福島 銀行 sbi。 SBIビジネス・ソリューションズ、福島銀行・ふくぎんリースと業務提携|SBIビジネス・ソリューションズ株式会社のプレスリリース

SBIが福島銀に出資、「第4のメガバンク構想」が異例の速さで進む理由

福島 銀行 sbi

2019年11月11日 SBIホールディングス株式会社 当社はこのたび、株式会社福島銀行(本社:福島県福島市、取締役社長:加藤容啓、以下「福島銀行」)との間で、資本業務提携を行うこととなりましたので、下記のとおりお知らせいたします。 記 1. 資本業務提携の目的 当社グループは、地域金融機関の活性化を通じて地方創生に貢献するべく、グループを挙げて様々な取り組みを進めております。 当該プロジェクトの一環として、当社グループ企業や当社グループの投資先企業が有する商品・サービス・ノウハウなどを最大限に活用することで、地域金融機関の収益力強化とそれに伴う企業価値向上を図る取り組みを進めているほか、当社または当社子会社から直接出資することで、地域金融機関の事業運営をより積極的に支援する取り組みも推進することとしております。 さらに、地域金融機関との連携を通じて、地域のお客さまの資産形成や地元企業の生産性の向上を図る取り組みを支援するなど、地域金融機関だけでなく地域経済の活性化を実現させ、地方創生に貢献することを目指しております。 当該事業方針に基づき、本年9月に株式会社島根銀行と資本業務提携を締結したことに続き、このたび福島銀行と資本業務提携を行い、中長期的な観点より同行の収益力強化とそれに伴う企業価値向上に取り組むことと致しました。 日程 (1)資本業務提携契約締結日 2019年11月11日 (2)払込期日 2019年11月30日~2020年1月31日(予定) 6. 今後の見通し 本件出資後においても、福島銀行は当社の持分法適用関連会社にあたらないことを含め、本件による当社連結業績への影響は軽微であると考えております。 以上 印刷時には、PDFデータをご利用ください。 206. 2 KB• 2020年6月9日 [SBI証券] 2020年6月8日 [SBIホールディングス] 2020年6月5日 [SBIホールディングス] 2020年6月3日 [SBIホールディングス] 2020年5月29日 [SBIホールディングス].

次の

福島銀行がSBIレミットの国際送金サービスを取扱い開始

福島 銀行 sbi

そもそも同構想の第一弾とされ、9月6日に提携を結んだ島根銀行は、2019年3月期決算までの3期連続で本業の利益である「コア業務純益」が赤字だ。 さらに、新たな提携先となった福島銀は、18年3月期に31億円の連結最終赤字に陥り、森川英治前社長が引責辞任した過去を持つ。 監督官庁である金融庁が、業績低迷を理由に非公表で業務改善命令を発出。 19年3月期は5億円の連結最終黒字に持ち直したものの、19年9月中間は2億円の黒字。 通期予想も同3億円の黒字見通しにとどまるなど復調の気配は見えないまま。 「単独での生き残りはもはや不可能」(地銀幹部)というのが業界の一致した見方だった。 11日の発表では、両社が共同店舗を立ち上げて金融商品の販売に力を入れるほか、福島銀が保有する株式など有価証券の運用をSBIが受託するなどして、福島銀の収益力のテコ入れを図る方針が明らかにされた。 日本銀行のマイナス金利政策などで低金利環境は一向に改善されず、銀行業界は構造不況に陥っている。 地銀の再編機運は徐々に高まってはいるものの、再編が具体的に進んでいるとは言い難い。 とりわけ福島銀は、業績の落ち込みが地銀の中でも著しく、早くから再編の候補に名前が挙がる存在だった。 18年に森川前社長が辞任した直後、県内最大手の東邦銀行のOBである加藤容啓氏が新社長として招聘され、両行が協調路線に動くのではないかと目された。 「金融庁も支援に動いた」(別の地銀関係者)という競合地銀からトップを招く異例の人事は、福島銀の置かれた環境の厳しさを色濃く表した。 両行は今年5月にATMの相互解放の無料化を発表するなど、着々と足場を固めるような動きをしていたが、昨年の業務改善命令より1年以上が経っても提携に踏み切ることはなかった。 その一方、わずか2カ月前に「第4のメガバンク構想」を打ち出したSBIが、先に福島銀に手を差し伸べることとなったわけだ。

次の

福島銀行

福島 銀行 sbi

SBIホールディングス本社の所在する泉ガーデンタワー(「wikipedia」より/Chris 73) SBIホールディングスの「第4のメガバンク構想」が動き出した。 フィンテックを活用して、地域金融機関と連携していくというものだ。 9月に島根銀行、11月には 福島銀行と資本・業務提携を決めた。 SBIの北尾吉孝社長は「10行ぐらいから(打診が)来ている」と語っている。 次はどこなのか。 2つの指標から次を占ってみた。 時価総額が小さい地銀、第2地銀が狙われる 島根銀行の時価総額は40億円台。 福島銀行は2倍強の80億円台。 金融機関の時価総額としては確かに小さい。 時価総額100億円以下の地域金融機関をリストアップしてみる。 まず、大分県の第2地銀、豊和銀行(大分市、福岡証券取引所上場)は島根銀とほぼ同じ規模だ。 福岡銀行、みずほ銀行、西日本シティ銀行、福岡中央銀行、南日本銀行、宮崎太陽銀行が10位以内の大株主。 大分県の県金庫は大分銀行(大分市)だが、県外に目を向けている。 九州では宮崎太陽銀行(宮崎市、第2地銀)も苦しい。 時価総額は60億円台だ。 東北地方の金融界では福島と大東の第2地銀同士の合併が長いこと取り沙汰されてきたが、福島銀がSBIの軍門に降った今、大東銀はどうするのか。 時価総額100億円以下の地域金融機関としては、南日本銀行(鹿児島市、第2地銀)や福岡中央銀行(福岡市、第2地銀)がある。 福岡中央銀は福岡県で5番手の金融機関だから当然、苦しい。 四国では高知銀行(高知市、第2地銀)。 公的資金注入行である。 時価総額が150億円以下までだと、東北銀行(岩手県盛岡市、地銀)が入る。 地銀とはいえ、岩手県で3番目の金融機関だ。 フィデアホールディングス(山形県の荘内銀行と秋田の北都銀行が経営統合、本社は仙台市)と包括的業務提携しているが、岩手県の県金庫、岩手銀行(盛岡市)に大きく水をあけられている。 フィデアHDと一緒になるのか、別の道を行くのか。 SBIという新たな選択肢が出てきたことになる。 岩手県にはもう1行、北日本銀行(盛岡市、第2地銀)があるが、北日本銀行のほうが東北銀行より企業規模は大きい。

次の