唐辛子 下痢。 唐辛子ダイエットの効果!本当に脂肪燃焼して痩せるの?

辛いものを食べて下痢や腹痛が!素早く回復させるコツと予防法

唐辛子 下痢

概要 [ ] トウガラシ属は中南米が原産地であり、での歴史は紀元前6000年に遡るほど非常に古い。 しかし、世界各国へ広がるのは15世紀になってからである。 トウガラシ属が自生しているでは、などの野生種も香辛料として使われる。 唐辛子の辛味成分は類である。 この辛さは刺激が強く人により好みがある。 を傷つけるため、適量を超えて過剰に摂取すれば等に問題を起こすこともある。 特に皮膚の弱い部分に附着すると痛みを引き起こすことが多い [ ]。 唐辛子の収穫や加工、料理のため唐辛子を触った手で粘膜に触れた場合、強い刺激を受ける。 やの採食試験ではトウガラシを食べないわけではないが(ただしタカノツメのように特に嫌がる種類もある)、野生獣の嗜好性が低い農作物であるため農地の外周に植えられることがある。 はカプサイシンを感じ取るレセプターが存在せず、唐辛子の辛みを感じないと考えられており、種子の散布戦略としてこのような進化をしたと考えられる。 野生の等は一般的にカプサイシンの辛みを好まないが、に少量ずつカプサイシン入りの餌を与えると逆にカプサイシンの入った餌を好むと言った実験結果も存在する。 分類学的位置づけ [ ] Red Bhut Jolokia and green bird's eye chilies 一般的によく使われる唐辛子: , 3,500-10,000 SHU() , Serenade 30,000-50,000 SHU , , , Finger 100,000—350,000 SHU 855,000-2,200,000 SHU 世界の唐辛子 [ ] 世界で最も辛い唐辛子: 2. 2M SHU 2. 0M SHU 1. 58M SHU トリニダード・トバゴ 1. 463M SHU 1. 4M SHU イギリス 1. 2M SHU 名称 [ ] 「唐辛子」の漢字は「から伝わった」の意味であるが、歴史的に、この「唐」は漠然と「」を指す語とされる。 同様に 南蛮辛子(なんばんがらし)、略した 南蛮という呼び方もある。 の一部や北部地域などでは唐辛子を「胡椒」と呼ぶことがある(「」の「胡椒」も唐辛子のことである)。 「外来の」という意味で 南蛮胡椒、 高麗胡椒とも呼ばれ、では「」という方言で呼ばれる。 一説には大陸(唐土)との交易で潤っていた地域では「唐枯らし」に音が通ずる「トウガラシ」の呼び名を避けたためともいわれる。 また他地域で言うところの「」を、区別のため「洋胡椒」と呼ぶことがある。 英語ではカプシカム・ペッパー Capsicum pepper 、レッド・ペッパー、チリ・ペッパー chili pepper 」などと呼ばれる。 胡椒とは関係が無いにもかかわらず「ペッパー」と呼ばれている理由は、 ヨーロッパに唐辛子を伝来させたがと勘違いしてに到達した際、唐辛子をインドで栽培されている胡椒の一種と見なしたためである。 それ以来、トウガラシ属の実は全て「ペッパー」と呼ばれるようになった [ ]。 利用 [ ] 緑から赤へと熟していく唐辛子の果実 などの他の香辛料と同様、に辛みをつけるために使われる。 また、健胃薬、凍瘡・の治療、育毛など薬としても利用される。 は緑のままでも食べることが出来る。 一般に、緑色のものは 青唐辛子、熟した赤いものは 赤唐辛子と呼ばれる。 果実を鑑賞するためのトウガラシの品種もある。 食用 [ ] 生のまま食べる場合と、乾燥した後に使う場合とがある。 のようにしてから使う場合もある。 や、などに漬け込むと、それらに辛味を与えるので通常とは違った風味のとすることができる。 漬かった状態の唐辛子は、取り出して刻みなどに利用することもできる。 日本では1960年代には年間7000トン程度が生産され、輸出もされていた。 21世紀においては逆に輸入品が主で、2018年では輸入量1万4000トンに対して国産はその1%程度である。 市町村別では「栃木三鷹(さんたか)」を生産するがほとんどの年で首位を占めている。 料理に唐辛子が多く使われるようになったのは比較的最近のことである。 以降、エスニック料理が浸透し、「」などが起こる以前においては、薬味や香り付けにや日本特有のが少量使われる程度であり、市販のも辛口の商品に関しては少数に留まっていた。 今も年配の層には唐辛子の辛味を苦手とする人は多い。 や、などの唐辛子が日常的に使われる国・地方では、小さい子供の頃から徐々に辛い味に慣らしていき、舌や胃腸を刺激に対して強くしている。 一方で日常的に使う習慣のない場合は、味覚としての辛味というよりも「痛み」として認識され、敬遠される。 実際、カプサイシンTRPV1は痛み関連受容体に分類されており 、唐辛子の辛味は口内の「痛覚」である。 葉唐辛子の佃煮(2017年12月10日撮影) このことからも、痛みを味覚として好むということ自体、多分に社会文化的条件付けによるものと言える。 これらの国が唐辛子を積極的に摂取するのは、や、中国の・など夏に暑い地域が多く、食欲を増進し発汗を促しを防ぐためであると言われる。 ただし、、など暑い季節が長いにもかかわらずさほど唐辛子を好まない地域がある一方、韓国、などそれほど暑くない地域(韓国も大陸性の気候の影響が強く夏は暑くなるが、高温になる季節は長くはない)で唐辛子を特に好む食文化もあり、 唐辛子の嗜好は単なる気候的要因ではなく文化的要因によるものが強いことがうかがえる [ ]。 や中国などアジア圏では葉(葉唐辛子)を青菜と同様に炒めて食べたり、汁物の実としたりすることもある。 日本でも葉唐辛子を炒めて食べたり、にしたりすることもある。 栄養価 [ ] カプサイシンには食欲増進の効果がある。 とが豊富なことから、の防止に効果が高く、特に暑い地域で多く使われている。 除虫の効果もあり、では他のと共に植えてを減らす目的で栽培されたり、食物の保存に利用されるたりすることもあるが、やなどの食中毒の原因菌を殺菌する作用は無く 、を防ぐことはできない。 悪影響 [ ] 唐辛子を多く摂る国はやの発癌率が高いといわれている。 唐辛子の過剰摂取と発癌の関連性が指摘されている が、 IARC による発がん性の可能性がある物質とは認められていないため、カプサイシン単体がをもつわけではない。 唐辛子の厄除け• 蕃椒 - 唐辛子の生薬名を蕃椒(ばんしょう)という。 健胃、発汗作用などがある。 また外用薬として温などに使われるが、 カプサイシンの外用に末梢血管を拡張する効果は無い [ — ]。 温かみを感じるのは、カプサイシンが、痛覚、高温などのセンサーであるを刺激することで起こる、擬似的なものである。 寒冷地では靴の中に入れてや凍傷の予防として使うがある。 (医薬品)• の虫避けとして乾燥唐辛子が使用される。 乾燥させた唐辛子は、室内外の装飾にも使われる。 伝来史 [ ] 正確な伝来年とヨーロッパ内での伝播についての詳細は不明である。 現在世界中の国で多く使われているが、以外においては歴史的に新しい物である。 がにへ最初の唐辛子を持ち帰ったが忘れられ、で再発見をしたによって伝播され、各地の食文化に大きな影響を与えた。 1492年、コロンブスが第一回航海の際にで発見し、経由で日本へ伝わったとされる。 コロンブスは、唐辛子を胡椒と勘違いしたままだったので、これが後々まで、世界中で唐辛子 red pepper と胡椒 pepper の名称を混乱させる要因となった。 15世紀後半 ヨーロッパでは、純輸入品のに代わる自給可能な香辛料としてを中心に広まった。 1542年、ドイツの植物学者の著書『時事起源誌』に「・コショウ」の名称で記載される [ ]。 16世紀にはインドにも伝来し、様々なに香辛料として用いられるようになった。 周辺やにはを経由して16世紀に伝播した。 なお、インドへの伝来は新大陸から直接伝わったとする説とポルトガル経由とする説がある [ ]。 中国 [ ] 現代のはトウガラシを多用し、とくに中流域の、、、、陝南料理(陝西省南部)は辛いことで知られる。 しかしトウガラシの伝来については不明な点が多い。 『』(1578年完成)にはまだトウガラシは見えず、文献上は明末の高濂(1620年没)の『草花譜』および『遵生八牋』(1591年刊) 、および清初の『』(1688年刊) に「番椒」の名で見えるものが古い。 初期においては主に観賞用であったらしい。 四川料理で使われるようになったのはさらに時代が遅れる。 年間(18世紀)の李化楠・李調元『醒園録』は四川料理に関するもっとも古い書物だが、まだトウガラシは使われておらず、年間になってはじめて四川でトウガラシを栽培したという記録が見られる。 したがって長江中流域の料理が辛くなったのは19世紀はじめと考えられる。 日本 [ ] 鑑賞用のトウガラシ 日本への伝来として、にポルトガル人がの(よししげ、後に宗麟と称す)に献上したとの記録がある(を参照)が、諸説ある。 南蛮胡椒と呼ばれていたのはこのためであるとされる。 日本に伝来した初期は食用として用いられず、観賞用や毒薬、足袋のつま先に入れて霜焼け止めとして用いられた。 3つのルートが推測されている。 陸路で中央アジアからで中国西部のを経て、にたどり着いた。 海路で原産地のメキシコから太平洋を横断し、フィリピン経由で大陸にたどり着いた。 海路でポルトガル人は植民地を拠点に東南アジア、新たに植民地にしたを経て、中国南部のやあたりに上陸した。 文献記録 [ ]• 1552年 ポルトガル人宣教師バルタザール・ガゴが大友義鎮に種を献上。 1577年 ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスが来日する同僚宣教師宛ての手紙に、「酢漬けトウガラシ」が珍重されることを記述。 当時の日本では「南蛮胡椒」「蕃椒」と呼ばれていた。 江戸時代後期の農政学者・ (のぶひろ)が『草木六部耕種法』 1829 の中で「蕃椒は最初南亜墨利加(南アメリカ)州の東海浜なる伯亜見国(ブラジルのことと思われる)より生じたるものにして、十一年波繭杜瓦爾(ポルトガル)人初めて豊後国に来航し南瓜の種子と共に国主大友宗鱗に献ぜり。 」と記している。 ただし、「天文十一年」は「天文二十一年」(1552年)の誤記である。 のの、の住職の日誌『』の2年(1593年)の記事に、こうある。 — 長実房英俊、『多聞院日誌』 16世紀末には唐辛子と胡椒は名称としては区別されていず、国内での栽培がある程度広まっていたとみられる。 朝鮮 [ ] 1614年の『芝峯類説』では「南蛮椒には大毒があり、倭国からはじめてきたので、俗に 倭芥子(倭辛子)というが、近ごろこれを植えているのを見かける」と書かれており、イ・ソンウ(李盛雨)が『高麗以前の韓国食生活史研究』(1978年)にて日本からの伝来説を示して以降、それが日韓共に通説となっている。 伝来理由としてはのときに武器(目潰しや毒薬)または血流増進作用による凍傷予防薬として日本からの兵()が持ち込んだものである。 『花譜』や『』(著)などには「昔は日本に無く、秀吉公の朝鮮伐の時、彼の国より種子を取り来る故に俗に高麗胡椒と云う」などと朝鮮から渡来したことが書かれている。 これは一見相反するが、日本に唐辛子が伝わった当初は、西日本を中心にしか広まっておらず、その後、の朝鮮出兵に従事した兵士により日本へ唐辛子が逆輸入されたことで、朝鮮から日本へ来たものと考えた日本人がいた、という解釈がある。 に発刊された『食療纂要』にチョジャン(椒醤)という単語があるとし、それがを意味するもので、日本伝来の唐辛子とは違う韓国固有の唐辛子が既にあったと主張する韓国の研究者も存在する(椒は一般に唐辛子(ナス科)ではなく花椒(ミカン科山椒)を示す)。 しかしこの説に対し、1670年の料理書『飲食知味方』に出てくる数多くのにも唐辛子を使用したものは一つも見られず、韓国の食品に唐辛子を使用した記録が19世紀に少し出てくる程度であることから疑問も呈されている。 唐辛子を利用した調味食品の例 [ ]• 主に各種の料理に振りかけて用いる。 唐辛子と・・などの7種を混合した 七味唐辛子、唐辛子・・山椒の3種を混合した 三味唐辛子、七味唐辛子の材料に・の葉などを加えて10種を混合した 十味唐辛子などがある。 唐辛子だけで構成されるものは 一味唐辛子と呼ばれる。 (寒造里・かんずり、南蛮味噌)• 辣椒醤• ペッパーソース(商品名としてが広く知られているが、NHK()の番組内で扱う場合は、第83条(広告放送禁止規定)により、「ペッパーソース」と称して扱う)• (アリサ、アリッサとも)• の一部• 唐辛子飲料 - 唐辛子を漬けた飲料としてセラノペッパー種を用いたチリなどの唐辛子ビール、薬用酒としても利用されるペルツォフカなどの唐辛子などがある。 世界各地での唐辛子の利用 [ ] 南北アメリカ [ ] トウガラシの原産国で、栽培される種類も多く、生のまま、乾燥させたもの、燻製にしたものなど様々な使い方がされている。 有名なのは「」や「」と云う品種。 も参照。 ボリビアの食卓にはやを使ったというサルサ(ソース)が置かれているのが普通である。 ウルピカも食用とされる。 サルサやパパ・アラワンカイナなど料理の味付けおよび色付けにアヒ・アマリージョが多用される。 ロコトにを詰めた料理もある。 アヒーと呼ばれる薬味が料理の味付けに使われる。 唐辛子と、のみじん切りに、汁を混ぜて作る。 旧メキシコ領であったでは、などメキシコ系の料理にトウガラシがよく用いられる。 西アフリカの料理の影響を受けたのやも同様で、赤い(キダチトウガラシの一種)やハラペーニョから作ったソースは同州の特産である。 また、の味付けに用いられるの主原料は中辛の唐辛子である。 には、シネンセ種の一種ピーマン・ブークを他の野菜と一緒に酢漬けにしたものが調味料としてよく使われる。 ヨーロッパ [ ] (主に南イタリア)で使われることが多い。 砕いた赤い唐辛子を使用するのが普通。 基本的な(または一般)の料理法である「」のペペロンチーノは唐辛子の意味。 オリーブオイルに唐辛子や各種ハーブなどで香りづけしと呼ばれる香草オイルがある [ ]。 砕いた赤唐辛子をの野菜料理によく用いる。 熟したを乾燥させて粉にしたものをやなどのに用いる。 パプリカに似た粉唐辛子を(など)の調味や煮込み料理に用いる。 ポルトガルでは、キダチトウガラシの一種で辛味の強いも用いられる。 という品種が有名。 アジア [ ] 日本 日本の唐辛子は多種 である。 かつて、日本は50種類以上の唐辛子を生産する辛子の輸出大国であった が、その後は輸入が多くなっている。 料理やの薬味など幅広く使われており、屋の店頭には、七味唐辛子、一味唐辛子などがテーブルに置かれ、各自の好みにより料理に加えることができる。 にはが欠かせない。 国民一人当たりの消費量はそれほど多くは無い。 、など、唐辛子を使った料理が多い。 唐辛子が伝わる以前には、の実がよく使われていた。 キムチに使われる唐辛子は、韓国特有の辛みが少ない大きめの唐辛子で、ほんのりと甘みがある。 も味付けに利用される。 また、男児が誕生すると縄に唐辛子をはさんで戸口に掲げる習慣がある。 で多用される。 は唐辛子と「」と呼ばれる山椒の一種を多用する。 は唐辛子と酢で、酸味のある辛さを特徴としている。 特に唐辛子の味を強く出しているのは、料理と料理で、とりわけ雲南のなどの少数民族料理が最も辛さを強調した料理を特徴としている。 他にも、なども唐辛子を多用している。 はさほど唐辛子を使わないが、「野山椒」と呼ばれる青唐辛子の酢漬けを好む人もいる。 ではに似た「杭椒」をピーマンのように炒め物に使う。 には(スープ)やなど、唐辛子を多く使った辛い料理が多い。 唐辛子が伝わる前は胡椒(でプリッタイと呼ばれる)が用いられていた。 「プリッキーヌー」は小粒で非常に辛い品種で、通常は青いまま使われる。 唐辛子そのものを主要な野菜と見做し、調理して食べている。 従って、世界最高の辛さを誇る料理である。 唐辛子が伝る以前には、山椒の実が使われていた。 インド、 香辛料を使ったの歴史が長い。 地方によって辛みを出すのに唐辛子を多く使う地域とそれ以外の香辛料を多く使う地域がある。 また一般に野菜よりも肉を使った料理に唐辛子を多用する傾向がある。 唐辛子の()も作られる。 に世界一辛い唐辛子と認定されていた「」は原産である。 は、インド料理と同様に唐辛子により辛みをつけることが多い。 、 パプリカに似た粉唐辛子を煮込み料理に用いる。 アフリカ [ ] (特に) 唐辛子と(実)、などの香辛料を合わせて砕いたをなどの料理に調味料として添えたり、と混ぜて薄切りパンに付け前菜としたりする。 、 唐辛子を主原料とした配合調味料をなどの味付けに用いる。 ギャラリー [ ]• 31 1987 No. 2 P115• 2019年10月10日閲覧。 [ ]• Homecooking. about. com. 2013年4月14日閲覧。 Guinness World Records 2013年11月19日. 2014年11月8日閲覧。 Retrieved 11 May 2013• Joshi, Monika 2012年3月11日. Your life USA Today. の2012年3月12日時点におけるアーカイブ。 Retrieved 12 April 2011• London. 2011年2月25日. 2011年2月27日閲覧。 Henderson, Neil 2011年2月19日. BBC News. 2011年2月20日閲覧。 唐辛子の総称としてを使う者もいるが、正確には「鷹の爪」はトウガラシ種の1である(2019年11月16日閲覧)• 2 p. 75-115, AN10402609,• 【食のフロンティア】トウガラシ日本一 栃木・大田原/担い手育成 ホットなまちに『』2019年11月10日(フード面)• 富永真琴「」『BRAIN and NERVE-神経研究の進歩』60巻 , 5号 2008年5月 pp. 493-501• 石田雄介、村上信五「」『口腔・咽頭科』2002年 15巻 1号 p. 127, :• 2019年10月10日閲覧。 宮川豊美、川村一男「」『紀要 家政系編』 29 , p13-19, 1989-03/The journal of Wayo Women's University 29, 13-19, 1989-03-31,• 新宿健康塾ニュース10月号「味覚障害」【Health Index】FINE-club〜健康で元気な暮らし情報• Mathew A, Gangadharan P, Varghese C, Nair MK 2000. Eur. Cancer Prev. 9 2 : 89—97. Int. Cancer 106 2 : 277—82. Archer VE, Jones DW 2002. Med. Hypotheses 59 4 : 450—7. Epidemiol. 139 3 : 263—71. 堀江義一ほか「」『食品衛生学雑誌』1971年 12巻 6号 p. 516-519, :• ・番椒「叢生白花、子儼禿筆頭、味辣色紅、甚可觀。 陳淏子『』巻5・番椒、平賀源内校正、1829年。 (),• 天文11年(1542年)には種子島にも豊後国にも来航した記録はない。 大友義鎮が父の義鑑 (よしあき)の死後、国主を継いだのは、天文19年(1550年)であり、また、宣教師 ()神父ら一行がザビエルに代わって中国の(シャンチュアン、広東のすぐ近くの島)から種子島経由で豊後に向かったのは、天文21年(1552年)との記録がある()ことから、天文11年は、21年の誤記である。 鈴木晋一『たべもの噺』(平凡社、1986年)p. 『世界の食文化 1 韓国』• 2009年2月21日『中央日報』• [ ]• (2019年11月16日閲覧) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

カプサイシンに関する情報:農林水産省

唐辛子 下痢

ナス科トウガラシ属の一種とされる 「唐辛子」。 辛味成分となっている天然の有機化合物「カプサイシン」の効果も注目されていますよね。 ただし、唐辛子を食べ過ぎると思わぬ症状が現れたり、病気になったりという噂まであります。 辛味という刺激に対する感受性は人によって異なるため、「大好き」という人ほど危険という見方も…。 適量を摂取している分には、発汗促進、抗炎症作用、肥満をはじめとする 生活習慣病の予防などにも役立ちます。 何より ダイエット効果を期待する人も多いですよね。 しかし、どんな食べ物も過剰摂取すると体を壊すことになりかねません。 そこで、今回は 唐辛子を食べ過ぎるとどうなるのか?体への悪影響や病気との関係性についてご紹介します! コンテンツ• 唐辛子を食べ過ぎるとどうなる? 普段の食生活の中で、うどんや牛丼などに一味唐辛子をたくさん入れて食べる人もいますよね。 ただ、唐辛子を食べ過ぎるとカプサイシンを過剰摂取していることになるため、知らないうちに体に悪影響を及ぼしている可能性があります。 当然、辛味という刺激に対して感受性の強い人は、様々な症状が現れることも…。 激しい胃痛が起こる! 唐辛子を適量に摂る分には、胃液の分泌を適度に抑える効果があります。 ただし、大量に食べ過ぎると 強酸性の胃液の過剰分泌を招き、それが原因となって胃粘膜を荒らすことに繋がります。 実際にテレビ番組などで、真っ赤に染まった激辛ラーメンなどを食べる芸能人を見ることがありますよね。 その人のブログを見ると、「帰宅後、激しい胃痛に襲われた」と書かれていることも…。 もちろん、唐辛子が体に影響を及ぼすのは、ほとんどが カプサイシンの作用によるもの。 罰ゲームで辛味に対する感受性が強い人が食べ過ぎると、副腎皮質ホルモンの一種であるアドレナリンが大量に分泌されます。 汗が噴き出して止まらなくなるほどで、体の内部では胃酸によって胃粘膜が傷付けられている可能性大です! 薬を飲めば次第に胃痛は治まりますが、胃壁への悪影響も気にする事態に発展することもあります。 ハバネロ• ブート・ジョロキア• ドラゴンズ・ブレス• キャロライナ・リーパー• スーパーX なども挙げられます。 辛味を表す基準となる 「スコヴィル値」もはるかに高いものも多いため、併せて注意が必要です。 日本ではそれほど食べる機会は少ないですが、海外などで慣れない人が食べると危険です。 あまりの腹痛や下痢で会社を休むという事態に陥らないよう、唐辛子の仲間とされる品種にも十分気を付けたいですね。 頭痛を起こすことも! 唐辛子を大量に食べ過ぎると、 頭痛を引き起こすことがあるといわれています。 体内でカプサイシンが吸収されると、脳に運ばれて内臓感覚神経に働きかけ、さらにアドレナリンを分泌させます。 アドレナリンが過剰分泌されると、大脳辺縁系にある海馬や扁桃体などが損傷を受ける危険性が高まります。 頭痛との因果関係ははっきりしていませんが、脳の一部が傷付けられる事態に及ぶことがあるのです。 また、カプサイシンの大量摂取により、 脳血管攣縮(のうけっかんれんしゅく)を起こすことも報告されています。 攣縮とはけいれん性の収縮を意味し、最悪の場合、冠動脈が完全に詰まって血流がストップすることもある状態です。 唐辛子を食べ過ぎると、激しい頭痛とともに意識を失って倒れることも起こり得ます。 Sponsored Link 唐辛子を食べ過ぎると病気になる? カプサイシンの大量摂取は、一時的にしても体に悪い影響を及ぼすことがわかっています。 しかし、慢性的に唐辛子を食べ過ぎると、思わぬ病気を発症する危険性もあるようです。 ガン発症のリスクも! 唐辛子を食べた時、口の中や舌、喉の奥に 灼熱感を覚えたことはありませんか…。 カプサイシンの強い刺激は、口の中から肛門に至るまでのすべての消化器官に影響を与えています。 そのため、消化器系の細胞が傷付いて修復が困難になると、 ガンを発症するというリスクもあります。 つまり、日常的に唐辛子を食べ過ぎると、咽頭ガン、食道ガン、胃ガン、大腸ガン、直腸ガンなどの発症を誘発することにもなりかねません。 特にわずかな量を口にしただけで咽(むせ)たり、咳が止まらなくなる人は要注意! カプサイシンに対する感受性が強いということがわかります。 寝ている間に分泌される成長ホルモンにより、細胞の修復が早い若いうちは比較的ガン発症のリスクも低いです。 ただし、若い頃からずっと食べ過ぎていると、次第に傷付いた細胞の修復が上手く行かなくなり、細胞が突然変異を起こしやすくなります。 今では 「ガンは2人に1人は罹る病気」といわれる時代ですので、年齢が高くなる前から注意しなければなりませんね。 胃潰瘍の可能性も! 胃潰瘍という病気は、度重なる精神的ストレスやピロリ菌の存在だけが原因ではありません。 唐辛子を食べ過ぎると大量の胃酸が分泌され、 胃壁の粘膜下層まで傷付ける危険性が指摘されています。 もちろん、ピロリ菌に感染している人は胃粘膜自体が弱くなっているため、カプサイシンの大量摂取は特に要注意! 胃壁の粘膜下層まで損傷すると、胃ガンよりもはるかに出血量が多くなることが予想されます。 胃潰瘍によって出血量が増えると、 「タール便」というコールタールのような黒くてネバネバした便を排出しやすくなります。 また、痛みに関しては個人差が大きい病気の1つ…。 突如として激痛に襲われたり、潰瘍がひどくてもあまり痛みを感じない人もいます。 普段から唐辛子を食べ過ぎていると実感している人は、控えめにするのが何よりも病気の予防に繋がります。 Sponsored Link 痔を悪化させる原因に! 「辛いものを食べると痔になる」という話を聞いたことはありませんか…。 この話には少し誤解があるようで、唐辛子を食べ過ぎても正常な肛門であれば痔の原因になることはありません。 ただし、唐辛子やコショウなどの香辛料は、もともと消化によい食べ物ではないため、痔という病気を悪化させる原因になりやすいのです。 消化に悪いということは、唐辛子の持つカプサイシンの刺激が肛門付近にも伝わりやすくなっています。 痔という病気の種類としては 「内痔核」「外字核」「痔瘻」「裂肛」などが挙げられます。 裂肛(切れ痔)などはモロに刺激を受けやすくなっていますが、他の種類についてもカプサイシンの刺激は避けたいところです。 痔の悪化を防ぐには、塩分や脂分の多い食材やアルコールも控えた方が得策ですね。 唐辛子を食べ過ぎると死ぬこともある? 唐辛子を食べ過ぎると、実際に死ぬこともあります。 日本では一品種として 「鷹の爪」がよく利用されますが、スコヴィル値がそれほど高くないため死亡することは考えにくいです。 その他の品種のスコヴィル値は下記の通りです。 ピーマン:0• 獅子唐辛子:0• パプリカ:500~2500• ハラペーニョ:2500~8000• ウルピカ:3万~5万• 鷹の爪:4万~5万• ロコト:5万~10万• ハバネロ:10万~35万• ブート・ジョロキア:100万1304• キャロライナ・リーパー:156万9300~220万• ドラゴンズ・ブレス:248万• ペッパーX:318万 2013年に世界一辛い唐辛子としてギネス認定された「キャロライナ・リーパー」。 また、2017年に記録を更新した「ドラゴンズ・ブレス」や、医療用に開発されたという「ペッパーX」。 これらの品種になると、舌に乗せただけでも強烈な刺激と灼熱感に襲われ、涙が止まらないレベルです。 食べ過ぎることなどまず不可能に近いため、体内に大量に入ると全身が麻痺して死ぬ危険性も高いといわれています。 ミネラル類:カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン• 活性酸素を除去し、体の内外からアンチエイジング(抗老化、抗加齢)を図ることができます。 動脈硬化やガンの抑制、生活習慣病の予防の他、女性には嬉しいお肌のシミやシワ、たるみの改善にも有効です。 肝心のカプサイシンも代謝をアップして発汗を促す作用があり、有酸素運動と組み合わせることでダイエット効果が高まるという研究結果も報告されています。 生活習慣病の原因となるメタボを解消する上では優良食材の1つで、健康維持効果も高いと考えられています。 カプサイシンを適度に摂取すると ガン抑制になるという説もあり、適量を意識して食べることで長生きすることに繋がるかもしれませんね。

次の

唐辛子など辛いもので下痢!原因や対処方法は?腹痛の改善や治し方も

唐辛子 下痢

ナス科トウガラシ属の一種とされる 「唐辛子」。 辛味成分となっている天然の有機化合物「カプサイシン」の効果も注目されていますよね。 ただし、唐辛子を食べ過ぎると思わぬ症状が現れたり、病気になったりという噂まであります。 辛味という刺激に対する感受性は人によって異なるため、「大好き」という人ほど危険という見方も…。 適量を摂取している分には、発汗促進、抗炎症作用、肥満をはじめとする 生活習慣病の予防などにも役立ちます。 何より ダイエット効果を期待する人も多いですよね。 しかし、どんな食べ物も過剰摂取すると体を壊すことになりかねません。 そこで、今回は 唐辛子を食べ過ぎるとどうなるのか?体への悪影響や病気との関係性についてご紹介します! コンテンツ• 唐辛子を食べ過ぎるとどうなる? 普段の食生活の中で、うどんや牛丼などに一味唐辛子をたくさん入れて食べる人もいますよね。 ただ、唐辛子を食べ過ぎるとカプサイシンを過剰摂取していることになるため、知らないうちに体に悪影響を及ぼしている可能性があります。 当然、辛味という刺激に対して感受性の強い人は、様々な症状が現れることも…。 激しい胃痛が起こる! 唐辛子を適量に摂る分には、胃液の分泌を適度に抑える効果があります。 ただし、大量に食べ過ぎると 強酸性の胃液の過剰分泌を招き、それが原因となって胃粘膜を荒らすことに繋がります。 実際にテレビ番組などで、真っ赤に染まった激辛ラーメンなどを食べる芸能人を見ることがありますよね。 その人のブログを見ると、「帰宅後、激しい胃痛に襲われた」と書かれていることも…。 もちろん、唐辛子が体に影響を及ぼすのは、ほとんどが カプサイシンの作用によるもの。 罰ゲームで辛味に対する感受性が強い人が食べ過ぎると、副腎皮質ホルモンの一種であるアドレナリンが大量に分泌されます。 汗が噴き出して止まらなくなるほどで、体の内部では胃酸によって胃粘膜が傷付けられている可能性大です! 薬を飲めば次第に胃痛は治まりますが、胃壁への悪影響も気にする事態に発展することもあります。 ハバネロ• ブート・ジョロキア• ドラゴンズ・ブレス• キャロライナ・リーパー• スーパーX なども挙げられます。 辛味を表す基準となる 「スコヴィル値」もはるかに高いものも多いため、併せて注意が必要です。 日本ではそれほど食べる機会は少ないですが、海外などで慣れない人が食べると危険です。 あまりの腹痛や下痢で会社を休むという事態に陥らないよう、唐辛子の仲間とされる品種にも十分気を付けたいですね。 頭痛を起こすことも! 唐辛子を大量に食べ過ぎると、 頭痛を引き起こすことがあるといわれています。 体内でカプサイシンが吸収されると、脳に運ばれて内臓感覚神経に働きかけ、さらにアドレナリンを分泌させます。 アドレナリンが過剰分泌されると、大脳辺縁系にある海馬や扁桃体などが損傷を受ける危険性が高まります。 頭痛との因果関係ははっきりしていませんが、脳の一部が傷付けられる事態に及ぶことがあるのです。 また、カプサイシンの大量摂取により、 脳血管攣縮(のうけっかんれんしゅく)を起こすことも報告されています。 攣縮とはけいれん性の収縮を意味し、最悪の場合、冠動脈が完全に詰まって血流がストップすることもある状態です。 唐辛子を食べ過ぎると、激しい頭痛とともに意識を失って倒れることも起こり得ます。 Sponsored Link 唐辛子を食べ過ぎると病気になる? カプサイシンの大量摂取は、一時的にしても体に悪い影響を及ぼすことがわかっています。 しかし、慢性的に唐辛子を食べ過ぎると、思わぬ病気を発症する危険性もあるようです。 ガン発症のリスクも! 唐辛子を食べた時、口の中や舌、喉の奥に 灼熱感を覚えたことはありませんか…。 カプサイシンの強い刺激は、口の中から肛門に至るまでのすべての消化器官に影響を与えています。 そのため、消化器系の細胞が傷付いて修復が困難になると、 ガンを発症するというリスクもあります。 つまり、日常的に唐辛子を食べ過ぎると、咽頭ガン、食道ガン、胃ガン、大腸ガン、直腸ガンなどの発症を誘発することにもなりかねません。 特にわずかな量を口にしただけで咽(むせ)たり、咳が止まらなくなる人は要注意! カプサイシンに対する感受性が強いということがわかります。 寝ている間に分泌される成長ホルモンにより、細胞の修復が早い若いうちは比較的ガン発症のリスクも低いです。 ただし、若い頃からずっと食べ過ぎていると、次第に傷付いた細胞の修復が上手く行かなくなり、細胞が突然変異を起こしやすくなります。 今では 「ガンは2人に1人は罹る病気」といわれる時代ですので、年齢が高くなる前から注意しなければなりませんね。 胃潰瘍の可能性も! 胃潰瘍という病気は、度重なる精神的ストレスやピロリ菌の存在だけが原因ではありません。 唐辛子を食べ過ぎると大量の胃酸が分泌され、 胃壁の粘膜下層まで傷付ける危険性が指摘されています。 もちろん、ピロリ菌に感染している人は胃粘膜自体が弱くなっているため、カプサイシンの大量摂取は特に要注意! 胃壁の粘膜下層まで損傷すると、胃ガンよりもはるかに出血量が多くなることが予想されます。 胃潰瘍によって出血量が増えると、 「タール便」というコールタールのような黒くてネバネバした便を排出しやすくなります。 また、痛みに関しては個人差が大きい病気の1つ…。 突如として激痛に襲われたり、潰瘍がひどくてもあまり痛みを感じない人もいます。 普段から唐辛子を食べ過ぎていると実感している人は、控えめにするのが何よりも病気の予防に繋がります。 Sponsored Link 痔を悪化させる原因に! 「辛いものを食べると痔になる」という話を聞いたことはありませんか…。 この話には少し誤解があるようで、唐辛子を食べ過ぎても正常な肛門であれば痔の原因になることはありません。 ただし、唐辛子やコショウなどの香辛料は、もともと消化によい食べ物ではないため、痔という病気を悪化させる原因になりやすいのです。 消化に悪いということは、唐辛子の持つカプサイシンの刺激が肛門付近にも伝わりやすくなっています。 痔という病気の種類としては 「内痔核」「外字核」「痔瘻」「裂肛」などが挙げられます。 裂肛(切れ痔)などはモロに刺激を受けやすくなっていますが、他の種類についてもカプサイシンの刺激は避けたいところです。 痔の悪化を防ぐには、塩分や脂分の多い食材やアルコールも控えた方が得策ですね。 唐辛子を食べ過ぎると死ぬこともある? 唐辛子を食べ過ぎると、実際に死ぬこともあります。 日本では一品種として 「鷹の爪」がよく利用されますが、スコヴィル値がそれほど高くないため死亡することは考えにくいです。 その他の品種のスコヴィル値は下記の通りです。 ピーマン:0• 獅子唐辛子:0• パプリカ:500~2500• ハラペーニョ:2500~8000• ウルピカ:3万~5万• 鷹の爪:4万~5万• ロコト:5万~10万• ハバネロ:10万~35万• ブート・ジョロキア:100万1304• キャロライナ・リーパー:156万9300~220万• ドラゴンズ・ブレス:248万• ペッパーX:318万 2013年に世界一辛い唐辛子としてギネス認定された「キャロライナ・リーパー」。 また、2017年に記録を更新した「ドラゴンズ・ブレス」や、医療用に開発されたという「ペッパーX」。 これらの品種になると、舌に乗せただけでも強烈な刺激と灼熱感に襲われ、涙が止まらないレベルです。 食べ過ぎることなどまず不可能に近いため、体内に大量に入ると全身が麻痺して死ぬ危険性も高いといわれています。 ミネラル類:カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン• 活性酸素を除去し、体の内外からアンチエイジング(抗老化、抗加齢)を図ることができます。 動脈硬化やガンの抑制、生活習慣病の予防の他、女性には嬉しいお肌のシミやシワ、たるみの改善にも有効です。 肝心のカプサイシンも代謝をアップして発汗を促す作用があり、有酸素運動と組み合わせることでダイエット効果が高まるという研究結果も報告されています。 生活習慣病の原因となるメタボを解消する上では優良食材の1つで、健康維持効果も高いと考えられています。 カプサイシンを適度に摂取すると ガン抑制になるという説もあり、適量を意識して食べることで長生きすることに繋がるかもしれませんね。

次の