ご了承ください意味。 「了承を得る」の了承の意味とは、 了解・承諾との違いを解説

「了承いただく」の意味と使い方・「承諾・了解いただく」の違い

ご了承ください意味

相手から許可を得る際に適した表現 では、相手に何かに対して許可を求める時には、どのような表現が適切でしょうか? 計画案訂正が遅れますので、ご了承ください この場合は、社内で目上の人に、 または社外の人に遅れに対する許可を依頼するのにも適切です。 相手を選ばずに使える表現です。 計画案訂正が遅れますので、ご了解ください 文法的には間違いではありませんが、表現として依頼する際には「了解」は使いません。 相手からの依頼を受けた時の返答として使います。 返答として、ビジネスには相応しくないカジュアルなニュアンスがあるので、社内の目上の人へ「了解しました」というのは控えるのがいいでしょう。 「了解」に替わる表現として、「承知」があります。 また、知っていること。 「了解」よりもビジネスに相応しい言葉です。 上司にも社外の人にも使えます。 「ご承知ください」「ご承知おきください」と使います。 「計画案訂正が遅れますので、ご承知ください」 ただし、「承知を得る」という表現は使いません。 「承知くださっている」と言い換えます。 計画案訂正が遅れますので、ご承諾ください 許可の依頼をする時に「承諾」を使うと、やや強めの依頼のニュアンスがあります。 相手が受け入れることを前提にしているように聞こえることもあります。 立場や状況を見極めて使うべき表現でしょう。 目上から目下が、またはクライアントから何かの許可を得た場合や依頼する場合に使う言葉です。 似た言葉に、「了解」「承諾」があります。 「了解」は、ビジネスにおいて相応しい敬意が含まれていない言葉とされ、許可を得た場合でも目上や社外の人に「了解しました」との表現は使わないのが無難です。 「了解」は依頼する場合には使わないので、「承知」に置き換え「ご承知ください」とします。 「承諾」は、社外との契約や取引の際のやり取りや社内の個人的な行為にも使える言葉です。 依頼の場合の「ご承諾ください」には、やや強めのニュアンスがあるので、使う際には立場や状況を考慮して使いましょう。 意味の差はそう大きくはありませんが、ビジネスパーソンとしてはニュアンスの違いを認識して使い分けると、よりいい印象になります。

次の

「ご了承くださいませ」の意味と使い方・ビジネスメール例文

ご了承ください意味

「ご了承ください/ご了承下さい」とは? 「ご了承ください」にはそもそも、どういった意味があるのでしょう。 まずはその意味から詳しく解説します。 相手に理解・了解を得るための表現 「ご了承ください」は、相手に理解や了解を得るために使う表現です。 「了承」とは、相手の言い分や事情について納得し、受け入れること・招致すること、という意味があります。 この「了承」に尊敬の「ご」をつけることで、「どうかご理解いただき、受け入れてください」という意味になります。 あらかじめ納得してほしい時に使う 「ご了承ください」は、こちらの事情について納得してほしい場合に使う表現で、これから起こることに対して使うものです。 契約締結時などによく使う表現で、これから交わす契約内容について「先に理解しておいてくださいね」と言いたい場合にもよく使います。 後になって食い違いが無いようにしたい話題に使える表現です。 目上の人にはあまり使わない 「ご了承ください」はよく見聞きする表現ですが、目上の人には不適切な表現です。 「受け入れてください」という「了承」の意味に、「ください」の持つ一方的なニュアンスが加わることで、相手に強制的に承諾させるような雰囲気が生まれるためです。 不快に思う人もいるため、取引先など目上の人にそのまま使うのは避けたほうが無難です。 「ご了承ください」の最も多い誤用ですので、気をつけましょう。 「ご了承ください」の使い方と例文 「ご了承ください」は場合によっては失礼にあたることのある表現ですが、実際にはどう使えばよいのでしょう。 ビジネスシーンでの使い方を、例文を交えて紹介します。 「あらかじめご了承ください」とすることが多い 「ご了承ください」は、「あらかじめ(予め)ご了承ください」という表現をよく使用します。 「あらかじめ(予め)」とは、前もって・先だって、という意味の言葉です。 たとえば、• 当店ではクレジットカードは使用できません。 あらかじめご了承ください。 明日はお休みをいただいておりますので、対応できません。 あらかじめご了承ください。 といった使い方ができます。 「ご了承ください」という表現が、まだ始まっていないことに対して事前に承諾を得る表現ということもあり、「あらかじめ」とセットで使う例が多いようです。 「宜しくご了承ください」は丁寧さをプラス 「あらかじめ」の他に、「宜しく(よろしく)」を頭につけることもあります。 「宜しく」には、良いように・適当に・当然・ぜひとも、などの意味がありますが、この場合は特定の意味を持つというよりは、丁寧なニュアンスを出す言葉として使用されています。 たとえば、• 土日祝日は休業日です。 よろしくご了承ください。 といった具合です。 意味を当てるとするならば、「良いように」という意味になり、こちらの事情に添うように理解し受け入れてください、という意味です。 「ご了承くださいませ」も意味は同じ 「~くださいませ」という表現は、「ご了承」に限らずビジネスシーンで時折目にする表現です。 意味は「ご了承ください」と同じですが、語尾を「ませ」とすることで柔らかい表現となっています。 大変申し訳ございませんが、土曜日は17時までの営業となりますのでご了承くださいませ。 などという風に使います。 言葉の柔らかい響きから丁寧な印象を受けますが、意味は「ご了承ください」と同じですので、目上の人には使わないほうが無難です。 「~くださいませ」はやや女性的な響きを持つため、男性が使うことに違和感を覚える人もいるようです。 メールでよく使うフレーズには企業差がああるように、「~くださいませ」についても、男性は使用しない企業や全社的に使わないという企業もあります。 「ご了承ください」の類語表現 「ご了承ください」という表現はビジネスでよく見聞きしますが、類語表現もいくつかあります。 類語は「ご理解」「ご容赦」など 「ご了承ください」の類語には「ご理解ください」や「ご容赦ください」があります。 ただし、いずれも少しずつニュアンスは異なります。 「ご理解ください」は、わかってください・察してくださいという意味で、「ご了承ください」の言い換え表現としても使用可能です。 一方、「ご容赦ください」は何らかの過失に対して大目にみてください・許してください、という表現です。 相手に理解を求めるだけでなく、反省・謝罪の念が入る点が大きなポイントです。 「ご承知おきください」も類語 「ご了承ください」の類語には、「ご承知おきください」もあります。 「ご承知おきください」は、あらかじめ知っておいてください・理解しておいてください、という意味です。 「ご了承ください」の言い換え表現としても使うことができます。 ただし、厳密に言うと、「了承」には「納得している」というニュアンスが入るのが相違点です。 「承知」は、納得しているかどうかは問わず、単に「知っている」という意味で使うこともできます。 目上の人にも使える「ご了承ください」の敬語表現 「ご了承ください」が目上の人には好ましくない表現であることは先述した通りです。 では、目上の人にはどういった表現が正しいのでしょう。 「ご了承の程お願い申し上げます」が丁寧 「ご了承ください」を敬語にすると、「ご了承の程お願い申し上げます」となります。 「ください」ではなく、「お願い申し上げます」とすることで敬意を表することができます。 また、単に「ご了承願います」という表現も使用可能です。 上司などには「ご了承願います」でも十分ですが、取引先などより丁寧な表現にしたい場合は、「ご了承の程お願い申し上げます」がおすすめです。 「ご了承くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承の程」という表現の他にも、「ご了承くださいますよう」としてもOKです。 「~くださいますよう」とすると、柔らかい雰囲気がプラスされます。 他にも「ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします」といった表現もあります。 「ご了承いただけますでしょうか」は二重敬語 「ご了承ください」という場合に、相手に確認するように疑問形にすることがあります。 この場合、よくある間違いが「ご了承いただけますでしょうか」という表現です。 丁寧な言い回しに聞こえますが、「~いただけますでしょうか」という表現は、「ます」と「です」が重複する二重敬語になっています。 正しくは、「ご了承いただけますか」となりますので、注意しましょう。 「ご了承ください」を英語でいうと? 最後に、「ご了承ください」を英語で表現した場合のフレーズについても紹介します。 英語では「understanding」を使う 英語で「ご了承ください」という場合には、どういえばよいのでしょう。 英語では「understanding(理解)」を使い、日本語の意味をもう少しかみ砕いて表現します。 Thank you for your understanding in advance. (事前にご理解頂き感謝します)• We appreciate your understanding. (ご理解に感謝申し上げます) また、「どうか~ください」という意味のkindlyを使い、• We kindly ask for your understanding. (何卒ご理解の程お願い申し上げます) という表現をすることもあります。 まとめ 「ご了承ください」はビジネスシーンで広く使用されていますが、一方的・強制的なニュアンスもあることから、「ご了承願います」や「ご了承の程お願いいたします」といった表現がベターです。 「ご理解ください」や「ご承知おきください」など言い換えに使える表現もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

「ご了承ください」と英語で表現する上手な言い方

ご了承ください意味

スポンサーリンク 「ご了承ください」の意味や使い方は? まずは、 「ご了承ください」の意味について見ていきましょう。 その前に「ご了承ください」と書いてなんて読むのか分かりますか? 「ご了承ください」と書いて 【ごりょうしょうください】と読みます。 続いて意味を見てみると 「了承」は相手から了解を得るために使われる、丁寧な言い方です。 分かる、終わるという意味の「了」と、うけたまわる「承」の組み合わせになりますね。 承るとは「受ける」の謙譲語で、自分をへりくだって相手を尊重する言い方です。 このことから「ご了承ください」とは、 事情を理解して認めてくださいという気持ちを相手に表す敬語と言えます。 それでは、具体的な使い方を見ていきましょう。 会議の日程は変更になる場合がありますので、ご了承ください。 悪天候の場合はイベントを中止させていただきます。 あらかじめご了承ください。 「ご了承ください」の例文をご紹介しました。 ビジネスシーンだけではなくいろんな場面で目にする「ご了承ください」という表現方法なので使い方に関しては大丈夫そうですよね。 「ご了承ください」の類語は? 続いて「了承」の類語には、どのような言葉があるのか見ていきましょう。 「承知」「承諾」「承認」「許可」「是認」「快諾」「受諾」「容認」などが似たような表現と言えます。 いずれも、相手の提案や要望などを受け入れることを意味します。 くだけた会話では「OK」や「YES」も使えますね。 近い言葉ですが「ご理解ください」は、気持ちや立場を察してくださいという意味です。 「本件につきまして、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。 」 スポンサーリンク 「ご了承ください」は、理解を得た上でさらに一歩進んで、認めてほしい、納得してほしいという気持ちが表れています。 また、これから始めることへの承諾を求める時にも使い 「あらかじめご了承ください」と表現してよく使いますよね。 また、次のような言い方もあります。 夜間工事中につき通行止めとなりますので、ご承知おきください。 土日祝日はご返信できかねますので、何卒お含みおきください。 一方「ご容赦ください」は、お詫びの気持ちを含んだ、お許しくださいの表現です。 好評につき、品切れの際はご容赦ください。 セール品のため、ご返品は何卒ご容赦ください。 「ご了承ください」を目上の人に使っても大丈夫? 次に気になるのが 「ご了承ください」という表現を目上の人や上司に使っても大丈夫なのでしょうか。 「ご了承ください」は丁寧語ですが、 「ください」が命令形の「くれ」からきているため、ややぶしつけな印象も与えかねません。 目上の人や、上司、お客様などに対しては、より敬意を表したやわらかい言い方をした方がいいかもしれません。 承諾を押しつけたような印象にならず、配慮が感じられます。 具体的な例をご紹介しましょう。 社員研修のため臨時休業いたします。 何卒ご了承お願いいたします。 お申込が定員に達しましたので、締切いたしました。 ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 本日の会場は変更となりました。 ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。 今回ご紹介した「ご了承ください」のように、自分の考えや状況を相手にわかってほしい、認めてほしい場面は日常たくさんあると思います。 時には「了承」に似た違う言葉で言い換えるのが、より効果的なこともあるでしょう。 相手の気持ちを損なわず、快い返事をもらって円滑に物事を進めるために、日本語の表現には十分気を配りたいものですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご了承ください」の意味や正しい使い方、そして目上の人や上司に使う場合の注意点などを詳しくご紹介しました。 目上の人や上司に使う場合は少し気をつけたほうがいいかもしれませんね。 より一層の敬意を表した方がいいですが、使う言葉や表現方法はしっかり選ぶようにしましょう。 日本語は本当に奥が深いし、知れば知るほど使い方などが分からなくなってしまう場合もありますが、勉強しておけばビジネスシーンで必ず役に立つと思うので頑張りましょうね!.

次の