ご理解いただけますと幸いです 英語 ビジネス。 「ご理解」の正しい使い方と注意点!類語や「ご了承」との違いも解説

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

ご理解いただけますと幸いです 英語 ビジネス

相手に理解を求める趣旨の言い方 日本語の「ご了承ください」という言い回しを字面通りに捉えれば、「どうか事情を受け入れてくださいませ」というお願いの趣旨と解釈できます。 お願いの趣旨なら相手に「ご理解ください」と伝える表現が無難に使えます。 丁寧かつ控えめなニュアンスの出せる表現を選びましょう。 We kindly ask for your understanding. We kindly ask for your understanding. は相手に理解を求める意味合いの表現です。 素直に訳せば「何とぞご理解くださいませ」という風になるでしょう。 ask for は「求める」「要求する」という意味の句動詞 です。 kindly は副詞で、この一語があると「どうか~願います」という懇切なニュアンスがいっそう加わります。 We kindly ask for your understanding. 何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます I hope you will understand this. I hope you will understand this. は「ご理解くださるよう願います」という意味合いの表現です。 this 部分は指示代名詞でなく our situation(我々の状況)のように表現したり、あるいは具体的な事柄を明示的に述べたりもできます。 I hope you will understand ~. は日本語の「ご了承ください」のような畏まった場面でばかり用いるとは限らず、I hope you will understand my feelings. (察して欲しいんだけど)というような言い方にも用いられます。 Please kindly note that you need another ticket for the entrance. ご入場の際には別のチケットが必要になりますので、了承ください Please forgive ~. または Please excuse ~. forgive や excuse は「許す」「多めに見る」といった意味合いの動詞です。 どちらも「 ご容赦ください」と述べる場面で使えます。 forgive は軽微でない罪や過失を「赦す」というニュアンス、罪を憎んで人を恨まず的なニュアンスのある語です。 excuse は、そこまで重大ではない失敗やポカを「勘弁する」というようなニュアンスが中心です。 相手の理解に対して感謝を示す言い方 文脈によっては、「理解を求める」よりも「理解を示してくれることに対して感謝する」という見方から捉え直した方が、より英語的にしっくり来る表現が見つかります。 Thank you for your understanding. ビジネスメールや顧客への連絡・通知といった場面で「ご了承いただけますようお願い申し上げます」というように言い添える場合、英語では Thank you for your understanding. (ご理解のほど感謝申し上げます)というように感謝を表明する言い方が一般的です。 了承してくれることが想定されるというような状況で、文末などに添えるように用いられます。 ビジネス関連のメールなどにおいて一般的に使われている表現です。 There may be a slight delay of the shipping due to the weather. Thank you for your understanding. 天候によって配送に多少の遅れが生じる場合もございます、ご了承くださいませ もちろん、相手は必ずや理解を示してくれるという前提がないと、この(先んじて感謝する)表現は適切には響きません。 相手は納得してくれるかもしれないし、納得してくれないかもしれない、可能性は五分五分、・・・・・・というような場合は、真摯に理解を請う表現を選びましょう。 I appreciate your understanding. 感謝の表現としては、thank you の代わりに I appreciate you と述べる言い方もできます。 thank you よりも丁寧・懇切なニュアンスで感謝を表明できます。 thank you は前置詞 for を続ける形を取りますが、appreciate の場合は目的語を続ける形を取ります。 I would appreciate ~. と仮定法による婉曲的な表現を加味すると、「もしご理解いただけるなら・・・・・・」というへりくだったニュアンスをさらに色濃く表現できます。 I would appreciate your understanding in this matter. 本件につきましてご理解いただけますと幸いです Thank you for your patience. 相手に多少の不便を強いてしまうような事柄についても、その不便が避けがたい(と相手も承知している)ような代物なら、感謝を述べる言い方で「ご了承ください」に換えられます。 たとえば、待ち時間が長い(長く待たせてしまう)ような場面で「ご不便をおかけしますが、なにとぞご了承ください」というような場合、patience (辛抱)の語を使って Thank you for your patience. と表現できます。 あるいは、「ご協力ありがとうございます」という趣旨で Thank you for your cooperation. と表現する言い方もアリでしょう。 Thank you in advance. Thank you in advance. も「ご了承ください」の意味で使えるフレーズといえるでしょう。 基本的にはビジネスメールにおいて、日本語のメールの結びの「よろしくお願いします」に相当する言い回しとして紹介されるフレーズです。

次の

英語で丁寧に依頼するには?ビジネスメールに使える例文20選

ご理解いただけますと幸いです 英語 ビジネス

"look forward to"「〜を楽しみにしています」 "Look forward to"「~を楽しみにしています」は、日常英会話だけでなく、ビジネス英語でも使える便利な表現です。 返信をお願いしたり、再会を楽しみにしているときに使える表現をご紹介します。 I look forward to meeting you this Friday. 今週の金曜日にお会いできるのを楽しみにしております。 「楽しみにしています」といった表現を使って、アポイントメントの日程を確認するときなどに使うことができます。 I look forward to your reply. 返事をよろしくお願いいたします。 メールを送った相手に返信をお願いするときに使える表現です。 We look forward to your continued support. 引き続きご支援をたまわりますようお願い申し上げます。 会社として、今後も良いお付き合いをお願いするあいさつの言葉として使うことができます。 I look forward to discussing the proposal next week. 来週、その提案について話し合えることを楽しみにしています。 "discuss" は「~を論議する」を意味する動詞です。 日本語の「議論」は論じ合い批評し合うといった意味がありますが、"discuss"は話し合って意見を交わすといった意味があり、ビジネスメールではよく使われています。 I look forward to working with you. 一緒に働けることを楽しみにしています。 職場で一緒に働くことになった人に送るメールの結びとして使える例文です。 "would appreciate your" 「貴方/貴社が〜していただけると幸いです」 次に"appreciate"をご紹介します。 "appreciate"は、「〜していただけると幸いです」と感謝を伝えるとともに、相手に依頼をするときに使うことができます。 I would appreciate your immediate attention to this matter. 本件に迅速にご対応いただければ幸いです。 ビジネスの相手に急いで対応してほしいときはこの表現を使うことができます。 "immediate"は「即時の」といった意味があり、"immediate"を付けると緊急性を強調することができます。 We would appreciate your understanding of our situation. 当方の状況をご理解いただけると幸いです。 問題が起き、その原因や状況を取引先にメールで知らせる必要があるときに使える表現です。 We would appreciate your patience. もうしばらくお待ちいただければ幸いです。 相手を長く待たせているときなどに使う表現です。 問題が発生し、解決に時間がかかる場合に使うことができます。 I would appreciate it if you could meet with us for dinner next week. 来週、私どもとのディナーでお会いできれば幸いです。 ビジネスの相手を食事に誘うときに役立つ表現です。 "Thank you for"「~に感謝申し上げます」 一般的に、「ありがとうございます」を意味する単語として"thank"が使われます。 日本語の会話にも出てくるカタカナ英語「サンキュー」でおなじみの単語です。 "Thank you"は友達や会社の同僚など親しい人だけでなく、目上の人に対しても使うことができます。 Thank you for raising these concerns. こうした問題点をご指摘いただきありがとうございます。 取引先からクレームを受けたり、上司から懸念点を示されたりしたときに使える表現です。 苦言や指摘に対しても、きちんと感謝を伝えることが大切です。 Thank you once again for everything you have done. 改めて、お手伝いをしていただいたことに感謝申し上げます。 協力してもらったことに対して、再度感謝を伝えるときに使うことができます。 Thank you for your time and your continued partnership with our company. お手数をおかけいたしました。 今後とも、弊社と変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。 こちらの要望に応えてもらったときに、お礼の表現として使うことができます。 関連記事: 日本語の「敬具」を英語で表現すると? 相手に誠実な印象を与える"Sincerely" 結びの文章を書くことができたら、最後の締めとして日本語の 「敬具」や「草々」にあたる"Sincerely"「真心を込めて」、または"Regards"「敬意を込めて」を添えましょう。 相手に誠実な印象を与えたいときはメールの最後に"Sincerely"「真心を込めて」を添えましょう。 "Sincerely"の後には、フルネームで名前を記します。 Sincerely, Hanako Yamada 真心を込めて 山田花子 "yours"を付けて"Yours sincerely"と表現するとさらに丁寧になります。 「あなたのことを心から思っています」という意味があるので、 大切な取引先に宛てたメールは"Yours sincerely"で締めくくりましょう。 Yours sincerely, Hanako Yamada 誠意を込めて 山田花子 親しい人に使える"Regards" "Sincerely"よりも、少しくだけた表現が"Regards"です。 メールの結びに使う際は、「敬意を込めて」というような意味合いになり、親しい間柄のビジネスパートナーや友達へのメールにも使える便利な言葉です。 Regards, Mariko 尊敬を込めて まりこ Regards, Mariko Ueda 尊敬を込めて 上田まりこ 面識があり、気心が知れた仲であればファーストネームのみ、まだ親しい関係が築けていない場合はフルネームで締めくくりましょう。 友人や仲の良い同僚など、身近な人へのメールでは"Regards"とともに"best"、"kind"、"warm"といった形容詞を使うと、親愛の情を込めた表現となります。 Best regards, 最上の敬意の気持ちを込めて。 Kind regards, 思いやりと敬意を込めて。 Warm regards, 温かい気持ちと敬意を込めて。 関連記事: 結びの言葉でよりよい印象を ビジネスメールでは、結びの言葉として感謝の言葉を添えることがマナーです。 また、 日本語の「敬具」に該当する英語は、"Sincerely"、"Regards"で、英語でメールを書くときもこういった結語で文章を終えるようにしましょう。 今回ご紹介した例文を、ビジネスメールを作成するときに活用して、相手に良い印象を持ってもらえるメールを心がけてください。 この記事をシェアする•

次の

「幸いです」の意味ビジネスメールで使える言い回しは?

ご理解いただけますと幸いです 英語 ビジネス

"look forward to"「〜を楽しみにしています」 "Look forward to"「~を楽しみにしています」は、日常英会話だけでなく、ビジネス英語でも使える便利な表現です。 返信をお願いしたり、再会を楽しみにしているときに使える表現をご紹介します。 I look forward to meeting you this Friday. 今週の金曜日にお会いできるのを楽しみにしております。 「楽しみにしています」といった表現を使って、アポイントメントの日程を確認するときなどに使うことができます。 I look forward to your reply. 返事をよろしくお願いいたします。 メールを送った相手に返信をお願いするときに使える表現です。 We look forward to your continued support. 引き続きご支援をたまわりますようお願い申し上げます。 会社として、今後も良いお付き合いをお願いするあいさつの言葉として使うことができます。 I look forward to discussing the proposal next week. 来週、その提案について話し合えることを楽しみにしています。 "discuss" は「~を論議する」を意味する動詞です。 日本語の「議論」は論じ合い批評し合うといった意味がありますが、"discuss"は話し合って意見を交わすといった意味があり、ビジネスメールではよく使われています。 I look forward to working with you. 一緒に働けることを楽しみにしています。 職場で一緒に働くことになった人に送るメールの結びとして使える例文です。 "would appreciate your" 「貴方/貴社が〜していただけると幸いです」 次に"appreciate"をご紹介します。 "appreciate"は、「〜していただけると幸いです」と感謝を伝えるとともに、相手に依頼をするときに使うことができます。 I would appreciate your immediate attention to this matter. 本件に迅速にご対応いただければ幸いです。 ビジネスの相手に急いで対応してほしいときはこの表現を使うことができます。 "immediate"は「即時の」といった意味があり、"immediate"を付けると緊急性を強調することができます。 We would appreciate your understanding of our situation. 当方の状況をご理解いただけると幸いです。 問題が起き、その原因や状況を取引先にメールで知らせる必要があるときに使える表現です。 We would appreciate your patience. もうしばらくお待ちいただければ幸いです。 相手を長く待たせているときなどに使う表現です。 問題が発生し、解決に時間がかかる場合に使うことができます。 I would appreciate it if you could meet with us for dinner next week. 来週、私どもとのディナーでお会いできれば幸いです。 ビジネスの相手を食事に誘うときに役立つ表現です。 "Thank you for"「~に感謝申し上げます」 一般的に、「ありがとうございます」を意味する単語として"thank"が使われます。 日本語の会話にも出てくるカタカナ英語「サンキュー」でおなじみの単語です。 "Thank you"は友達や会社の同僚など親しい人だけでなく、目上の人に対しても使うことができます。 Thank you for raising these concerns. こうした問題点をご指摘いただきありがとうございます。 取引先からクレームを受けたり、上司から懸念点を示されたりしたときに使える表現です。 苦言や指摘に対しても、きちんと感謝を伝えることが大切です。 Thank you once again for everything you have done. 改めて、お手伝いをしていただいたことに感謝申し上げます。 協力してもらったことに対して、再度感謝を伝えるときに使うことができます。 Thank you for your time and your continued partnership with our company. お手数をおかけいたしました。 今後とも、弊社と変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。 こちらの要望に応えてもらったときに、お礼の表現として使うことができます。 関連記事: 日本語の「敬具」を英語で表現すると? 相手に誠実な印象を与える"Sincerely" 結びの文章を書くことができたら、最後の締めとして日本語の 「敬具」や「草々」にあたる"Sincerely"「真心を込めて」、または"Regards"「敬意を込めて」を添えましょう。 相手に誠実な印象を与えたいときはメールの最後に"Sincerely"「真心を込めて」を添えましょう。 "Sincerely"の後には、フルネームで名前を記します。 Sincerely, Hanako Yamada 真心を込めて 山田花子 "yours"を付けて"Yours sincerely"と表現するとさらに丁寧になります。 「あなたのことを心から思っています」という意味があるので、 大切な取引先に宛てたメールは"Yours sincerely"で締めくくりましょう。 Yours sincerely, Hanako Yamada 誠意を込めて 山田花子 親しい人に使える"Regards" "Sincerely"よりも、少しくだけた表現が"Regards"です。 メールの結びに使う際は、「敬意を込めて」というような意味合いになり、親しい間柄のビジネスパートナーや友達へのメールにも使える便利な言葉です。 Regards, Mariko 尊敬を込めて まりこ Regards, Mariko Ueda 尊敬を込めて 上田まりこ 面識があり、気心が知れた仲であればファーストネームのみ、まだ親しい関係が築けていない場合はフルネームで締めくくりましょう。 友人や仲の良い同僚など、身近な人へのメールでは"Regards"とともに"best"、"kind"、"warm"といった形容詞を使うと、親愛の情を込めた表現となります。 Best regards, 最上の敬意の気持ちを込めて。 Kind regards, 思いやりと敬意を込めて。 Warm regards, 温かい気持ちと敬意を込めて。 関連記事: 結びの言葉でよりよい印象を ビジネスメールでは、結びの言葉として感謝の言葉を添えることがマナーです。 また、 日本語の「敬具」に該当する英語は、"Sincerely"、"Regards"で、英語でメールを書くときもこういった結語で文章を終えるようにしましょう。 今回ご紹介した例文を、ビジネスメールを作成するときに活用して、相手に良い印象を持ってもらえるメールを心がけてください。 この記事をシェアする•

次の