夫 浮気 発覚 後 対応。 浮気発覚後の取るべき対応は

【夫の浮気発覚後の対応】妻はどんな態度を取るのが正解か

夫 浮気 発覚 後 対応

自分には関係ないと思っている浮気でも、思わぬ時にパートナーの浮気発覚してしまうということがあります 浮気発覚するとなにをまずすればいいのか、分からないという場合がありますが、難しいかもしれませんが、まずは落ち着くようにしましょう。 これからの生活について最善の方法は何かを考えることこそが浮気発覚後に大事になってきます。 最終的に離婚したほうがいいのか、それとも夫婦生活を継続させるのかを時間をかけて判断することが必要になってきます。 浮気をしたからといって、必ずしも別れることが最善の結果とも言えません。 浮気は完全なる裏切り行為とみなされる場合がありますが、どれくらい入れ込んでいたのか、何回裏切り行為をしたのかなどによっても状況は変わってきます。 また夫婦の場合、子供がいるか否以下でも浮気発覚後の対応は変わってきます。 許すのはかなり難しいですし、パートナーが本当に反省しているかどうか、言葉だけではなく態度でもあらわしているかなどもこれからの道を決めるうえで大切になってきます。 浮気が心配な場合 恋人や配偶者の浮気が心配な場合、心配する気持ちの対処法について考える必要があります。 浮気をしてしまったと分かった場合に自分がどうしたいのかをあらかじめ予想しておきましょう。 浮気しているかどうか心配なら、浮気チェックをすることができます。 浮気チェックには恋人や配偶者の携帯を見てみたり、家に突然訪問してみたり、また急に電話やメールをして連絡を取ってみて、反応を見ることが出来るでしょう。 しかし、あからさまに浮気を心配していることを言葉や態度に表してしまうと、相手も警戒して証拠を隠してしまいます 普段の会話の中で、さりげなく休日などの予定を聞いてみたり、最近気になっていることや趣味などを聞いたりして、なにか変化がないか調べてみましょう。 しかし、普段から何の証拠もないのに浮気の心配をしていれば、相手も疲れますし、束縛されているように感じて、逆に浮気をするように促してしまうかもしれません。 浮気が心配でも、ある程度信頼を表すのも大事です。 浮気を見つけた場合の行動について 貴方が相手の浮気を見つけてしまった場合についてのお話をさせていただきます。 普段は幸せに振舞ってくれている恋人や夫婦関係の中で、意外な場所で相手の浮気を見つけてしまう場合があります。 例えば携帯電話の着信履歴、メール、領収書、また女性の人ですと洋服の香りなどで分かってしまう場合があります。 そんな時に私が好きになった相手に限ってまさか浮気をする訳がない。 何かの間違いだと思いたい気は分かりますが、そこで相手に言わないで我慢をしてしまうか、またはその場で言うかでその後の相手に対する対応が変わってきてしまいます。 相手の事を信じて何も言わない事もお互いの関係を継続する為に大切な事かもしれませんが、でも自分の心に嘘をつかない為にも直ぐに相手に浮気の真実を確かめるのが良いと思います。 もしも相手の浮気が本当だったら次のステップとして別れ話に発展するのか又は相手に反省をさせてもう浮気をしないと違ってもらった上でそのまま交際を継続するかと言う事に進む事ができます。 また、浮気をしていないのであれば貴方の思い過ごしという事で安心できると思います。 ですので怪しいと思ったらまずは相手に聞く事が出来る人間関係を作っておきましょう。 彼女の浮気が発覚した場合は、まずはしっかり話し合いましょう 自分の信頼している彼女が浮気をしていた場合、どのような行動を取りますか。 誰でも浮気をされることは嬉しいことではありません。 とくに信頼している彼女の場合、ショックは大きいはずです。 もし、自分の彼女が浮気をしていた場合、当然まずは怒るはずです。 しかし、その後の行動が重要になってきます。 そのまま別れるという行動に走るのか、事情をしっかり確認してあげて、その内容によってはまた一からやり直すのかという選択になるはずです。 できる限り、しっかり事情を聞いてあげることが一番です。 女性は寂しいという気持ちだけで結果的に浮気をしてしまうことが良くあります。 つまり、その浮気はもしかすると自分に原因があるということも考えられます。 彼女と一緒に過ごす時間を怠っていたということや、彼女との大切な記念日を忘れてしまっていたといったことがなかったかどうかを考えてみてください。 もし、そういったことが原因であるならば、一度しっかり話し合い、自分に大きな非があった場合は謝って一からやり直すことが良い方法と言えるでしょう。 しかし、彼女が単純に遊びたいから浮気をしたということであれば、それは完全に別れに繋がる理由となります。 感情的になる前に、まずは話し合いましょう。 浮気が発覚したら怒らず冷静に訪ねてみるのが効く 夫や彼氏が浮気してたことが発覚した時に、怒鳴って問い詰めたい気持ちは分かります。 ですが怒鳴って問い詰めた所でそれが解決にはならないこともあります。 怒鳴った所で正直に言わずに言い訳をする人もいますし、怒られて嫌な気持ちになって別れを切り出す男もいます。 浮気が発覚した時の一番ベストな対処法ですが、怒っている感じではなくいつもの口調で「どうして浮気しちゃったの?」と訊ねることです。 いいですか、絶対に怒っていることが伝わる口調で話したらいけませんよ。 怒りを抑えるのは苦しいかも知れませんが、人の怒りは6秒我慢すれば落ち着くようになっています。 怒りを表に出さずに訊いてみて下さい。 何故怒らずに訊ねるのがポイントなのか、怒鳴られるよりも何も怒らない方が男は逆に怖いと感じるのです。 男側も浮気をしたことで罪悪感は感じているはずです。 それがバレたというのにパートナーが怒って来ないのはおかしいと感じることでしょう。 怒らずに問い詰めるというのが一番威圧感を与える方法なのです。 女性側が怒らず冷静に話すことで正直に全てを話してくれるかも知れませんし、それがきっかけでもう二度と浮気をしないと誓ってくれるかも知れません。

次の

夫が浮気兆候のサインTOP10!言い訳の見破り方と対処法

夫 浮気 発覚 後 対応

スポンサーリンク 旦那の浮気が発覚したらやるべきこと• 悲しい思いを吐き出す• 刑事になったつもりで「事情聴取」をする• 浮気相手を知るようにする• 自分の気持ちと今後のことを分析、判断する• 自分の立場をしっかり把握する• 覚悟を決める• 証拠を押さえ、法的な対応策を調べておく• 離婚したいかやり直すか決める• 浮気相手に制裁を加えつつ夫を調教• 離婚に向けて、準備する 悲しい思いを吐き出す 愛し合っているとばかり思っていた、生涯のパートナーであるはずの旦那さんが、もし、浮気していたことが、発覚したら、冷静でいられる女性と言うのは、滅多にいません。 旦那さんを愛していれば愛しているほど、我を失うくらいの、ショックで食事も喉を通らなくなるでしょうし、浮気をされた心労で、普段の日常生活を平静に送ることが、難しくなるのが普通です。 浮気発覚後は、気が狂ったように大泣きをするのもよいですし、嫌な気持ちを心許せる人に話してもいいでしょう。 更に、紙に嫌な事柄を全部書き出すのも有効です。 これらの心の不安を吐き出すことは、カタルシス効果を生み出すことがわかっています。 カタルシス効果というのは、不安な気持ちを涙や、言葉によって、吐き出すことで、心の安定をもたらすことです。 旦那さんの浮気発覚後は、まず、心の悲しみを出し切って、自分の心を楽にするのが、先決です。 なぜなら、心を楽にした後に、更に、やるべきことがあるからです。 スポンサーリンク 刑事になったつもりで「事情聴取」をする 旦那の浮気が発覚したときには、旦那の話を聞くことにしましょう。 どういう状況で、どういう相手と、どういう気持ちで浮気をしたのか。 今後のことはどう考えているのかなど、細かく質問し、ていねいに説明させましょう。 その際、何よりも大事なのが、感情的になったり取り乱したりしないこと。 そうならないためには、刑事が容疑者を取り調べるようなつもりで、話を聞くといいでしょう。 つまり、夫婦としての話し合いではなく、プロの行う「事情聴取」という意識を持ってヒヤリングするのです。 この意識を持つことによって、こちらに有利な話し合いができるにちがいありません。 浮気相手を知るようにする これは一種の闘いです。 そうであるならば、「敵を知る」ことが勝つために必要なことです。 相手の住所・連絡先、職場、既婚か独身か、いつから交際しているかなどのデータを可能な限り明確にしましょう。 できれば夫が「浮気じゃない」という言っても逃れられないような決定的証拠を手に入れましょう。 自分の気持ちと今後のことを分析、判断する 「一度の浮気も絶対に許さない。 即、離婚」と決めている人もいるでしょうが、多くの場合、「どうしようか」と迷うはず。 一度でレッドカードなのか、それともイエローカードなのか。 あるいは、単発的な遊びならば、浮気を容認できるのか。 浮気OKという、包容力のある嫁になれるのか。 そうした判断は、自分の気持ちと向き合うことでしかできません。 ですから、事情聴取をしたあとで、一人静かに自分の気持ちと向き合ってみましょう。 結論を急ぐ必要はまったくありません。 結論の選択権はこちらにあるのですから、時間をかけて「自分にとってベストの道」を選択するといいでしょう。 スポンサーリンク 自分の立場をしっかり把握する 相手は結婚相手であるあなたに対して不義を行っている。 つまり悪いのは夫と相手の女性であって決してあなたが悪くありません。 結婚生活はお互いに不満を持つのは当然であって、お互いの不満を相互に解決したり妥協したりしながら営んでいくものです。 相手が不満だから他の相手に向かうというのは恋愛なら許されますが、結婚では裏切り行為でしかありません。 つまり、浮気をされたあなたは道義的に優位な立場にあるのです。 あなたの覚悟を決める 夫が浮気という不義を働いたのですから、許す(結婚継続)か許さない(離婚)かの決定権はあなたにあります。 「浮気といってもそれほど真剣なものでないようだ、夫への愛情はあるし子供もいるし離婚まではしたくない」、というならば、浮気を解消するという条件で許してあげましょう。 その際、できれば念書をとっておきましょう。 そしてしっかり夫が謝ったら、もう浮気の話で責めることはやめましょう。 また、「夫はもう私のところに戻ってこないようだ、今なら人生のやり直しがきくから別れよう」、というならば、まず実家を味方につけるとよいでしょう。 必要ならば家庭裁判所に離婚の申し立てをし、可能な限り有利な条件を勝ち取りましょう。 スポンサーリンク 証拠を押さえ、法的な対応策を調べておく 結論は急ぐ必要はありませんが、さまざまな想定をして、今できる対処を実践しておくことは大変有意義です。 そのためには、まず、浮気の証拠をしっかり押さえておくこと。 そして、「もし、離婚を選択するなら」という仮定のもとに、法的な対応策を調べてみることをおすすめします。 どれくらいの慰謝料が相場なのかなど、インターネットや書籍からできるだけ多くの情報を集めるといいでしょう。 離婚を選択する場合に、すぐ役立てますし、そうでなくてもそれを知っていることが、一種の精神安定剤のような効果を生むのです。 そしてあなたがパートナーの浮気・不倫に対して気になるならプロである専門家に一度アドバイスをもらうために相談してみましょう。 今までモヤモヤしていたものが、すべてがスッキリするはずです。 離婚したいかやり直すか決める 旦那さんの浮気発覚後に2番目にやることは、自分の心を決めるということです。 浮気をした旦那さんを許して、もう一度、夫婦の仲を修復するのか、離婚を選択するのかという2つに一つの答えを出します。 なぜなら、その答えによって、次にやることが変わってくるからです。 浮気相手に制裁を加えつつ夫を調教 もし、浮気した旦那さんともう一度やり直すという結論を出した場合は、旦那さんの浮気を公にはしないことです。 浮気が公になると、旦那さんの職場での立場も悪くなり、あなたの生活に影響するかもしれません。 しかし、浮気相手の女性には、個人的に制裁を加える意味で、慰謝料請求をすることをお勧めいたします。 浮気相手の女性にダメージを与えなければ、旦那さんと浮気相手の関係が続く恐れがあるからです。 そして、旦那さんには、文句や批判を言うのではなくて、あなたがどんなに旦那さんを愛していて、結婚生活を続けたいかという気持ちをわかってもらいましょう。 健気なあなたを見せることは、怒りまくったあなたを見せるよりも、旦那さんの罪悪感を刺激して、あなたへの対応をもっとよくしようという気持ちが旦那さんの中で芽生えるのです。 スポンサーリンク 離婚に向けて、準備する もし、浮気した旦那さんと離婚をすることを決意したら、慰謝料請求のために、興信所にお願いして、浮気の証拠をきっちりと、文書や写真で上げておきましょう。 そして、離婚後の生活のために、職を探すなど、自分で生活費を得る準備を始めましょう。 離婚後は、なんといっても頼りになるのは、お金です。 浮気相手の女性にも、慰謝料請求をすることを忘れずに。 旦那の浮気が発覚したらその時に考えよう いかがでしょうか。 旦那の浮気が発覚した時には気が動転して、冷静に物事を考えられなくなってしまうものです。 つい、感情に身を任せてしまいがちですが、それでは後悔につながってしまいます。 女性は「浮気したら別れる!」と決め込んでいる人もいますが、実際に浮気が現実になると、そんなことは吹っ飛んでしまいます。 なので、今から浮気のことを心配しても仕方がありませんので、その時になったら改めて考えるようにしましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

夫の浮気発覚後の対応|おおごとにせずに夫婦関係を修復して絆を作るには

夫 浮気 発覚 後 対応

夫の浮気発覚後に離婚せずに丸く収めたい場合はどう対応したら良いか 夫の浮気が発覚。 ショックだけれど、 離婚せずおおごとにもしたくないという場合、どのように気持ちを整理して、夫と接すればいいでしょうか。 浮気相手に慰謝料請求するだけが、ケジメのつけ方ではありません。 夫婦は、長く続いていく関係です。 ちょっとした気の迷いで、浮気という過ちを犯してしまうこともあります。 そんなとき、お互いに許し合うことは大切です。 夫には、もう二度と浮気をしてほしくない。 浮気を反省して、お灸を据えたいけれど、離婚したいわけではない。 「やり直す」ことがゴールの人にとって、役に立ちそうな夫への接し方をまとめました。 関係修復中に気持ちの変化はないか…やはり辛いし、信じられないかも 浮気発覚後、もとのように笑い合える夫婦に早く戻りたいと思いますよね。 でも、心の中には、浮気されたときのつらい感情が残っています。 ふとした瞬間に、「浮気されていたとき」の感情がよみがえって、夫を責めてしまうこともあるでしょう。 夫と普通に接しているのに、わけもなく涙が出てきてしまったり。 浮気された側の傷が癒えるには、 長い時間が必要です。 浮気したほうは、「1ヶ月ぐらいで元に戻るだろう」と思っていても、本当に相手を許すには、数年単位の月日が必要なときもあります。 夫を許し、もう浮気はしないだろうと 信じることを決めても、気持ちが揺らいだり不安になることはあります。 そんなときは、気分転換に家の外に出て、夫以外の人と接するだけでも気持ちが紛れます。 浮気のフラッシュバックに悩まされるようであれば、専門家のカウンセリングを受けるのもよいでしょう。 また、浮気発覚時に「おおごとにしたくない」と思っても、関係修復中の 「お守り」として浮気の証拠を残しておくのも一つの手です。 慰謝料請求や離婚を考えていなくても、その後の流れで「あのとき、もっと厳しく接するべきだった」と後悔する可能性もあります。 そんなとき、浮気の証拠が残っていれば、実際の行動に移すこともできます。 浮気発覚後に親に報告すべき?関係性にもよるが…信用を失うかも? 夫婦の浮気は、時に両親まで巻き込んで二人だけの問題ではなくなることも。 親との関係性によっては、浮気の事実を告げることで夫婦仲の修復にプラスに働くこともあります。 しかし、その逆もあり得ます。 ・妻が、自分の親に夫の浮気を告げる 自分の親に浮気の事実を告げておけば、離婚話が浮上したとき、「悪いのは夫のほう」と親が理解してくれる可能性が高くなります。 ただし、親の価値観によっては、 「浮気は男の甲斐性。 妻が騒ぐことではない」と考える世代の人もいます。 そのため、相談しても妻のつらい気持ちを理解してくれないということも発生します。 また、両親と夫は他人ですから、夫の更生にむけて直接的な手を貸すのは難しいでしょう。 万が一離婚になっても、実家に戻ってきたらよいよ、という関係性を維持できるのが理想的といえます。 ・妻が、夫の両親に浮気を告げる 義理の両親との関係性が普段から良好であれば、味方になり代わりに夫を叱ってくれるかもしれません。 妻には強気の夫でも、親からの指摘によって反省することもあります。 ただし、夫を悪く言い過ぎないよう、 さじ加減を調整することも大切です。 義理の両親にとって、夫は可愛い子供。 あまりにも夫が悪者になると、義理の両親と対立してしまう可能性もあります。 浮気した夫に反省の色が見られないなら、義理の両親を頼るなど、状況に応じて判断しましょう。 ・両親への報告は、夫の立場も考えよう 再構築にむけて夫自身も努力している最中に、勝手に妻が両親に浮気を告げたことを知ったら。 夫からすれば、 告げ口されたようで気分を害するかもしれません。 修復への努力を否定されたと感じ、関係性が後退する可能性もあります。 かといって、帰省で親族が集まるときに、事情を知らせずにギスギスした夫婦関係を見せるのはつらいですよね。 特に義両親に告げる場合には、「ケジメのために話す」と夫にも事前に相談するほうがよいでしょう。 浮気発覚後のやり直しのポイントは?乗り越えて夫婦の絆を作ることはできるか 離婚はしない、夫への慰謝料請求もなし。 そんななかで、夫婦関係を修復するために、心がけておくべきポイントは 「お互いの努力」です。 おおごとにしたくないとは言え、一度謝罪しただけですべてが解決するわけではありませんよね。 夫が浮気を心から反省することが、まず必要です。 そして、ふたりで「これから仲のよい夫婦になるには、何が必要か」を考えることが大切です。 まずは、なぜ夫が浮気をしたのか 本音を聞いてみましょう。 妻には言えなかった、心の悩みを抱えているかもしれません。 また、浮気したことを責めるだけでは信頼関係は作れません。 妻としても、日頃の態度に落ち度はなかったのか、顧みることも重要です。 誓約書のような、形に残る書類を持ってケジメとする方法もあります。 しかし、夫婦の気持ちがふたたび通い合うには、 小さな努力を積み重ねるのがなによりも効果があります。 毎朝、笑顔で挨拶をする。 相手の目をみて話す。 夫婦ふたりで、ゆっくりと過ごす時間を設ける。 相手を労り、感謝の気持ちを伝える。 そうした日々の生活の仲で、お互いを大切に思うことができ、本音で向き合うことができるのだと思います。 やはりケジメはつけておくべき?浮気相手への慰謝料請求はどうするべきか お金の問題ではないから、浮気相手に慰謝料請求をしたくないという考えもありますよね。 その場合は、慰謝料の代わりに、浮気関係を清算するという約束をしてもらいましょう。 浮気の関係性が終わったと、 ケジメを意識させる効果があります。 ・誓約書には、浮気の再発防止効果がある 浮気相手に、誓約書を書いてもらうことは、キッパリと関係を清算させ、未練を断ち切る意味があります。 また、「浮気という悪いことをした」と認識させ、反省を促す機会にもなるでしょう。 誓約書には、「二度と私的に連絡をとらないこと」と、接触を禁じる内容を盛り込むことができます。 例えば、仕事の取引先や同僚が浮気相手の場合、「また関係が復活するのでは」と心配ですよね。 接触禁止を誓約書に入れることで、業務以外で連絡を取り合うことはなくなるという安心感を得ることができます。 また、 浮気が再発した時の罰則を盛り込むこともできます。 今回は慰謝料は請求しないけど、次回もし同じ事があれば請求すると、スタンスを明確にしましょう。 それにより、甘い態度で接しているわけではないと、相手に伝えることができるでしょう。 ・夫への誓約書は、「再出発」の区切り 浮気発覚後、一番よくないのが、なかなか気持ちが切り替えられず、夫婦関係がギクシャクすることです。 普段通りに接したいのに、なんとなく気まずいまま。 これでは、関係を修復するキッカケを失ってしまいます。 夫に誓約書を書いてもらうことは、こうした気まずい関係を終わりにし、 お互いに気持ちを切り替えられる効果があります。 「二度と浮気はしません」と書いてもらい、サインとハンコを押してもらいましょう。 文面を自分で作るのではなく、夫に謝罪の気持ちも込めて書いてもらうのもいいかもしれません。 誓約書が完成したら、もしもに備えて大事に保管します。 ケジメをつけて、浮気は過去のものとして水に流そうと思えれば、二人で前に進めるかもしれません。

次の