フェア ゲーム 映画。 映画『フェアゲーム』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

映画『フェア・ゲーム(2010)』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

フェア ゲーム 映画

ヴァレリー・プレイムの表の顔は投資会社、ブルースター・ジェニングスの社員です。 実際はアメリカ中央情報局、CIAの工作員です。 彼女はマレーシアのクララルンパールに向かい、タビール氏に接触を図ります。 忙しいため、自宅のパーティへと誘われ、甥のハフィースが車で案内してくれます。 そしてハフィースを仲間と共に囲んで協力を求めます。 タビール氏はテロ組織と関わりがあり、武器製造の原料を取引していると考えられています。 積荷などの情報をよこせば、弟は死なずに済み、叔父とハフィースも刑務所に行かなくて済むと脅します。 アメリカは9. 11で気づき、国家の安全と平和を守ることを考えています。 イラクに大量破壊兵器があるかどうかに注目が集まっています。 2001年10月7日、ヴァレリーは夫のジョーと友人たちと政治について議論していました。 その後、ハフィースから情報を得ることができ、ホワイトハウスからの指令で、イラクで合同作戦の指揮をとることになります。 ヴァレリーのデスクには、イラクに関しての機密の情報が届けられます。 ある時、解決済みの事案に、国務省は根拠が無いとして、副大統領室が興味を示します。 この件に関して、元大使であるジョーが適任と考えられ、ヴァレリーは上司から推薦するように頼まれます。 2002年2月19日、ジョーはCIAへと呼ばれ、イエローケーキについて問いかけられます。 イエローケーキとは、核燃料や核兵器に使われるウラン鉱石でした。 ナイジェリアと混同されやすいニジェールという国から、イラクがイエローケーキを500トン買う契約をしたという情報があるのです。 ニジェールは国連指数では世界最低の生活環境で、ジョーが任地した場所でした。 ジョーは詳細を報告するために現地に飛びます。 ニジェールにはウラン鉱山が二つあり、一つは水没していました。 もう一つはフランスが、ドイツと日本と管理しています。 そもそも500トンもの量は処理できる量ではありません。 同国の年間ウラン生産量の40%に当たり、膨大な取引記録が残ります。 法律で首相や外相のサインも必要でした。 仮に取引があったとしても、どうやって輸送するのかも疑問です。 大型トラック50台が車列を組み、年に数回しか車の来ない村々を通れば、村人たちにとって大イベントとなります。 ニジェールは過去の干ばつで、アメリカが多大な援助をしました。 そのことから、ジョーは取引はないとの見解に至ります。

次の

フェア・ゲーム(1995) : 作品情報

フェア ゲーム 映画

重厚で面白かったです。 夫役のショーンペンが眼鏡👓ごしに上目遣いで見る役作りが印象的でインテリっぽいイメージがハマってました。 最後の方のナオミワッツのキリっとしたグレーのパンツスーツ姿がカッコいいな〜と思って観てたら突然ナオミワッツから本物のヴァレリープレイムの映像に切り替わりビックリしました。 本物のCIA諜報員を目の当たりにして、ただただ凄いなって思って見入ってしまった。 映画でよく出てくるスパイの本物の姿。 興味深かったです。 自分が興味深々だったのと同じように、劇中でもCIA諜報員と身元がバレた時の周りの反応が面白かった。 世界中に愛人がいるのか?とか、いつからスパイをやっているか?とかスカウトされたのか?とか、、、スパイと知らずに付き合ってた友達の反応とかあるあるですね😅• 元外交官&CIAエージェント夫婦の闘い。 真相を暴こうとした元外交官と妻のCIAエージェントが大変なことに。 ホワイトハウスの中の数名が世界最強の権力を持っているなんて言ってたけど、ホントそういわせざるを得ないくらい権力と圧力を振りかざし本気で潰しにかかる国家。 脚色はもちろんあるだろうけど、ホントにやりかねないから恐ろしい。 この夫婦は一体この先どうするのか。 前半の大量破壊兵器云々の話よりもそっちが面白かった。 エンドロールでいくつかの役名が塗りつぶされていた。 伏せたいってこと?それとも演出?そこが気になる。 またアメリカの過去の汚点。 しかも、僕は既に成人していた頃の出来事。 実話サスペンス。 こういうものを観ると最近は憤りでストレスになる。 鑑賞中、脳内物質が激しく出て心拍数が上がっているのを感じる。 対イラク侵攻の名目と、そのでっちあげの正当化と人身御供。 こうやって世界が動いてる。 でも、こうして映画として形を残し、後世に残していく事が重要。 僕は無力だけれど、この映画はお勧めして、少しでも思いをリレー出来ればと思う。 最後の締め方もカッコ良く、民主主義の正義を語るショーン・ペンにグッと感じる。 でもやっぱり今作の最高さはナオミ・ワッツ!彼女の演技の中で一番好きな役だ。

次の

映画『フェア・ゲーム(1995)』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

フェア ゲーム 映画

5月27日(水)のテレビ東京「午後のロードショー」はシンディ・クロフォード、ウィリアム・ボールドウィンらが出演する『フェア・ゲーム(1995)』を放送する。 大学時代にモデル活動を開始、90年代を代表するスーパーモデルの1人として活躍する一方、本作をはじめとした映画や、ジョージ・マイケル、テイラー・スウィフトらのMVへの出演などでも知られるシンディ・クロフォード。 臨死体験をテーマにした『バックドラフト』やセレブな高校生たちの青春群像劇「ゴシップガール」などで知られるウィリアム・ボールドウィン。 2人をメインに据えた本作。 やり手の女性弁護士・ケイト(シンディ・クロフォード)はジョギング中、突然何者かに狙撃される。 彼女を事情聴取することになったのは、ガールフレンドに部屋を追い出された刑事のマックス(ウィリアム・ボールドウィン)。 ケイトはキューバ人の離婚裁判で妻側の弁護をしていて、財産の1つである船の所有権を争っていた。 やり手弁護士と熱血刑事では話がかみ合う筈もなくお互い皮肉を言い合い別れるのだが、調書のサインをもらい忘れたことに気づいたマックスがその夜ケイトの家へ向かい、家の前の運河の対岸に車を止めた瞬間、ケイトの家が爆発炎上。 ベランダに出ていたケイトは爆風で運河へ飛ばされる。 奇跡的に無傷だったケイトの命が何者かに狙われていることを確信した警察は、彼女を隠れ家で保護するも、どういう訳か突き止められ襲撃を受ける。 今度はFBIに助けられるが現れたのは偽者の捜査官。 2人の居所を突き止め次々と迫り来る追っ手に対し、ただ逃げることしか出来ない2人。 果たして2人は生き延びることが出来るのか…という物語。 『フェア・ゲーム』は5月27日(水)13時35分~テレビ東京「午後のロードショー」枠で放送。 《笠緒》.

次の