ベンツ c クラス。 Cクラス(全て)(メルセデス・ベンツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

Cクラス(メルセデス・ベンツ)の中古車

ベンツ c クラス

目に見えない変更点が6500 7月にオープンしたばかりの軽井沢のホテルに大勢のモータージャーナリストを招き、新型Cクラスをズラリとそろえた大がかりな試乗会である。 気合の入りようから、メルセデス・ベンツがCクラスをいかに重要と考えているかが伝わってきた。 2014年にデビューした現行モデルは、「セダン」と「ステーションワゴン」を合わせて累計6万9000台が日本で販売されたという。 SUVが売れ筋になろうとも、メルセデス・ベンツの屋台骨となっているのはオーセンティックな車型なのだ。 今回のマイナーチェンジでは「クーペ」と「カブリオレ」を含む4バリエーションが同時にリニューアルされたということで、試乗会場には「C63」シリーズ以外のすべてのモデルが集められた。 ボディータイプが4種類にパワーユニットも4種類あるから全モデルには乗れない。 クーペとカブリオレはどちらかしか選べなかったので、残念ながらオープンモデルの試乗はできなかった。 6500にも及ぶ改良点があるというが、目に見える部分は少ない。 エクステリアデザインはほとんど変わっていないのだ。 現行型のスタイルが好評で、むやみにイジる必要がなかったということだろう。 基本デザインがダメだと、マイチェンで手を加えてさらに悪化するものだ。 細かい変更はあって、わかりやすいところでは「AMGライン」にダイヤモンドグリルが採用されている。 セダンのリアコンビネーションランプは「C」の文字をモチーフにしたデザインになった。 インテリアや安全装備などさまざまなところに手が入れられているものの、最大のトピックはパワーユニットの進化だろう。 中でも注目されるのは「C200」で、従来の2リッターターボから1. 5リッターターボへと変更されている。 排気量は下げられたが、新たにマイルドハイブリッドを採用している。 試乗車の総数は20台以上! フロントまわりでは、バンパーとLEDヘッドランプユニットの内部に新デザインを採用。 オプションの「AMGライン」(写真)を装着すると、グリルの内部にシルバーのドットパターンが配されたタイプに。 ディフューザーのような形状のリアバンパーも、マイナーチェンジによって採用されたもの。 リアコンビランプは「C」字型に灯るよう変更された。 ホイールにも新デザインが採用されており、写真の「AMG 5ツインスポークアルミホイール」では、外周部に空力性能を高めるプレートが装着されている。 「S450」とは違うマイルドハイブリッド ヨーロッパで各メーカーやサプライヤーが躍起になって推進している48V電気システムが使われている。 メルセデス・ベンツでは、すでに「S450」で採用されていた。 ただし、C200のシステムはそれとは全く違うものだ。 S450で使われたのは、「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」をエンジンに組み込み、電動補助チャージャー(eAC)まで加えた複雑怪奇な機構である。 コストがかかりすぎて、Cクラスに適用するのは無理がある。 C200に採用されたのは、ISGではなく「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」である。 ベルトを介してクランクシャフトと接続され、スターターとジェネレーターの役割を担う。 回生ブレーキで発電した電気は容量1kWhのリチウムイオン電池に蓄えられ、ターボの効力が発生しない低回転時にアシストを行う仕組みだ。 ギアシフト時に素早く回転数をそろえる効果もあるという。 エンジン単体では最高出力184ps、最大トルク280Nmだが、モーターの14psと160Nmが加わるので従来の2リッターターボを上回る計算だ。 スターターボタンを押すと、即座にエンジンが始動した。 「トヨタ・プリウス」などのストロングハイブリッドとは違い、モーター単体で走行することはできない。 電動車だと思わせる要素は薄く、運転感覚は通常のガソリン車と同じだ。 モーターは前面に姿を現さず、あくまで裏方として働いている。 発進時のレスポンスは、明らかにガソリン車より優位に立つ。 6リッターターボの「C180」はもちろんのこと、2リッターディーゼルターボの「C220d」や3リッターV6ツインターボの「AMG C43」と比べても素早い動きを見せる。 S450に乗ったときも感じたが、瞬時にパワーが立ち上がらないというガソリンエンジンの弱点をモーターが見事にカバーしている。 エンジン始動時の振動を解消 コーナーが連続する登り坂でも、ハイブリッドシステムのメリットが如実に表れる。 立ち上がりのよさは明らかで、スポーティーさが際立つ。 絶対的な速度はたかが知れているが、軽快感が心地よい。 軽井沢はあいにくの雨で霧も発生したが、ワインディングロードを楽しんで走ることができた。 モーターが回転数を速やかに上昇させることで9段ATの変速がスムーズに行われることも、ドライバビリティーの向上に役立っているのだろう。 48Vシステムの威力が発揮されるのは、走りの場面だけではない。 大きなモーターにより余裕をもってエンジン始動ができることが、ハイブリッドのありがたみである。 高級感を損なう振動を解消したのは、大きなアドバンテージになる。 スポーティーということではC43のハイパワーも魅力的である。 3リッターV6ツインターボエンジンはターボの大型化などで従来型より23psアップの390psを得ており、圧倒的な力強さを誇る。 C200の軽快さとは異なる濃厚でコッテリとした強烈さを感じさせる。 雨の中ではあまり飛ばす気にはならなかったが、31:69というリア寄りのトルク配分を行う四輪駆動システムは頼れる存在だ。 C220dの2リッターディーゼルターボエンジンもリファインされている。 排気量を下げているが、最高出力は24ps増の194psにアップ。 シリンダーのアルミ化などによって重量が約16%減少していることも走行性能の向上に寄与しているという。 スポーティーとは言いにくいが、日常使いでは最も乗りやすいと感じた。 肩肘張らずに乗るには、ゆったりとした乗り味を持つクラシックなメルセデスらしさに価値がある。 日本の事情に合わせた変更も 唯一パワーユニットの変更がアナウンスされていないのがC180である。 6リッターターボエンジンを搭載するこのモデルは魅力に乏しいのかというと、そんなことはない。 最高出力は156psにすぎないが、9段ATの働きによって十分な動力性能が保証される。 ほかのモデルと同様の上質なインテリアや先進的な安全装備が500万円を切る価格で手に入ることは歓迎すべきだ。 多岐にわたる変更点を余すことなく紹介することはできない。 Sクラスと同レベルのインテリジェントドライブが採用され、テレマティクスサービスの「Mercedes me connect」が全モデルに標準装備されるなど、安全性や快適性の面でも充実は著しい。 細かいところでは、衝突時の衝撃音による耳の負荷を低減する仕組みが採用されている。 衝突を検知するとスピーカーから音を出して防御反応のアブミ骨筋反射を引き起こすというのだが、なんとも微細なところに目をつけたものだ。 日本車もかくやというおもてなし機能である。 日本の事情に合わせた変更もある。 ごく一部のグレードを除いてランフラットタイヤが廃止されたのだ。 日本の道路状況ではパンクの発生率は高くない。 乗り心地が硬くなりがちなランフラットタイヤを使うメリットが感じられにくいという事実を本国ドイツに説明し、変更を実現させたそうだ。 文句なしの販売実績を持っているからこそ、要求が通りやすかったのだろう。 4台を乗り比べてみると、Cクラスのバリエーションの幅広さにあらためて気づかされる。 車型とパワーユニットの組み合わせで多様性に満ちたラインナップが生まれ、選択肢が広い。 価格を見ても、最大で3倍ほどの開きがある。 同一性を保ちながらバリエーションを増やすという王者の戦略だ。 Cクラスだけで一つの広大な生態系を構成している中に、BSGという新たな武器を備えたモデルが加わった。 あまりの盤石ぶりにため息が出る。 (文=鈴木真人/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝) 「C180」(写真は「セダン」)の1. 6リッターターボエンジンについては変更がアナウンスされていないが、装備内容などを考えれば価格的魅力に優れている。 テレマティクスサービス「Mercedes me connect」が全車に標準装備されており、事故を検知すると自動的にコールセンターに連絡したり、スマートフォンからカーナビの目的地を遠隔設定したりできる。 3インチのフル液晶メーターパネル「コックピットディスプレイ」はオプション(一部グレードで標準)で用意される。 運転支援システムについては「Sクラス」と同等とうたわれる「インテリジェントドライブ」が全車に搭載可能(AMGモデルでは標準装備)。

次の

Cクラス(メルセデス・ベンツ)の中古車

ベンツ c クラス

メルセデス・ベンツを代表するミドルサイズセダンであるCクラスがフルモデルチェンジを実施します。 4代目は2014年されているので、少し早めとなる6年ぶりとなります。 発表時期は早くて2019年の年末か2020年中になると予想されています。 プラットフォームは、EクラスのMRA2リアドライブプラットフォームの改良版を使用し、バージョンアップしたプラグインハイブリット仕様も追加される見込みです。 【関連記事】 【関連記事】 【関連記事】 予想CG動画 メルセデス・ベンツ 新型Cクラス 5代目(W206) フルモデルチェンジ 情報更新日:2020年6月21日 : けっこうとがったデザインでカッコいいかも。 ウィンターテストの写真 フィンランドでのウィンターテストの模様。 全長はさらに伸びているように見えます。 【参照】 開発車両の写真 新型Cクラス(W206)の公道テスト(シュトゥットガルト)の模様です。 まだカモフラージュが厚いですが、ヘッドライトの形状は現行モデルより細くシャープになっているのが確認できます。 CLSやAクラスのデザインを踏襲していくと思われます。 ホイールベースが少し伸びているように見えますが、全体的にはサイズはキープされてそうです。 Cピラーの形状は少し変わったようです。 リアドアの形状が丸みを帯びているように見えます。 テールライトはダミーのようですが、こちらも細くシャープなデザインに変更されるものと予想できます。 - , , , ,• Twitter でフォロー• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に より• に 管理人 より• に 管理人 より• に Schumacher より• に 匿名 より• 関連サイト.

次の

ベンツCクラスは狭い!【買うならC200ステーションワゴンがおススメ】

ベンツ c クラス

MOEってご存知ですか? さて本日ご紹介するのはメルセデス・ベンツのタイヤです。 ベンツのタイヤ?何か違うの??そう思いますよね。。。 実はベンツのタイヤ選びは、認証タイヤを選ぶかどうかという選択から始まるんです。 欧州のプレミアムメーカーでよく採用されているのですが、自動車メーカーが認証したタイヤにはその印が刻まれているんです。 ベンツの場合はMO(メルセデス・オリジナル)の刻印がタイヤに入ります。 車のパフォーマンスを十分に発揮するには認証タイヤを選ぶのが安心ですよね。 モチロン認証タイヤではなくても装着は可能ですので、ご予算や使い方に合わせてご提案させて頂きます。 お気軽にご相談ください。 そしてここからが本題です。 元々装着されていたのがこちらのタイヤなんですが・・・ よーく見ると・・・・・・ コレです。 『MOE』 この刻印が曲者です。 MOEとは、メルセデス・オリジナル・エクイップメント・エクステンディドの略らしいのですが・・・ どういうことかというと、メルセデスが認証した、空気圧がゼロになっても所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤなんです。 ようするにパンクなどによって空気が抜けても、タイヤの側面を強化しているのでタイヤがペッタンコにならないんです。 なので、パンクをしても直ぐに車を停めてスペアタイヤに入れ替えをする必要が無く、近くのタイヤ屋さんなどまでそのまま走行していくことが出来る優れものなんです。 タイヤマニアの方なら、あれっ???と思われたかも・・・ そうなんです。。。 実はこのタイヤ15年ほど前からBMW等に標準採用されたRFT(ランフラットタイヤ)と同じようなタイヤなんです。 では何が曲者かというと、RFTという表記はタイヤ屋さんはモチロン車屋さんでも知れ渡っているのですが、MOEという表記はまだまだ知れ渡っていないんです。 気付かずにMOEのタイヤでは無いタイヤを装着すると、いざパンクした時に痛い目に合う事も・・・ 今回装着させて頂いたポテンザS001もちゃんとMOExtendedの記載が有るでしょ。 因みにこのS001には普通のS001/MO記載のS001/S001 RFT/上記のMOE記載のS001と種類がいっぱいあるのでご注意ください。 ブリヂストンは親切なのでRFTの刻印も入ってました。 メルセデス・ベンツのタイヤ選びは任せて安心の当店にお任せ下さい。 ついでにお客様が『外れたー』と持ってこられた樹脂のカバーも補修して取り付け。。。 付いたらどんな形でも良いよ。。。 とのことだったのでアルミテープで補強、プラス穴を開けてインシュロックでしっかり固定しておきました。 どうです?しっかり付いたでしょ。。

次の