小室 哲哉 離婚。 小室哲哉の今現在が激太り!妻KEIKOと離婚、昔の顔画像は?天才?|消えた有名人今現在の画像管理システム

小室哲哉 KEIKOとの離婚係争をテレビが大きく報じない理由

小室 哲哉 離婚

KEIKOさんとの離婚を急いでいる理由は、看護師A子さんとの再婚のためなんだそう。 2018年の不倫騒動 2018年1月、文春が報じた看護師A子さんとの不倫。 A子さんはニンニク注射を打っていたクリニックで知り合った柴咲コウさん似の美女。 小学生の子供がいるシングルマザーです。 小室哲哉さんは、KEIKOさん不在時にA子さんをたびたび自宅に招き入れ、二人きりでホテルで会うこともありました。 小室哲哉さんは、この報道を否定し、KEIKOさんと真剣に向き合うことを誓いました。 また音楽活動からの引退も表明しました。 ですが、その後は小室哲哉さんからKEIKOさんへの連絡はなく、そのまた離婚調停に進んでいるとのことです。 【画像・動画】別人のように太った小室哲哉の現在! 現在の画像はこちら。 全く違いますよね…。 引用元:週刊文春 2019年の8月はこちら。 まだ髪色は多少維持していますが、もう大分太っています。 それが黒髪になったことで、もうおばさんにしか見えません…。 他にも動画がありました。 オクタゴン最高」 小室哲哉さんも久々に酔ってるよ! — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 変わらないセレブ生活 文春によると、未だに毎年著作権印税などで1億円近い収入があり かなり裕福な生活を送っているようです。 また、現在も家賃七十万円ほどのマンションに暮らし、専属の運転手付きのベンツを乗り回す日々。 毎週のように通う港区のエステにも通っているそうです。 小室さんは数年前から通う常連さんで、インディバアクティブという高周波温熱機器がお気に入りです。 一回三万円程度のコースを週に一回、ダイエット中には二回来ることもある。 美意識が高く美容にはかなりこだわっているようです。 引用元:週刊文春 美意識が高くてこんな見た目とは驚きですね…。 目指す方向性が違うのでしょうか。 ちなみに、小室哲哉さんは2008年に五億円詐欺事件を起こしています。 その際のエイベックスの松浦勝人会長が用立てた六億円以上の弁済金をはじめ莫大な借金が残っています。 この借金の返済は滞っているようなので、先にそれを返せ、と言ってしまいたくなりますね。 小室哲哉の若い頃と現在の画像比較! 若い頃とも比較してみようと思います。 若い頃と2020年現在 若い頃はとても若いですね。 スタイルもよくカッコいいです。 引退前と現在 引退前と現在も比較してみます。 やはり、引退前は芸能人だったので華やかに見えます。 スタイルもいいです。 また、年齢の割には若く見えますよね。 現在は、まぁ61歳なので年相応というところでしょうか。 まとめ 若い頃はあんなに細くスタイルもよかったのに、びっくりするくらい変わってしまいましたね。 芸能界を引退するとこうなってしまうのでしょうか…。 それにしても、詐欺事件やKEIKOさんとの離婚調停、看護師との再婚、小室哲哉さんの人生は波乱万丈ですね。 今後の動向も気になるところです。

次の

【小室哲哉現在2020】不倫相手の看護師A子と交際継続?KEIKOはマスクなしで歌声も|まるっとログ

小室 哲哉 離婚

小室哲哉 音楽プロデューサーの 小室哲哉氏と妻で歌手の KEIKOさんが離婚調停中であると、10月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)と「女性セブン」(小学館)で報じられた。 KEIKOさんが昨年「婚姻関係にあるのだから生活費を入れてほしい」と頼んだところ、小室氏が離婚を切り出したそうだ。 しかも、別居中の生活費などの婚姻費用として小室氏側がKEIKOさん側に当初掲示したのは「月額8万円」だったらしい。 KEIKOさんは、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、5時間にわたる大手術で一命を取り留めたものの、高次脳機能障害が残った。 現在は日常生活に支障がないほどに回復しているとはいえ、闘病中の妻に離婚を切り出すのは、同情も思いやりもない非情な仕打ちのように見える。 こんな仕打ちをするのは、良心の呵責も罪悪感も欠けているからではないかと疑わずにはいられない。 おまけに、小室氏は、今も楽曲提供などで印税が入り、1億円以上の年収があるにもかかわらず、税金や経費を差し引いた基礎収入が600万円台と主張し、それを根拠に婚姻費用は「月額8万円」が妥当だと言っているようだ。 そのうえ、借金を理由にお金が払えないとも主張しているという。 一方で、現在も家賃100万円以上の高級マンションに住み、運転手付きのベンツを乗り回しているらしいので、自分はセレブな生活を送りながら、妻には随分冷淡で冷酷という印象を受ける。 偉大なアーティストになる条件は「大悪人」 このように自分本位で冷淡かつ冷酷なうえ、思いやり、同情、良心などが欠如している人を、ドイツの精神科医、クルト・シュナイダーは「ゲミュートローゼ(情性欠如者)」と名づけた。 「ゲミュート」とは、思いやり、同情、良心などを意味するドイツ語であり、こうした高等感情を持たない人が「ゲミュートローゼ」である。 「ゲミュートローゼ」は平たくいえば反省も後悔もしない「大悪人」だが、偉大なアーティストには、このタイプが少なくないように見受けられる。 というのも、作曲家の三枝成彰氏が『大作曲家たちの履歴書(下)』(中公文庫)で述べているように「偉大なアーティストになるには大悪人でなければならない」からだ。 その代表として三枝氏が挙げているのは、フランスの作曲家、ドビュッシーである。 何しろ、下積み時代を支えた女性を2人もピストル自殺未遂に追い込んだのだから、三枝氏が「稀代の悪人」と呼ぶのも当然だろう。 ドビュッシーに限らず、偉大なアーティストが糟糠の妻を捨てて若い美人と再婚したとか、借金を踏み倒したとかいう話は珍しくない。 小室氏も、過去の女性遍歴や金銭トラブル、さらに詐欺容疑での逮捕を振り返ると、「大悪人」の名に恥じない人物のように見える。 だからこそミリオンヒットを連発し、偉大なアーティストになれたのかもしれない。

次の

【文春画像】小室哲哉の現在が別人級に激太り!若い頃とも比較!見た目はおばさん!

小室 哲哉 離婚

音楽プロデューサーの(61)が妻・(47)に対し、離婚調停を申し立ていたことが「週刊文春」の取材で分かった。 すでに3月上旬から東京家裁で1回目の調停が始まっている。 「週刊文春」は、2018年1月18日発売号で小室と看護師A子さんとの不倫関係を報じた。 引退会見を開いた小室は離婚について問われ「そのような考えはない」「(妻の)目を見てしっかり話したい」などと答えていた。 だが、その後、小室は現在まで一度もKEIKOと会っていない。 当初、小室側が提示した生活費は、わずか月8万円程度だったという。 夫婦を知る音楽関係者が明かした。 「小室さんには著作権印税などで1億円近い収入があったにもかかわらず、税金や経費を差し引いた額は600万円台と主張した。 小室側は根拠となる資料を提出したものの、8万円案は退けられた。 最終的には今年1月下旬にKEIKOさん側の要求に近い額で決着したといいます。 小室さんの主張はほぼ認められなかった。 小室とA子さんの関係は今でも続いており、小室が4度目となる結婚をするのではないかと見られている。 A子さんの父親は「週刊文春」の取材に対し、「私からは別れろとも言えないし、結婚しろとも言えない。 小室さんには別れるにしても一緒になるにしてもきちんとして欲しい」と語った 小室の代理人弁護士は次のように回答した。 「調停に関する質問にはお答えしかねますが、小室氏から婚費として月額8万円を提示した事実はなく、従前より相当額を支払っていました。 こちらが一方的に離婚を求めたという指摘も事実に反します。 またA子さんとの不貞も再婚もないと聞いております」 4月16日発売の「週刊文春」では、10キロ近く太った小室の近況、今年4月のA子さんとの密会の様子、そしてKEIKOへのインタビューを3ページにわたって報じている。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月23日号) 外部サイト.

次の