日焼け 対処。 日焼けの症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

日焼け後のヒリヒリ対処法!すぐにすべき緊急スキンケア方法とは?

日焼け 対処

紫外線は3月ぐらいから徐々に強くなってきます。 そこで、痛みのある日焼けをしてしまったときの正しいケアや対処法、またひどい日焼けをしないためにも、顔や体の日焼け防止策も一緒にご紹介します。 また、大人肌をしっかり守る人気ブランドのおすすめ日焼け止めもピックアップ。 正しい対処法をおさらいし、紫外線からお肌を守りましょう。 【目次】• これは肌が炎症を起こしている状態なので、まずはクールダウンすることが大切です。 濡らしたタオルや冷たいおしぼり、保冷剤をタオルで包んだものなどで冷やしてあげましょう。 タオルなどが手元にない場合は、水道水などで冷やしてあげてもOK。 熱を持っているときは熱いお風呂やシャワーも控え、とにかく冷やすことを心がけましょう。 触れると痛いからと言って、そのまま放置するのはNGです。 冷やす時間は日焼けの程度によるので一概には言えませんが、赤みが少しおさまる、熱を持っていたのが引いてくるなど、肌の状態に応じて対応するようにしてください。 また、シミにさせないために美白ケアを……とすぐに美白化粧水や美白美容液などをつける方もいるかもしれません。 しかし、日焼けは肌が炎症を起こしている状態。 そのため普段使っている化粧水でもしみることがあります。 炎症を悪化させてしまう恐れもあるので、十分にクールダウンしてから行うようにしましょう。 ただし、日焼けした肌はとてもデリケートな状態。 保湿をするのは、肌をクールダウンさせて赤みや熱が少し引いてからにしましょう。 肌の状態を見ながら行うようにしてください。 保湿には、ひんやり効果があり、テクスチャーも優しいジェルタイプのスキンケア用品をオススメします。 冷蔵庫で冷やして使うとひんやり感がよりアップし、肌にも心地良いはず。 鎮静効果のあるアロエが配合された「ベラリス」やコパトーンの「アフターサンオイルフリージェル」、そのほか、ナチュリエの「ハトムギ保湿ジェル」といった商品がオススメです。 鎮静効果のあるジェルを冷やして使えばひんやり快適。 日焼け後に補給したいものを伺いました。 ・水分補給 まずはたっぷりと水分補給を行うようにしましょう。 前述したように日焼けによって乾燥を引き起すこともあるので、水分をとることで潤い補給の効果も期待できます。 ・ビタミンC ビタミンのなかでも、ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制したり、シミやそばかすを防いだりする働きもあるので特にオススメです。 最近ではサプリで飲むタイプの日焼け止めも出ているので、アウトドアなど1日中外にいるときには外側からのケアにプラスしてもいいでしょう。 ビタミンCが豊富なオレンジ、キウイ、グレープフルーツ、ブロッコリーなども日焼け後にとりたい食べものです。 ・リコピン 日光への耐性を高める効果が期待できるリコピンを含んだ食べ物をとるのもいいでしょう。 代表はトマトですが、そのほか、赤いパプリカやスイカなどにも含まれています。 「日焼け止めを塗る際に一番重要なのはその量です。 しかし、実はほとんどの方が推奨されている量の半分以下しかつけていません。 これは顔全体に塗るとすると500円玉くらいの量です。 また、日焼け止めを手で塗る場合も要注意。 塗布量の半分以上は手に残っているというデータもあるので、今までの2倍の量を意識して塗ることを心掛けましょう。 『SPFの効果が高いから』『ウォータープルーフだから』と気を抜いている方もいるかもしれませんが、塗り直しはマスト。 出勤前とランチで外に出る前は日焼け止めを塗るようにしましょう。 部屋の中にいても窓から日差しが入る場合は、その間も数時間おきに塗り直しが必要です。 その理由はふたつあります。 ひとつは、汗や水、擦れで日焼け止めが落ちることもあるから。 もうひとつは日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、一定量の紫外線を吸収すると効果が弱まるものがあるからです。 メイクの上から塗り直す場合は、UVカット機能のあるパウダーファンデーションやフェイスパウダーを重ねるとベター。 特にUVカットの表示がなくても、粉の成分が紫外線を跳ね返すため紫外線防止効果があるといわれています。 これは、塗る日焼け止めの代わりにはなりません。 なぜなら塗る日焼け止めのように肌の上で紫外線を遮断するわけではないからです。 飲むタイプは日焼けした後に体内で発生した活性酸素を除去し、日焼け後のダメージを軽減する「抗酸化サプリメント」です。 SPFでいうと、SPF2もありません。 あくまで、日焼け止めの基本は塗ること。 その際、首や耳の後ろも塗るのを忘れずに。 全体になじませたら、先ほどよりは少なめの量を手のひらに取り、頰など顔の高い部分に重ねづけするようにしましょう。 汗などで流れてしまうのもありますが、そもそも1日中効果が持続するものではないんです。 そのため、こまめな塗り直しは必須。 最近では、紫外線防止だけでなく、ブルーライトや近赤外線防止効果のある商品も出ているので、それらの効果が付いているものがオススメ。 しかし、SPFには足し算した分の効果はありません。 また、雑な塗り方をすることで、頬やこめかみの辺りなど、シミができやすい部分にきちんとのっていないケースもあります。 きちんと塗ったつもりでも、おでこや鼻先は皮脂や汗で流れやすいため、そのまま放っておくと日焼けしてしまいます。 帽子やサングラス、日傘などで遮光したり、肌を覆ってしまうほうが、効果は高いです。 日焼け止めを塗っているから大丈夫というわけではなく、赤外線も肌を老化させますので、それをカットするという意味でも、日焼け止めだけでなく、物理的にも遮光したほうがよいでしょう」(小柳さん) UVカット効果がある洗剤 SHISEIDO パーフェクト UV プロテクター 50ml ¥4,500(資生堂インターナショナル) [Precious2018年5月号186ページ] \汗、皮脂に負けない処方で凹凸のないなめらか肌を維持/ ウォータープルーフ処方なうえに、独自のウェットフォーステクノロジーで、汗をかいたり水を浴びると紫外線防御膜が強まるという、うれしい機能付き。 リゾート地でアクティブに過ごすときにおすすめです。 [テクスチャー] 振って使う2層タイプ。 ベタつかず、肌の上でさらさらとのびていきます。 色はほとんどつきませんが、艶のあるなめらか肌を実感できます。 [スキンケア効果効果] 紫外線やエアコンによる乾燥や空気中のチリ、ホコリなどの環境ダメージからも保護するので、肌荒れやシワを防ぐ効果があります。 色ムラを消し去り均一美肌に/ 皮膚科医が採用する敏感肌向けブランドで、肌サビケア成分、保護膜をつくる成分、バリア機能を高める成分入りと全方位で肌を保護。 また肌の上で光を乱反射させる粉体を配合して美肌に仕上げる点も高ポイントです。 [テクスチャー] アジア人の敏感肌のために開発した、潤いで満たす乳液タイプ。 乾燥したオフィスでも、しっとりとした肌を維持できます。 [スキンケア効果] 敏感肌向きは機能が手薄なものもありますが、これはロングUVAやPM2. 5からも肌を守る最先端のプロテクト機能を搭載しています。

次の

日焼け後のケア方法!当日の冷やす対処~保湿・美白まで徹底アフターケア!

日焼け 対処

紫外線は、肌を黒く日焼けさせることはもちろん、シミやそばかす、シワなどのトラブルを招く女性の大敵ですよね。 UVケアを行わなければ! と思っていても、「うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまった」「思ったよりも長時間屋外にいてしまった」という経験がある人も多いのでは? そんな時は、アフターケアで肌を整えましょう。 日焼け後は、すばやいアフターケアが大切 紫外線を浴びると肌が黒くなるのは、メラニンが増えたため。 メラニンが増え続けてうまく排出されないと、シミの原因になってしまいます。 でもうっかり紫外線にあたってしまっても、すばやくケアすれば色白美肌を保つことができますよ。 日焼けのアフターケア方法 日焼けをした時に押さえておきたいケアは、まずは熱を持った肌を「冷やす」こと。 次に「保湿」です。 あれこれとスペシャルケアをしたくなるかと思いますが、まずはほてりを鎮めて肌を落ち着かせることを優先しましょう。 アフターケア方法1. 冷やす 日焼け後の肌は、軽いやけどをした状態と同じ。 紫外線によって炎症を起こしているので、まずは冷やしてほてりを鎮め、炎症の進行を止めましょう。 肌を冷やす方法は以下のやり方が効果的。 ・流水で冷やす ・濡れタオルで冷やす ・氷や保冷材で冷やす ・ミネラルウォーターをスプレーする 氷や保冷剤で冷やす時は、肌の刺激にならないようタオルに包んで使用しましょう。 また、摩擦も日焼けした肌にとっては大きな負担に。 洗顔は時間をかけすぎず、ササッとすませましょう。 アフターケア方法2. 保湿する 日焼けをすると、角層から水分が失われて肌が乾燥してしまいます。 赤みやほてりが落ち着いた後は、化粧水で肌にたっぷり水分を補給しましょう。 化粧水をたっぷり含ませたローションマスクもおすすめですよ。 使用量が少ないと、うるおいが十分にいきわたらないため、適量を守って使いましょう。 また、日焼け後の皮ふ温が上がってほてった肌には、じっくりとうるおい集中ケアをするのが効果的。 日焼け後の肌におすすめ。 うるおい集中ケアアイテムはこちら 塗って寝るだけ! みずみずしい肌に導く美白ジェルパック 「」105g 3,520円 税込 紫外線を浴びた日の夜は、これを塗って眠るだけ。 美容成分をたっぷり配合したジェルがひと晩中肌を包み込み、うるおいとハリに満ちた透明感あふれる肌へ。 プルプルのジェルがひんやり心地よく、日焼けによる乾燥もしっかりケアします。 さらに、マスクによるひんやり感で心地よい肌感触。 日焼けした後の乾燥しがちな肌をうるおいで満たし、明るく透明感のあるみずみずしい肌へ導きます。 そこで、紫外線ダメージを意外と受けやすい「デコルテや肩」「唇」「髪」の部位別に、ケア方法をくわしくご紹介します。 部位1. デコルテや肩 面積が大きいデコルテや肩などのボディは、ばしゃばしゃとたっぷり使えるものを選びたいですよね。 ボディ用のローションや美容液でのケアがおすすめ! デコルテや肩のアフターケアにおすすめのアイテムはこちら 日焼け後のほてった肌におすすめのボディローション 「」230mL 979円 税込 薬用成分が肌を清潔に整え、ひんやりクールに引きしめます。 全身に使えて、あせもやニキビ、肌荒れも防ぐ効果も。 部位2. 唇 皮ふが薄く汗腺も皮脂腺もない唇は、顔の中でも乾燥しやすい部位。 またメラニンをつくるメラノサイト(色素細胞)もないので、紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいがちです。 お好みのでしっかり保湿して、ふっくらなめらかな唇を保ちましょう。 おすすめのケアは、入浴中のラップパック。 リップクリームを重ね塗りして、ラップをのせるだけの手軽さです。 お風呂のスチーム効果でさらにしっとりしますよ。 部位3. 髪 強い日差しを受けた髪や頭皮は、肌と同様にダメージを受けています。 摩擦してさらに傷めることのないように、普段よりもやさしくケアしましょう。 シャンプー前にブラッシング 洗髪前に、絡んでいる髪の毛をほぐすようにやさしくブラッシング。 そうすることで、絡まることなくシャンプーをすることができますよ。 ロングヘアの場合は、絡みやすい毛先~中間~根元の順番でブラッシングしましょう。 ポイント2. 頭皮と髪をやさしくシャンプー まずはぬるま湯で髪全体と頭皮を素洗いし、汗やほこりなどの汚れを落としておきます。 シャンプーをよく泡立てたら、泡で髪を包み込むように洗い、頭皮は指の腹を使ってやさしくマッサージしましょう。 ポイント3. コンディショナーは蒸しタオルで浸透力UP シャンプーをよくすすいで髪の水気を軽く切ったら、コンディショナーを塗布します。 毛先など傷んだ部分を中心に、手ぐしでよくなじませましょう。 ドライヤー前にタオルドライ 髪を傷めずに乾かすコツは、ドライヤーを使う時間を短くすること。 そのためには、タオルドライでしっかり水気をとっておきましょう。 ドライヤーは髪から30cmほど離して、まんべんなく風を送りながら乾かしましょう。 もう、うっかり日焼けしない! 日焼け止めの選び方 これまでアフターケアをご紹介しましたが、普段から日焼けをしないように紫外線対策を行うことが美肌の鍵! 紫外線の特徴と、対策に欠かせない日焼け止めの選び方を押さえておきましょう。 紫外線の種類 太陽から地表に届く紫外線は、波長の長さによって「UV-A」と「UV-B」に分けられます。 ・UV-A 波長が長く、肌の奥の真皮まで到達する紫外線。 肌の弾力を担うコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、しわやたるみの原因になります。 雲や窓ガラスまでも透過し、気づかぬうちに浴びやすいため、「生活紫外線」とも呼ばれます。 ・UV-B 「レジャー紫外線」とも呼ばれ、主に屋外での日焼けの原因になります。 大量に浴びると赤く炎症を起こし、軽いやけどを起こしたような状態に。 シミやそばかす、乾燥の原因にもなります。 日焼け止めの表記、SPF・PAとは? 「SPF」は、UV-Bを防止する効果を表しています。 「PA」は、UV-Aを防ぐ効果を表しています。 +~++++の4段階で表示され、+が多いほど肌が黒くなるのを防ぐ効果が高くなります。 季節や場所によって紫外線の量は異なるもの。 日焼け止めのSPFとPAは、以下のように使用シーンに合わせて選びましょう。 ・散歩・買い物などの日常生活:SPF20前後、PA+~++ ・屋外での軽いスポーツやレジャー:SPF20~30前後、PA++~+++ ・炎天下でのレジャーやマリンスポーツ、スキー場:SPF30~50+、PA++~++++ 日焼け対策で注意したいのは、「冬や曇りの日も油断できない」ということ。 紫外線が降り注がない日はないので、1年365日、日焼け止めを塗りましょう。 さらにUV-Aは窓ガラスも透過するので、陽の当たる室内にいる時も塗っておくことをおすすめします。 紫外線対策に! おすすめ日焼け止めはこちら 汗・水・熱に強くスキンケアもできる日焼け止めミルク 「」60mL 3,300円 税込 高いUVカット効果がありながら、スキンケア成分を50%配合。 デリケート肌でも心地よく使える。 伸びがよくしっとりした使い心地や、石けんで落とせる点など、日常使いしやすい便利機能も満載です。 顔と首の塗り方 1. 商品に記載された使用量を確認して適量を手のひらにとり、両ほお、額、鼻、あごの5点に置きます。 ほお、額、鼻、口周り、フェイスライン、目の周りの順に、中指と薬指を使ってていねいになじませます。 塗りムラができやすい小鼻周辺、髪の生え際や耳の後ろも忘れずに。 顔のすみずみまでなじませたら、1~2をくり返して重ねづけします。 適量を手のひらにとったら、首とえり足の数か所におき、下から上に向かってなじませます。 ボディの塗り方 1. 肌の上に直接、日焼け止めを線状に出します。 手のひらを使って大きく円を描くようになじませていきます。 手や足の甲、ひじやひざの裏、身体の側面なども塗り忘れのないようにしましょう。 日焼け止めの効果をキープするためには、できれば2~3時間おきに塗り直しを。 時間がない時は、スプレータイプの日焼け止めが便利ですよ。 髪の塗り方 は、プールや海で髪が濡れた時にも活躍。 濡れた髪が紫外線を浴びると、プールの塩素や海水の塩分によって、髪のダメージが進みやすくなるためです。 事前にスプレータイプの日焼け止めをつけて、保護しておきましょう。 肌と同じように2~3時間おきに塗り直してくださいね。 紫外線による乾燥やシミ・そばかすなどの肌トラブルを避けるには、何よりも予防が大切。 それでもうっかり日焼けをしてしまったら、すばやく適切なケアを行って、肌をすこやかに保ちましょう。 また、個人によりその効果は異なります。 ご自身の責任においてご利用ください。

次の

日焼けで赤くなった後のおすすめ対処法|肌のケアでヒリヒリ痛みを抑える

日焼け 対処

痛みがある程度おさまるまで、冷たいシャワーを浴びるか水風呂に入ります。 その後、日焼けした箇所全てに濡れタオルを巻きます。 特に痛みが激しい箇所には、保冷剤をくるんだ濡れタオル・または氷水を入れたビニール袋を当てましょう。 十分に冷やしてある程度痛みがおさまったら、皮膚の保護をしてあげましょう。 痛い場合は化粧水だとしみることがあるので、クリームを塗ることをおすすめします。 痛みが引いたあとも最低1週間は塗り続けましょう。 日焼け直後は身体全体の水分が失われている状態なので、内側からも水分補給をしてあげる必要があります。 普段水を意識して飲んでいない方は、水を持ち歩き、こまめに水分補給をしましょう。 日焼けした後は、身体が弱まっている場合があるので、いつもより早く布団に入るようにして、意識して睡眠時間を長くしましょう。 特にたんぱく質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEを摂取して、しっかりと栄養を補給しましょう。 女性の方は、顔を思いっきり日焼けしてしまった場合、直後のメイクに困りますよね。 ノーメイクだと、日光を直に浴びてしまうことになるので、ファンデーションはつけることをおすすめします。

次の