ウイイレ 2020 攻略。 ウイイレ2020戦術|省エネ×強力スリートップで大胆SIM攻略!【効率よく勝利でGPゲット!】

ウイイレ2020 Myclub はじめの流れを紹介

ウイイレ 2020 攻略

バルセロナやユヴェントスなどの公認クラブが多数登場している。 今回は、ウイイレ2020の最強レート選手や有望な若手プレーヤーを紹介していく。 ウイイレ2020:最強選手• ウイイレ2020:若手優秀選手• ウイイレ2020:最強のレジェンド• ウイイレ2020:最強チーム• ウイイレ2021:最新情報 ウイイレ2020:最強選手 リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは毎年世界最強の称号を争っているが、ウイニングイレブンの世界では2人に同じレートが与えられ、優劣をつけない判断がされている。 メッシとロナウドはウイニングイレブン2020でも最高のプレイヤーだ。 2人には総合値94が与えられている。 ネイマールはこの2人に次いで高い92。 今回は18人の選手に90以上の総合値がつけられている。 最強クラスの選手の多くはアタッカーだが、センターバックのファン・ダイクやジェラール・ピケ、セルヒオ・ラモスも今年のトップ10にランクインしている。 Ranking Player Rating 1 リオネル・メッシ 94 2 クリスティアーノ・ロナウド 94 3 ネイマール 92 4 エデン・アザール 91 5 セルヒオ・アグエロ 91 6 ルイス・スアレス 91 7 フィルヒル・ファンダイク 91 8 セルヒオ・ラモス 90 9 ジェラール・ピケ 90 10 ロベルト・レヴァンドフスキI 90 11 ダビド・デ・ヘア 90 12 アントワーヌ・グリーズマン 90 13 ヤン・オブラク 90 14 ケヴィン・デ・ブライネ 90 15 ハリー・ケイン 90 16 モハメド・サラー 90 17 アリソン 90 18 キリアン・ムバッペ 90 19 マヌエル・ノイアー 89 20 ルカ・モドリッチ 89 21 セルヒオ・ブスケツ 89 22 ラヒーム・スターリング 89 23 エデルソン 89 24 サディオ・マネ 89 25 マルク・テア・シュテーゲン 89 26 ダビド・シルバ 88 27 カリム・ベンゼマ 88 28 エディンソン・カバーニ 88 29 マッツ・フンメルス 88 30 トニ・クロース 88 31 ピエール・オーバメヤン 88 32 クリスティアン・エリクセン 88 33 チアゴ・アルカンタラ 88 34 ポール・ポグバ 88 35 エンゴロ・カンテ 88 36 カリドゥ・クリバリ 88 37 ベルナルド・シウバ 88 38 サミール・ハンダノヴィッチ 87 39 ヨシュア・キミッヒ 87 40 ウーゴ・ロリス 87 41 ジョルジョ・キエッリーニ 87 42 ディエゴ・ゴディン 87 43 ギャレス・ベイル 87 44 イヴァン・ラキティッチ 87 45 ミラレム・ピャニッチ 87 46 ジョルディ・アルバ 87 47 マルコ・ロイス 87 48 フィリペ・コウチーニョ 87 49 ラファエル・ヴァラン 87 50 ティボー・クルトワ 87 トップへ ウイイレ2020:若手優秀選手 ウイニングイレブン2020でも、キリアン・ムバッペが21歳以下の最優秀選手であることは驚きではないだろう。 パリ・サンジェルマンに所属するこのFWは、若手の中で唯一総合値90を超える選手だ。 ムバッペ以外では、総合値において全体の50位以内にランクインした若手選手はいなかった。 ユヴェントスのCBマタイス・デ・リフトは総合値86で若手2位、トレント・アレクサンダー=アーノルドとジャンルイジ・ドンナルンマが85で続いている。 選手レートはエーリング・ホーランドがCLで猛威を振るう前に設定されたものであり、ホーランドの総合値は80にとどまっている。 次回作「ウイニングイレブン2021」ではより高いレートになることは間違いない。 Ranking Player Rating 1 キリアン・ムバッペ 90 2 マタイス・デ・リフト 86 3 トレント・アレクサンダー=アーノルド 85 4 ジャンルイジ・ドンナルンマ 85 5 ジョアン・フェリックス 84 6 ジェイドン・サンチョ 84 7 マルティン・ウーデゴール 83 8 エデル・ミリトン 83 9 カイ・ハフェルツ 82 10 フェドル・チャロフ 81 11 ヴィニシウス・ジュニオール 81 12 クリスティアン・プリシッチ 81 13 ホセ・イバン・デ・パウラ 81 14 ニコロ・ザニオーロ 81 15 メイソン・マウント 81 16 マッテオ・グエンドゥジ 81 17 フセム・アワール 81 18 ラウタロ・マルティネス 81 19 アクラフ・ハキミ 81 20 アルバン・ラフォン 81 21 エーリング・ホーランド 80 22 オドソンヌ・エドゥアール 80 23 フェラン・トーレス 80 24 ジョナタン・イコネ 80 25 エセキエル・パラシオス 80 26 フェデリコ・バルベルデ 80 27 デクラン・ライス 80 28 ジュール・クンデ 80 29 モイーズ・キーン 79 30 ロドリゴ 79 トップへ ウイイレ2020:最強のレジェンド サッカー界に名を轟かせたアイコンたちもウイニングイレブン2020に収録されている。 たとえばブラジルのロマーリオ、リヴァウド、ロナウジーニョも選手として起用することができる。 この3人は全員総合値87以上に設定されており、ロマーリオはレジェンドの中で4番目の高レートとなっている。 W杯優勝を経験したアルゼンチンのスーパースター、ディエゴ・マラドーナはレジェンドトップの総合値97を誇る。 マラドーナのレートはデフォルトの選手としてゲーム中最高値となっており、メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている。 オリバー・カーンはウイニングイレブン2020の中で最高レートを持つGKだ。 一方、同じドイツのフランツ・ベッケンバウアーはレジェンド内では最高のDFだ。 Ranking Player Rating 1 ディエゴ・マラドーナ 97 2 ヨハン・クライフ 93 3 ジーコ 92 4 ロマーリオ 91 5 カール・ハインツ・ルンメニゲ 91 6 ロナウジーニョ 91 7 フランツ・ベッケンバウアー 91 8 オリバー・カーン 91 9 イニエスタ 90 10 ガブリエル・バティストゥータ 89 11 アドリアーノ 89 12 ルート・フリット 89 13 デビッド・ベッカム 89 14 パベル・ネドベド 89 15 パトリック・ヴィエラ 89 16 フランチェスコ・トッティ 88 17 アレッサンドロ・デル・ピエロ 88 18 ルイス・フィーゴ 88 19 リヴァウド 88 20 フランク・ランパード 88 21 アンドレア・ピルロ 88 22 ハビエル・サネッティ 88 23 ロベルト・カルロス 88 24 パオロ・マルディーニ 88 25 フランコ・バレージ 88 26 デニス・ロー 87 27 アルバロ・レコバ 87 28 ライー 87 29 ポール・スコールズ 87 30 カフー 87 トップへ ウイイレ2020:最強チーム バルセロナ、マンチェスターB、マドリー・チャマルティンBの3チームが総合値86で最強の座を分け合っている。 コナミがプレミアリーグの公認を得ていないため、マンチェスター・シティはゲーム上では「マンチェスターB」として登場している。 同様に、レアル・マドリーは「レアル・マドリー・チャマルティンB」と表記されている。 ウイニングイレブン2020はバイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、ナポリ、PSGの公認を受けており、これらのクラブは実名で登場している。 ブンデスリーガはウイニングイレブン2020には登場しない。 そのため、バイエルンは「他の欧州クラブ」のセクションで登場する。 レヴァークーゼンやシャルケも同様となる。 Team Overall Defence Midfield Attack バルセロナ 86 85 84 88 マンチェスターB 86 84 87 88 マドリーチャマルティンB 86 85 87 86 バイエルン・ミュンヘン 85 83 85 87 ユヴェントス 85 85 84 87 PSG 85 83 84 89 リヴァプールR 84 85 82 86 マドリーロサスRB 84 82 84 84 ナポリ 83 83 83 83 トッテナムWB 83 82 82 85 トップへ ウイイレ2021 最新情報•

次の

選手データ

ウイイレ 2020 攻略

鬼の知恵袋とは? ウイニングイレブン2020に関する質問や、質問への回答をするコンテンツです。 みんなでウイイレをより楽しむ事を目的としたウイイレ好き同士のコミュニケーションの場なので、どんな些細な事でも遠慮なく質問してください。 質問について 質問はどなたでもできます。 いい質問や、いい回答の場合は是非クリックしてください。 鬼メンバーの質問・回答 鬼メンバーの方はログインしてから質問・回答してください。 成りすましを防止する事ができます。 禁止事項 誹謗中傷、PS3等のオンラインIDを晒す行為はいかなる場合も認めません。 もし見つけた場合は記事を削除します。 場合によっては書き込んだ方に対してペナルティを与える場合があります。 投稿の修正、削除 投稿された記事は、管理人の判断により予告なく削除する場合がありますのでご了承ください。 また、不適切な記事等を見つけましたら、お問い合わせフォーム、鬼メンバーの方は鬼板「障害報告スレ」よりご連絡ください。 記事の変更、削除はできません。 何らかの理由で変更、削除をしたい場合はご連絡ください。 どちらの場合も記事の"WE鬼id"を明記してください。 そこを読み取れない、こうやって説明しないと分からない3のような自分の主観が全ての大人にはなりたくない。 by小2 17. ズレすぎ 18. 飽きたw 19. 自分の考えは無く、他人のそれっぽい言葉の横流しでしか喋れない、人から指図されないと動けないタイプと見た。 こんなにストレスたまるゲームは他に類を見ない。 特に1v1はゴミモード。 顔の見えない相手に価値誇り煽ってなんぼの世界。 特に対戦相手の民度の低さ、ゲームの進化する部分の間違い具合。 誰がどう考えても仕方ないでしょう。 なるほど、エフェクトみたいな感じか。 確かにありますね。 開幕失点しやすいですよね。

次の

みんなのウイイレ

ウイイレ 2020 攻略

バルセロナやユヴェントスなどの公認クラブが多数登場している。 今回は、ウイイレ2020の最強レート選手や有望な若手プレーヤーを紹介していく。 ウイイレ2020:最強選手• ウイイレ2020:若手優秀選手• ウイイレ2020:最強のレジェンド• ウイイレ2020:最強チーム• ウイイレ2021:最新情報 ウイイレ2020:最強選手 リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは毎年世界最強の称号を争っているが、ウイニングイレブンの世界では2人に同じレートが与えられ、優劣をつけない判断がされている。 メッシとロナウドはウイニングイレブン2020でも最高のプレイヤーだ。 2人には総合値94が与えられている。 ネイマールはこの2人に次いで高い92。 今回は18人の選手に90以上の総合値がつけられている。 最強クラスの選手の多くはアタッカーだが、センターバックのファン・ダイクやジェラール・ピケ、セルヒオ・ラモスも今年のトップ10にランクインしている。 Ranking Player Rating 1 リオネル・メッシ 94 2 クリスティアーノ・ロナウド 94 3 ネイマール 92 4 エデン・アザール 91 5 セルヒオ・アグエロ 91 6 ルイス・スアレス 91 7 フィルヒル・ファンダイク 91 8 セルヒオ・ラモス 90 9 ジェラール・ピケ 90 10 ロベルト・レヴァンドフスキI 90 11 ダビド・デ・ヘア 90 12 アントワーヌ・グリーズマン 90 13 ヤン・オブラク 90 14 ケヴィン・デ・ブライネ 90 15 ハリー・ケイン 90 16 モハメド・サラー 90 17 アリソン 90 18 キリアン・ムバッペ 90 19 マヌエル・ノイアー 89 20 ルカ・モドリッチ 89 21 セルヒオ・ブスケツ 89 22 ラヒーム・スターリング 89 23 エデルソン 89 24 サディオ・マネ 89 25 マルク・テア・シュテーゲン 89 26 ダビド・シルバ 88 27 カリム・ベンゼマ 88 28 エディンソン・カバーニ 88 29 マッツ・フンメルス 88 30 トニ・クロース 88 31 ピエール・オーバメヤン 88 32 クリスティアン・エリクセン 88 33 チアゴ・アルカンタラ 88 34 ポール・ポグバ 88 35 エンゴロ・カンテ 88 36 カリドゥ・クリバリ 88 37 ベルナルド・シウバ 88 38 サミール・ハンダノヴィッチ 87 39 ヨシュア・キミッヒ 87 40 ウーゴ・ロリス 87 41 ジョルジョ・キエッリーニ 87 42 ディエゴ・ゴディン 87 43 ギャレス・ベイル 87 44 イヴァン・ラキティッチ 87 45 ミラレム・ピャニッチ 87 46 ジョルディ・アルバ 87 47 マルコ・ロイス 87 48 フィリペ・コウチーニョ 87 49 ラファエル・ヴァラン 87 50 ティボー・クルトワ 87 トップへ ウイイレ2020:若手優秀選手 ウイニングイレブン2020でも、キリアン・ムバッペが21歳以下の最優秀選手であることは驚きではないだろう。 パリ・サンジェルマンに所属するこのFWは、若手の中で唯一総合値90を超える選手だ。 ムバッペ以外では、総合値において全体の50位以内にランクインした若手選手はいなかった。 ユヴェントスのCBマタイス・デ・リフトは総合値86で若手2位、トレント・アレクサンダー=アーノルドとジャンルイジ・ドンナルンマが85で続いている。 選手レートはエーリング・ホーランドがCLで猛威を振るう前に設定されたものであり、ホーランドの総合値は80にとどまっている。 次回作「ウイニングイレブン2021」ではより高いレートになることは間違いない。 Ranking Player Rating 1 キリアン・ムバッペ 90 2 マタイス・デ・リフト 86 3 トレント・アレクサンダー=アーノルド 85 4 ジャンルイジ・ドンナルンマ 85 5 ジョアン・フェリックス 84 6 ジェイドン・サンチョ 84 7 マルティン・ウーデゴール 83 8 エデル・ミリトン 83 9 カイ・ハフェルツ 82 10 フェドル・チャロフ 81 11 ヴィニシウス・ジュニオール 81 12 クリスティアン・プリシッチ 81 13 ホセ・イバン・デ・パウラ 81 14 ニコロ・ザニオーロ 81 15 メイソン・マウント 81 16 マッテオ・グエンドゥジ 81 17 フセム・アワール 81 18 ラウタロ・マルティネス 81 19 アクラフ・ハキミ 81 20 アルバン・ラフォン 81 21 エーリング・ホーランド 80 22 オドソンヌ・エドゥアール 80 23 フェラン・トーレス 80 24 ジョナタン・イコネ 80 25 エセキエル・パラシオス 80 26 フェデリコ・バルベルデ 80 27 デクラン・ライス 80 28 ジュール・クンデ 80 29 モイーズ・キーン 79 30 ロドリゴ 79 トップへ ウイイレ2020:最強のレジェンド サッカー界に名を轟かせたアイコンたちもウイニングイレブン2020に収録されている。 たとえばブラジルのロマーリオ、リヴァウド、ロナウジーニョも選手として起用することができる。 この3人は全員総合値87以上に設定されており、ロマーリオはレジェンドの中で4番目の高レートとなっている。 W杯優勝を経験したアルゼンチンのスーパースター、ディエゴ・マラドーナはレジェンドトップの総合値97を誇る。 マラドーナのレートはデフォルトの選手としてゲーム中最高値となっており、メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている。 オリバー・カーンはウイニングイレブン2020の中で最高レートを持つGKだ。 一方、同じドイツのフランツ・ベッケンバウアーはレジェンド内では最高のDFだ。 Ranking Player Rating 1 ディエゴ・マラドーナ 97 2 ヨハン・クライフ 93 3 ジーコ 92 4 ロマーリオ 91 5 カール・ハインツ・ルンメニゲ 91 6 ロナウジーニョ 91 7 フランツ・ベッケンバウアー 91 8 オリバー・カーン 91 9 イニエスタ 90 10 ガブリエル・バティストゥータ 89 11 アドリアーノ 89 12 ルート・フリット 89 13 デビッド・ベッカム 89 14 パベル・ネドベド 89 15 パトリック・ヴィエラ 89 16 フランチェスコ・トッティ 88 17 アレッサンドロ・デル・ピエロ 88 18 ルイス・フィーゴ 88 19 リヴァウド 88 20 フランク・ランパード 88 21 アンドレア・ピルロ 88 22 ハビエル・サネッティ 88 23 ロベルト・カルロス 88 24 パオロ・マルディーニ 88 25 フランコ・バレージ 88 26 デニス・ロー 87 27 アルバロ・レコバ 87 28 ライー 87 29 ポール・スコールズ 87 30 カフー 87 トップへ ウイイレ2020:最強チーム バルセロナ、マンチェスターB、マドリー・チャマルティンBの3チームが総合値86で最強の座を分け合っている。 コナミがプレミアリーグの公認を得ていないため、マンチェスター・シティはゲーム上では「マンチェスターB」として登場している。 同様に、レアル・マドリーは「レアル・マドリー・チャマルティンB」と表記されている。 ウイニングイレブン2020はバイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、ナポリ、PSGの公認を受けており、これらのクラブは実名で登場している。 ブンデスリーガはウイニングイレブン2020には登場しない。 そのため、バイエルンは「他の欧州クラブ」のセクションで登場する。 レヴァークーゼンやシャルケも同様となる。 Team Overall Defence Midfield Attack バルセロナ 86 85 84 88 マンチェスターB 86 84 87 88 マドリーチャマルティンB 86 85 87 86 バイエルン・ミュンヘン 85 83 85 87 ユヴェントス 85 85 84 87 PSG 85 83 84 89 リヴァプールR 84 85 82 86 マドリーロサスRB 84 82 84 84 ナポリ 83 83 83 83 トッテナムWB 83 82 82 85 トップへ ウイイレ2021 最新情報•

次の