ハイキュー 西谷 名言。 『ハイキュー』西谷夕(にしのやゆう)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

ハイキュー名言ランキング!!元気をもらえる名言を一気に紹介

ハイキュー 西谷 名言

人物 [ ] 風呂上がりはトレードマークの髪の毛が降りているため誰だかわからなくなる 2年3組。 前髪にメッシュの入った逆立った髪型が特徴。 同校排球部で最も身長が低い。 しかし、強豪と呼ばれる 出身で中学総体ではベストリベロ賞を獲得した実力者。 他校にも「千鳥山の西谷」と名が知られているほどの選手。 それほどの実力者が烏野を選んだ理由は「男子の制服(学ラン)がかっこいいから」「女子の制服がすごく好み」「家が近い」という理由から。 とある事情から1ヶ月の部活動禁止処分を受けていたため、物語冒頭では登場しないが、 の練習試合後から部活に復帰することとなる。 しかし、 が戻るまで試合に出場しないと公言。 その後烏野町内会チームとの試合後に東峰が復帰したことにより、彼も試合復帰することとなった。 性格 [ ] 熱く男前な性格で をとても慕っている。 「ゲリラ豪雨」と称されるほど騒がしく、 や といつもはしゃいでいる。 また、おだてられるとすぐ調子に乗る。 しかし、一転して試合になるとその集中力は素晴らしく とともに烏野の精神的支柱を担っている。 四字熟語Tシャツ [ ] 普段は四字熟語の入ったTシャツを着ている。 以下はそのバリエーション。 一騎当千 - 原作16話・17話• 一球入魂 - 原作17話カラー扉• 百戦錬磨 - 原作17話• 一刀両断 - 原作18話• 大器晩成 - 原作19話• 全力疾走 - 原作20話• 猪突猛進 - 原作24話カラー扉• 四面楚歌 - 原作25話• 大胆不敵 - 原作3巻おまけページ• 三点倒立• 色即是空• 絶対領域• 海千山千• 世界征服• 徹頭徹尾 プレイスタイル [ ] 高い反射神経と動体視力、類まれな技術でどんなボールも拾うリベロであの のスパイクでさえも3本で慣れてみせると明言した。 その絶対的な実力と男前な性格でコートの後ろからチームメイトを鼓舞する。 また、合宿からはトス練習も行い、菅原などとのコンビで攻撃参加することも増えた。 必殺技 [ ] Yu Nishinoya - Rolling Thunder Again ローリングサンダーアゲイン ローリングサンダーアゲイン ローリングサンダー 原作第18話初登場。 ただの回転レシーブ。 ローリングサンダーアゲイン 原作第41話初登場。 やはりただの回転レシーブ。 ローリングサンダーW 原作第196話初登場。 2回転する回転レシーブ。

次の

西谷 夕

ハイキュー 西谷 名言

見た目は髪の毛が薄い茶髪で、黒目が縦長なので特徴的です。 好物は紅しょうがです。 ピンチの際にサーバーとしてチームを救う役割をしており、鵜飼監督からも実力は信頼されています。 そういった理由もあり、春高予選以降は出場回数が多いです。 木下久志の性格 実は木下は一度、部活をサボっていたことがあります。 それは、名将烏養監督(現在の監督である鵜飼一心の祖父)が指導した時期に、その練習の厳しさに耐えることが出来ずにサボってしまいました。 1年生の頃のエピソードです。 しかし、縁下力、と一緒にバレー部へ戻り、一度は逃げ出しましたが自らを省みてもう一度厳しいバレーの世界に向き合うことを決心しました。 一度逃げ出したからこそ、人一倍努力する気持ちを持っています。 それはサーブ練習を見ても明らかです。 自分に実力が無いと分かっているからこそ、自分と向き合い努力をしています。 このように木下は、弱さもありながら諦めない心を持っています。 隠れたエピソード.

次の

西谷 夕(にしのや ゆう)の声優さんは?名言もご紹介

ハイキュー 西谷 名言

見た目は髪の毛が薄い茶髪で、黒目が縦長なので特徴的です。 好物は紅しょうがです。 ピンチの際にサーバーとしてチームを救う役割をしており、鵜飼監督からも実力は信頼されています。 そういった理由もあり、春高予選以降は出場回数が多いです。 木下久志の性格 実は木下は一度、部活をサボっていたことがあります。 それは、名将烏養監督(現在の監督である鵜飼一心の祖父)が指導した時期に、その練習の厳しさに耐えることが出来ずにサボってしまいました。 1年生の頃のエピソードです。 しかし、縁下力、と一緒にバレー部へ戻り、一度は逃げ出しましたが自らを省みてもう一度厳しいバレーの世界に向き合うことを決心しました。 一度逃げ出したからこそ、人一倍努力する気持ちを持っています。 それはサーブ練習を見ても明らかです。 自分に実力が無いと分かっているからこそ、自分と向き合い努力をしています。 このように木下は、弱さもありながら諦めない心を持っています。 隠れたエピソード.

次の