バッタ 兵器。 バッタ

【なんJ蝗害部】数千億匹のバッタ軍、ついに不可能と言われた中国に到達「地獄絵図で草」「バッタさんはなんJの草すら食いつくすぞ」

バッタ 兵器

今、日本もアメリカも、いや世界中で、あのコロちゃんが大暴れしています。 株価はリーマンショックを超える勢いで下がり続けています。。。 しかし 日銀の黒田総裁は 16日の記者会見で、景気の先行きについて 「一定期間、低成長が続く恐れがある。 ただ、それがリーマン・ショック のようになるかと言われると、現時点ではそういう風には見ていない」と述べた。 ほんまかいな!! こんな状況、リーマンやん! いや、ひょっとしたらそれ以上になるかも!やん!! って思ってしまっている、僕は世間知らずなのでしょうか。 偉い人の言うことはよくわかりませんが、 体感的になんかヤバくない? もう経済的な悪化が避けられない状況になってきているよね。 って気持ちがすごくします。 原油はサウジとロシアの口げんかで大きく下がり、 仮想通貨も金の価格も暴落状態。 なんか全部が一気に下がっている状態になっていて、 一体、どこが 「現時点ではそういう風には見ていない」 のかよくわかりません💦 そして、こんな状態の中、また、「バッタが再び繁殖し始めた」っていうん絵ですね。 国連食糧農業機関(FAO は、アフリカの角地域で大量発生し危機的な状況にしている、 サバクトビバッタが大群を成し始めたと注意を促した。 影響がありそうな国は、 ケニア、ソマリア、エチオピア、スーダン、エリトリア、 サウジアラビア、クウェート、アラブ首長国連邦、イラン、パキスタンが挙げられていますが、 FAOはこの大発生は6月まで続くと予想していようです。 現状では、バッタの大群は紅海を越えてアラビア半島に至り、 さらにペルシア湾を超えてアジアにまで飛来するようになっています。 予測では、東アフリカやアラビア半島のバッタの群れはさらに移動と拡大を続け、 バッタの大群、ソマリア部隊?の群れは海を越えて 直接パキスタンやインドに向かうとみられており、 ついに中国まで飛んでくるのが徐々に現実味を帯びてきているんじゃないかって思いますね。 バッタは中国にくるのか? 実際、FAOは「東アフリカ8カ国、中東5カ国、南アジア2カ国(アフガニスタン、パキスタン)で新たな群を確認している」と報じられていて、 パキスタンの北東には中国の新疆ウイグル自治区があります。 っていうことは、バッタの大群はそこの地域から入ってくる可能性があるってことですね。 なので、中国はすでに研究者をパキスタンまで派遣しているそうです。 生物兵器アヒル部隊の精鋭たちはどうなった? 「4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている。 潜在的な危機に備えて、10万羽のアヒル軍が国境に集結している」 中国国営中央テレビが展開する国際放送局「中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)」が2月19日、行軍するアヒルの群れの映像と共に英語でこう報じた。 このニュース、いったどこまで本当なんでしょうか? 冗談ではなくて、 アヒルは、「生物兵器」となります。 というのも、1羽のアヒルは1日に200匹のバッタを食べるみたいなんですね。 ニワトリはアヒルと比べても1日あたり70匹ほどしか食べないようだし、 このようなバッタの襲来を阻止する、いい意味での「生物兵器」なんです。 しかし、今のところ、確かな情報はありませんが、 一説では、アヒルちゃんをパキスタンで戦わせるのにはムリがあるようです。 なぜなら、 「水が必要なアヒルにとって、パキスタンの砂漠地帯は非常に気温が高く、活躍することができない」 からなんだって。 そら、可哀想だ。 やめておこう。 でも、何とかしないと、マジでヤバい気もする。 いま、コロちゃんで完全に気を取られている世界は次なる敵に気づいたときは、 すでに、食料を食い散らかされて、食糧難になっていたりしないかと心配になる。 だって、マスクがないだけで、こんなに騒ぎになるのに、 もし食料に異常をきたせば、エゲツナイことになりかねない。 一刻もはやく手を打ってほしいですね。。。 バッタは予言通りなのか? 「ヨハネの黙示録」に今回のコロちゃんとバッタにまつわる話があるそうです。 「ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使」 その中で、 5人目 の天使がラッパを鳴らした時、 1つの星が地上に落ちてきて、底なしの淵まで通じる穴を開け、 イナゴが飛び出し、さそりにさされる時のような苦痛を五カ月間与える。 とういお話があるようです。 僕たちを殺すのではなく苦しめるため。 怖いですね。 7人目までのお話はもっと怖いですが、それはリンクを貼っておきますのでご確ください。

次の

バッタ

バッタ 兵器

コメント一覧 12• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 02:43• 北海道に来たときにはカラスがやっつけたってどっかのネットのコメに書いてあったが。 今は札幌にはカモメも住んでるからね。 すすきののネオン街の空の上、夜でもカモメが飛んでいる!• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 04:28• 大移動する時のバッタは 飛ぶ関係で中身スカスカ 食用には向きません• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 07:31• 札幌には手稲山口バッタ塚があってな。 明治の頃に群生相になったバッタや産み落とされた卵を集めて埋めた所に作った供養塚だ。 名も無き国民の声• 2020年02月22日 07:32• これがリアルガタキリバですか• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 07:37• サバクトビ. バッタ4,000億匹の大群が、あのWHO事務総長 エチオピア人 のアフリカ. エチオピアで発生しアラビア半島上陸を経て、インド洋飛んでパキスタンに上陸。 インド. イナゴと表記されているが、サバクトビ. ゴビ砂漠で雨でも降れば5倍に増える。 小スズメ8cmほどの大きさでインド洋や大西洋の距離は飛べる化け物。 大群は幅40km長さ60km! 中国の東はコロナウィルス、西はこのイナゴ、中南部は鳥インフルエンザ,豚コレラ 旧約聖書 10の災いの1つがイナゴ........ 神の怒りか、ノストラ騙すの終末論。 中国はコロナと共に人口削減計画で適正人口に向かうのか? 名も無き国民の声• 2020年02月22日 07:42• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 08:59• 日本にこなけりゃいいけどorz• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 10:33• 燃やそうとすると「二酸化炭素ガー」マンが出て来るかな?• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 11:08• これはメタルクラスタホッパーのステマ• 名も無き国民の声• 2020年02月22日 12:51• たぶんバッタは中国大量のカラスと戦ってる最中。 youtube. 2020年02月22日 15:32• コロナウィルス 鳥インフルエンザ バッタ これに三峡ダム破壊が起こればどうなるの?• 名も無き国民の声• 2020年02月23日 02:12• 長野県民だってトノサマバッタは食わねーわ。 蝗って名前に惑わされ過ぎだ。 あとアメリカ軍のレーザー兵器なら格安で焼き殺せそうだと思った。

次の

3月13日 国連食糧農業機関、アフリカのバッタ被害を再度警告

バッタ 兵器

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生した今年前半、このウイルスの感染拡大より人目を引く災厄がアフリカ東部で猛威を振るっていた。 それはバッタである。 食欲が旺盛なバッタは、特に穀物などの炭水化物を好む。 穀物はアフリカ大陸の農民の主要な生活の糧だ。 国連食糧農業機関(FAO)が1月に予測したところによると、まだ最悪の事態こそ訪れていないが、バッタの大群は6月には500倍に増える可能性があるという。 そしていま、最悪のタイミングでバッタの大発生の第2波が訪れた。 FAOによると、第1波の20倍もの数のバッタがアフリカ東部に発生したのは、3月後半の大雨のせいだという。 作付けの時期にバッタが襲来 バッタの大群はイエメンに侵入したのち、イランのペルシャ湾沿岸560マイル(約901km)におよぶ地域に定着し、産卵した。 バッタの新たな群れの大発生は、特にケニア、エチオピア、ソマリアで深刻化している。 「タイミングが実に悪すぎます。 というのも、農家はまさに作付けの時期であり、雨期が始まってから苗が伸び始めているところだからです」と、FAOの上級蝗害予測官のキース・クレスマンは言う。 「そんなときにちょうど、ケニアやエチオピアでバッタの数が増えているのです。 バッタの大群によって壊滅的になっている苗の写真や情報がすでに出回っています。 つまり、農家の作物はもうないのです」 「今回のバッタの大発生は食糧安全保障や生活への予期せぬ脅威に相当する」と、FAOの担当者は4月上旬に短い報告を発表した。 こうしたバッタの大発生は、いずれも新型コロナウイルスのパンデミックを防ぐためにロックダウン(都市封鎖)されている地域で起きている。 そのうえ旅行制限がかかっているので、専門家がバッタが大発生している国々に出かけて、地元の人々に駆除対策などのトレーニングをすることもままならない。 さまざまな要因が、これほど容赦なく重なる状況は想像し難い。 「こうした国々の大半では、バッタの大発生に対する備えがありませんでした。 問題は、そこにバッタの襲来を受けている点です」と、経済的途上国の農業問題を支援するフランス国際農業開発研究センター(CIRAD)の環境学者シリル・ピウは言う。 「解決策はバッタの発生の抑制に可能な限り努めることです」 移動に適した状態へと変化 バッタほどしぶとい敵は想像し難いところも問題だ。 いま大発生しているのは、サバクトビバッタである。 サバクトビバッタは、通常は単体で活動する「孤独相」だが、1日に90マイル(約145km)移動できる大群、すなわち「群生相」に変わる20種のバッタのうちの1種だ。 孤独相のバッタが「群生相」に変異し、群れをなして移動するようになるきっかけは雨である。 サバクトビバッタは湿った砂地にのみ産卵する。 乾いた砂地では卵が暑さにやられてしまうからだ。 大雨のあと、バッタは狂ったように繁殖し、砂地は卵だらけとなり、その数はわずか1平方メートルに1,000個ともいわれている。 卵からかえった幼虫は、生え始めたばかりの草に溢れ、食べ物が豊富にある環境で育つ。 バッタは草を食べ尽くすと、さらに食べ尽くすための植物を求めて、群れをなして移動する。 その際、サバクトビバッタの体は移動に適した状態へと変化する。 筋肉が増え、体色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わる。 体色の変化は、群生相になったバッタが孤独相だったときには避けていた、有毒の植物を食べるようになったことと関係があるらしい。 食べ物のせいで有毒の昆虫になっていることを、鮮やかな色合いによって捕食者に警告しているのだ。 孤独相のときにこんな色だったら、捕食者に見つけられてしまっただろう。 だが、数十億匹も群れをなすようになれば、もはや目立たないようにしている必要はない。 あまりに数が多いので安全だからだ。 前例のない大雨がきっかけに 今回のバッタの大発生は、2018年5月と10月の2度のサイクロン(温帯性低気圧)による大雨が、アラビア半島南部を襲ったときに始まった。 この大雨によってサバクトビバッタが大発生し、2世代が繁殖した。 各世代は前の世代より20倍のペースで増えるのだ。 「最大の問題は、数多くの不安定な状況や戦争などがある地域でこうした前例のない大雨が発生したことです。 そのせいでバッタが爆発的に急増し始めた最初の段階を見過ごしてしまったのです」と、CIRAD元所長の昆虫学者ミシェル・ルコックは説明する。 バッタの大発生を初期段階で検知できなかったという失敗は、FAOの最善の努力にもかかわらず、深刻化した。 従来からFAOでは、群れをなして移動を始める前のバッタを早期に発見するため、バッタに関する情報収集担当者の複雑なネットワークを調整していた。 担当者はアフリカ東部からインドまで、バッタの被害に遭っている最前線の20数カ国と連携し、現地の人々とともにトラックでパトロールし、害虫を監視する。 そして、地上で得た情報を植生の状態を示す衛星データと組み合わせる。 空腹のバッタは植物を追いかけていく可能性が高いので、植生はバッタの行動を予測する指標のひとつになる。 拡大したあとに食い止める術はない ところが運悪く、2018年のバッタの大発生は、オマーンの人里離れた砂漠で始まった。 その辺りには人が誰もおらず、バッタが発生したという警告は発せられなかったのだ。 「わたしたちはよりよいモデルをつくったり、よりよい予測を立てたりすることはできます」と、ピウは話す。 「しかし、誰も現地にいなかったら、人間がひとりもいなかったら、モデルや予測だけでは意味がありません。 現地にいる人々を人工衛星とすげかえるわけにはいかないのです」 恐ろしいのは、バッタの大発生は最初のうちに食い止めない限り、その拡大を止めるためにできることはほとんどないという現実である。 バッタは国境など構うことなく穀物を食い荒らす。 バッタの大群がやって来たとき、最も優れた当局者にできることは、穀物の破壊を減らすための殺虫剤の散布である。 だが、この方法も人手が必要で、しかもそのための人員は殺虫剤の散布について特別に訓練を積んでいなければならない。 農民に大量の殺虫剤を渡しておいて、病人をひとりも出さずに済むはずがないだろう。 国家的なバッタ対策がない地域の懸念 幸運なことに、ケニアやエチオピアなど最近バッタに襲来された国々には、殺虫剤の散布法に詳しい専門家がすでに数多くいる。 そこで今後の懸念は、南スーダンやウガンダといった数十年もバッタの大発生が起きていない国々にバッタの大群が飛来するかどうかである。 「そうした国々では農業関係の省庁において、国家的なバッタ対策がまったく用意されていないのです」と、FAOのクレスマンは言う。 「物理的な資材もなければ、バッタの制御全般に関する専門家も訓練を積んだスタッフもいません」 旅行制限が実施されていることから、専門家は現地に行って地元の人々を訓練することができない。 たとえ現地に行けたとしても、ソーシャル・ディスタンシング(社会的な距離の確保)を守らなければならないので、満員の会場でバッタの制御について講義するわけにもいかない。 こうした状況のなかでも朗報がある。 現在の流通全体のサプライチェーンの遅れを受けて、本来なら殺虫剤と噴霧器のアフリカへの出荷も遅れていた可能性があった。 ところが、この2点のサプライチェーンは全世界で機能していることだ。 「殺虫剤と噴霧器が世界各地から届いています」と、クレスマンは言う。 「供給をひとつの地域に頼るとかなり危険が高くなりかねないので、そういう方法はとっていません。 もしその地域が封鎖されたら、安定した供給を保てなくなるからです」 バッタを再び繁殖させないために とはいえ、タイミングは最悪だ。 新型コロナウイルスが大流行しているときにバッタが大発生しており、今後6月後半から7月前半にかけて収穫期が始まるのだ。 「困ったことに、この収穫期とまったく同じ時期に次の世代のバッタの大群が発生するでしょう」と、クレスマンは指摘する。

次の