浮気調査 メール 復元。 浮気メール2つのパターン|慰謝料を請求できるメール内容とは?|浮気調査ナビ

自分で浮気調査をする方法、意外な浮気調査の仕方とは?

浮気調査 メール 復元

メールを転送する 携帯メールのやり取りは時と場所を選ばず、ちょっとしたヒマさえあればできますので、当然、 浮気相手とのやり取りにも多く使われています。 実際、探偵社に来る人のご相談の中で「浮気相手とのメールのやり取りで気づいた」 と言われることが非常に多いのです。 メールから得られる情報はかなり多く、浮気相手からのメールが特定できれば、メールアドレスや携帯電話番号が分かりますし、 メールアドレスの登録やメール内容によっては、名前や住所、勤務先などが分かることがあります。 それだけに留まらず、実際にターゲットと浮気相手が会う日時、または会った日時や、浮気相手の写真などが、 メールでやり取りされていることも少なくありません。 そんな浮気相手とのメールを見つけた場合、残しておくのが一番です。 記憶したり手書きでメモしたりでも ある程度の情報は残せますが、浮気相手の写真があったら残せませんし、また、デジカメなど写真で相手の携帯電話の画面を写すにしても、 案外至近距離の対象物の撮影は焦点が合わないことが多く、鮮明に残せない可能性があります。 そこで、比較的簡単にメールを他の場所へ移動させる方法を、お教えします。 携帯電話でのメール転送設定 もしかしたら、皆さん自身の携帯電話で使ったことのある機能かもしれない、メール転送機能。 メールボックスにあるメールを、内容そのままに別のメールアドレスへ送信する機能です。 この転送機能を用いて、自分の携帯電話メールアドレス、あるいは、PCメールアドレスに送ってしまおう、という方法です。 まずは、ターゲットの携帯電話にパスワードロックがかかっていないことを確認して下さい。 パスワードロックがかかっていると、そもそも携帯電話の操作自体が不可能となりますので、 メールを転送するどころか、メールの内容を見ることさえも不可能です。 その際は、「 」を参考にして、パスワードロック解除を試して下さい。 次に、ターゲットの携帯電話を扱う必要がありますので、その携帯電話を扱えるだけの知識は必要でしょう。 ターゲットの携帯電話の説明書を読んで、転送方法を覚えておいてください。 他に、友人がターゲットと同じ機種を持っていたら、それを使ってみて操作に慣れておくのも一つの手です。 ターゲットが携帯電話を手放した隙に、直接触ってみて操作に慣れる方法もありますが、 あまり触っているとターゲットに警戒される恐れがありますので、行なう際には充分にご注意下さい。 また、自分の携帯電話をターゲットと同じ機種にしてしまうということも考えられます。 危険を冒さず操作に慣れることができますが、今度はターゲットが皆さんの携帯電話をチェックする恐れがあります (同じ機種だと操作に慣れているため、互いにチェックされやすくなる傾向にあるようです)。 充分に操作ができるようになったら、実際にメール転送を行なってみましょう。 ただし、メールの転送方法は携帯電話の契約会社や機種によって違いますので、あくまで一例としてお読み下さい。 1.ターゲットの携帯電話のメールから、浮気相手からのメール、もしくは、浮気相手に送ったメールを選択する。 2.メールを選択した後、メニューを開いて「転送」という項目を選択する。 もしくは「転送」ボタンを押す。 すると、選択したメール内容が本文に書かれている、宛先なしの新規メールができ上がります。 3.転送メールの送信先に、あなたのメールアドレスを入れます。 この際、メールアドレスは携帯電話、パソコン、どちらでもかまいません。 4.3まで設定を行なったら、メール宛先に皆さんのメールアドレス、メール本文に転送したいメールの内容が入っていると思います。 その後は普通のメールと同じです。 メールを送ってしまえば、送り先にメールが届きます。 転送を行なったあと、ターゲットの携帯電話からメールの送信履歴、宛先履歴を消しておくことを忘れずに。 契約会社(ドコモ、AUなど)や携帯電話のメーカー(NEC、シャープなど)によって操作方法が違うため、それぞれの操作方法に合ったやり方を学んでおく必要があります。 上記の方法はあくまで参考程度のものですので、 必ずターゲットの機種を下調べして、メール転送の方法を習得してから行なって下さい。 同じ契約会社の携帯電話ならば、ほとんどの場合転送が可能ですが(新機種と旧機種など、一部の状況では送ることができない可能性があります)、 基本的に写真の転送については、パソコンメールに送るほうが無難でしょう。 必ず、証拠を残さないように! 携帯電話での見破り方•

次の

LINEトーク履歴を削除されても復元!浮気調査の証拠「見破る技」とは

浮気調査 メール 復元

携帯電話を使った浮気調査では、大前提として絶対にバレてはいけません。 浮気をしている人は、携帯電話やスマートフォンを肌身離さず持ち歩いている人が多いので、バレずに携帯から浮気を探るのが難しいケースもあります。 そのため、無理にパートナーの携帯電話を調べようとはせず、 出来る範囲で浮気調査を行ってください。 ポイント1:LINEのトーク履歴から怪しいトークを探す LINEは、日本でも多くの利用者がいるコミュニケーションアプリです。 浮気調査をする方のなかにもLINEを使っている人は多いと思います。 このLINEを、 パートナーと浮気相手が連絡を取り合うために使っているケースがあります。 そこで、LINEのトーク履歴を調べ、怪しいトーク内容がないか調べます。 浮気相手との連絡をLINEでやっていれば、 「肉体関係を匂わせる」トークを見つけることが出来るかもしれません。 ただし、このLINEのトークを調べる方法には問題点があります。 参考 : ポイント2:携帯電話のバックアップデータを確認する 浮気を疑っている人の目を盗んで携帯電話から浮気の証拠を探すのは、 みなさんが思っている以上に難しい方法です。 相手の目を盗んで携帯をチェックするため、落ち着いてメールや電話帳のデータを検証することができません。 そこで、 携帯電話のデータを落ち着いて確認する方法として、 携帯のバックアップデータを使います。 例えば、iPhoneはiCloudサービスを使って、iPhoneのデータをネットワーク上に保存することができます。 このバックアップデータは、iCloudのアカウントがあれば、パソコンから確認できます。 パソコンにiCloudのアカウントデータを残している人も多いため、自宅のパソコンを確かめてサービスにログインできれば、iPhoneのデータを落ち着いて確認することができます。 参考 : ポイント3:浮気調査アプリを使って浮気の証拠を見つける 浮気調査アプリとは、 スマートフォンで使うアプリケーションの一種です。 この浮気調査アプリを使えば、パートナーが持つスマートフォンから浮気の証拠を見つけるだけでなく、 パートナーの現在地などの浮気調査に役立つ情報を入手することができます。 しかも、 手元にパートナーのスマートフォンを持っておく必要がありません。 浮気調査アプリをパートナーのスマートフォンにインストールさえすれば、あとはアプリをパソコンや自分のスマートフォンから操作すればいいだけです。 一見すると自分で浮気調査をやるなら、浮気調査アプリだけあれば十分だと思いますが、 この浮気調査アプリにも問題点はあります。 浮気調査アプリを勝手に他人のスマートフォンにインストールすると、 「不正指令電磁的記録供用罪」という罪に問われる可能性があります。 そのため、浮気調査アプリを使った浮気調査は、メリットよりデメリットの比重が大きくなります。 どうしても浮気調査アプリを使いたいという人は、絶対に相手に気づかれない方法で、自己責任でアプリを使うしかありません。 携帯電話やスマートフォンは使い慣れているけど、パソコンは苦手という人には、これからご紹介する浮気調査の方法は少し難しいかもしれません。 パソコンを使った浮気調査の方法で、浮気の証拠を発見する可能性が高い2つのポイントをご紹介します。 ポイント1:インターネットブラウザの閲覧履歴をチェックする パソコンを使用する30%以上の人がインターネットサーフィンを目的として、 パソコンを使っています。 また、自分専用のパソコンを持っているという人は、全体の60%以上ということから、自宅で自分のパソコンを使い、ネットサーフィンを楽しむ人が多いということがわかります。 浮気をしている人は、自宅のパソコンから出会い系サイトを利用して、ブラウザ上から出会い系サイトで知り合った異性と連絡を取り合っている人もいます。 こうしたパソコン上で出会い系サイトを使った履歴は、 ブラウザの「閲覧履歴」から確認することができます。 また、ブラウザにはアカウント情報やパスワードを記憶する機能があるので、利用していた インターネットサービスにログインしたままの状態で保存されているケースもあります。

次の

LINEトークを削除しても復元して浮気/不倫を見破る方法・裏ワザは?

浮気調査 メール 復元

パートナーの浮気が怪しいと感じたら、最も浮気の証拠が詰まってそうな、スマホの中を調べたくなることもあるでしょう。 自分ではバレそうなので探偵に調べてほしいと思うかもしれません。 しかし、 探偵の浮気調査ではLINE(ライン)やメールの内容を調査することはできません。 スマホやパソコンの内部を所有者に無断で見る行為は、例え家族であってもプライバシーの侵害にあたるため、もしも見るなら細心の注意を。 ここでは、LINE(ライン)やメールの内容によって、その後の浮気調査が円滑に進むこともあるということも解説します。 夫婦間でスマホを盗み見る時の問題とは? 例えば、旦那のスマホが机の上に置いてあり、たまたまポップアップで疑わしい内容のLINE(ライン)を見つけてしまった場合は、 その画面を自分のスマホのカメラで撮影し証拠として残しておきましょう。 その時に、あまりスマホの中を探りすぎるのはおすすめできません。 旦那にバレてしまう可能性や、浮気の証拠として扱う場合に「プライバシーの侵害」にあたる可能性があるからです。 またパスワードがかかっているスマホのロックを解除してまで探ってしまうと、「プライバシーの侵害」より重罪の「不正アクセス禁止法」に該当する可能性もあります。 平成十一年法律第百二十八号 不正アクセス行為の禁止等に関する法律 第三条 何人も、不正アクセス行為をしてはならない。 (他人の識別符号を不正に取得する行為の禁止) また、パートナーのスマホを遠隔操作するようなアプリを入れる行為は、「不正指令電磁的記録に関する罪」にあたり、こちらも罰せられることになります。 と言っても、 夫婦間でスマホを盗み見る行為の「プライバシーの侵害」と「不貞行為」を裁判で争うと、「不貞行為」の方が重く慰謝料も高額です。 正直なところ、夫婦間でスマホを盗み見ることは非常にグレーゾーンな問題です。 LINE(ライン)やメールの内容は浮気の証拠になるの? 浮気を疑わせるLINE(ライン)やメールの内容は、残念ながらそれだけでは浮気の証拠にはなりません。 証拠として認められるのは、肉体関係があることが証明できる証拠になります。 例えLINE(ライン)やメールで肉体関係を推測させる内容であっても、言葉遊びと言われてしまえばそれまです。 しかしまだ諦めてはいけません。 このような直接証拠にならないものでも、補助証拠としては使えます。 ひとつひとつは弱い証拠でも、複数を合わせることにより大きな効力を発揮する可能性があります。 どんなに小さなものでも、怪しいLINEやメールを見つけたら、しっかりと証拠として残しておくことが大切です。 もしも、離婚や慰謝料の請求を考えているのであれば、写真や動画などの証拠が必要であることを覚えておきましょう。 スマホの盗み見のは夫婦関係悪化につながる スマホはとての個人的なものなので、夫婦間であれ見られると嫌だと思う方は多いものです。 そのため、浮気を疑っている段階で、パートナーのスマホを盗み見ていることがバレてしまった場合、夫婦の信頼関係が崩れてしまう事も考えられます。 さらに、もしも浮気をパートナーがしている場合は、さらにバレないように考えて行動するようになるため、証拠を得ることがさらに難しくなるでしょう。 どちらにしろ、慎重に動かなければならないということがわかります。 浮気を疑って、旦那のLINE(ライン)を見てしまった・・・・ あやしい行動が多いから、妻のLINE(ライン)を見てしまった・・・ これをしてしまったら後には引けません。 最悪の場合、プライバシーの侵害として訴えられる事も考えられる事を理解して実行しましょう。 用心深いパートナーの場合、ロックを解除した回数を記録するアプリや、メールやLINE(ライン)を起動するとインカメラで撮影されるアプリを入れてある事も考えられます。 どうしても見たいと思うのであれば、細心の注意を! ただし、 スマホのロックとは別にLINE(ライン)にもロックをかけることができます・・・。 この場合、「本気で見られたくない」「見られると都合が悪い」と思っていることが分かるので、浮気の可能性は高いかもしれません。 未読のLINE(ライン)のトーク内容をチェックする方法 iPhoneでも、Androidでも使えるのが、「機内モード」で読むという方法です。 Wi-Fiはオフにして、機内モードをオンにします。 LINE(ライン)アプリを開き、メッセージを読みます。 読み終わったらマルチタスク画面でLINE(ライン)アプリを終了させて、機内モードをオフにします。 LINE(ライン)アプリを起動した状態で機内モードをオフにすると、既読になってしまうので間違わないようにしましょう。 もしも、あやしいものが見つかった場合は自分のスマホでその画面を写真にとっておくことをおすすめします。 もしかしたら、トークを削除しても画像は削除してないという事もあります。 LINE(ライン)の削除されたトークを復元する 浮気調査での使用は禁止事項です iphoneアナライザーは、「iPhoneのバックアップ」をとっておくためのソフトで、Androidの利用者用でAndroidアナライザーもあります。 こちらのソフトは1万円ほどしますが、バックアップを行うと、LINE(ライン)やメールでの履歴を見ることが可能です。 他にも、パソコンのデータを復元するソフトなどもありますが、こういったソフトは浮気調査は禁止事項で、プライバシーの侵害になるのでやめておいた方がよいでしょう。 違法なソフトを使ったために、「 不正指令電磁的記録供用容疑で逮捕」というニュースもあります。 他にもスマホを遠隔操作するアプリのケルベロスも、もとはスマホの紛失・盗難防止のためのものなので浮気調査に利用すると違法となります。 スマホを無断で操作したり、画像データを抜き取ることは、犯罪行為になるリスクがあるのでやめておきましょう。 LINE(ライン)だけでなく他のSNSを使っている可能性も スカイプやTwitter、InstagramのDMを使っている事も。 そのため、LINE(ライン)だけあやしいと思ってはいけません。 もしも、パートナーがTwitterを使っているなら、リプライ(返信)が多い相手を調べてみましょう。 Instagramの場合、画像を見ると飲食店や、料理などの写真から誰とどこに行ったのか探ることもできます。 他にも、「mixi」や「Facebook」での交友も考えられます。 仕事関係や、顔見知りの人とだけが浮気相手ではなく、SNSを通じた相手と浮気をしている方も実際多いと言われています。 パートナーがよく使っているSNSを知っておくとよいでしょう。 LINE(ライン)の他にも、通話履歴・メール・SNS・アルバム・予測変換でもあやしいと思われるものがあるかもしれません。 探偵が浮気調査でできること• 張り込み・尾行・聞き込みをする• ラブホテルや浮気相手の自宅に入っていく写真を撮影する• 浮気相手とのデート現場の写真を撮影する• 浮気相手の名前・住所を調べる• 浮気していた場合に裁判で使用できる報告書としてまとめる 探偵自身の知識不足、また違法と知りながらとった行動で相手から訴えられた場合、依頼者であるあなた自身も罪に問われることになるため注意が必要です。 浮気調査では、高い費用を支払うわけですから、どこまで調査できるのか依頼前に確認する必要があります。 探偵でできる調査は「探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)」に基づいて決まっています。 以前問題になった「別れさせ工作」や「盗聴器を仕掛ける依頼」は完全に違法です。 最悪の場合、刑事・民事上の法律的責任が課せられることになります。 探偵だから許されるということはないと理解しておきましょう。 このことから見ても、探偵選びは慎重に行わなければならないことがわかりますね。 今あなたが、浮気の証拠をつかみたいと思っているなら、探偵の浮気調査を依頼しましょう。 しかし、探偵事務所の中には、知識や経験が不足しているものもあるので、探偵選びは慎重にしなければいけません。 探偵にお願いする前に自分でやるべきこと 自分で浮気の証拠を集めることもできますが、スマホのLINE(ライン)やメールで浮気と思われる内容をつかめたとしても、それは法律上は浮気の証拠にはなりません。 そもそも、夫婦間であってもスマホを無断で覗き見る行為は、違法行為になります。 また最近では、削除したLINE(ライン)のトーク履歴を復元できてしまうツールなどもありますが、こちらも勝手に行うことは違法行為になります。 なぜ、そこまで証拠にこだわらなければならないのでしょうか? 証拠がなければ、慰謝料がゼロになってしまったり、復縁トラブルに巻き込まれたり、パートナーと浮気相手とが一方的な離婚を申し出たり・・・不利になることばかりだからです。 浮気をされたのに、泣き寝入りする必要はないのですから証拠をしっかりと取っておきましょう。 優良探偵として掲載される審査基準• 探偵業届出証明書を取得している• 事務所を構えている• 調査方法やお見積もりの説明を徹底している• 調査費用が適正な価格設定である• 個人情報秘密厳守• 調査実績 500件以上• 調査員数 15名以上在籍 厳選されたタントくんが提携する探偵社で4割安く利用できます。 24時間無料で探偵選びが相談でき、価格交渉やアフターケアまで充実しているマッチングサイトです。 強引な勧誘もなく、催促の連絡もないので安心して利用できます。 「離婚に強い探偵を紹介してほしい」という直球の悩みから、「浮気調査したがいいのかわからない」というぼんやりとした悩みまで、専門家がしっかりとアドバイスしてくれます。

次の