チョウ キン ウンズ。 ウンモンスズメ

珍鳥ズグロチャキンチョウと珍鳥バライロムクドリにカラムクドリ、コムクドリほか(Oct. 30, 2019) 野鳥情報一覧

チョウ キン ウンズ

Oct. 30, 2019(旧暦では2019年10月3日) といい、今日のズグロチャキンチョウ、バライロムクドリといい、仕事の合間のほんの少し空いた時間でポンポン見つかっています。 効率が良すぎて不気味。 モズは沖縄ではど珍鳥なのです。 ズグロチャキンチョウの幼鳥はチャキンチョウと識別が難しいですが、おそらくこの個体はズグロチャキンチョウと思われます。 バライロムクドリの幼鳥も撮影できました。 数日前から目撃情報があった場所からは直線距離にして数キロ離れているので同じ個体なのか違うのか微妙なところ。 今朝はほかの農耕地でも友人が目撃して写真も撮っていますが、換羽の状態が全く違うので少なくとも2個体はバライロムクドリが入っているようです。 バライロムクドリは今季、沖縄本島の漫湖湿地センターにも入っています。 カラムクドリ、ホシムクドリ、コムクドリ、ムクドリも今日一日で撮影できました。 ギンムクドリも撮れれば石垣島のムクドリはコンプリートしたのですが…。 シベリアムクドリは別枠で。 バライロムクドリとホシムクドリのねぐらと餌場も見つけたので、天気のいい日に電線じゃないところに止まってる写真を狙います。 おすすめツアーガイド 石垣島で素晴らしい野鳥写真を撮りたいならここしかありません!! 誰もが知っている世界的なカメラメイカーから試作機のテストを依頼されるほどの腕前なんです。 石垣島時代の鳥先輩がサラリーマンやめてツアーガイド始めました。 野鳥撮影を私に教えてくれた方です。 真面目一徹です。 日本自然保護協会公認自然観察指導員。 バードウオッチング 私の師匠です。 日本初記録種や石垣初記録を見つけまくっています。 世界中の鳥の鳴き声が聞けるサイト。 バーダーなミュージシャン 渡り鳥のように日本中をライブで飛び回るiora。 ライブはもちろん、周くんの衣装に桃ちゃんが施した刺繍もすごい!! バードウオッチャーならニヤリとする楽曲多し。 北海道在住。 ジャズボーカリスト。 上のioraにバードウオッチングの楽しさを教えたのはこの方。 一緒にバードウオッチングに行くとふつーの兄ちゃんだけど、舞台に上がるとすごいオーラ。 上で紹介した大ちゃんと「いぶきさらさ」にてトランペット、鍵盤ハーモニカで活動。 上の2組に感化されてバードウオッチングを始めたそう。 無類の酒好き、だだちゃ豆好き。 アウトドアショップ 真冬の北海道装備はほとんどモンベルで揃えています。 写真/出版 写真家集団「七雲」による日本全国の旅本。 お勧め! 友人が代表を務める石垣島初の写真美術館。 さまざまな催しがあるので島を訪れた際には行ってみて。 関連サイト ドメインをとっただけ。 ドメインをとっただけ。 ドメインをとっただけ。 石垣島・沖縄本島の飲食店 石垣島で最高に飽きがこないBar・マスターとその奥さんの人柄がいい。 私の第二の我が家。 ガラス張りのおしゃれなカフェBAR。 酒も料理も本格派・値段は島価格なので気楽にGo! 石垣島で一番旨いカレーが食える。 めちゃうちゃうまいメキシコ料理屋。 沖縄離島でこんなにうまいメキシカンが食えるなんて幸せ。 福岡出身の女将のつくる料理は最高。 お上品な味で飽きが来ません。 石垣島で唯一の餃子専門店。 オーナーは私と同郷の名古屋出身。 奥さんはお隣の岐阜出身。 月に2回は食いに行っちゃいます。 北海道の食材をふんだんに使った料理はたまらん。 あー、また道東に行きたいなー。 こざっぱりした店内で料理もうまい。 ワインに合う。 自宅から数十メートルのお気に入りの店。 生じゃないが、ヒューガルデンも飲める。 オーナーはサーファー。 日本酒がうまい。 二人で行くとほとんどのメニューで2皿に盛られて出てくる。 細かいところまで「本当の」接客が行き届いている。 いつも混んでるので予約を入れた方がいい。 一番通ってる店。 ほぼビール専門店。 ビール好きのマスターがセレクトした美味しいクラフトビールが飲めます。 マスターは宿も経営していて、そこに泊まった外国人も来店し国際交流ができます。 沖縄本島で一番うまいそば屋。 鰹だしのきいたスープとつるつるした麺がやめられない。 昼時は混むので時間をずらして行った方がいいかも。 山城さんがやってるから「やまぐすく」。 ビールはクラフトビールが2種類週替わりで樽で飲める。 ウイスキーはほとんどジャパニーズ。 でも TALISKER PORT RUIGHE が置いてあって飲ませてくれた。 タイ料理屋。 飲み物はふつーだけど、料理がうまい。 オーナーは若いけど腕は確か。 あと、アルバイトの女の子が愛想のいい子だった。 2018年4月8日に惜しまれながら一旦閉店しましたが、同年8月4日に再開しました!! 焦がし醤油ラーメンと白醤油ラーメンがメイン。 角がない甘みのあるスープとストレート細麺がベストマッチ。 サイドメニューのロース飯も絶品。 一番のお気に入りラーメン。 本格派とんこつラーメン。 見つけた時はたまたま入れたけど、人気店でかなり混み合う。 混むので時間をずらして行くと売り切れてる。 オーナーは見た目サーファーっぽくて、接客は感じのいい方です。 ここも仕事中に偶然入った店。 鶏ガラ醤油で京都ラーメンというジャンルらしい。 普通の中華そばに九条ネギとニラキムチを入れると最高。 商売っ気はあまりないがうまい。

次の

ホオジロ属

チョウ キン ウンズ

地表でを採食する 食性は植物食傾向の強いもしくは植物食で、主にを食べるが昆虫類を食べる種もいる。 主に地表で採食を行う。 雛にはを与える。 繁殖形態は卵生。 繁殖期にはを形成する。 オスは樹上で囀り、近寄ってきたメスを飛翔して追いかけ求愛する。 地表や藪の中に皿やお椀状の巣を作り、卵を産む。 分類 [ ] ホオジロ属は以下のに分類されている。 日本では、ホオジロ、カシラダカ、アオジなどは比較的容易に観察することができる。 シラガホオジロ、シロハラホオジロ、ホオアカ、キマユホオジロ、ミヤマホオジロ、クロジ、コジュリン 、ツメナガホオジロ、オオジュリンなども観察することができ、コホオアカ、シマアオジ 、シベリアジュリン、シマノジコ、ノジコ などは非常に観察しにくい種である。 Emberiza affinis - (英名:)、アフリカの西部・中部・東部に分布• Emberiza aureola - (英名:)、ユーラシア大陸の北部から中部にかけて分布• Emberiza bruniceps - (英名:)、ユーラシア大陸の南中部に分布• Emberiza buchanani - (英名:)、ユーラシア大陸の南部から中部にかけて分布• Emberiza cabanisi - (英名:)、アフリカの西部・中部・東部・南東部に分布• Emberiza caesia - (英名:)、ユーラシア大陸の南西部に分布• Emberiza calandra - (英名:)、ユーラシア大陸の西部から西南部かけてと北アフリカに分布• Emberiza capensis - (英名:)、アフリカ南部に分布• Emberiza chrysophrys - (英名:)、ユーラシア大陸の北中部から北東部にかけて分布• Emberiza cia - 、ユーラシア大陸の南西部から南中部にかけて分布• Emberiza cineracea - (英名:)、ユーラシア大陸の中南部に分布• Emberiza cioides - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• Emberiza cirlus - (英名:)、ユーラシア大陸の西部から西南部かけてと北西アフリカに分布• Emberiza citrinella - (英名:)、ユーラシア大陸の西部から中部にかけて分布• Emberiza elegans - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• Emberiza flaviventris - (英名:)、アフリカに分布• Emberiza fucata - (英名:)、ユーラシア大陸の中部から東部にかけて分布• Emberiza godlewskii - (英名:)、ユーラシア大陸の中部に分布• Emberiza hortulana - (英名:)、ユーラシア大陸の中部から東部にかけて分布• Emberiza impetuani - (英名:)、南西アフリカに分布• Emberiza jankowskii - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• Emberiza koslowi - (英名:)、ヒマラヤ山脈から中国の中西部にかけて分布• Emberiza lathami - (英名:)、からにかけてと中国南東部に分布• Emberiza leucocephalos - (英名:)• Emberiza melanocephala - (英名:)、ユーラシア大陸の南中部に分布• Emberiza palasii - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• Emberiza poliopleura - (英名:)、アフリカの東中部に分布• Emberiza pusilla - (英名:)、ユーラシア大陸の北部に分布• Emberiza rustica - (英名:)、アフリカの東中部に分布• Emberiza rutila - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• Emberiza sahari - (英名:)、北西アフリカに分布• Emberiza schoeniclus - (英名:)、ユーラシア大陸に分布• Emberiza siemsseni - (英名:)、中国中部に分布• Emberiza socotrana - (英名:)、のに分布• Emberiza spodocephala - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• Emberiza stewarti - (英名:)、から中部にかけて分布• Emberiza striolata - (英名:)、アフリカと南西部に分布• Emberiza sulphurata - (英名:)、日本とに分布• Emberiza tahapisi - (英名:)、北西アフリカに分布• Emberiza tristrami - (英名:)、ユーラシア大陸東部に分布• Emberiza variabilis - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• Emberiza vincenti - (英名:)、南東アフリカのに分布• Emberiza yessoensis - (英名:)、ユーラシア大陸の東部に分布• 2013年3月4日閲覧。 2013年3月5日閲覧。 (エンビジョン環境保全事務局). 2013年3月5日閲覧。 2013年3月5日閲覧。 2013年3月5日閲覧。 参考文献 [ ]• 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、、、22-23頁。 監修 C. ペリンズ、A. ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、、、157-160頁。 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、、、105、213頁。 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社、2000年、104-105、206-207頁。 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、545-564頁。 『小学館の図鑑NEO 鳥』、、、100-101頁。 五百沢日丸 『日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版』、、、273-293頁。 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、、、268-276頁。 高木清和『フィールドのための野鳥図鑑-野山の鳥』、2000年8月。 叶内拓哉、安部直哉『山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥』山と溪谷社、2006年10月1日、第2版。 『ひと目でわかる野鳥』中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年2月20日。 真木広造『名前がわかる野鳥大図鑑』、2012年4月10日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ホオジロ属に関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる( - )。

次の

珍鳥ズグロチャキンチョウと珍鳥バライロムクドリにカラムクドリ、コムクドリほか(Oct. 30, 2019) 野鳥情報一覧

チョウ キン ウンズ

ウンモンスズメってどんな虫? 全体的に緑色の印象を持つ美しい蛾の仲間です。 羽を広げた後ろ羽にはピンク色が入っていて更に美しいです。 田舎のドライブ中にコンビニに立ち寄ると窓についていました。 灯火に集まってくるので、コンビニの光に寄ってきてそのまま休んでいたのでしょうね! 幼虫も卵も緑色 卵といえば黄色っぽいイメージがありますが、ウンモンスズメは卵のときから美しい緑色をしています。 幼虫も緑色で、赤い模様の入った大きなイモムシです。 蛹(サナギ)で越冬 夏の間にモリモリ食べて大きくなると、土中で蛹(サナギ)になって冬を越します。 スズメガ科 昆虫の分類でチョウ目があり、一般的な蝶(チョウ)や蛾(ガ)の仲間が含まれます。 このサイトでは一般に蛾と呼ばれるものを「ガ類」としているのですが、ウンモンスズメはガ類の中の「スズメガ科」に含まれる一種になります。 スズメガ科にはオオスカシバやベニスズメなどが近い仲間です。 スズメガ科まとめ 雀蛾図鑑.

次の