パール ドワーフ ハムスター。 ハムスターの種類!人気おすすめランキングTOP10

ハムスターの種類!人気おすすめランキングTOP10

パール ドワーフ ハムスター

食事 飼育下 主食:市販のハムスター専用フード 副食:野菜(小松菜・キャベツ・ニンジンなど)・果物(リンゴなど)・動物性たんぱく質(チーズ・煮干しなど) 特 徴 ジャンガリアンハムスターの改良種。 透き通った白い体色に、背中にグレー~黒のラインが入っている。 ゴールデンハムスターと違い、足の裏と尾が毛でおおわれていることも特徴のひとつである。 成長に応じて、多少体色が変化する場合がある。 繁殖は通年であり、1度の出産で1~9匹(平均5匹)の子供を産む。 ジャンガリアンハムスター同様、食性は穀物・草食傾向の強い雑食性。 はじめは臆病で警戒心の強い性格の個体も多いため、急に触ったりびっくりさせたりすることは避け、手からエサを与えるなど軽いスキンシップからはじめること。 視力はあまり発達していないため、ハムスターを持ち上げたり触ったりする場合は、いきなりつかんだりすると攻撃されると思い、暴れたり怯えたりしてしまうので、必ず声をかけてから両手で下から包み込むようにするとよい。 それでも嫌がっているようであれば一旦落ちつかせてから再チャレンジし、恐怖感をもたせないような接し方を徐々に繰り返すようにしよう。 小動物の中でも飼育が簡単で、飼育スペースも少なくてすむので非常に飼いやすいといえる。 同じケージ内の複数飼育は、気が合わないとケンカをすることが多いので単独飼育がおすすめ。 おしっこは、ケージの4つ角いずれかにする習性があるため、うまく指導すれば掃除も簡単になる。 体色が個体ごとに微妙に違い、グレーがかった白から純白に近い白などさまざま。 また、体色は個体によって、季節や年齢によっても違いが出てくることもある。

次の

飼いやすいハムスターランキング!初心者でも飼育できる種類や値段って?

パール ドワーフ ハムスター

[ ] は [ ] で見ることができます。 分類 齧 歯 目 ネ ズ ミ 亜 目 ネ ズ ミ 科 キ ヌ ゲ ネ ズ ミ 亜 科 ゴールデンハムスター属 ゴールデンハムスター ヒメキヌゲネズミ属 ヒメキヌゲネズミ キャンベルキヌゲネズミ ロボロフスキーキヌゲネズミ キヌゲネズミ属 モンゴルキヌゲネズミ 海外では、ジャンガリアンハムスター(Djungarian Hamster)の他に、ウインターホワイトハムスター(Winter White Hamster)、ロシアンドワーフハムスター(Russian Dwarf Hamster)、ロシアンハムスター(Russian Hamster)など、いろいろ呼ばれます。 また、キャンベルハムスターのことを、ジャンガリアンハムスターと言ったり、キャンベルロシアンハムスター(Campbells Russian hamster)ということもあり、さらにややこしいです。 学名は世界共通なので、海外から情報を探す場合は、必ず学名を見て判断してください。 モンゴルの西にあるジュンガル盆地から、ジャンガリアンと名前が付いています。 キャンベルハムスターと同じようなハムスターですが、別の種類のハムスターです。 特徴 一言で言うと「わがまま」で、噛むハムスターはコイツです。 人間的な感覚で見ると気性が荒いので、直ぐに怒ります。 イヤな事をされると、仰向けになってジッジッという声で鳴いたり、何かを噛みだしたりします。 要求が現れやすいのは、メリットでもありデメリットでもあるので、飼い主がうまく対処できなければ、トラブルが多いハムスターになってしまいます。 怖い事を覚えてしまうと、急激に性格が変わることがあります。 怖い事を体験しないように、自分で何らかの対応方法を考えた証拠で、頭がいいということなのですが、それが飼い主のデメリットになろうとも、おかまいなしです。 餌を食べる場所を決めていたり、ヒマワリの種の殻を同じところにまとめていたりと、習性なの飼育環境が悪いのか分からない行動をするので、注意しましょう。 長所 なつきやすい 何も考えていないような、ぼ〜っとしたジャンガリアンや、飼い主が扱い方をよく知っている場合は、なつきやすいハムスターです。 覚えない場合は、飼育環境が悪いのです。 飼っている人が多い 日本では、最も飼っている人の多いハムスターです。 しかし、ゴールデンハムスターに比べ、長期間飼い続ける人が少なく、病院連れて行く飼い主も少ないので、有益な情報は少ないです。 飼育用品が多い 頻繁に売れるハムスターなので、ペットショップで売られているハムスターの飼育用品は、ジャンガリアン用の物が多いですが、実際にはジャンガリアンにも不向きだったりします。 また、飼育用品が多いということは、それだけ飽きっぽい人が飼っているハムスターでもあります。 入手しやすい ハムスターを扱っている店なら、ジャンガリアンは最も手に入りやすいハムスターです。 飼育スペースが小さい ゴールデンハムスターに比べて、ジャンガリアンハムスターは体が小さいので、少ないスペースで飼うことができます。 好奇心が強い いろいろな物に興味を示します。 それゆえに飼い主にもなつきやすい場合もありますが、電線や他の動物に興味を示すと、トラブルになる可能性もあります。 短所 人をよく噛む 人間をあまり怖がらないため、気の荒いジャンガリアンや、飼い主の扱い方が悪い場合は、よく飼い主を噛むハムスターになってしまいます。 私もいろいろハムスターを飼ってますが、ジャンガリアン以外のハムスターに、本気で噛まれたことがありません。 餌の好き嫌いをしてしまう 甘やかして育てると、好きな餌しか食べなくなり、肥満になるだけでなく、病気になりやすくなります。 ジャンガリアンは太りやすいハムスターなので、自分に対して甘い飼い主が、飼うときには注意が必要です。 すぐ怒る 我慢を知らないので、気に入らないことがあると、怒る個体はすぐに怒ります。 何をしても、怒らない個体もいますが。 繁殖後、オスとメスを分けると、オスが凶暴になる オスとメスの絆が強く、繁殖後に増やしてしまわないように、オスを別のケージに入れたり、妊娠のストレスでメスが凶暴になってしまい、仕方なくオスとメスのケージを分けてしまうと、オスが凶暴になってしまう可能性があります。 病院で診てもらいにくい ハムスターの診療は、基本的にゴールデンハムスターなので、難しい病気の場合は、断られる可能性があります。 飼い主の生活の影響を受ける 飼い主が不規則な生活をしていると、それにつられて不規則な生活になることがあります。 誰からでも餌をもらう 人を怖がらないジャンガリアンだと、誰からでも餌をもらうとします。 メリットのようですが、人が前に通るたびに餌をもらうとしたり、もらえないと次からの要求が強くなり、ストレスをためやすくなります。 そのときに、誰かがおやつを与えてしまうと、体調管理できないだけでなく、急になつかなくなったりします。 親や兄弟など、誰かと一緒に住んでいるときは注意です。

次の

パールドワーフハムスターの特徴。性格・値段・寿命を知ろう

パール ドワーフ ハムスター

ハムスターを選ぶ時って、悩みますよねー! 「ハムスターを飼いたい!」 そう思ってペットショップのハムスターコーナーに行くと、 ジャンガリアン、ゴールデン、ロボロフスキーなど、 たくさんの種類のハムスターがいます。 「えぇーーっと、どれにしようかな…。 」 なんて、悩んでしまいますよね。 (^^; そんな時に決める決め手になる一つが、 「 色」 ではないでしょうか。 ちょこまか動いているハムスターたちのなかでも、 ひときわ目立ったハムスターがそこに。 そう、白ですよね。 純白の白! 白もようのジャンガリアンハムスターのことを、 「 パールホワイト」 と呼びます! この子ですね。 え?もうこの子に決めた? いやいや、ちょっと待ってください! その前に、この「パールホワイト」の子って、 いったいどんなハムスターなのか。 知っておいて損はないと思いませんか? ・性格は? ・価格は? ・体重は? ・寿命は? と、いうことで! 今回はジャンガリアンハムスターの種類の一つ、 パールホワイトがどんなハムスターなのかについて、 くわしく紹介していきます。 白いだけでなく、コレは個人的な感想ですが、少し小さいようにも思えます。 上から見るともう「まんじゅう」にしか見えません。 笑 そんな可愛いまんじゅう系ハムスターの紹介になります。 ハムスターの種類でパールホワイトとは? では、パールホワイトについて色々見ていきたいのですが、いきなりこの子について書くよりも、先ずはこの種類がどういう子なのか? っというところを、見ていきましょうか。 ではでは、 先ほど少し触れましたが、 「 パールホワイト」という種類は、ジャンガリアンハムスターという種類のハムスターの色の種類の一種です。 っと、まぁこういう感じで、 ジャンガリアンの中のパールホワイトということが分かってもらえれば、問題なしです! ではでは、大事なのはここからですね! 性格や価格、体重と寿命なんかを見ていこうと思います! 性格や価格、体重と寿命は? はい! ようやく本題といった感じでしょうか。 飼う上で気になるであろう3つのポイントを今回は、あげてみました。 なので、この4点で 「 パールホワイトではどうなの?」 って、ところを見ていこうと思います。 色が変われば、細かな点も変わってきますからね! ジャンガリアンの中の種類で少し細かいかもしれないですが、しっかりと見ていきましょう! では、先ずは性格からいきましょう。 先ずは、飼っている子からです。 っあ! ちなみに、メスを飼っているのですが、 性格は結構 キツめです。 続いて、ペットショップの定員さんですね。 こちらでは、こんな話を聞きました。 「 性格が少しキツイかもしれないですねー」 っお! 同じじゃん! ですよね! なので、参考程度にはなりますが、 ・性格は少し他よりもキツめ? なのかもしれないですね。 もちろん、穏やかな子もいるというお話もありましたが、家で飼っている子もいたので、こちらの意見を優先しました。 はい! では、価格ですが、コレは正直そこまで変わりません。 なにが変わらないと言うかというと、 色の種類でそこまで大きく値段が変わらない! っということです。 ジャンガリアンには、先程紹介した通り、 ・ブルーサファイア ・パールホワイト ・ノーマル ・イエロー ・プディング ・リアルブラック ・、、、、etc でしたよね。 でも、そもそものジャンガリアンの値段は1000円少しです。 なので、あんまり価格帯は変わりません。 っと、言っても例外はあります。 私の知る限りでは「 プディング」っという、 ミルクティーのような色のジャンガリアンはとても珍しく、 何度か見たことはあるのですが、確かその時の値段が、、、 「 2500円」くらいだったと思います。 こうして比べてみると他の色の子と あまり変わらないですねー。 やっぱり白って純白だしプレミアムな感じじゃないですか。 大きい種類の「ゴールデンハムスター」でも130グラムそこそこなので、あまり大きくはならないんです。 もちろん、コレよりも小さい 30グラム台の子も全然います。 そこで、更にパールホワイトの体重は、、、 となるとですね、 これもまずは、 個人的な意見になるのですが、 パールホワイトは、少し小さい気がします。 現にウチの子で、 35グラム前後でずっといる感じです。 たまーーに、お店にいる子で、 大きい子を見ますが、本当に稀です。 では、最後です。 寿命は? 少し悲しい話題になってしまいますが、 「 寿命」についてですね。 そもそも、ハムスター自体があまり長く生きれない動物なんですよ。 なので、 短い中で頑張っていきているので、あまり大きな差があるわけではありませんね。 長い子で、ジャンガリアンだと3年半とかです。 他のペットに比べると少し短いですよね。 小動物の中でもハムスターは短い方ですし。 では、パールホワイトだとどれくらい? になると思うのですが、、、 家で飼っているパールの子で1年半です。 まだまだ元気なので、ウチの子で参考はありません。 なので、定員さんに! ですが、、、、 店員さんに聞いてもさすがに色の差で寿命は変わらないとのこと。 やはり寿命を左右するのは、お世話をしっかりとしているのか。 っという点だそうです。 言わずと知れた答えですね。 参考までに、ジャンガリアンの平均寿命をあげておくと、「 1年半~2年半」くらいだと思います。 壽命関連の記事は別にありますので、 こちらも参考にしてみて下さい。

次の