デレステ 理想編成。 レゾセンター編成の参考にどうぞ

【デレステ】GRAND編成を考える

デレステ 理想編成

今回のレゾナンスの効果内容を振り返ってみましょう。 喜多日菜子さんのスキルの例ですが、 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 はい、まずこの「 5種類の特技編成時」がなくなります。 素晴らしいですね。 ボーカル特化のシナジーアイドルで編成したら、スコアはすごい事になる訳です。 (シシレシ自) 」 この意味は、 「センターにレゾナンスを設置して、レゾナンス効果に合う特化シナジーを3人、リーダーは自由にどうぞ」 といった意味になります。 デレステ玄人プレイヤーが目指すランクSSS「アイドルマスター」 デレステには、プロデューサーランクというものがあり、 プロデューサーランクとは、「どれだけのファン数を稼いだか」で決定されます。 ランクSSまでの対応表は以下の通り。 ランク 名称 必要ファン数 F 見習いプロデューサー 0 E 駆け出しプロデューサー 1,500 D 新米プロデューサー 30,000 C 普通プロデューサー 150,000 B 中堅プロデューサー 600,000 A 敏腕プロデューサー 1,500,000 S 売れっ子プロデューサー 6,000,000 SS 超売れっ子プロデューサー 15,000,000 このように、ランクが上がるに連れ必要ファン数が指数関数的に増え、 この中のランクSS、「超売れっ子プロデューサー」がプレイヤー達の一つの目標になっています。 ですが、プロデューサーSSの更に上のランクSSSというものがあります。 このランクになる為には一ヵ月の間に全プロデューサーの中で 月間獲得ファン数ランキング1000位以内と、いった条件になっています。 ちなみに、私はまだ達成しておりません! 今回ご紹介した方法は、このランクSSSを目指す上で一番効率のいい方法だと言えます。 通常Liveでも活躍!?レゾナンス編成の可能性を解説! 冒頭では、LivePartyでのファン活を行う方法を解説しましたが、 更に調べてみると 通常の楽曲Liveでもレゾナンス編成でシナジー編成より高スコアが出せる方法が ある事が分かりました。 その方法を解説していきたいと思います。 レゾナンス編成で高スコアを出す方法 新センタースキルの効果を再度おさらいします。 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 この 5種類の特技編成時といった箇所がネックとなり、 あまり使えないセンタースキルになっていましたが、 ここで今までのタブーを逆手に取る方法で高スコアが出せるようになります。 特技の秒数が同じアイドルで編成する いままでは、編成時に特技発動秒数が被る事は避けていました。 ですが、今回の編成はそれを逆手にとって全部の特技の発動時間を同じアイドルで固める、といった編成方法を取ります。 一番スコアが出る編成は以下になります。

次の

【デレステ】Daレゾナンス編成(2019/11/06/5:00時点)

デレステ 理想編成

まえおき• 「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」における自作のスコア計算プログラムによるスコア理論値、理想編成算出です。 作は校倉(twitter:) です。 スコア計算はを参考にしています。 参考になりましたら、第9回シンデレラガール総選挙の際は 高森藍子に票を少しでも入れていただけると幸いです📷🌻 編成・パラメータ関連• 表はユニゾン軸&オルタネイトまたはフォーカス、レゾナンス軸、トリコロDa&シンフォニーのみ。 同秒数の特技持ちのアイドルはほぼ同様の結果となるため申し訳ないのですが割愛させていただいています。 ポテンシャル解放(ライフスパークル無):高確率は9 98. 余りはアピール値に。 例) 高確率:Vo10 Da10 Vi6 Life0 特9 中確率:Vo10 Da10 Vi5 Life0 特10• ライフポテ振りは合計19(ライフ回復含む場合は無し) 余ったポテンシャル解放は、特技発動率、アピールの順で振る。 サポートアピールは 113290• 特技アンコールの計算はしていません。 特訓前SSRやSRは一部のみ計算しているので漏れている場合があります。 計算結果• スコア理論値順上位1000件。 各センターは2番目との組合わせで上位40件でライフスパークル、コンセントレーション含む編成合計30件とその他上位10件。 目安のスコアは200回試行させた結果。 特技発動率にそれなりにポテンシャルを振った計算結果の表です。 試行回数を犠牲にしてアピール値に振れば理論値は増えます。

次の

レゾセンター編成の参考にどうぞ

デレステ 理想編成

ライフスパークル。 ライフ値が多いほどCOMBOボーナスがアップするという少し特殊な特技。 初出は2018年の1月登場の[新春の彩り]三村かな子で、現在までに14人のSSRアイドルがこの特技を持っています( Cu6種、 Co5種、 Pa5種)。 SRであればイベントの上位報酬などでも入手できますが、SSRに関しては全て限定ガシャ。 かなり強力な特技なのですが、使い方が結構難しいので今回はライフスパークルの使い方についてまとめたいと思います。 ライフスパークルの倍率 特技の説明には「ライフ値が多いほどCOMBOボーナスアップ」としか書かれていないので、ライフ値ごとのライフスパークル(SSR)の倍率をとりあえず必要な範囲で表にしました。 目標となるライフ値 倍率の表を見てみると 美味しいのは残ライフ500値以上。 デレステではユニットのライフ値の2倍まで回復する仕様となっているため、 ユニットのライフ値が250、270、290、305以上を目標に編成を組みましょう。 ライフ値の上げ方• 親愛度をMAXにする• 高レアリティのアイドルを使う• 高ライフのアイドルを使う• ライフポテンシャルを振る• ゲストを使う• (ライフを上げるセンター効果を使う) ライフ上昇のセンター効果については、純粋にアピール値を上げるセンター効果を使った方が強いため、これはスコアタ目的では使いません。 育成済みであればライフ値はN22,R29,SR39,SSR44が基本的な数値ですが、「ライフ回復」を持つアイドルはライフが高くなっています(SR86,SSR88)。 ライフスパークルの使い方 ライフスパークルを効果的に使うためには、ユニットのライフ値を意識することと、回復スキル(回復、オールラウンド、シナジー)と一緒に使うことが重要。 また、スパークルは最大倍率に達する速度が早いほど強力なので 回復速度も重要。 そのため、 スキブと併用することでより真価を発揮する。 また、 ノーツ数の多い曲ほど強力になる。 逆に言えば最後までライフが最大値まで回復しないような楽曲では真価を発揮できない。 もっともスパークルを使ったトリコ編成も強力なことには変わりなく、未だに理想編成になる場合もあり得ます。 デレステの理想編成については以下の記事も参照。 ライフスパークルのポテンシャル振り 倍率が非常に高い特技であるため、ポテンシャルは特技を最優先で振るのがオススメ。 特技の次は特化ステかライフが良いですが、どちらに振るかはユニットのライフポテの振り分け方次第。 ポテンシャルを振りたい先が多く、その効果も大きいため、手に入れたら優先してファンを稼ぎたい特技の一つです。 そこでユニットのアイドルのライフポテンシャルを解放することによって、効果的なライフ値に調整する必要があります。 4だけ振って、倍率を1段階上げるのは有りかも。 スパークル編成の場合ライフポテを誰に振るのか問題 回復SSR無しの場合、基本的には2人に振る必要があります。 ユニットや手持ち、ファン稼ぎの状況でかなり変わってくるので、スパークルを使う場合に一番悩む問題。 プリスパ編成 回復役がオルランの場合、 スパークルとオルラン に振るのがオススメ。 したがって特化ステとライフに20振りやすい。 また、 ライフ振りのトリコはゲスト需要もある。 ただし回復SSRを持っている属性のスパークルにはライフポテは振りづらい。 (トリコ役がNGsなどで特にあり得る)• 各アイドル(特にスパークル)のポテが 20 しか振り分けられない状況であれば、ゲストを利用した方がスコアは上がる。 トリコ以外の全員に特化ステと特技に振った上でライフにもポテが振れるのであれば スパークルにポテ30振れる場合など 、手持ち2人に振ってもゲストを利用してもどちらでも良い。 ゲストのポテが31以上(ステ21以上+ライフ10)の場合は、自分のポテに関わらずゲストを利用した方が良い。 基本的には ライフ振りトリコのゲストを利用した方が良く、主流になっています。 ただし、パレードやグルーヴなどのゲスト無しのイベントを考えると、手持ちで2人に振っておくのも手ではあります。 手持ちで振っておけば、ライフ振りトリコを捕まえる手間がないのもメリットですね。 最近のアプデによって、ゲストにフリー枠ができたのでライフトリコは以前より捕まえやすくなりました。 ライフスパークル強さ 秒数 比較 順位 秒数 継続時間 s 最大発動回数 合計発動時間 s 最大カバー率 性能比 1 13高 9. 0 9回 81 64. 29 1. 00 2 11高 7. 49 0. 99 3 9高 6. 0 13回 78 61. 90 0. 96 4 7高 4. 5 17回 76. 5 60. 71 0. 94 *演奏時間126秒の曲での実測値 ライフスパークルには現在、13高、11高、9高、7高の4種類が存在します。 もっとも、 スパークルの場合もっとも強い秒数が曲によって変わることがあるので若干注意。 ほとんどの場合は13高がもっとも強いですが稀に、11高や9高がベストな場合があります。 7高は多分ほぼない。 最近のイベントだと、『 スパイスパラダイス』や『 義勇忍俠花吹雪』、『 青空エール』では11高、『 Max Beat』では9高を使ったユニットが理想編成でした。 ただし、13高以外はシナジーと秒数が被るため、トリコ編成では結局13高に落ち着く場合が多い。 なお、回復役の秒数は回復SSRの場合8秒、オールラウンドの場合5高がもっとも強力です。 SR回復は8中,11中,6中あたりがオススメ。

次の