紅 ゆずる 千秋楽。 星組トップスター紅ゆずる、千秋楽の様子を大公開

紅ゆずるの千秋楽挨拶の萌えポイント・ベスト3を語る

紅 ゆずる 千秋楽

星組東京宝塚劇場公演千秋楽 「紅ゆずるラストデイ」 ライブ中継を観てきました。 ハッピーに包まれた「GOD OF STAR-食聖-」 昨日の公演中止の悔しさを明るいパワーに変えるが如く、「GOD OF STAR-食聖-」冒頭から、星組みんなの勢いがすごい! 麻央さんの、「今日は紅ゆずるラストデイ」というアドリブをはじめ、千秋楽に絡めたアドリブがいつくか飛び出しました。 紅さんは、コミカルな体の動きや表情で笑わせたと思えば、ふと陰を見せたり、緩急自在な演技はさすがです。 「星なんかいらない、お前にくれてやる!」と礼さんに渡す場面は、いつも以上に言葉に思いを込めて発しておられたので、こちらにもズッシリと届きました。 今では考えられませんが、実はこの場面、宝塚大劇場公演の始めの頃には笑いが起きていたのです。 一旦笑いが起きていた場面を、セリフ等一切変えずに修正する作業は、並大抵ではなかったと思います。 そして、紅さんが望むとおり、お芝居の最後は、出演者も客席も、みんなが笑顔で素敵な素敵なハッピーエンド。 主演のお二人を取り巻く組子たちの盛り上がりっぷりが、観ている私たちをあたたかい気持ちにさせてくれました。 躍る姿見納め「エクレールブリアン」 歴代のトップさんもそうですが、退団されてから、外部の舞台で演技や歌で活躍されることがあっても、踊る機会は激減すると思います。 今日は、紅ゆずるさんが男役として踊る最後の姿を、しっかり目に焼き付けました。 リンク サヨナラショー紅子さん大暴れ! いよいよサヨナラショー。 懐かしの名曲が歌い繋がれ、少ししんみりしたところに、突如、紅子さん登場!! 「台風のバカヤロー」に始まり、指揮の佐々田先生にご挨拶、客いじり、礼真琴さんPR、すみれコード問題… 昨日の前楽の分も合算されたのでしょうか。 けっこうな長さの独壇場でしたね。 紅さんだから許容される(正直、私はアウトだと感じました)物言いの数々。 その場は盛り上がるのですが、強烈なキャラクターを演じるにあたり、周りの過度な期待が、紅さんを追い詰めて無理をさせているのではないかと感じてしまいました。 考え過ぎでしょうか。 紅子さん演じる紅さん、本当にお疲れ様でした。 サヨナラショー最後で鳴り響く鈴の音が、どこまでもよく響き、終演を嫌がっていましたね。 笑 面白くて真面目で繊細な紅ゆずるさん 最後のご挨拶やカーテンコールで、小林一三先生やオーケストラの皆さん、客にひたすら感謝を述べられ、 「礼真琴率いる星組をよろしくお願いします。 」と頭を下げ、礼真琴さんを激励し、綺咲さんに惜しみなく感謝の気持ちを伝えられました。 そして、同時退団の如月さんや綺咲さんに「自分よりも、紅さんが宝塚を卒業されることが寂しい。 」と言われるほど、皆から好かれるお人柄。 面白くて真面目で繊細で、何よりサービス精神旺盛で、いろんな方面から私たちを楽しませてくださいました。 ちなみに、 紅さんへのお花渡しは、元宙組トップスター朝夏まなとさんでした。 宝塚、ああ宝塚、宝塚 終演後に紅さんが詠まれた句だそうです。 明日から始まる、紅さんの新しい人生も、また、素晴らしいものになりますように。 ゆずる FOREVER.

次の

紅ゆずる、千秋楽迎え退団「宝塚いつまでも永遠」

紅 ゆずる 千秋楽

さらに、上手よりサングラスをかけた如月蓮&麻央侑希が登場し・・・ 「スーパーマンが何て名前だ?」 の問いに・・・ 麻央「クラーク・ケント!!!」 と叫んで殴られ、続いて 如月「テリー・ベネディクト!!!」 のシーンを再現。 懐かしいネイサン&アデレイドが再び見れるなんて! 『ガイズ&ドールズ』を観劇したファンにとっては懐かしさがこみ上げてくる瞬間ではないでしょうか。 アデレイドに振り回されっぱなしの紅ネイサンのまま 下手に退場。 「フラット!」と確認してからは紅子の大興奮が止まらない! 「ついに!ついに来たわ!」 「ホームグラウンド!聖地!!」 と舞台に座り込んですりすり。 「これがゆずるちゃんの吸ってる空気ね!」と全身で空気を吸いまくる紅子。 「あ、銀橋!さわっとこ!」 「あ、花道!さわっとこ!」 「あ、せり!さわっとこ!」 さらに銀橋を渡りながら 「スターさんが通りときにライトがつくのよねー!」 銀橋に赤いライトがつくと 「なんで赤いかっていうと、紅子だからね!」 「お気遣いありがとうございまーす」 とスタッフさんにもお礼。 興奮が最高潮に達した紅子だが、客席の反応がイマイチなことに不満な様子。 「 泣いてんの?笑ってんの?どっち!?」 「2500人もいるんでしょ!!」と叱咤。 たしかに、紅子さんが登場しているのに客席は控えめ。 というより、客席は涙涙で笑いたいけど笑えない・・・ すると、客席から 「泣いて笑って忙しい!!」と声が! 「ありがとう!」と紅子。 さらに 「佐々田先生!オケピの皆さんにも、ありがとう!!!」 紅子の姿で、周りのスタッフに感謝を伝える紅さんの姿は胸にせまるものがありました。 まだまだ紅子の客席への畳みかけは続きます! 「ペンライト出しなさい!」客席ではごそごそとペンライトが点灯されると 「ペンライトってのは、楽しいときに使うのよ!!!」 「1階席!」 「めっちゃキレイ!!」 「2階席!!」 「感動的!!」 「3階席!」 「・・・ないわ!」 とペンライトの光に大変満足そうな紅子。 さらに、 「あたしは遠視なのよ!立ち見も2階席までぜーんぶ見えてんのよ!」 と終始、客席中をひっかき回していましたが、 「え?もう時間!?!?」 「大劇場はねぇ、ミラーボールで知らせてくれんのよ!」 そして 「星小路紅子!ゆずるちゃんに代わって御礼申し上げます!」 と三つ指ついてお辞儀。 客席「紅子ー!これからも頑張ってー!」 紅子 「がんばるでー!」「ゆずるフォーエバー!!!」 紅子、退場。 紅さんはファン時代に、サヨナラショーをするトップさんがバラを客席に投げ入れるシーンを見て「最近やる人があまりいないから、絶対にやりたい!」と強く思っていたようです。 確かに、最近あまり見ない光景でしたね。 とても印象的なシーンでした。 さいごに・・・ チーン 鈴の音とともにサヨナラショーは終わります。 最後の最後まで「クスッ」と笑わせてくれる。 観客やファンを最後の1秒まで楽しませようとしてくれる紅さんの熱い気持ちが本当によく伝わってくる最高にHAPPYなサヨナラショーだったように思います。 そういう気持ちに余計泣けてくるんですけどね…(泣) 紅ゆずる退団挨拶とお花渡し 大階段を降りてきた紅ゆずるに、 同期の桜乃彩音さんがお花を渡していました。 組からのお花渡しは礼真琴さん。 涙涙の礼さんの頬を手をあて、涙をぬぐってあげる紅さんの姿は感動的でした。 誰一人欠けても今のわたしはここにいませんでした」 「諦めなければ夢は叶うことを宝塚は教えてくれた」 「東京まで・・・ 清く 正しく そして朗らかに・・・」 涙とともに宝塚への愛が炸裂した紅さんの退団挨拶でした。 紅ゆずるカーテンコールでの言葉 「『言葉にできない』という小田和正さんの歌がありますが、 本当に言葉にできない・・・」 「本当に 相手役があーちゃん(綺咲愛里)でよかった」 「小学5年の土曜の昼下がりにTVをつけてなかったら・・両親にチケットを取ってもらわなかったら・・ 苦労をかけてきた両親にも「ありがとう」と言いたい」 「 端にいたわたしを見出してくださった皆様への感謝」 「どの組でもそうだと思いますが、 大階段の一番端にいる、舞台の端にいる下級生も力を抜くことなく、全力でやってます。 是非見てあげてください!」 「もうわたしの顔はぐちゃぐちゃでございます・・・」 「本当に!本当に!ばっかりで 【本当に王子】と言われるんですけど・・・」 「200周年のときも、いるかどうか分かりませんが・・・【FOREVER TAKARAZUKA】と歌った限り、永遠に」 「 生まれ変わってもタカラジェンヌになりたいと本当に思ってます!」 「宝塚は選ばれた者。 記憶とメモを頼りに紅さんの言葉を書きました。 まとめ 紅ゆずるさんのサヨナラショーと退団挨拶などを振り返ってきました。

次の

あの明るさが好き 紅ゆずる東京公演千秋楽

紅 ゆずる 千秋楽

台風の影響で、ファンクラブ会員のみでロビー内で行われたみたいだね。 スカイステージでその時の様子を放送してくれると嬉しいな! 2019. 紅ゆずるさんラストデイ。 宝塚大劇場での退団セレモニーは10時半スタートでした。 そろそろ始まるかな?でも今回は台風影響でロビー開催。 あ!始まった — みきを utatanemikimiki 強風で警察から道路利用許可が出なかったみたい。 11時にはお花屋さんがFCセレモニーで使用した花を片付けてたそうで、紫陽花がメインだったみたい。 紅さん 、どんな表情、お姿だったのかな。 とにかく幸せでいてくれたらいいな😊。 紅ゆずるさんラストデイ。 宝塚大劇場での退団セレモニーは10時半スタートでした。 そろそろ始まるかな?でも今回は台風影響でロビー開催。 あ!始まった — みきを utatanemikimiki サヨナラショーはブレスレット型のライトだったんだね!おしゃれだな~! もうすぐ10時半。 紅ゆずるさんラストデイ。 宝塚大劇場での退団セレモニーは10時半スタートでした。 そろそろ始まるかな?でも今回は台風影響でロビー開催。 あ!始まった — みきを utatanemikimiki 星組千秋楽、無事に劇場に来れました! ただいま幕間。 宝塚人生のゴールへ。 見えるものがこんなにもきれいなものだとは私は想像できませんでした。 今まで過ごしてきた時間がこの瞬間のためのものなのかもしれないと今、感じています。 出演者、スタッフ、そして、お客さま、宝塚を心から愛する人が集うこの場所が私は大好きです。 一度きりしかない人生の中で、心が震えるほど愛する場所で過ごすことができた私は、本当に幸せ者です。 この場所が大好きだから、この場所で起こる奇跡を信じているから、1人では乗り越えることができない壁を乗り越えることができました。 この美しい宝塚が、いつまでも永遠でありますように。 今まで本当にありがとうございました。 紅ゆずるさん、出の様子 2019.

次の