ホテル三日月勝浦コロナ。 武漢からの帰国者を受け入れたホテルが声明「同じ日本人として…」

ホテル三日月勝浦の部屋は隔離で経営者社長は誰+名前は?新型肺炎コロナ受け入れ

ホテル三日月勝浦コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎で封鎖された中国湖北省武漢市から帰国した邦人191人が宿泊する、千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」を励ます声が相次いでいる。 昨年10月に台風19号が同県を直撃した際にも、同ホテルを含むグループの3ホテルが、停電、断水の被害に遭った人々に大浴場を無料開放しており、社会貢献への姿勢が評価されている。 厚労省は30日、29日に帰国した206人のうち、3人が検査で陽性になったと発表した。 「無料入浴や炊き出しをしてくれた」と台風19号の際の対応に感謝するツイートもあった。 ホテル関係者によると、28日午後に、政府から要請を受けた小高芳宗社長から、帰国した邦人を受け入れる方針が伝えられた。 他にも宿泊予約は入っていたが、予約客には政府の要請で危機状況の対応施設になった旨だけ伝え、車で約20分離れた隣の鴨川市の、鴨川スパホテル三日月への振り替え宿泊を依頼した。 191人を受け入れたものの部屋は177室しかなく一部、相部屋になっているが、邦人は風呂とトイレは部屋に備え付けのものを使用し室外には出ていない。 食事や飲み物は、ホテル側が弁当と3種類の飲み物、果物を朝、昼、夜と1日3回、各部屋の前に置く配給制を取っており、邦人とホテル職員の接触はない。 医療体制も、地域で可能な限りの体制が敷かれている。 車で40分ほど離れた鴨川市の亀田総合病院の看護師がホテルに常駐。 同院は感染症科があり、医師は何か問題があれば駆け付けることになっている。 「千葉の誇り」など、称賛される一方で「観光地だから心配」など、風評被害を含めた地元住民から不安そうな声もあるが、同ホテルが受け入れた背景には、小高社長の祖父で17年に亡くなった創業者の芳男会長が掲げた経営理念の1つ「地域貢献」がある。 祖父の遺志を継ぐ小高社長は「皆さんが大変な時に助けてあげなければ意味がない。 何のためのホテルだ」と職員を鼓舞したという。 ホテル関係者は「(称賛の声は)すごくありがたいお言葉です」と感謝した。 当初は10室からのスタートだった。 同年、鴨川市に「鴨川スパホテル三日月」を開業。 木更津市の「龍宮城スパホテル三日月 龍宮亭」は、舛添要一前東京都知事が会議と称して家族で宿泊したことで話題に。 栃木県内でホテル1軒、ゴルフ場とレジャー施設も運営し、ベトナム・ダナンに120億円を投じた複合リゾート計画を進行中。 千葉県内で5カ所のメガソーラー発電所も運営。 「ゆったり たっぷり の~んびり」で始まるCMソングも人気。

次の

勝浦ホテル三日月がコロナ対策を受け入れた理由は⁈日帰り温泉は可能⁈

ホテル三日月勝浦コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大により、1月29日に中国湖北省武漢市から政府のチャーター機第1便で帰国した邦人191名は、千葉県にある勝浦ホテル三日月で滞在していました。 約2週間を経て、全員が2月13日に帰宅の途に就きました! 勝浦ホテル三日月ではこの191名を受け入れている間、既に予約をしていたお客さんにはグループ店である「鴨川ホテル三日月」「竜宮城スパホテル三日月」などへの振り替え宿泊が依頼されていました。 ただこの状況なので、キャンセルをされたお客さんも少なくなかったはずです。 勝浦ホテル三日月については、ホテルに滞在していた中国からの帰国者が全員が帰宅したということで、これから営業再開となる見通しです。 今回は、 勝浦ホテル三日月営業再開で新型コロナウイルスは大丈夫?みんなの反応は?というポイントでご紹介します。 オンライン予約では、「 」というプランしか選べませんでしたので、今のところ出ているプランはこちらの1種類のみと考えられます。 近いうちに利用させていただきます。 — 鈴木正人 suzu056 千葉勝浦のホテル三日月、誰かがやらなきゃいけない事に、手を挙げてくれた。 日本人として、心より感謝します。 営業再開になった後に、また元気に千葉勝浦の宿泊場所として、復活して欲しい。 勝浦に行く際は、最優先で利用させていただきます。 正直、不安と感じる方もいるかと思いますが、営業再開までの約2週間は政府選定の消毒業者による館内消毒やホテル従業員による館内清掃が徹底的に行われる予定です。 Twitterのコメントでは、応援したり感謝したりする声が多く上がっているので、営業再開に向けて勝浦ホテル三日月の注目度はアップしそうです。

次の

【新型コロナウイルス】帰国者受け入れの美談も…ホテル三日月は「複雑な気持ち」|日刊ゲンダイDIGITAL

ホテル三日月勝浦コロナ

勝浦ホテル三日月 再開で安全なの? 勝浦ホテル三日月は営業再開に向けて、 どのような準備をしているのでしょうか? 下記案内がホームページに載っています。 15日までに、公式サイトに「勝浦店 3月1日 営業再開」とバナーを掲載。 「政府のチャーター機で武漢から帰国し、当ホテルに滞在されていた帰国者の方々は今月13日、無事退去されました。 政府が選定した消毒業者により、今月15日から21日まで、当ホテル館内の消毒作業を行う予定です。 その後、営業再開に向け、万全を期すために、今月22日から29日まで、弊社従業員による徹底した清掃をいたします。 当ホテルの営業再開は3月1日を予定しております。 勝浦ホテル三日月 支配人」としている。 同ホテルは1月31日、施設の提供について公式サイトで「同じ日本人として、帰国者のために、政府の要請に応えることを決断しました」とする声明を発表していた。 何より国が困っている時によく手を挙げてくれた。 閑散期に政府から手厚い宿泊代金も得るだろうし、 しばらく厚労省は三日月を使ってくれるだろう。 既に予約の客は近隣の鴨川に移ってもらえたし。 地元も意外に一致団結できた。 3月の例年のホテル稼働率がどのくらいなのかわかりませんが、例年の稼働率より上回ることを祈っています。 3月1日までさらに2週間開ける措置、見事です。 ホテルの前に集まった勝浦市民が送迎バスに向かって様々に声をかけて応援をしていましたね。 一方でホテルのトップも従業員も宿泊者側に立ち、マスコミの前には現れず一律にコメントをしない姿勢には敬服しました。 「感謝」の一言ですね。 あとは全館十分に消毒して従業員から体調不良の人が出なかったら3月1日営業再開は大丈夫だと思います。 コロナが落ちついたら是非行きたいです。 日本列島に着々と広がりを見せているコロナですが、我々日本人はいつも困難に立ち向かい戦ってきました。 負けてはいけない戦いです。 頑張れ日本! この困難に何の議論だか喧嘩だか訳のわからない事をしている国会や議員はもはや必要なし。 受け入れはすごい勇気のいる決断だったはずなのに、体制を整えて大人数を受け入れたことは掛け値なく素晴らしい。 スタッフの皆さんもお疲れ様でした。 三日月は経営的に困ることはないと思うが、本当に困った時は誰かが助けてくれると思います。 場合によっては営業再開後の風評被害もありえるわけで万全の支援策を考えてもらいたい。 勝浦市民の皆さんにも多大なご心配をおかけしたことにも日本国民の一人としてお礼を言いたいし、ふるさと納税で支援したい。 今後のこともあるので政府はホテル三日月に充分な援助と補償をお願いしたい。

次の