ドコモ ペット 保険。 NTTドコモ、ペット保険サービス「ドコモのペット保険」の新規受付終了 :日本経済新聞

ドコモ 医療保険|携帯で簡単に加入出来るお手軽な医療保険|ドコモ 保険ナビ NTTドコモ

ドコモ ペット 保険

昨今はペットの医療保険に加入する方が増えており、新しくペットを飼う方の半数はペット保険に加入しているという話もあるほどです。 人間と違い、健康保険制度のないペットは、医療費を全額飼い主が負担しなければならないので、どうしても高額な医療費になりがちです。 そこでペット保険に加入し、いざという時の備えとする方が多くなってきています。 ペット保険は意外と高い? そんな安心のペット保険ですが、もちろんタダではありません。 年間だと55,200円。 しかも保険料は年々増えていきます。 そんなに保険料を払っていても、その年に一度も動物病院にかからなければ、保険のメリットはありません。 予防接種や狂犬病ワクチンなどでは保険は使えませんし、手術や入院でもならない限り、年間5万円以上の医療費はかからないと言えます。 そうなると、 月々の保険料は安く、でも高額な医療費は補償してほしいですよね。 ドコモのペット保険 そこで出てくるのが、ドコモのペット保険です。 ドコモでペット保険?と思われるかと思いますが、 ペット保険大手のアニコムさんと提携してペット保険を提供しています。 しかし、ドコモのペット保険では、 通常の診察では補償はゼロです。 しかも、補償対象を手術と入院に絞ることで、月額保険料をかなり安く抑えているところもポイントです。 普段の診察なら全額負担と言っても数千円程度ですから、手術と入院だけ保険かけておくのも手です。 詳しい補償内容 補償内容はドコモのホームページが詳しいですが、ここでは重要点だけを紹介します。 手術は年2回、50万円まで• 入院は年間10日まで• 3万円以上の医療費が対象 手術は年2回、入院も年10回まで補償されます。 ただし注意点は 医療費が3万円以上にならないと補償の対象とならないことです。 たとえば、入院なし手術で医療費が2万5千円だった場合、補償の対象外となり、全額自己負担となります。 よって、骨折などある程度大きな手術や入院をした場合のみ補償するという、少し変わったペット保険となっています。 保険料は? 気になる保険料ですが、たとえばチワワ3歳だと月額保険料は1,140円となります。 ラブラドールレトリーバー3歳なら月額保険料は1,240円と、かなり割安になっています。 もちろん、どうぶつ健保ふぁみりぃは通院でも補償されますし、3万円以下の治療でも補償されますので、今回紹介した保険より手厚い補償内容となっています。 その分、保険料が高いのは当然ですね。 ただし、そこまで手厚い補償が無くても大丈夫、ただし手術など高額になってしまう医療費だけは補償してほしいという方には、ドコモのペット保険が最適だと言えます。

次の

NTTドコモ、ペット保険サービス「ドコモのペット保険」の新規受付終了 :日本経済新聞

ドコモ ペット 保険

補償プラン 補償割合 通院補償 基本プラン 50% あり 堅実プラン 70% あり 充実プラン 100% あり ペット保険評判口コミおすすめランキング1位には、PS保険こと、ペットメディカルサポートが選ばれました。 PS保険には補償割合が異なる3つのプランがあります。 プランによって補償内容が異なる保険会社も多いですが、PS保険は補償内容は変わらず、 全てのプランに通院補償がついており大変安心できる人気の保険です。 自己負担額である 免責金額もないので、治療費全額から補償割合分の補償がされます。 また小型犬や中型犬しか加入できない保険会社が多い中、PS保険は大型犬も加入することができるので嬉しいですね。 比較的安い保険料で、窓口精算でないタイプのペット保険としてはかなり有力候補になると思います。 待機期間もないので、契約してすぐに補償が開始されて安心です。 PS保険に加入すると抽選で景品がもらえるキャンペーンを毎月やっているのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。 アイペット損保には、 通院・入院・手術の全てを補償してくれる うちの子プランと、 手術と連続した入院が補償される うちの子Lightの2つのプランがあります。 うちの子Lightは通院補償がない分保険料が安いですが、通院も補償してくれる方が安心です。 また小型犬に多い膝蓋骨脱臼は補償対象で、多頭契約割引などもあるので多頭飼いの方には嬉しいですね。 ペットの健康状態や家計のことを考慮してプランを選ぶことができるのが人気のポイントです。 日本全国に動物病院は15,797件あるそうなので、アニコムは半数近くの動物病院に対応していることになります。 出典: アニコムとアイペットの口コミをみるとわかりますが、やはり窓口精算に魅力を感じる方は多いです。 ただその分保険料も高くなりますので、どっちをとるかは飼い主次第ですね。 ただ、一点窓口精算の注意点として、医療費を多めに取られることがあるというのは覚えておいてください。 ペットは完全に自由診療なので、動物病院側が診療費を自由に決めることができるのです。 中には、アニコムの加入者だと医療費を少し多くとる病院もあるそうです。 各社それぞれ保険料や補償内容が異なるので、家計やペットの健康状態と相談して検討してみてください。 ただ、たくさんありすぎて自分にあったペット保険を探すのは大変だと思います。 そこで、一括資料請求サービスを利用してはいかがでしょうか。 1分で入力が完了し、自分が申し込むことのできるペット保険、保険料が安いものなど一括比較して資料請求が一気にできるのでおすすめです。 見積もりをするだけで豪華な景品がもらえるキャンペーンをやっているものもあるので、ぜひお得に見積もり、一括比較してみてはいかがでしょうか。 下のボタンからできますので、ぜひご利用ください!.

次の

ドコモペット保険の口コミを紹介!補償プランや特徴も徹底解説

ドコモ ペット 保険

数あるペット保険の中でもドコモペット保険が気になっている方もいるかと思います。 また、すでにドコモペット保険に加入済みの方も、口コミや評判が気になるのではないでしょうか。 ペット保険への加入を考えているときに、口コミや評判を参考にする方も多くいるかと思います。 ドコモペット保険の補償内容や、メリットにはどのようなものがあるのでしょうか?また、評判や口コミはどうなのでしょうか? ここでは、• ドコモペット保険の補償内容• 口コミや評判について• メリット・デメリットについて• ペット保険の必要性は? についてご紹介します。 この記事をお読みいただければ、ドコモペット保険の補償内容や口コミ・評判について詳しくお分かりになるかと思います。 また実際の口コミもいくつかご紹介していますので、ぜひ最後までお読み下さい。 ドコモペット保険のメリットとしては、• 窓口清算ができる• 手術ケアの新規加入が12歳11か月まで などになります。 保険金の請求方法として多いのが 後日請求方式です。 保険会社に連絡し、請求書などを送って保険金を請求する方法です。 意外と手間がかかりますよね。 ドコモペット保険では保険自体はアイペットの保険となるため、 アイペット対応の動物病院では、窓口でペットの保険証を提示するだけで補償を受けることができます。 ただし、アイペット対応病院でない場合は、一般的なペット保険と同じように後日請求することになります。 ペット保険の新規加入年齢は8歳前後までが多いのですが、ドコモペット保険の手術ケアの場合、 12歳11か月まで新規で加入することができるものメリットでした。 しかし、ドコモペット保険は2018年3月30日で新規受付を終了してしまいました。 残念です。 ドコモペット保険のデメリットとしては、• 手術プランは窓口清算ができない• 保険料が高い• 9歳以降の保険料は加入しないと教えてもらえない などが挙げられます。 ドコモペット保険は窓口清算ができることがメリットと先ほどご紹介しましたが、 手術ケアの方は窓口清算で補償を受けることができません。 一般的なペット保険と同じように、保険会社に連絡し後日請求する必要があります。 また保険料が高いのもデメリットですが、手術ケアの方は補償範囲が狭くなっている分、比較的お手頃な保険料となっています。 年々高くなっていく保険料ですが、9歳以降の保険料は調べても載っておらず、加入した場合にだけ教えてもらえるということです。 9歳以降の保険料がかなり高額になってしまう場合も考えられるので、保険料が分からないのはデメリットとなります。 ペット保険は本当に必要なのかと疑問に思っている方もいるかと思います。 ひと昔前ではペットを保険に加入させるなんて信じられない話でしたよね。 しかし最近ではペット保険の種類も増え、犬や猫以外にも鳥や小動物を取り扱うペット保険も出てくるようになりました。 ペット保険が増えてきた理由は何なのでしょうか? ペット保険が増えてきた理由はペットの 高齢化と 治療費の高額化です。 最近ではペットフードの質が良くなり、飼育環境も良くなってきたことによりペットの寿命が伸びてきました。 その分今までならなかった病気にかかることも増えてきました。 また、ペットの医療も進歩したため治療費は高額になることも多くなります。 万一ペットが事故や病気になってしまい手術を受けるということになった場合、 30万円以上の治療費がかかる場合も多々あります。 治療費が捻出できないために、ペットに治療を受けさせてあげられないなんてことにならないよう、万一に備えてペット保険への加入が必要になるのです。 補償内容や口コミなどを比較して、ご自身のペットに合った保険を選んであげるようにしましょう。 いかがでしたか?ここではドコモペット保険の補償内容や口コミ、メリット・デメリットについてご紹介しました。 ここでご紹介したことは、• ドコモペット保険にはトータルケアと手術ケアの保険がある• 保険料が高いという口コミが多い• メリットは窓口清算できること• デメリットは保険料が高いこと• ペットの治療費は高額になることが多いため、ペット保険に加入すると安心 になります。 ドコモペット保険は補償内容はいいと思うのですが、保険料が高いという口コミが多く、保険料を払い続けることを考えると少し不安が残ってしまうかもしれません。 ペット保険は万が一の時のために加入をおすすめする保険です。 無理なく続けられるよう、保険料や補償内容、口コミや評判を比較し、じっくりと検討してから契約することをおすすめします。 ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

次の