宝くじ事務協議会による【宝くじ公式サイト】が誕生して、ジャンボ宝くじ等の普通くじとナンバースやロトといった数字選択式宝くじもネット購入が可能となってます。 ただ、スクラッチくじや数字選択式のビンゴ5に関しては従来からある宝くじ売り場でないと購入できません。 なお、 宝くじの中でもナンバースやロトといった数字選択式宝くじは、4、5年ほど前から一部の金融機関の販売サイトでインターネット販売が開始されおり、 それぞれの金融機関に口座がありインターネットバンキングのサービス利用者であればネット購入が可能となってます。 宝くじのネット販売をしている金融機関• まとめ・私見 【宝くじ公式サイト】は運営がスタートしてからまだ1年未満ですし、ネット販売から実際に出た高額当選の全ての公表をしていくのかは分かりません。 ただ、公式サイトが始まったのが2018年10月からで、その直後の11月から12月にかけて発売された『年末ジャンボ宝くじ』でいきなり1等・前後賞合わせて10億円の当せんが出ていることを考えると、これから先もネット購入からの高額当選がけっこう出ると想像できます。 三菱UFJ銀行や三井住友銀行はそれぞれのネット販売から実際に出た高額当選の公表をしていませんが(過去には公表をしていたのかもしれませんが・・・)、 みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行が公表している各々の高額当選の例を見ると、おそらくソコソコ高額当選者が出ているのではと思われます。 また、ジャパンネット銀行と楽天銀行から出た高額当選(ロト系の宝くじ)も1等当選のみを公表しているようで、2等なんかも当然ネット購入からたくさん当選しているものと想像できます。 私見 でも書いているように、平成28年度の宝くじ総売上額の内、インターネット販売による売上額の割合はわずか3. 6%ということなんで、 これから先、宝くじをネットで購入する人の数が伸びていけばそれに比例して、ネット購入から出る高額当選者の数も増えてくるのは疑いの余地がないでしょうね。

次の

ロト7ついに28億円が出た!1人独り占めの秘訣は「偏り」

ロト 7 当たっ て いる かな

スポンサードリンク こうした買い方ではロト7を当てることは困難です。 宝くじ全般はかけた金額の40%~50%くらいしか回収できません。 そのため、高額をかけるほど損をする仕組みになっています。 実際にロト7で当選した方は、10枚購入が多く見られます。 たった10枚と思うかもしれませんが、3000円でワクワクドキドキできるなら安いものでしょう。 パチンコやパチスロだと万単位のお金を失うことが多いです。 ロト7なら自己管理がしやすいです。 ロト7は購入した分以上は負けることはありません。 ワクワクドキドキ料と考えるなら高くはありません。 【LOTO必勝法】 ロト7の買い方を解説 一度に大量買いして負けると悔しいので、ロト7は一度に最高10枚と考えておくといいです。 ロト7で大切なのはコツコツと継続をすることです。 月に2回などと決めておくのがいいです。 ロト7を計画的に購入をすること、コツコツと続けることが大切です。 あとはお小遣いの範囲で楽しむことを徹底し、貯金や借金をしてロト7を購入してはいけません。 無理をするほど外れます。 ロト7はあくまで失っても困らないお金だけを注ぎ込んでください。 あとはロト7当選をワクワクドキドキして待つことが大切です。 ロト7に当たるにしても外れるにしても、夢を感じることが大切なのです。 ロト7が高額で当たった時のどこで受け取りができるのかと受け取りに必要なものをまとめてみた。 ロト7で高額当選した場合、覚えておかなければならないのが受け取り方法です。 1口あたり5万円以下の当選金なら全国の数字選択式宝くじ売り場にて受け取ることができます。 当選券だけを持参すれば交換してもらえます。 1口あたり5万円を超えると、みずほ銀行本支店や全国の受託金融機関等でしか受け取ることができなくなります。 裏面には住所や氏名、電話番号を記載して捺印をしなければなりません。 1口あたり50万円以上の当選金を含む宝くじの受け取りをする場合 本人が確認できる書類として運転免許証や健康保険証の提出が求められます。 印鑑も必要になります。 100万円を超えるようなケースでは手続きに数日間がかかります。 すぐには受け取れないことも覚えておくようにしましょう。 換金が簡単に済むのはATMでロト7を購入した場合であり、受け取りまでが非常にスムーズです。 ロト7の当選金は2営業日以内に自動的に振り込まれ、ロト7に当選した人が行うべき手続きは特にありません。 一千万以上の高額当選をした場合には金融機関から連絡が入って直接本人に電話などで知らせてくれるようになっています。 自らこまめに口座をチェックしていなくても知ることができます。 ロト7の高額が当たった時の使い道ランキングベスト5をまとめてみた。 5位「世界一周旅行」これは生きているうちに叶えたい事ですよね。 写真や映像でしか見た事のない世界遺産や各地の食べ物を、実際に確かめられます。 人生に残る世界一周をすれば、一生の宝になりますし周囲にも自慢出来ますよね。 4位「高級車の購入」いくつも所有するなんて、これもまたドラマや映画の世界ですよね。 テレビに出てくる大富豪になれる可能性なんて一握りですが、その僅かな確率をあなたが叶えましょう。 とはいっても維持費がかかってしまいますので、余裕を持った購入をしましょう。 3位「親にプレゼント」これまで親孝行を出来ずにいた分、苦労させまいと親御さんに分ける方もいらっしゃるでしょう。 旅行や高級レストランに連れていってあげるのがおすすめです。 現金として渡してこそ恩返しと考えるのも良いですよね。 しかし高額であればあるほど、大きな「贈与税」がかかってしまいますので注意が必要です。 2位「マイホーム」これは当選したらまず考え付くのではないでしょうか。 家賃や面積を考えて妥協しなくとも、思い通りの住まいが手に入ってしまうのですから。 とはいっても、こちらも注意が必要です。 税務署から調査が入れば多額の税金を払うパターンもあります。 当選したすぐに「当選証明書」を発行するべきです。 1位は「貯金」でした。 日本人は心配性ですので「何かあった時のために」と、ロト7の当選金でも備えておきたいのでしょう。 ロト7予想ソフトは当たる確率アップに有効か? ロト7とは数字を自分で選ぶ宝くじのことです。 選ぶ数字は1~37の中から異なる数字7つです。 2013年4月からロト7発売がスタート、1口300円から購入出来ます。 ロト7は当選番号の発表後、当選者がいない場合キャリーオーバーされます。 このキャリーオーバーの最高賞金額はなんと10億円にもあります。 夢が広がりますよね。 この10億円は1口での当選金額です。 2口購入していれば20億円になります。 ロト7を予想するソフトが発売されています。 無料で使えるものもあります。 しかし、このソフト本当にロト7当選確率が上がるのか疑問に思っている人も多いと思います。 このシステムの仕組みは過去のロト7当選番号を徹底的に分析して成り立っています。 自分ではなかなか出来ない大量のデータを処理してくれます。 過去のロト7当選番号を偶数と奇数で分けます。 1~19(小)と20~37(大)とで分けたり、当選回数の多い数字と少ない数字で分けたりしそれを組み合わせて最終的な予想をしています。 このようなデータの分析から導きだしているロト7予想ソフトを使うことで当選確立を上げることが出来ます。 しかし誰もが当たる訳ではありません。 そのソフトを使用せずに当選している人もたくさんいます。 使わなくても、使っても絶対がないのが宝くじです。 絶対がなので当選した場合このような大きな金額を手に入れることが出来ます。 ロト7攻略方法!超足し算法とは ロト7をよく購入する人なら知っている人は多いと思いますが、ロト7の当選番号を当てる計算方法として有名なのが超足し算法です。 実績もあり、ロト7で2回から78回の間で75回も当選番号が出たすごい方法です。 この計算により当選番号を当てる方法はいくつかあります。 前回のロト7当選番号を足し引きすると今回の当選番号が出てくる実例もありました。 自分が選ぶ番号を決めるのにこの方法を用いても、もちろんいいでしょう。 しかしこの方法も先ほど説明した実例はあってもそれが自分の時に当たるという保障ではありません。 毎週発表されるロト7当選番号を楽しみにする娯楽でもあります。 その程度に考えて自分の運をためしましょう。 私も年末のみ宝くじを買いますが、その当選番号を楽しみにしています。 もちろん当たったことはありませんが、楽しみの1つなので購入しています。 また、超足し算法で計算し予想した番号を発表しているようなサイトもあります。 お金がかかるサイトもたくさんありました。 ロト必勝法と買い方のコツ!どうしても当てたい方のロト6、ロト7の必勝法とは 1等の当選者が現れないと次回当選時に一定額までキャリーオーバーされるルールがロトには存在します。 そのため1等の賞金を狙うならばこのキャリーオーバーされている時期が狙い目であり、買い方のコツでもあります。 1回でもキャリーオーバーされていれば1億円以上も当選金額が跳ね上がるので、勝った時の影響力も大きくなります。 ただしそのためには申込数字を全て当てる必要性が出てくるので、一定の購入ルールを設ける事が必要です。 このルールの注意点は自分の好きな数字という曖昧な表現ではありません。 誕生日や家の電話番号等容易に変更ができない物の数字を選ぶ点です。 選択に気分的な要素を介入させてしまうと、購入規模が際限なく広がってしまう影響で勝っても利益がでない危険性があります。 そこで決定要素の強い数字のみを購入する事で、勝った時の利益獲得メリットを最大限に活かす方法を採用します。 また複数回に渡る購入をする方は、前回利用した購入ルールを必ず含んだ上で新規番号の購入を検討しましょう。 こうする事で前回応募した番号が当たったといった状況に遭遇しなくなるので、ロトの購入は確固たる数字選択を貫き通す事が必要です。 しかし電話番号や誕生日だけでは番号に規則性があるため、どうしても当選数字に合致しない可能性があります。 この可能性を消すためにはロトの買い方に、一定の数値を加算または減算する方法がお勧めです。 これで0が存在しない電話番号でも10以下の数値で当選する確率が存在するようになるので、必勝法として留意をお勧めします。 ロトは当選数によって獲得賞金が変わる特徴がある為、この様な限定ルールを設ける方法は必然的に獲得賞金を上昇させる事に繋がります。 一方勝つための間口を広げたい方は、誕生日等他人と同じになり易い数値の選択がお勧めです。 凡その計算になりますが同じ誕生日が存在する人は日本国内だけで4千人近くにいます。 ロトの当選者人数は1等から数えて凡そ1万口分存在しています。 全て誕生日で当たりがでる計算ならば、365分の1の確率で当選者が現れる事になります。 こう考えると通常600万分の1万近くの確率よりもはるかに高い計算になるので、買い方のコツとしての実用性は十分に存在します。 この内200名近くは30万円の賞金を獲得できるので、投資額がそんなに高くない人ならば十分に賞金獲得を活かせます。 ですがこういった数値の決定要素が定まらない方は、窓口でクイックピックと呼ばれるコンピューターのランダム選択に委ねるというのも立派な必勝法なので検討してみてくださいね。

次の

【知らなかった!】宝くじが当選した翌年の税金がヤバい?

ロト 7 当たっ て いる かな

スポンサードリンク こうした買い方ではロト7を当てることは困難です。 宝くじ全般はかけた金額の40%~50%くらいしか回収できません。 そのため、高額をかけるほど損をする仕組みになっています。 実際にロト7で当選した方は、10枚購入が多く見られます。 たった10枚と思うかもしれませんが、3000円でワクワクドキドキできるなら安いものでしょう。 パチンコやパチスロだと万単位のお金を失うことが多いです。 ロト7なら自己管理がしやすいです。 ロト7は購入した分以上は負けることはありません。 ワクワクドキドキ料と考えるなら高くはありません。 【LOTO必勝法】 ロト7の買い方を解説 一度に大量買いして負けると悔しいので、ロト7は一度に最高10枚と考えておくといいです。 ロト7で大切なのはコツコツと継続をすることです。 月に2回などと決めておくのがいいです。 ロト7を計画的に購入をすること、コツコツと続けることが大切です。 あとはお小遣いの範囲で楽しむことを徹底し、貯金や借金をしてロト7を購入してはいけません。 無理をするほど外れます。 ロト7はあくまで失っても困らないお金だけを注ぎ込んでください。 あとはロト7当選をワクワクドキドキして待つことが大切です。 ロト7に当たるにしても外れるにしても、夢を感じることが大切なのです。 ロト7が高額で当たった時のどこで受け取りができるのかと受け取りに必要なものをまとめてみた。 ロト7で高額当選した場合、覚えておかなければならないのが受け取り方法です。 1口あたり5万円以下の当選金なら全国の数字選択式宝くじ売り場にて受け取ることができます。 当選券だけを持参すれば交換してもらえます。 1口あたり5万円を超えると、みずほ銀行本支店や全国の受託金融機関等でしか受け取ることができなくなります。 裏面には住所や氏名、電話番号を記載して捺印をしなければなりません。 1口あたり50万円以上の当選金を含む宝くじの受け取りをする場合 本人が確認できる書類として運転免許証や健康保険証の提出が求められます。 印鑑も必要になります。 100万円を超えるようなケースでは手続きに数日間がかかります。 すぐには受け取れないことも覚えておくようにしましょう。 換金が簡単に済むのはATMでロト7を購入した場合であり、受け取りまでが非常にスムーズです。 ロト7の当選金は2営業日以内に自動的に振り込まれ、ロト7に当選した人が行うべき手続きは特にありません。 一千万以上の高額当選をした場合には金融機関から連絡が入って直接本人に電話などで知らせてくれるようになっています。 自らこまめに口座をチェックしていなくても知ることができます。 ロト7の高額が当たった時の使い道ランキングベスト5をまとめてみた。 5位「世界一周旅行」これは生きているうちに叶えたい事ですよね。 写真や映像でしか見た事のない世界遺産や各地の食べ物を、実際に確かめられます。 人生に残る世界一周をすれば、一生の宝になりますし周囲にも自慢出来ますよね。 4位「高級車の購入」いくつも所有するなんて、これもまたドラマや映画の世界ですよね。 テレビに出てくる大富豪になれる可能性なんて一握りですが、その僅かな確率をあなたが叶えましょう。 とはいっても維持費がかかってしまいますので、余裕を持った購入をしましょう。 3位「親にプレゼント」これまで親孝行を出来ずにいた分、苦労させまいと親御さんに分ける方もいらっしゃるでしょう。 旅行や高級レストランに連れていってあげるのがおすすめです。 現金として渡してこそ恩返しと考えるのも良いですよね。 しかし高額であればあるほど、大きな「贈与税」がかかってしまいますので注意が必要です。 2位「マイホーム」これは当選したらまず考え付くのではないでしょうか。 家賃や面積を考えて妥協しなくとも、思い通りの住まいが手に入ってしまうのですから。 とはいっても、こちらも注意が必要です。 税務署から調査が入れば多額の税金を払うパターンもあります。 当選したすぐに「当選証明書」を発行するべきです。 1位は「貯金」でした。 日本人は心配性ですので「何かあった時のために」と、ロト7の当選金でも備えておきたいのでしょう。 ロト7予想ソフトは当たる確率アップに有効か? ロト7とは数字を自分で選ぶ宝くじのことです。 選ぶ数字は1~37の中から異なる数字7つです。 2013年4月からロト7発売がスタート、1口300円から購入出来ます。 ロト7は当選番号の発表後、当選者がいない場合キャリーオーバーされます。 このキャリーオーバーの最高賞金額はなんと10億円にもあります。 夢が広がりますよね。 この10億円は1口での当選金額です。 2口購入していれば20億円になります。 ロト7を予想するソフトが発売されています。 無料で使えるものもあります。 しかし、このソフト本当にロト7当選確率が上がるのか疑問に思っている人も多いと思います。 このシステムの仕組みは過去のロト7当選番号を徹底的に分析して成り立っています。 自分ではなかなか出来ない大量のデータを処理してくれます。 過去のロト7当選番号を偶数と奇数で分けます。 1~19(小)と20~37(大)とで分けたり、当選回数の多い数字と少ない数字で分けたりしそれを組み合わせて最終的な予想をしています。 このようなデータの分析から導きだしているロト7予想ソフトを使うことで当選確立を上げることが出来ます。 しかし誰もが当たる訳ではありません。 そのソフトを使用せずに当選している人もたくさんいます。 使わなくても、使っても絶対がないのが宝くじです。 絶対がなので当選した場合このような大きな金額を手に入れることが出来ます。 ロト7攻略方法!超足し算法とは ロト7をよく購入する人なら知っている人は多いと思いますが、ロト7の当選番号を当てる計算方法として有名なのが超足し算法です。 実績もあり、ロト7で2回から78回の間で75回も当選番号が出たすごい方法です。 この計算により当選番号を当てる方法はいくつかあります。 前回のロト7当選番号を足し引きすると今回の当選番号が出てくる実例もありました。 自分が選ぶ番号を決めるのにこの方法を用いても、もちろんいいでしょう。 しかしこの方法も先ほど説明した実例はあってもそれが自分の時に当たるという保障ではありません。 毎週発表されるロト7当選番号を楽しみにする娯楽でもあります。 その程度に考えて自分の運をためしましょう。 私も年末のみ宝くじを買いますが、その当選番号を楽しみにしています。 もちろん当たったことはありませんが、楽しみの1つなので購入しています。 また、超足し算法で計算し予想した番号を発表しているようなサイトもあります。 お金がかかるサイトもたくさんありました。 ロト必勝法と買い方のコツ!どうしても当てたい方のロト6、ロト7の必勝法とは 1等の当選者が現れないと次回当選時に一定額までキャリーオーバーされるルールがロトには存在します。 そのため1等の賞金を狙うならばこのキャリーオーバーされている時期が狙い目であり、買い方のコツでもあります。 1回でもキャリーオーバーされていれば1億円以上も当選金額が跳ね上がるので、勝った時の影響力も大きくなります。 ただしそのためには申込数字を全て当てる必要性が出てくるので、一定の購入ルールを設ける事が必要です。 このルールの注意点は自分の好きな数字という曖昧な表現ではありません。 誕生日や家の電話番号等容易に変更ができない物の数字を選ぶ点です。 選択に気分的な要素を介入させてしまうと、購入規模が際限なく広がってしまう影響で勝っても利益がでない危険性があります。 そこで決定要素の強い数字のみを購入する事で、勝った時の利益獲得メリットを最大限に活かす方法を採用します。 また複数回に渡る購入をする方は、前回利用した購入ルールを必ず含んだ上で新規番号の購入を検討しましょう。 こうする事で前回応募した番号が当たったといった状況に遭遇しなくなるので、ロトの購入は確固たる数字選択を貫き通す事が必要です。 しかし電話番号や誕生日だけでは番号に規則性があるため、どうしても当選数字に合致しない可能性があります。 この可能性を消すためにはロトの買い方に、一定の数値を加算または減算する方法がお勧めです。 これで0が存在しない電話番号でも10以下の数値で当選する確率が存在するようになるので、必勝法として留意をお勧めします。 ロトは当選数によって獲得賞金が変わる特徴がある為、この様な限定ルールを設ける方法は必然的に獲得賞金を上昇させる事に繋がります。 一方勝つための間口を広げたい方は、誕生日等他人と同じになり易い数値の選択がお勧めです。 凡その計算になりますが同じ誕生日が存在する人は日本国内だけで4千人近くにいます。 ロトの当選者人数は1等から数えて凡そ1万口分存在しています。 全て誕生日で当たりがでる計算ならば、365分の1の確率で当選者が現れる事になります。 こう考えると通常600万分の1万近くの確率よりもはるかに高い計算になるので、買い方のコツとしての実用性は十分に存在します。 この内200名近くは30万円の賞金を獲得できるので、投資額がそんなに高くない人ならば十分に賞金獲得を活かせます。 ですがこういった数値の決定要素が定まらない方は、窓口でクイックピックと呼ばれるコンピューターのランダム選択に委ねるというのも立派な必勝法なので検討してみてくださいね。

次の