関数 rounddown。 エクセルで四捨五入ができるROUND関数の使い方をわか…|Udemy メディア

エクセル ROUNDUP 関数:切り上げする

関数 rounddown

スポンサーリンク 関数名の覚え方 今回は、上の図のようにB1番地に入力されている数字を、切り上げ・切り捨て・四捨五入したいと思います! まずはそれぞれの関数名から。 切り 上げ ROUND UP ラウンドアップ 切り 捨て ROUND DOWN ラウンドダウン 四捨五入 ROUND ラウンド それぞれが数字をキリ良く「丸める」関数なので、みんな「ROUND」という文字が付いています。 「切り上げ」は「上げ」なので、「ROUND」に「UP」が付いてます。 「切り捨て」は、「捨て」というポイッと落とすイメージなので、「ROUND」に「DOWN」が付いてます。 残った「四捨五入」は、そのまま「ROUND」という風に、私は覚えてます。 設定方法 それでは早速使い方をマスターしていきましょう! 今回は、 B1番地に入力されている数字を、 小数第2位で切り上げした結果を、E1番地に表示したいと思います。 まずは、結果を表示したいのはE1番地なので、E1番地をして、[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 今回は切り上げしたいので、使う関数は「 ROUNDUP」。 この関数の一覧から「ROUNDUP」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 ちなみに、関数の一覧から「ROUNDUP」を探す際、「ROUNDOUP」の頭文字である「R」のところまで、一瞬でスクロールする技がありましたね。 忘れてしまった方は、「」をご覧ください! 関数の選択が終わると、今度はこのようなダイアログボックスが表示されます。 [数値]欄には、切り上げしたい数字が入っているセルを指定します。 [数値]欄の中に文字カーソルが入っていることを確認したら、 切り上げしたい数字が入っているのはB1番地ですから、B1番地をクリックで選択すると、 [数値]欄に、切り上げしたいセルを指定することができました。 次は、その下の[桁数]の設定をしたいので、[桁数]欄に文字カーソルを移したいのですが、現在は[数値]欄に文字カーソルがある状態です。 そこで、 [Tab]キーを押すと、 [桁数]欄に文字カーソルを移すことができました! Officeでは、[Tab]キーを押すことで、次の項目に文字カーソルを移すことができます。 もちろん、[Tab]キーを使わずに、[桁数]欄をクリックして文字カーソルを移してもOKです。 さぁ、やってきました!次が最大のポイントです! スポンサーリンク 最大のポイント!「桁数」 この[桁数]欄には、「 結果が見えてくる桁数」を指定するのですが、これだけではちんぷんかんぷん! まず、「桁数」というものについて、ダミーの数字を使って見ていきましょう。 「桁数」とは、桁の位置を数字で表したもので、上の図のように、一の位を「ゼロ」とし、小数第1位を「1」、小数第2位を「2」・・・という風に、小数点以下には数字が順番に割り当てられています。 逆に小数点以下「じゃない」部分(整数部分)には、一の位の「ゼロ」を基点とし、十の位には「-1」、百の位には「-2」・・・という風に、マイナスの付いた数字が順番に割り当てられています。 ここで、今回やりたいことを思い出します。 今回は「 小数第2位で切り上げ」したいので、先ほどの桁数の割り当て図を見て、小数第2位を示す「2」と指定したくなるのですが、これが 最も間違いやすい部分! [桁数]欄に指定するのは、あくまでもその「 結果が見えてくる桁数」です。 小数第2位で切り上げた結果、繰り上がった数字が何なのかが見えてくるのは小数第1位。 というわけで桁数は、小数第1位を示す「1」と入力します。 [OK]ボタンをクリックすると、 E1番地に結果を表示させることができました! このE1番地が選択されている状態で数式バーを見てみると、ROUNDUP関数の数式が確認できます。 関数に慣れてきたら、E1番地に直接この数式を入力してもOKです。 つまり、先ほど使ったダイアログボックスは、この数式を気軽に入力できるようにするためのものだったんです。 「」でご紹介しているように、数式は「関数名」と「引数」から成り立っています。 「引数」部分にあるカンマは、項目の区切りを意味します。 というわけで、この数式には引数が2つある、ということになります。 そうです! ダイアログボックスで数式を設定している際、設定する欄は2つありました。 これを意味しているわけです。 というわけで、この数式は「B1番地の数字を、桁数が「1」になるように切り上げてね」と読み替えることができます! ここまでは「切り上げ」の「ROUNDUP」関数で使い方をご紹介しましたが、「切り捨て」も「四捨五入」も操作は全く同じ! ただ関数が「ROUDDOWN」や「ROUND」になるだけ。 B1番地に入力されている数字を、 小数第2位で切り捨て、 小数第2位で四捨五入した結果を、それぞれE2番地とE3番地に表示させてみてください。 ポイントはもちろん同じ、「桁数」の設定。 小数第2位で切り捨てや四捨五入を行った結果、結局数字がどうなったのかが見えてくるのが小数第1位なので、 小数第1位の桁数は「1」ですから、引数[桁数]には「1」を設定することになります。 というわけで、E2番地にはRONDDOWN関数でこのような数式を設定すればいいわけですし、 E3番地にはROUND関数でこのような数式を設定することになります。 もうクドさ満点ですが、ROUNDUP・ROUNDDOWN・ROUND関数の最大のポイントは「桁数」! 桁数の指定は、そのまま端数処理する位を素直に指定するのではなく、 そこの位で端数処理した結果、何の位になるのか という、「 結果が見えてくる桁数」を指定するのがポイントです! さてここで、今回ご紹介しているROUNDUP・ROUNDDOWN・ROUND関数を使う際に、知っておきたい豆知識があるんです! そして更に、案外混乱しやすい、小数点以下「じゃない」、整数部分の端数処理について見ていきたいと思います! をご覧ください!.

次の

ROUNDDOWN(切り捨て)

関数 rounddown

文字を切り上げ・切り捨てするためのRound関数とは 切り上げ、切り捨てを厳密にしていきたい場合は、ワークシート関数のRoundUp、RoundDownを使います。 ワークシート関数はExcelのセルで使う関数のことで、VBAで使うことができます。 代表的なものでいうと合計値を計算するSUM関数を使う場合は、次のように書きます。 WorksheetFunction. Sum 1, 2, 3, 4, 5 End Sub 実行結果: このように、セルに入力する関数を使うことができます。 VBAの既存関数、ワークシート関数、独自に作った関数の違いについては以下記事で詳しく解説しているので、気になる方はこちらも見てみて下さいね! RoundUp関数 切り上げ の使い方とは では次に、RoundUp関数の使い方について説明します。 Application. WorksheetFunction. RoundUp 切り上げする数値,桁数 を入力することで、 切り上げした数値を返すことができます。 桁数に0を入れると整数のみ取得することができるので、0を入れたサンプルをご紹介します。 サンプルコード: Sub Test MsgBox "RoundUp 150. WorksheetFunction. RoundUp 150. WorksheetFunction. RoundUp -150. 5, 0 End Sub 実行結果: プラスの値、マイナスの値どちらも151になっていますよね。 このように、 値を切り上げしたい場合はRoundUp関数を使います。 RoundDown関数 切り捨て の使い方とは では次に、RoundDown関数の使い方について説明します。 Application. WorksheetFunction. RoundDown 切り捨てする数値,桁数 を入力することで、切り捨てした数値を返すことができます。 こちらもサンプルコードをご紹介します。 サンプルコード: Sub Test MsgBox "RoundDown 150. WorksheetFunction. RoundDown 150. WorksheetFunction. RoundDown -150. 5, 0 End Sub 実行結果: プラスの値、マイナスの値どちらも150になっていますよね。 このように、 値を切り捨てしたい場合はRoundDown関数を使います。 まとめ 今回は、VBAで切り上げ、切り捨てする方法について解説しました。 整数のみで数字を扱うケースはよくあると思います。 Int関数、RoundUp関数、RoundDown関数どれも簡単に使うことができるので、ぜひ使ってみてくださいね! 自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい! エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。 エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。 しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので 競争率もかなり高くなっています。 そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。 こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。 そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載しているです。 は、独自案件を多く掲載しているだけでなく、 ・応募から就業まで一貫したサポート ・就業後もアフターフォロー といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。 もちろん登録は 完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。 まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。 あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ!.

次の

VBA Round 関数

関数 rounddown

Excel for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Excel for the web Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac Excel for Mac 2011 Excel Starter 2010 ここでは、Microsoft Excel の ROUNDDOWN 関数の書式および使用法について説明します。 説明 数値を指定された桁数で切り捨てます。 書式 ROUNDDOWN 数値, 桁数 ROUNDDOWN 関数の書式には、次の引数があります。 数値 必須。 切り捨ての対象となる実数値を指定します。 桁数 必須。 数値を切り上げた結果の桁数を指定します。 ROUNDDOWN 関数の機能は、ROUND 関数に似ていますが、常に数値が切り捨てられる点が異なります。 桁数に正の数を指定すると、数値の小数点以下について、指定した桁数の右側が切り捨てられます。 桁数に 0 を指定すると、数値は最も近い整数として切り捨てられます。 桁数に負の数を指定すると、数値の小数点の左側 整数部分 が切り捨てられます。 使用例 次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。 2, 0 3. 9,0 76. 14159, 3 3. 14159 の小数点第 3 位より右を切り捨てます 3. 14159, 1 -3. 14159 を小数点第 1 位まで四捨五入します。 92654, -2 31415. 92654 の小数点の左側 2 桁で切り捨てます 31400.

次の