アニマルズ 朝日のあたる家。 アニマルズ

「朝日のあたる家」ボブ・ディラン[歌詞和訳]:House of the rising sun Bob Dylan 1962

アニマルズ 朝日のあたる家

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

朝日のあたる家 : 作品情報

アニマルズ 朝日のあたる家

こんばんは。 この歌はアニマルズのバージョンでは主人公が賭博士という設定になっているので、全体的な内容としては賭博に明け暮れた自分の人生を懺悔しているわけですね。 Oh mother tell your children あー 母さん俺の兄弟達に Not to do what I have done 俺と同じ真似はするなと言ってくれ。 To spend their life in sin and misery こんな刑務所暮らしの In the house of the Rising Sun. 罪深く懺悔に満ちた人生は送るなと。 With one foot on the platform 片方の足はプラットホームに残し And the other foot on the train もう一方は列車の上。 I'm going back to New Orleans 俺がニューオリンズに帰るのは To wear that ball and chain 鎖と鉄球に繋がれるためなのさ。 (ここではHouse Of The Rising Sunを刑務所として和訳しましたが、賭博場と訳した方が適切かもしれません。 ) 要するに主人公は今護送列車に乗せられようとしているわけです。 「片方の足はプラットホーム、もう一方は列車の上」という表現は「本当はこんな状態で故郷に帰りたくないけど、逮捕されたのだから仕方が無い。 」という気持ちの表れでしょう。 因みにこの歌には女性の立場で歌われる別のバージョンがあるのですが、この場合のHouse Of The Rising Sunは朝日楼という名の売春宿を意味します。 追記 実はアメリカでカジノに代表される所謂賭博場が合法化されたのは、最も古いラスヴェガスでも1930年代の事でそれ以前は刑罰の 対象になっていました。 またこの曲のような古いトラディショナルソングには歌い継がれてゆくうちに歌詞が付け足されたり、主人公が入れ替わったりという事が普通にあるのです。 この曲ではまず自分の父親がギャンブラーだとうたわれます。 更にギャンブラーの暮らしには「スーツケースとトランクさえあればよい」とか「酒を飲むしか満たされる事が無い。 」などの当人にしかわからない事情を語ることで父親がギャンブラーだった事と自分をオーバーラップさせているのではないかと思えるのですが如何ででしょうか。

次の

ボブ・ディランがカヴァーしてから40年後、ちあきなおみの「朝日のあたる家」がライブ音源で発見された|TAP the SONG|TAP the POP

アニマルズ 朝日のあたる家

こんばんは。 この歌はアニマルズのバージョンでは主人公が賭博士という設定になっているので、全体的な内容としては賭博に明け暮れた自分の人生を懺悔しているわけですね。 Oh mother tell your children あー 母さん俺の兄弟達に Not to do what I have done 俺と同じ真似はするなと言ってくれ。 To spend their life in sin and misery こんな刑務所暮らしの In the house of the Rising Sun. 罪深く懺悔に満ちた人生は送るなと。 With one foot on the platform 片方の足はプラットホームに残し And the other foot on the train もう一方は列車の上。 I'm going back to New Orleans 俺がニューオリンズに帰るのは To wear that ball and chain 鎖と鉄球に繋がれるためなのさ。 (ここではHouse Of The Rising Sunを刑務所として和訳しましたが、賭博場と訳した方が適切かもしれません。 ) 要するに主人公は今護送列車に乗せられようとしているわけです。 「片方の足はプラットホーム、もう一方は列車の上」という表現は「本当はこんな状態で故郷に帰りたくないけど、逮捕されたのだから仕方が無い。 」という気持ちの表れでしょう。 因みにこの歌には女性の立場で歌われる別のバージョンがあるのですが、この場合のHouse Of The Rising Sunは朝日楼という名の売春宿を意味します。 追記 実はアメリカでカジノに代表される所謂賭博場が合法化されたのは、最も古いラスヴェガスでも1930年代の事でそれ以前は刑罰の 対象になっていました。 またこの曲のような古いトラディショナルソングには歌い継がれてゆくうちに歌詞が付け足されたり、主人公が入れ替わったりという事が普通にあるのです。 この曲ではまず自分の父親がギャンブラーだとうたわれます。 更にギャンブラーの暮らしには「スーツケースとトランクさえあればよい」とか「酒を飲むしか満たされる事が無い。 」などの当人にしかわからない事情を語ることで父親がギャンブラーだった事と自分をオーバーラップさせているのではないかと思えるのですが如何ででしょうか。

次の