五月雨式に失礼いたします。。 五月雨式って…ぶっちゃけ何!?若手社会人が「これ使ってるとカッコいい」と思うビジネス用語集

「五月雨ですみません」という日本語について

五月雨式に失礼いたします。

若者が知らないビジネス敬語とその使い方3選! 突然ですが、みなさん「 五月雨式」って、どういう意味かご存知ですか? 社会人の一員となり、様々な会社の人とやりとりを行うようになった際、「五月雨式ですみませんが……」と書かれたメールが送られてきたことがありました。 思わず「このひとは、なぜメールで雨の話を……?」と思ってしまった私。 正しい意味を知ってからは、こんな言い回しをサラっと使える大人になりたい! そんな思いが芽生えました。 ちなみに五月雨式とは…… 断続的に物事が行われること。 一度で終わらず、とぎれながらも何度か続けて行うこと。 また、そういうやり方。 com, 参照 2017-09-22 なるほど! だから、メールが立て続けに来た後、「次々に送ってごめんなさい」的な意味で書かれていたんですね! そんな、「ビジネスシーンで使われてよく分からなかった言葉」「メールで見かけて、なんかカッコよく見えるけど正直意味がわからない用語」について調査。 20代前半の男女35人に聞き込み調査したところ、みんなやはりそんな経験があるようです。 今回は、そんな悩める若者たちとともに、今までのモヤモヤを解決していきたいと思います! 【意外と知らないビジネス用語 その1】略儀ながら 例文:略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。 メールの最後に添えられていた一言。 流れ的になんとなく意味はわかりますが、普段使わない言葉すぎて思わずググりました。 (23歳/不動産関係) 「略儀(りゃくぎ)」とは… 「略式」に同じ。 com, 参照 2017-09-22 おっと、弊社・小学館が誇る大辞泉によると、「略式」と同じだそう。 といわけで「略式」を調べてみると…… 正式の手続きを一部省略して、簡単にしたやり方。 com, 参照 2017-09-22 なるほど! 本来行うべきことをかんたんにする、という意味なんですね。 つまり例文を訳すと、「本来ならば直接会ってお伝えしたい所ですが、とりあえずメールにてお礼を申し上げます。 」という意味、ちうわけ! たしかに、やりとりの流れで大体意味を察することはできるけど……この言葉をさらっと使えるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。 【意外と知らないビジネス用語 その2】ご高配 例文:格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご高配を賜り、……」ってメールがきた時、ひとつも意味を読み取ることができなかった。 なんなら〝賜り〟すらなんて読むかわからない!」(24歳/金融関係) これ! わかります! そして今まで意識していなかった人も、意味がわかるか聞いてみると「意識せずスルーしてたから、そういえばわからない」という声がほとんどでした。 そんな「高配(こうはい)」の意味を調べてみると…… 他人を敬って、その心配りをいう語。 com, 参照 2017-09-22 相手の配慮や気遣いを思って言う言葉。 「配慮」と同じような意味と考えてよいでしょう。 先ほどの例文を言い換えると、「特別よく扱っていただいてありがとうございます」という意味。 「いつもごひいきに」的な感じですね。 声に出して読むと噛んでしまいそうなくらい難しい……。 みなさんいつ学んでいるのかってくらい、聞きなれないですね。 相当フォーマルな関係や、丁寧に伝えたいときに使うのがベストのようです。 【意外と知らないビジネス用語 その3】幸甚 例文:ご連絡頂けますと幸甚に存じます。 「幸い」的な意味なのかなと思ったけど、読み方が分からなかった。 メールで送られてくるまで、人生で一度も見たことがなかったです。 (23歳/会社勤務) そもそもなんて読むか分からない、という声も多く挙がりました。 さて、何と読むのでしょう? そしてどういう意味? (多く手紙文で用いて)この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま。 com, 参照 2017-09-22 非常にありがたい、とても嬉しいと言った意味でも使われます。 なので例文は「連絡をもらえると非常にありがたいです。 」という意味になりますね。 幸福の最上級として幸甚という言葉があるようなのですが、そのさらに上をいく「幸甚の至り」という表現の仕方もあるのだそう。 この言葉の場合、メールで送られてきた場合はなんとなく意味を読み取ることはできますが、ふいに会話の中で登場したら、パニックになる若者はきっとたくさんいるはず。 いかがでしたか? かっこよくビジネス用語を使ってみたいという一心で、自分で意味を調べたりもしましたが、日本語ってやっぱり難しい……。 24 作成.

次の

五月雨とは?「五月雨式に申し訳ございません」のメールの使い方は?

五月雨式に失礼いたします。

感謝の気持ちを特に強調して表したいときに「重ね重ね」を使います。 普通は冒頭で「~をどうもありがとうございました。 」「~には感謝しております。 」「~は大変うれしく思いました。 」とお礼の言葉を述べたうえで、締めくくりに再度「重ね重ね」を使った文を置くようにします。 重ね重ねは「今までに述べた~や~などの感謝の気持ちにさらに重ねて」という意味なので、冒頭から使うのは良い使い方ではありません。 定番になっている言い方には以下のようなものがあります。 重ね重ね御礼申し上げます。 重ね重ね厚く御礼申し上げます。 重ね重ねどうもありがとうございます。 重ね重ね感謝いたします。 重ね重ねを使った例文は以下のようなものです。 「昨晩は丁重なおもてなしをいただきまして、誠にありがとうございました。 その上ためになるお話も拝聴できて大変有意義な時間を過ごさせていただきました。 重ね重ね御礼を申し上げます。 」 お詫び お詫びの意を表すときにも重ね重ねが良く使われます。 お礼の時と同様ですが、最初に「~は大変申し訳ありませんでした。 」「心から申し訳なく思っております。 」「多大なご迷惑をおかけいたしました。 」などと、繰り返し謝罪の言葉を述べたうえで、最後に「重ね重ね~」で締めるようにします。 定番の言い方は以下のようなものです。 重ね重ねお詫び(を)申し上げます。 重ね重ね申し訳ございません。 重ね重ね申し訳なく~ 例文は以下のようなものです。 早速代わりの品と交換させていただきます......ご迷惑をおかけした上に返品のお手数をおかけしますことを重ね重ねお詫び申し上げます。 」 恐縮・依頼 角が立たないように何かを依頼する時「重ね重ね」+「恐縮」が用いられます。 次のような言い方が定番になっています。 重ね重ね恐縮ではございますが• 重ね重ねのお願いで大変恐縮ではございますが• 重ね重ね恐縮に存じますが これらの言葉を緩衝材として冒頭に用いて、その後に依頼の文が続きます。 「重ね重ね+恐縮」には次のような2つのケースがあります。 前にお願いしたことを再度繰り返しお願いするとき• お願いの回数にかかわらず「とても恐縮している」ことを強調して姿勢を低くしながら、何かを強く頼むとき 前者の場合、自分が何度も頼んでしまって本当に申し訳なく思っている場合と、何度頼んでも相手がまた同じことをするので困っている場合とがあり、それぞれ以下のような使い方の例があります。 「先日お送りくださったファイルをこちらの手違いで削除してしまいました。 重ね重ね恐縮ですが、再度お送りいただけませんでしょうか?」• 「重ね重ね恐縮ではございますが、当コールセンターでは時間外の対応は出来かねますので、ご理解いただけるようお願い申し上げます。 「この件には弊社の社運がかかっておりますので、重ね重ね恐縮に存じますが是非ご一考をお願いいたします。 」また依頼の場合「恐縮」無しで「重ね重ねお願い申し上げます。 」もよく使われます。 その他の例.

次の

「五月雨」の本当の意味とは?ビジネス用語「五月雨式」も解説!使い方や英語表現も

五月雨式に失礼いたします。

6月も下旬で、梅雨の季節になりましたね。 「恵みの雨」との言葉もあるように、雨は必要不可欠な水源ですが、一方でジメジメ・ムシムシする季節というのはあまり嬉しくないもので、 なによりお日様の光を浴びれないというのは気が滅入るという方も多いのではないかと思います(私もその一人で、樺沢塾で 「脳内のセロトニンを活性化するには午前中に朝日を浴びることが必要」と教わってからはなおさら朝日の有り難さを感じているので、 この季節は冬のまだ日が昇らないうちに起きなければならない時期と併せて苦手な季節です)。 (引用は『』でくくります。 太字と改行は筆者挿入、以下同様) ところで、 梅雨の語源はウィキペディアによれば、 『この時期は 梅の実が熟す頃であることからという説や、 この時期は 湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音に転じたという説、 この時期は 「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説がある。 普段の倍、雨が降るから 「倍雨」というのはこじつけ(民間語源)である。 このほかに 「梅霖(ばいりん)」、 旧暦で5月頃であることに由来する 「五月雨(さみだれ)」、 麦の実る頃であることに由来する 「麦雨(ばくう)」などの別名がある。 』 と数多くの説があるそうで、なかなか面白く感じました。 (「倍降るから倍雨」というコジヅケまであるとはちょっと滑稽ですね) また、「五月雨」が旧暦の5月から梅雨を指す言葉であることも、今回知った次第です。 その同じ記事中で、 『「五月雨」の語が転じて、梅雨時の雨のように、 物事が長くだらだらと続くことを「五月雨式」と言うようになった。 』 と、梅雨時の長雨から、ダラダラと続くことを「五月雨式」というようになったとの解説が興味を惹きました。 仕事のメールなどでも、一つの案件について書き忘れたことがあったり、その後追加で知らせるべきことが出てきたりして、 追加のメールを送るときに「 五月雨式に失礼いたします」と記載することがありますが、今まで語源を意識せずに使っていたので、カラカラ天気のときに使うときにちょっと戸惑いそうです。 このように ある言葉から転じて別の言葉が出てくる、さらにそれが先程のメールのように、 新しいメディアでも使われるという事自体も面白く感じます。 このような 「語源の連鎖」とでもいうべきものは、 キャッチフレーズにも使えそうですね。 例えば 「バレンタインデーと「土用丑の日」の共通点は?」 でもお話したように、「こじつけ」や「シャレ」も含めて既存の風習・イベントに乗っかる形でキャンペーンやサービスのキャッチフレーズを考えてみる際に、 その季節や商品の「語源」からヒントを得るというのも、お客様に「なるほど」と思っていただきやすい方法かと思います。 さらに 「語源の語源」まで遡れば豆知識としてもお客様に喜ばれそうですね。 このように、考えるヒントを貰ったと思えば「梅雨」の時期も過ごしやすくなるかと自分にも言い聞かせてみる今日このごろです。

次の