ポケモン アニメ。 ジュン (アニメポケットモンスター)

ポケモンアニメ・パロディ集1 (カントー・オレンジ諸島編)

ポケモン アニメ

プロフィール [ ]• 出身地:・フタバタウン• 職業:• 登場時期 :DP・MV• 主な経歴(ポケモンリーグ編)• シンオウリーグ・スズラン大会:ベスト16 各国の日本国外名 [ ]• 英語:Barry• 韓国語:ヨンシック :용식 人物 [ ] DP101話から登場したポケモントレーナーの少年。 レギュラーキャラクター以外で次回予告を務めたキャラクター。 性格・特徴 [ ] のDP編におけるライバル。 は「俺」。 ロケット団からは「お騒がせ罰金ボーイ」と呼ばれる。 口癖は「罰金だ! 」「なんだよなんだよ、なんだってんだよ! せっかちなお調子者で思い込みが激しく、さらに人の話をあまり聞き入れようとしない。 短気で喧嘩っ早い面もあり、他者に対して失礼な態度を取りがち。 バトルスタイルは「はかいこうせん」や「ハイドロカノン」といった強力な攻撃技で押し切るタイプで、かつ戦略面ではあまり熟達していない事から、かつてのサトシを彷彿させる。 バトルでは「行けっ! お前の力を見せてやれ! 」、「行くぜ行くぜ行くぜ! 」と言う。 に憧れており、「世界最強を目指している」「早く強くなりたい」という思いを持っている。 初登場時では、にを戻した時に声をかけず、「今のポケモンで駄目ならより強いポケモンをゲットする」という考え方を持ち、その点でシンジに近い面が見られた。 しかし、サトシと出会ってからは自分のポケモンを心配したり気遣ったりと、彼なりに大事にしている様子が見受けられるようになった。 また、せっかちな性格ではあるものの、ポケモンの特訓は熱心に行っている。 対人関係 [ ] サトシの事はヨスガシティでのタッグバトル大会を見て知り、シンジと息を合わせることのできなかったサトシを当初は軽視する発言をしていた。 しかしその後サトシにポケモンバトルで敗れたことや、自身は全く歯が立たなかったヨスガジム戦でサトシがに勝利したのを目の当たりにしたこと、の様子が以前見た時とは違ったことなどからサトシの実力を認めた様子。 その後は名前で呼び合うのはもちろん、連絡を取ったり握手するほど仲良くなっている。 シンオウリーグでサトシが自身の憧れの存在であるシンジに勝利した際には、シンジを立てつつもサトシの勝利を素直に喜んでいた。 はフタバタウンの祭りの際にと一緒に大声で歌っているジュンの姿を見たようだが、ジュン自身はヒカリのことを全く知らなかった。 同じフタバタウン出身のとは初対面ですぐに意気投合し、「ベストフレンド」と呼ぶようになる。 その他 [ ]• 父親はシンオウ・のタワータイクーンである。 父親のことは「ダディ」と呼んでおり、「俺のダディは強い」「サトシにはダディは倒せない」と言うなど尊敬している様子。 モデルはゲーム版『』のライバルで、ジュンという名前 や容姿、せっかちな行動や口癖はゲーム版に準じている。 服装は『ダイヤモンド・パール』、腕につけているポケッチは『プラチナ』に登場するニューモデルとなっている。 また、手持ちの内4匹は、ゲーム版『ダイヤモンド・パール・プラチナ』にて、主人公がを選んだパターンに準じている。 映画『』では、エンペルトと共にエンディングで1コマ登場する。 略歴 [ ] サトシたちとはヨスガジムの前で出会う。 そしてサトシと3対3のポケモンバトルを行い、僅差で敗北する。 直後にサトシのヨスガジム戦を観戦したことで、サトシの実力を知る。 サトシのジム戦後は鋼鉄島へと修行に向かうため、ミオシティまでサトシたちと同行する。 鋼鉄島での修行の最中、エンペルトの異変と島のポケモンたちの様子がおかしいことに気づき、サトシたちと協力して異変の原因であるギンガ団と戦う。 事件解決後にサトシとポケモンリーグでの再会の約束をし、別れた。 DP101話の時点ではサトシよりもの数が少なかったが、DP163話でサトシよりも先にバッジ8個をゲットした。 シンオウリーグでは三回戦でシンジとのバトルを迎えるも、前述の押し切り型のバトルスタイルが祟り、結局シンジのポケモンを一匹も倒せず敗退する。 しかしバトル後にシンジに対し「自分の力を全部出せたから悔いは無い」「いつか世界最強の座をかけてバトルしよう」と言っている。 それに対しシンジも「いいバトルだった」とジュンの実力を認めるような返答をしている。 その後はサトシの試合をヒカリ・とともに観戦していた。 リーグ終了後はいつかサトシに勝利することを宣言し、サトシたちと別れ再び旅立った。 DP特別編においては姿は見せていないものの、一旦フタバタウンに戻り、その後すぐ旅立ったことが語られている。 登場時期:DP• 特性:げきりゅう DP101話から登場。 ジュンの最初のポケモンで、エース格。 修行によりすばやさを限界まで高めている。 初登場時のサトシのとのバトルではほぼ互角の勝負を繰り広げるが、「はかいこうせん」の隙を突かれて敗れる。 シンオウリーグではシンジのと戦い、「ギガインパクト」と「かみなりパンチ」を立て続けに受けて大ダメージを負ったところで特性の「げきりゅう」を発動し、「ハイドロカノン」で反撃するも、「まもる」で防がれ、更に「かみなり」をまともに受け、そのまま敗れた。 使用技は「ハイドロカノン」、「はかいこうせん」、「メタルクロー」、「ドリルくちばし」、「はがねのつばさ」「ハイドロポンプ」。 ムクホーク [ ]• 声 -• 登場時期:DP DP101話から登場。 サトシとのバトルでは、ヒコザルの素早さに付いていけずに敗れた。 鋼鉄島ではギンガ団のと戦うが敗れた。 使用技は「たいあたり」、「つばさでうつ」、「インファイト」。 ロズレイド [ ]• 声 -• 登場時期:DP DP101話から登場。 鋭い「どくづき」を連打するボクシングスタイルで闘う。 サトシとのバトルでは相性上不利なヒコザルをパワーで押し切り、「どくづき」で倒すが、と引き分ける。 鋼鉄島ではギンガ団のゴルバットと戦うが敗れた。 使用技は「どくづき」。 ヘラクロス [ ]• 声 - 三木眞一郎• 登場時期:DP DP110話から登場し、140話のジュンの回想ではフタバタウンの近くの木にあまいみつを塗り、誘われてミツに吸いに来たところをゲットしたと語っている。 ジュンをつかんで空を飛ぶことがある。 鋼鉄島ではギンガ団ののゴルバットと戦うが、ゴルバットの攻撃からジュンを庇って敗れた。 使用技は「メガホーン」、「みだれづき」、「すてみタックル」。 エアームド [ ]• 声 - 小西克幸• 登場時期:DP DP184話から登場。 シンジとのバトルでは一番手で登場し、まきびしを仕掛けるが、の「かえんほうしゃ」の一撃で敗れた。 使用技は「まきびし」。 サワムラー [ ]• 声 -• 登場時期:DP DP184話から登場。 エンペルトと同じく、修行によりすばやさを限界まで高めている。 シンジのとのバトルでは相性の良さから有利に戦いを進め、「ブレイズキック」でやけど状態にするも、リングマの特性の「こんじょう」が発動し、「ブレイズキック」と「アームハンマー」の同時打ちの末敗れた。 使用技は「インファイト」、「ブレイズキック」、「メガトンキック」、「とびひざげり」。 脚注 [ ] []• 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• 一例は、が現れた時、口上を最後まで聞かなかったことがあった。 また、間違えてロケット団のことを「ミサイル団」と呼んだこともある。 実際、当初はサトシとは口喧嘩をしていた。 ゲーム『ポケットモンスター プラチナ』でライバルの名前を決める際にあらかじめ用意されている名前の1つ。 関連項目 [ ].

次の

アニメポケモンの人気・視聴率が落ちた理由って何? 全盛期は視聴率15%以上が連続していたという事実

ポケモン アニメ

プロフィール [ ]• 出身地:・フタバタウン• 職業:• 登場時期 :DP・MV• 主な経歴(ポケモンリーグ編)• シンオウリーグ・スズラン大会:ベスト16 各国の日本国外名 [ ]• 英語:Barry• 韓国語:ヨンシック :용식 人物 [ ] DP101話から登場したポケモントレーナーの少年。 レギュラーキャラクター以外で次回予告を務めたキャラクター。 性格・特徴 [ ] のDP編におけるライバル。 は「俺」。 ロケット団からは「お騒がせ罰金ボーイ」と呼ばれる。 口癖は「罰金だ! 」「なんだよなんだよ、なんだってんだよ! せっかちなお調子者で思い込みが激しく、さらに人の話をあまり聞き入れようとしない。 短気で喧嘩っ早い面もあり、他者に対して失礼な態度を取りがち。 バトルスタイルは「はかいこうせん」や「ハイドロカノン」といった強力な攻撃技で押し切るタイプで、かつ戦略面ではあまり熟達していない事から、かつてのサトシを彷彿させる。 バトルでは「行けっ! お前の力を見せてやれ! 」、「行くぜ行くぜ行くぜ! 」と言う。 に憧れており、「世界最強を目指している」「早く強くなりたい」という思いを持っている。 初登場時では、にを戻した時に声をかけず、「今のポケモンで駄目ならより強いポケモンをゲットする」という考え方を持ち、その点でシンジに近い面が見られた。 しかし、サトシと出会ってからは自分のポケモンを心配したり気遣ったりと、彼なりに大事にしている様子が見受けられるようになった。 また、せっかちな性格ではあるものの、ポケモンの特訓は熱心に行っている。 対人関係 [ ] サトシの事はヨスガシティでのタッグバトル大会を見て知り、シンジと息を合わせることのできなかったサトシを当初は軽視する発言をしていた。 しかしその後サトシにポケモンバトルで敗れたことや、自身は全く歯が立たなかったヨスガジム戦でサトシがに勝利したのを目の当たりにしたこと、の様子が以前見た時とは違ったことなどからサトシの実力を認めた様子。 その後は名前で呼び合うのはもちろん、連絡を取ったり握手するほど仲良くなっている。 シンオウリーグでサトシが自身の憧れの存在であるシンジに勝利した際には、シンジを立てつつもサトシの勝利を素直に喜んでいた。 はフタバタウンの祭りの際にと一緒に大声で歌っているジュンの姿を見たようだが、ジュン自身はヒカリのことを全く知らなかった。 同じフタバタウン出身のとは初対面ですぐに意気投合し、「ベストフレンド」と呼ぶようになる。 その他 [ ]• 父親はシンオウ・のタワータイクーンである。 父親のことは「ダディ」と呼んでおり、「俺のダディは強い」「サトシにはダディは倒せない」と言うなど尊敬している様子。 モデルはゲーム版『』のライバルで、ジュンという名前 や容姿、せっかちな行動や口癖はゲーム版に準じている。 服装は『ダイヤモンド・パール』、腕につけているポケッチは『プラチナ』に登場するニューモデルとなっている。 また、手持ちの内4匹は、ゲーム版『ダイヤモンド・パール・プラチナ』にて、主人公がを選んだパターンに準じている。 映画『』では、エンペルトと共にエンディングで1コマ登場する。 略歴 [ ] サトシたちとはヨスガジムの前で出会う。 そしてサトシと3対3のポケモンバトルを行い、僅差で敗北する。 直後にサトシのヨスガジム戦を観戦したことで、サトシの実力を知る。 サトシのジム戦後は鋼鉄島へと修行に向かうため、ミオシティまでサトシたちと同行する。 鋼鉄島での修行の最中、エンペルトの異変と島のポケモンたちの様子がおかしいことに気づき、サトシたちと協力して異変の原因であるギンガ団と戦う。 事件解決後にサトシとポケモンリーグでの再会の約束をし、別れた。 DP101話の時点ではサトシよりもの数が少なかったが、DP163話でサトシよりも先にバッジ8個をゲットした。 シンオウリーグでは三回戦でシンジとのバトルを迎えるも、前述の押し切り型のバトルスタイルが祟り、結局シンジのポケモンを一匹も倒せず敗退する。 しかしバトル後にシンジに対し「自分の力を全部出せたから悔いは無い」「いつか世界最強の座をかけてバトルしよう」と言っている。 それに対しシンジも「いいバトルだった」とジュンの実力を認めるような返答をしている。 その後はサトシの試合をヒカリ・とともに観戦していた。 リーグ終了後はいつかサトシに勝利することを宣言し、サトシたちと別れ再び旅立った。 DP特別編においては姿は見せていないものの、一旦フタバタウンに戻り、その後すぐ旅立ったことが語られている。 登場時期:DP• 特性:げきりゅう DP101話から登場。 ジュンの最初のポケモンで、エース格。 修行によりすばやさを限界まで高めている。 初登場時のサトシのとのバトルではほぼ互角の勝負を繰り広げるが、「はかいこうせん」の隙を突かれて敗れる。 シンオウリーグではシンジのと戦い、「ギガインパクト」と「かみなりパンチ」を立て続けに受けて大ダメージを負ったところで特性の「げきりゅう」を発動し、「ハイドロカノン」で反撃するも、「まもる」で防がれ、更に「かみなり」をまともに受け、そのまま敗れた。 使用技は「ハイドロカノン」、「はかいこうせん」、「メタルクロー」、「ドリルくちばし」、「はがねのつばさ」「ハイドロポンプ」。 ムクホーク [ ]• 声 -• 登場時期:DP DP101話から登場。 サトシとのバトルでは、ヒコザルの素早さに付いていけずに敗れた。 鋼鉄島ではギンガ団のと戦うが敗れた。 使用技は「たいあたり」、「つばさでうつ」、「インファイト」。 ロズレイド [ ]• 声 -• 登場時期:DP DP101話から登場。 鋭い「どくづき」を連打するボクシングスタイルで闘う。 サトシとのバトルでは相性上不利なヒコザルをパワーで押し切り、「どくづき」で倒すが、と引き分ける。 鋼鉄島ではギンガ団のゴルバットと戦うが敗れた。 使用技は「どくづき」。 ヘラクロス [ ]• 声 - 三木眞一郎• 登場時期:DP DP110話から登場し、140話のジュンの回想ではフタバタウンの近くの木にあまいみつを塗り、誘われてミツに吸いに来たところをゲットしたと語っている。 ジュンをつかんで空を飛ぶことがある。 鋼鉄島ではギンガ団ののゴルバットと戦うが、ゴルバットの攻撃からジュンを庇って敗れた。 使用技は「メガホーン」、「みだれづき」、「すてみタックル」。 エアームド [ ]• 声 - 小西克幸• 登場時期:DP DP184話から登場。 シンジとのバトルでは一番手で登場し、まきびしを仕掛けるが、の「かえんほうしゃ」の一撃で敗れた。 使用技は「まきびし」。 サワムラー [ ]• 声 -• 登場時期:DP DP184話から登場。 エンペルトと同じく、修行によりすばやさを限界まで高めている。 シンジのとのバトルでは相性の良さから有利に戦いを進め、「ブレイズキック」でやけど状態にするも、リングマの特性の「こんじょう」が発動し、「ブレイズキック」と「アームハンマー」の同時打ちの末敗れた。 使用技は「インファイト」、「ブレイズキック」、「メガトンキック」、「とびひざげり」。 脚注 [ ] []• 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• 一例は、が現れた時、口上を最後まで聞かなかったことがあった。 また、間違えてロケット団のことを「ミサイル団」と呼んだこともある。 実際、当初はサトシとは口喧嘩をしていた。 ゲーム『ポケットモンスター プラチナ』でライバルの名前を決める際にあらかじめ用意されている名前の1つ。 関連項目 [ ].

次の

ポケモンアニメ新シリーズ20話 アニメ無料動画を全話フル視聴する方法とネタバレ・感想!サトシとゴウの夢、バトルとゲット!

ポケモン アニメ

「」も参照 原作の設定を踏襲しつつ、キャラクター間の関係や悪役の配役などには独自の設定が多数作られており、テンポのよい冒険活劇として表現されている。 独特の言い回しやパロディを使用するなど、を担当したによるただゲームをアニメにしただけにはとどまらない世界観を築き上げた。 主人公と共に、のとが旅をする仲間とした位置付けであったり、常連の敵役としてのと、そして人間の言葉を話せるといったキャラクターが創作された。 また、首藤はロケット団の登場時の口上「なんだかんだと聞かれたら - 」というセリフも生み出している。 なお、当シリーズの正式タイトルは『ポケットモンスター』だが、後発の『』(AG)、『』(DP)、『』(BW)、『』、『』(SM)と対比するために、このシリーズ全体を「無印」や「無印編」と呼ぶことがある。 「オレンジ諸島編」では、タケシはウチキド研究所に残り(後にタケシは、サトシ達よりも先に、マサラタウンのサトシの家に戻ることになる)、ポケモンウォッチャーのが同行している。 サブタイトル表示では、第1話のみ「ポケモン! きみにきめた! 」は緑だったが、第2話「たいけつ! ポケモンセンター! 」からは青に変更された。 なお、第16話「ポケモンひょうりゅうき」の冒頭辺りで、船が沈没したことによって少し暗い曲となった場面もある。 ジョウト編の後期からは緑をベースにモンスターボールとジョウト地方のジムバッジの背景に変更された。 開始当初から3月までは、CM前後のアイキャッチにその回にちなんだのが出題されていた。 CMの前には「だーれだ? 」という掛け声と共に問題が出題され、CM終了後に答えを発表する形式であった。 また、次回予告の最初にも次の回にちなんだポケモンのシルエットが表示されていた。 シルエットは次回予告を見た時点ですぐに推測できるものがほとんどだったが、数回「引っかけ問題」が出題されたことがある(出題された時期は集中していた)。 放送の第194(金銀編第76)話からは、従来のシルエットのみに加えて図鑑ナンバーを使ったクイズに変更された。 それまで暗いイメージだった背景は多色化によりモンスターボールを基調とした明るいポップ調のものに一新され、出題時の掛け声もそれまでの「だーれだ?」から、の「Who 's that POKEMON? 」に変更され、当シリーズの最終回まで続いた。 その後、「ジョウト編」の途中以降行なわれていなかったCM前後のアイキャッチで行われるシルエットクイズは『』の第61話から復活した。 ミニコーナー「オーキド博士のポケモン講座」は第61話(9月3日)からスタートした。 「さぁって、今回のポケモンは…、ピッピカチュウ!! 」とスロットで回す場面が見られる。 なお、「カントー編」の終盤でポケモンリーグのエピソードを放送している間はその解説を、の封切りが近付くとその情報を伝える「特別編」として放送することもあった。 放送開始当初は1年間の放送予定だったとされる (シリーズ構成を担当した首藤剛志は、後に「最低でも1年半は続けるのが目標だった」と語っている )。 しかし、初回は10. 2%(関東地区)、平均視聴率は10. 0%、最高視聴率は関東地区が1997年放送の18. なお、1997年に19時台に跨って放送されたスペシャル回では最高視聴率17. 4%(関東地区)、に木曜日の放送枠では最高視聴率17. 0%(関東地区)を記録し、同日に放送された19時台の番組で視聴率トップとなった。 に放送された第38話「でんのうせんしポリゴン」にて一部視聴者が体調不良を訴える事件が発生()、これに伴い一時放送が休止となり、4ヶ月後のに放送枠を移動して再開した。 放送再開後はOPの一部シーンやタイトルロゴのアニメーションが変更されている。 本シリーズのみ第1話 - 第14話が・において『』のタイトルでされている。 著者は首藤剛志で、アニメ版では隠されているシビアな現実が書かれており、主人公達の住む世界の実情やシステムが明かされた。 放送初期、ピカチュウ役のがピカチュウ語の練習をしている隣でが他事をしているとき、松本はふと呼ばれたような気がして「何?」と振り返ると、大谷は「わかったの?」とびっくりしていた。 大谷はピカチュウ語としてサトシと呼んでいたところだった。 他のキャストもポケモン語での感情表現は、四苦八苦していたようだ。 金銀編後半では『』発売に先駆け、その舞台となる出身のトレーナーや新ポケモンがゲスト出演している。 本作の最終回のラストでサトシとピカチュウがホウエン地方に到着し、最終回の出来事がAG1話での出来事に繋がる。 そのため事実上金銀編最終回はAG1話へのとも言える。 シリーズ全放送後は、引き続き全てのネット局で『』を放送している。 後に『』で放送されたサイドストーリーでは、タケシとカスミがサトシと別れた後の話が放送されている。 でも放送中であるが、前述の第38話は省かれている。 当初はセル画で制作されていたが、放送の第263話「ナナコとエレキッド」より(OPとEDや一部コーナーはそれ以前から)デジタル制作に移行した。 あらすじ [ ] カントー編 10歳になったサトシはピカチュウをパートナーに旅立つ。 カスミ、タケシが仲間になり、ポケモンリーグセキエイ大会出場に必要な8つのバッジを集める為カントー地方のポケモンジムを回る。 オレンジ諸島編 ポケモンリーグセキエイ大会終了後、サトシはオーキド博士からGSボールをウチキド博士からもらってきてほしいというお使いを頼まれる。 ウチキド研究所に向かい、タケシと別れ帰ろうとするもののプリンのせいで別の島に不時着してしまう。 そこでサトシとカスミはケンジとラプラスと出会い、オレンジ諸島を旅する。 ジョウト編 オレンジ諸島の旅を終え、サトシはシゲルがジョウト地方に旅立ったことに触発されジョウトリーグ出場を目指すため、ケンジと別れカスミ、タケシと共にジョウト地方にやってきた。 登場人物 [ ] スタッフ [ ]• 原案 -• スーパーバイザー -• アソシエイトプロデューサー -• アニメーション監修 -• 企画 - (第1話 - 第15話、第92話 - 第276話)、川口孝司、• 総監督 -• 監督 -• シリーズコンストラクション - (第1話 - 第158話)• 設定協力(コーディネイト) - 、(第119話 -)、野本岳志(第119話 -)• キャラクター原案(コーディネイト) - 、、、、吉田宏信(第119話 -)、(第119話 -)、太田敏(第119話 -)、吉川玲奈(第119話 -)• 総作画監督 - (第92話 - 第276話)• 総作画監督補 - 小菅和久(第210話・第212話 - 第240話)• 美術監督 - 金村勝義• 色彩設計 - 吉野記通、大関たつ枝(第93話 - 第112話)• 編集 - 辺見俊夫、伊藤裕(第1話 - 第82話)• 音響監督 -• 音楽 -• 一部原曲 - 、一之瀬剛(第119話 -)、青木森一(第119話 -)• 音楽協力 -• ナレーター -• 協力 -• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 -• 製作 - 、、 主題歌 [ ] オープニングテーマ [ ] 話数 曲名 作詞 作曲 編曲 歌手 レーベル 発売日 概要 オリコン最高位 1-82 (コーラス) 第2話までのオープニングアニメーションでは、 FOODIN と書かれているのに対し進化前のが描かれており、第3話で修正された。 の影響で、放送再開後は冒頭のタイトルロゴの輝き方などのアニメーションが一部変更されており、DVD・ビデオ版・キッズステーション版でもこちらが使用されている。 CD音源とは、一部アレンジが異なる。 7位 83-118 たなかひろかず 13位 119-193 このOPから映像がデジタル化となる。 テレビアニメの主題歌としては初めてのピカチュウレコードからのリリースではない。 曲の中盤に初めて本作の概説文が入った。 以後からまでのオープニングにも継承された。 20位 241-276 たなかひろかず 田村直美 ピカチュウレコード 本作の概説文が冒頭に移動した。 95位 エンディングテーマ [ ] 話数 曲名 作詞 作曲 編曲 歌手 レーベル 発売日 概要 オリコン最高位 1-28 戸田昭吾 たなかひろかず 渡部チェル アーティストは放送時は「石塚運昇」名義であったが、CD化の際に「(石塚運昇)とポケモンキッズ」と改められた。 7位 29-37 65-70 たなかひろかず 1997年 このEDから映像がデジタル化となる。 エンディング映像は、月がモーフィングでさまざまなポケモンに変化するという特徴的なアニメーションとなっている。 アーティストは放送時は「犬山犬子」名義であったが、CD化の際に「ニャース(犬山犬子)」と改められた。 番外編3では、映像や歌詞の一部がクリスマス仕様に変更された。 12位 54-64 106 渡部チェル 71-105 たなかひろかず 松本梨香 ピカチュウレコード 13位 107-118 川村久仁美 ()・() 1999年 52位 119-143 戸田昭吾 (犬山犬子) 1999年 『』におけるニャースのフィギュアの形、及び説明文はこの曲が元ネタである。 このニャースのフィギュアが持っているギターは、アニメのエンディング映像で使っていたものと同じものである。 41位 144-153 165-174 愛河里花子 25位 154-158 159-164 () 1話、数話限りのエンディングを除くと期間が一番短い。 175-193 川村久仁美 64位 194-240 戸田昭吾 (、、ニャース) ピカチュウレコード 2001年 当時のエンディングのクレジットでは「前向きロケット団」と表記されていた(語尾に「! 」がない)。 表記はないが、(上田祐司)も歌に参加している。 62位 241-276 95位 各話リスト [ ] カントー編およびオレンジ諸島編およびジョウト編の放送日は全てテレビ東京系列のもの。 話数はポケットモンスターオフィシャルサイトのもの。 総話数は番外編を含むが欠番は除く。 また、オレンジ諸島編及び金銀編はポケットモンスターオフィシャルサイトでは1話からカウントしたためそれに従う。 カントー編(初代) [ ] 放送日 話数 総話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 4月1日 1 1 ポケモンきみにきめた! 鈴木敏明 4月8日 2 2 たいけつポケモンセンター 鈴木敏明 井上修 4月15日 3 3 ポケモン!ゲットだぜ! 玉川明洋 4月22日 4 4 サムライ少年のちょうせん 鈴木敏明 大原実 4月29日 5 5 ニビジムのたたかい! 井硲清高 5月6日 6 6 ピッピとつきのいし 冨岡淳広 鈴木敏明 浅田裕二 5月13日 7 7 ハナダシティのすいちゅうか 井上修 藤田宗克 5月20日 8 8 ポケモンリーグへのみち 冨岡淳広 鈴木敏明 志村隆行 5月27日 9 9 ポケモンひっしょうマニュアル 首藤剛志 浅田裕二 玉川明洋 6月3日 10 10 かくれざとのフシギダネ 大橋志吉 広島秀樹 平岡正幸 6月10日 11 11 はぐれポケモン・ヒトカゲ 武上純希 井硲清高 志村泉 6月17日 12 12 ゼニガメぐんだん とうじょう 園田英樹 鈴木敏明 酒井啓史 6月24日 13 13 マサキのとうだい 首藤剛志 広島秀樹 平岡正幸 7月1日 14 14 でんきたいけつ!クチバジム! 冨岡淳広 志村隆行 7月8日 15 15 サントアンヌごうのたたかい! 大橋志吉 浅田裕二 玉川明洋 7月15日 16 16 ポケモンひょうりゅうき 武上純希 井上修 江藤真澄 7月22日 17 17 きょだいポケモンのしま 首藤剛志 日高政光 岡崎幸男 志村泉 7月29日 18 18 アオプルコのきゅうじつ 園田英樹 鈴木敏明 酒井啓史 8月5日 19 19 メノクラゲドククラゲ 冨岡淳広 横田和 大町繁 8月12日 20 20 ゆうれいポケモンとなつまつり! 首藤剛志 井硲清高 志村隆行 8月19日 21 21 バイバイバタフリー 大橋志吉 浅田裕二 玉川明洋 8月26日 22 22 ケーシィ ちょうのうりょくたいけつ 武上純希 井上修 酒井啓史 9月2日 23 23 ポケモンタワーでゲットだぜ 園田英樹 岡崎幸男 鈴木敏明 志村泉 9月9日 24 24 ゴーストVSエスパー 武上純希 鈴木敏明 織田美浩 9月16日 25 25 おこらないでねオコリザル 冨岡淳広 横田和 大町繁 武田優作 9月23日 26 26 エリカとクサイハナ 園田英樹 井硲清高 志村隆行 9月30日 27 27 スリーパーとポケモンがえり!? 大橋志吉 石山タカ明 井上修 梶浦紳一郎 10月7日 28 28 ロコン!ブリーダーたいけつ! 冨岡淳広 浅田裕二 玉川明洋 10月14日 29 29 かくとうポケモン!だいバトル! 園田英樹 鈴木敏明 酒井啓史 10月21日 30 30 コイルはデンキネズミのゆめをみるか? 武上純希 小川浩司 山本郷 10月28日 31 31 ディグダがいっぱい 首藤剛志 横田和 大町繁 武田優作 11月4日 32 32 セキチクにんじゃたいけつ 大橋志吉 井硲清高 志村隆行 11月11日 33 33 ほのおのポケモンだいレース! 冨岡淳広 浅田裕二 玉川明洋 11月18日 34 34 ガルーラのこもりうた! 武上純希 井上修 平岡正幸 11月25日 35 35 ミニリュウのでんせつ 園田英樹 鈴木敏明 志村泉 12月2日 36 36 あらしのサイクリングロード 大橋志吉 横田和 大町繁 武田優作 12月9日 37 37 メタモンとものまねむすめ 冨岡淳広 藤本義孝 井硲清高 酒井啓史 12月16日 38 38 でんのうせんしポリゴン 武上純希 井硲清高 志村隆行 4月16日 38 39 ピカチュウのもり 日高政光 井硲清高 酒井啓史 39 40 イーブイ4きょうだい 冨岡淳広 井上修 梶浦紳一郎 4月23日 40 41 おきろ! カビゴン! 大橋志吉 鈴木敏明 小川浩司 志村泉 4月30日 41 42 たいけつ!ポケモンジム! 武上純希 横田和 大町繁 武田優作 5月7日 42 43 ナッシーぐんだん だいこうしん 園田英樹 井硲清高 山本郷 5月14日 43 44 パラスとパラセクト 冨岡淳広 藤本義孝 鈴木敏明 酒井啓史 5月21日 44 45 うたって!プリン! 大橋志吉 浅田裕二 玉川明洋 5月28日 45 46 ふっかつ!? かせきポケモン! 武上純希 井上修 梶浦紳一郎 6月4日 46 47 ラッキーのカルテ 園田英樹 鈴木敏明 井坂純子 6月11日 47 48 ガーディとコジロウ 武上純希 日高政光 小川浩司 志村泉 6月18日 48 49 カモネギのカモ!? 冨岡淳広 井上修 梶浦紳一郎 6月25日 49 50 トゲピーはだれのもの? 園田英樹 井硲清高 酒井啓史 7月2日 50 51 フシギダネのふしぎのはなぞの 大橋志吉 浅田裕二 玉川明洋 7月9日 番外編1 52 げきとう!ポケモンひなまつり 武上純希 横田和 大町繁 武田優作 番外編2 53 こどものひだよぜんいんしゅうごう 大橋志吉 鈴木敏明 小川浩司 山本郷 7月16日 51 54 けいさつけんガーディ 武上純希 鈴木敏明 井坂純子 7月23日 52 55 シャッターチャンスはピカチュウ 園田英樹 横田和 大町繁 武田優作 7月30日 53 56 ポケモンけんていしけん!? 冨岡淳広 井上修 平岡正幸 8月6日 54 57 そだてやのひみつ! 大橋志吉 井硲清高 志村泉 8月13日 55 58 もえろ!グレンジム! 武上純希 横田和 大町繁 武田優作 8月20日 56 59 けっせん!グレンジム! 浅田裕二 8月27日 57 60 カメックスのしま 冨岡淳広 石山タカ明 井上修 梶浦紳一郎 9月3日 58 61 ハナダジム!すいちゅうのたたかい! 大橋志吉 井硲清高 岡崎幸男 林広道 9月10日 59 62 ピッピVSプリン 藤田伸三 鈴木敏明 志村泉 9月17日 60 63 トキワジム!さいごのバッジ! 園田英樹 横田和 大町繁 たけだゆうさく 9月24日 61 64 ポケモンサーカスのバリヤード 井上修 梶浦紳一郎 10月5日 番外編3 65 ルージュラのクリスマス 浅田裕二 酒井啓史 番外編4 66 イワークでビバーク 浅田裕二 井上修 梶浦紳一郎 10月8日 62 67 ライバルたいけつ!オーキドけんきゅうじょ 冨岡淳広 日高政光 鈴木敏明 志村泉 10月15日 63 68 ヤドンがヤドランになるとき 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 10月22日 64 69 なみのりピカチュウのでんせつ 藤田伸三 横田和 大町繁 たけだゆうさく 10月29日 65 70 しょくぶつえんのクサイハナ 武上純希 井硲清高 酒井啓史 11月5日 66 71 ポケモン・ザ・ムービー! 米村正二 鈴木敏明 井硲清高 志村泉 11月12日 67 72 ニャースのあいうえお 首藤剛志 湯山邦彦 鈴木敏明 酒井啓史 11月19日 68 73 してんのうシバとうじょう! 武上純希 井上修 梶浦紳一郎 11月26日 69 74 げきとつ!ちょうこだいポケモン 冨岡淳広 福本勝 12月3日 70 75 ガラガラのホネこんぼう 大橋志吉 浅田裕二 玉川明洋 12月10日 71 76 ファイヤー!ポケモンリーグかいかいしき! 園田英樹 井硲清高 依田正彦 12月17日 72 77 ポケモンリーグかいまく!みずのフィールド! 冨岡淳広 横田和 大町繁 たけだゆうさく 12月24日 73 78 こおりのフィールド!ほのおのたたかい! 武上純希 鈴木敏明 井硲清高 玉川明洋 1月1日 74 79 くさのフィールド!いがいなきょうてき! 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 1月7日 75 80 ライバルとうじょう! 米村正二 井上修 梶浦紳一郎 1月14日 76 81 セキエイスタジアム!VSヒロシ! ! 園田英樹 福本潔 福本勝 1月21日 77 82 ポケモンリーグ!さいごのたたかい! 藤田伸三 浅田裕二 大町繁 たけだゆうさく オレンジ諸島編 [ ] 放送日 話数 総話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 1999年 1月28日 1 83 マサラタウン!あらたなるたびだち 園田英樹 浅田裕二 岩根雅明 2月4日 2 84 ひこうせんはふこうせん!? 武上純希 鈴木敏明 志村泉 2月11日 3 85 なんごくポケモンとGSボール 冨岡淳広 小林清志 藤田正幸 2月18日 4 86 ラプラスをたすけろ! 藤田伸三 井硲清高 酒井啓史 2月25日 5 87 オレンジリーグ!ナツカンジム! 大橋志吉 井上修 梶浦紳一郎 3月4日 6 88 きえたポケモンたちのナゾ! 冨岡淳広 浅田裕二 玉川明洋 3月11日 7 89 クリスタルのイワーク 大橋志吉 鈴木敏明 志村泉 3月18日 8 90 ピンクのポケモンじま 武上純希 横田和 大町繁 たけだゆうさく 3月25日 9 91 カブトのかせきのひみつ! 藤田伸三 井硲清高 4月1日 10 92 おどる!ポケモンショーボート! 園田英樹 葛谷直行 井上修 梶浦紳一郎 4月8日 11 93 さよならコダック!またきてゴルダック? 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 4月15日 12 94 セイリングジョーイ!あらなみをこえて! 武上純希 鈴木敏明 志村泉 4月22日 13 95 ネーブルジム!ゆきやまのたたかい 藤田伸三 横田和 大町繁 たけだゆうさく 4月29日 14 96 おおぐいカビゴン!だいパニック! 大橋志吉 藤本義孝 江上潔 藤田正幸 5月6日 15 97 ゆうれいせんとゆうれいポケモン 井硲清高 志村泉 5月13日 16 98 おニャースさまのしま!? 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 5月20日 17 99 ストライク!せんしのほこり 冨岡淳広 井上修 梶浦紳一郎 5月27日 18 100 みなみのしまだよ!ぜんいんしゅうごう!! 藤田伸三 鈴木敏明 志村泉 6月3日 19 101 してんのうカンナ!こおりのたたかい!! 冨岡淳広 藤本義孝 山本郷 6月10日 20 102 ニドランのこいものがたり 大橋志吉 横田和 大町繁 たけだゆうさく 6月17日 21 103 だいへいげんのコイルたち! 藤田伸三 井硲清高 6月24日 22 104 ちかどうのかいぶつ!? 武上純希 鈴木敏明 志村泉 7月1日 23 105 ユズジム!タイプバトル!3VS3 園田英樹 藤本義孝 栗本宏志 梶浦紳一郎 7月15日 24 106 ピカチュウVSニャース!? 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 7月22日 25 107 リザードン!きみにきめた!! 冨岡淳広 横田和 大町繁 たけだゆうさく 7月29日 26 108 ひけしたいけつ!ゼニガメVSカメール 藤田伸三 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 8月5日 27 109 もえよ!カビゴン!! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 8月12日 28 110 タッグバトル!さいごのジム!! 園田英樹 鈴木敏明 松本正幸 山本郷 8月19日 29 111 コイキング!しんかのひみつ!! 藤田伸三 井硲清高 大町繁 小林勝利 8月26日 30 112 ニョロモとカスミ 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 9月2日 31 113 ウィナーズカップ!フルバトル6VS6 冨岡淳広 藤本義孝 井上修 梶浦紳一郎 9月9日 32 114 ファイナルバトル!カイリューとうじょう! 鈴木敏明 大町繁 たけだゆうさく 9月16日 33 115 さよならラプラス! 園田英樹 浅田裕二 志村泉 9月23日 34 116 マルマインだいばくは!? 武上純希 藤本義孝 山本郷 9月30日 35 117 かえってきたマサラタウン! 大橋志吉 横田和 大町繁 たけだゆうさく 10月7日 36 118 ライバルたいけつ!サトシVSシゲル!! 冨岡淳広 福本潔 はしもとかつみ ジョウト編(金銀編) [ ] 放送日 話数 総話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 1999年 10月14日 1 119 ワカバタウン!はじまりをつげるかぜがふくまち!! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 10月21日 2 120 ルーキーのチコリータ! 園田英樹 椎名ひさし 福本潔 はしもとかつみ 10月28日 3 121 げきとつ!ヘラクロスVSカイロス! 武上純希 井上修 梶浦紳一郎 11月4日 4 122 ドンファンのたに! 大橋志吉 鈴木敏明 志村泉 11月11日 5 123 ホーホーとあやしいもり! 藤田伸三 横田和 大町繁 たけだゆうさく 11月18日 6 124 キレイハナのバトルダンシング! 米村正二 浅田裕二 玉川明洋 11月25日 7 125 イトマル!だいそうさせん!! 冨岡淳広 藤本義孝 山本郷 12月2日 8 126 ブルーのかれいなせいかつ!? 大橋志吉 いわもとやすお 竹島照子 12月9日 9 127 オドシシ!まぼろしのもり!? 武上純希 椎名ひさし 福本潔 はしもとかつみ 12月16日 10 128 いじっぱりのチコリータ! 園田英樹 鈴木敏明 志村泉 12月23日 11 129 ヌオーとGSボール!? 冨岡淳広 横田和 大町繁 たけだゆうさく 2月10日 18 136 リザードンのたに!またあうひまで!! 首藤剛志 浅田裕二 玉川明洋 2月17日 19 137 だいパニック!キマワリコンテスト!! 大橋志吉 鈴木敏明 井上修 梶浦紳一郎 2月24日 20 138 チコリータはごきげんななめ!? 武上純希 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 3月2日 21 139 ハネッコはねた!だいそうげんのたたかい!! 大橋志吉 椎名ひさし 岩崎太郎 はしもとかつみ 3月9日 22 140 なぞのスーパーヒーロー!グライガーマンとうじょう!! 園田英樹 浅田裕二 岩根雅明 3月16日 23 141 メリープとまきばのしょうじょ! 藤田伸三 横田和 大町繁 たけだゆうさく 3月23日 24 142 バトルしようぜ!ハッサムVSヘラクロス!! 冨岡淳広 岩崎太郎 はしもとかつみ 3月30日 25 143 ヒノアラシ!ゲットだぜ!! 米村正二 浅田裕二 4月6日 26 144 ヒワダタウン!ヤドンのいど!! 武上純希 福本潔 岩崎太郎 はしもとかつみ 4月13日 27 145 クヌギダマとボングリのみ!うらやまのたたかい!! 米村正二 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 4月20日 28 146 ヒワダジム!もりのバトルフィールド!! 横田和 大町繁 たけだゆうさく 4月27日 29 147 ウバメのもり!カモネギをさがせ!! 冨岡淳広 岩崎太郎 平塚知哉 5月4日 30 148 ソーナンスとポケモンこうかんかい!! 大橋志吉 井硲清高 浅田裕二 岩根雅明 5月11日 31 149 もえろゼニガメだん!ほのおのように!! 藤田伸三 井上修 5月18日 32 150 ウパーがいっぱい! 武上純希 横田和 大町繁 たけだゆうさく 5月25日 33 151 プリンVSブルー! 大橋志吉 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 6月1日 34 152 ダークポケモン・デルビル! 米村正二 椎名ひさし 岩崎太郎 はしもとかつみ 6月8日 35 153 ワニノコはだれのもの!? サトシVSカスミ! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 6月15日 36 154 エアームドVSヒノアラシ!はがねのつばさ!! 米村正二 井上修 佐藤まさふみ 6月22日 37 155 おどれワニノコ!あいのステップを!! 藤田伸三 椎名ひさし 岩崎太郎 はしもとかつみ 6月29日 38 156 いろちがいのヨルノズク!ゲットだぜ!! 武上純希 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 7月6日 39 157 リングマでドッキリ! 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 7月13日 40 158 キリンリキ!エスパーポケモンのむら!! 冨岡淳広 横田和 大町繁 たけだゆうさく 7月27日 41 159 ポケモンうらない!? 武上純希 葛谷直行 井上修 佐藤まさふみ 8月10日 43 161 ミルタンク!リベンジバトル!! 藤田伸三 岩崎太郎 はしもとかつみ 8月17日 44 162 ラジオとうのたたかい!じくうをこえて!! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 8月24日 45 163 むしとりたいかい!しぜんこうえんでゲットだぜ!! 園田英樹 横田和 大町繁 たけだゆうさく 8月31日 46 164 ウソッキーはどこにいる!? 大橋志吉 福本潔 秦義人 福本勝 9月7日 47 165 こだいポケモンパーク!アルフのいせき!! 冨岡淳広 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 9月14日 48 166 ポッポやのでんしょポッポ! 武上純希 井上修 佐藤まさふみ 9月21日 49 167 ズバットのやかた!きけんなめいろ!! 藤田伸三 横田和 大町繁 たけだゆうさく 9月28日 50 168 カポエラーVSフシギダネ!かくとうたいけつ!! 米村正二 椎名ひさし 岩崎太郎 はしもとかつみ 10月5日 51 169 ジャングルのさんびき!おんせんバトル!! 園田英樹 浅田裕二 岩根雅明 10月12日 52 170 アズマオウ!フィッシングバトル!! 大橋志吉 10月19日 53 171 さよならロコン!ポケモンビューティーコンテスト!! 冨岡淳広 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 10月26日 54 172 ツボツボVSマダツボミ 武上純希 岩崎太郎 福本勝 11月2日 55 173 ブラッキー!やみよのたたかい!! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 11月9日 56 174 レディアン!かぜのたにをこえて!! 藤田伸三 横田和 大町繁 たけだゆうさく 11月16日 57 175 ソーナンスのむら!? 大橋志吉 井上修 佐藤まさふみ 11月23日 58 176 めざせメタモンマスター!イミテふたたび!! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 11月30日 59 177 ニャースとブルーとグランブル!? 武上純希 井上修 佐藤まさふみ 12月7日 60 178 アリアドス!ポケモンにんぽうバトル!! 藤田伸三 岩崎太郎 はしもとかつみ 12月14日 61 179 はばたけヤンヤンマ!あしたのそらへ!! 大橋志吉 横田和 大町繁 たけだゆうさく 12月21日 62 180 ポポッコ!くさポケモンバトル!! 藤田伸三 井上修 鈴木敏明 志村泉 放送日 話数 総話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 1月4日 63 181 ピカチュウとピチュー! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 1月11日 64 182 ヘルガーとトゲピー! 米村正二 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 1月18日 65 183 やけたとう!マツバとうじょう!! 冨岡淳広 福本潔 岩崎太郎 はしもとかつみ 1月25日 66 184 エンジュジム!ゴーストバトル!! 横田和 大町繁 たけだゆうさく 2月1日 67 185 イーブイ5しまい!おちゃかいでバトル!! 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 2月8日 68 186 ヤミカラス!うばわれたバッジ!! 藤田伸三 門智昭 松本マサユキ 門智昭 2月15日 69 187 テッポウオのそら! 首藤剛志 岩崎太郎 はしもとかつみ 2月22日 70 188 ヒメグマのひみつ! 米村正二 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 3月1日 71 189 こおったヒマナッツのなぞ! 武上純希 井上修 大町繁 たけだゆうさく 3月8日 72 190 ここほれウリムー!おんせんをさがせ!! 大橋志吉 横田和 松本マサユキ 桜井木ノ実 3月15日 73 191 フリーザーVSプリン!ふぶきのなかで! 冨岡淳広 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 3月22日 74 192 ウインディとほのおのいし! 藤田伸三 福本潔 はしもとかつみ 3月29日 75 193 ノコッチはのこっちない!? 大橋志吉 横田和 大町繁 たけだゆうさく 4月5日 76 194 ソーナンス!そうなんす? 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 4月12日 77 195 タケシたおれる!あぶないキャンプ!! 藤田伸三 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 4月19日 78 196 オーダイルVSカメックス!すもうバトル!! 冨岡淳広 藤本義孝 桜井木ノ実 4月26日 79 197 ポケモンとはなせます!? ポケモンのことばポケモンのきもち! 首藤剛志 福本潔 5月3日 80 198 ゴルバットVSかめんのじょおうムサシ!いせきのたたかい!! 武上純希 横田和 大町繁 たけだゆうさく 5月10日 81 199 ドーブルのきせき!! あさひのなかでかがやいて! 首藤剛志 平田智浩 藤本義孝 桜井木ノ実 5月17日 82 200 ニドリーノ ニドリーナ!タケシのバラいろのひび!? 大橋志吉 浅田裕二 鈴木敏明 酒井啓史 5月24日 83 201 さよならチコリータ!? でんきのラビリンス! 米村正二 藤本義孝 志村泉 5月31日 84 202 ベイリーフはどこへいった!? ハーブばたけでつかまえて! 藤田伸三 福本潔 はしもとかつみ 6月7日 85 203 ネイティうらない!みらいよちのしんぴ!! 大橋志吉 横田和 大町繁 たけだゆうさく 6月14日 86 204 ポケモンききゅうだいレース!! あらしをこえて! 米村正二 浅田裕二 福本潔 はしもとかつみ 6月21日 87 205 ムチュールにもうむちゅう!! スーパースターはポケモンがおすき? 園田英樹 浅田裕二 岩根雅明 6月28日 88 206 なみのりサイドンをおえ!? みずうみのたたかい! 首藤剛志 藤本義孝 原口浩 谷口淳一郎 7月5日 89 207 カクレオンはどこにいる!? みえないポケモンにだいこんらん! 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 7月12日 90 208 みずポケモンぎらいのジョーイさん!? カスミのいかり! 首藤剛志 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 7月19日 91 209 せいぼミルタンク!さばくのひみつ! 冨岡淳広 福本潔 秦義人 谷口淳一郎 7月26日 92 210 かがやきのとうだい!アサギシティのたたかい! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 8月2日 93 211 タンバジム!まっこうしょうぶかくとうたいけつ!! 藤田伸三 菊池一仁 大町繁 たけだゆうさく 8月9日 94 212 うずまきれっとう!あらたなるちょうせん!! 冨岡淳広 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 8月16日 95 213 ポッポとデカポッポ!まだみぬそらへ!! 首藤剛志 原口浩 はしもとかつみ 8月23日 96 214 たびだてうみへ!チョンチーぎょうれつ!! 園田英樹 浅田裕二 岩根雅明 8月30日 97 215 サニーゴでアミーゴ!おうがんとうのたいけつ!! 大橋志吉 福本潔 福本勝 谷口淳一郎 9月6日 98 216 マンタインとちんぼつせん!! なぞのポケモンのひみつ! 米村正二 横田和 大町繁 たけだゆうさく 9月13日 99 217 オクタンとテッポウオ!うずまきカップよせん!! 冨岡淳広 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 9月20日 100 218 うずまきカップ!みずのコロシアムでだいバトル!! 原口浩 はしもとかつみ 9月27日 101 219 サトシVSカスミ!うずまきカップさいごのたたかい!! 浅田裕二 岩根雅明 10月4日 102 220 ディグダのむらをまもれ!おとしあなだいさくせん!? 首藤剛志 横田和 大町繁 たけだゆうさく 10月11日 103 221 ぎんいろのはねのでんせつ!ぎんがんとうのたたかい!! 藤田伸三 秦義人 福本勝 10月18日 104 222 なぞのポケモンX!! 大橋志吉 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 10月25日 105 223 とらわれのルギア! 酒井啓史 11月1日 106 224 ルギアとのやくそく! 浅田裕二 岩根雅明 11月8日 107 225 とべホーホーごう!アサギをめざし!! 武上純希 よこた和 大町繁 たけだゆうさく 11月15日 108 226 アサギジム!VSハガネール!! 米村正二 原口浩 はしもとかつみ 11月22日 109 227 さよならフシギダネ!オーキドていのぼうけん!! 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 11月29日 110 228 エーフィとサクラ!エンジュシティふたたび!! 大橋志吉 井硲清高 浅田裕二 岩根雅明 12月6日 111 229 スイクンとミナキ!ホウオウのでんせつ!! 冨岡淳広 福本潔 徳田夢之介 12月13日 112 230 ポケモンライドでつっぱしれ!! 藤田伸三 よこた和 大町繁 酒井啓史 12月20日 113 231 めいたんていジュンサー!きえたタマゴのなぞ!! 米村正二 秦義人 向田隆 12月27日 114 232 タマゴ、かえる 武上純希 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 1月10日 115 233 ロケットだんとデリバード! 首藤剛志 浅田裕二 岩根雅明 1月17日 116 234 きりのなかのキュウコン! 米村正二 横田和 大町繁 徳田夢之介 1月24日 117 235 バルキーとカラテおうノブヒコ! 藤田伸三 石倉健一 斎藤和也 1月31日 118 236 ネイティオのだいよげん! 首藤剛志 原口浩 はしもとかつみ 2月7日 119 237 ワタルとあかいギャラドス! 藤田伸三 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 2月14日 120 238 あかいギャラドスのいかり! 浅田裕二 岩根雅明 2月21日 121 239 イノムーとふゆのヤナギ! 武上純希 藤本義孝 大町繁 酒井啓史 2月28日 122 240 チョウジジム!こおりのバトル!! 冨岡淳広 よこた和 誌村宏明 徳田夢之介 3月7日 123 241 キレイハナVSラフレシア!そうげんのへいわ! 大橋志吉 秦義人 向田隆 3月14日 124 242 マグカルゴ!あついこころでゲットだぜ!! 米村正二 浅田裕二 鈴木敏明 志村泉 3月21日 125 243 ポケモンまほうでだいへんしん!? 藤田伸三 藤本義孝 大町繁 小管和久 3月28日 126 244 サンダーとクリスタル!みずうみのひみつ! 米村正二 鈴木敏明 酒井啓史 4月11日 127 245 ふたごのププリンVSプリン!うたうポケモンコンサート! 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 4月18日 128 246 ヤドンのさとり!サトシのさとり! 首藤剛志 よこた和 大町繁 徳田夢之介 4月25日 129 247 にせオーキドはかせ!? せんりゅうたいけつ!! 冨岡淳広 秦義人 はしもとかつみ 5月2日 130 248 ピィとピッピとながれぼし! 武上純希 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 5月9日 131 249 ニョロゾのしんか! 大橋志吉 中野頼道 大町繁 小管和久 5月16日 132 250 バトルパーク!VSカメックス・リザードン・フシギバナ! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 5月23日 133 251 ニョロトノとチアリーディング! 園田英樹 よこた和 大町繁 たけだゆうさく 5月30日 134 252 こおりのどうくつ! 大橋志吉 誌村宏明 徳田夢之介 6月6日 135 253 イブキとミニリュウ! 藤田伸三 秦義人 福本勝 6月13日 136 254 フスベジムのりゅうのきば! 冨岡淳広 藤本義孝 鈴木敏明 志村泉 6月20日 137 255 カイリュー!げきりんはつどう!! 浅田裕二 岩根雅明 6月27日 138 256 フスベジム!さいごのバッジ!! 米村正二 藤本義孝 大町繁 たけだゆうさく 7月4日 139 257 ソーナノ!? ジムバッジとソーナンス!! 武上純希 浅田裕二 酒井啓史 7月11日 140 258 リュウグウジム!みずのなかでバトルだぜ! 大橋志吉 誌村宏明 秦義人 福本勝 7月18日 141 259 ラプラスのうた! 藤田伸三 秦義人 鈴木敏明 志村泉 7月25日 142 260 タマゴをまもれ!あらしのなかでうまれたいのち! 園田英樹 藤本義孝 8月1日 143 261 エンテイとおんせんのなかまたち! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 8月8日 144 262 ヤドキング!おうじゃのしるし!! 武上純希 倉井さとし 大町繁 たけだゆうさく 8月15日 145 263 ナナコとエレキッド! 大橋志吉 誌村宏明 鈴木敏明 志村泉 8月22日 146 264 ヨーギラスがんばる! 藤田伸三 よこた和 秦義人 福本勝 8月29日 147 265 ふしぎのくにのアンノーン! 冨岡淳広 湯山邦彦 浅田裕二 岩根雅明 9月5日 148 266 バンギラスとヨーギラス! 園田英樹 誌村宏明 9月12日 149 267 ニューラとせいなるほのお! 大橋志吉 木村竜二 大町繁 たけだゆうさく 9月19日 150 268 シロガネたいかい!シゲルふたたび!! 藤田伸三 よこた和 鈴木敏明 志村泉 9月26日 151 269 よせんリーグ!マグマラシほのおのバトル!! 米村正二 秦義人 向田隆 10月3日 152 270 メガニウムVSフシギダネ!くさタイプのいじ! 浅田裕二 岩根雅明 10月10日 153 271 けっしょうトーナメント!フルバトル6VS6!! 冨岡淳広 誌村宏明 宍戸久美子 10月17日 154 272 ライバルたいけつ!カメックスVSリザードン!! 木村竜二 大町繁 たけだゆうさく 10月24日 155 273 バシャーモふたたび!ハヅキとのたたかい! 鈴木敏明 志村泉 10月31日 156 274 フルバトルのはてに!それぞれのみち!! ポケモンひなまつり 1998年 50 1998年 48 47 ガーディとコジロウ 51-52 49-50 48-49 (中略) 1998年 53 1998年 51 50 フシギダネのふしぎのはなぞの 1998年 54 1998年 54 51 けいさつけんガーディ 55-56 55-56 52-53 (中略) 1998年 57 1998年 57 54 そだてやのひみつ! 1998年 58 1998年 53 番外編2 こどものひだよぜんいんしゅうごう 1998年 59 1998年 58 55 もえろ!グレンジム! 60-64 59-63 56-60 (中略) 1998年 65 1998年 64 61 ポケモンサーカスのバリヤード 1998年 66 1998年 67 62 ライバルたいけつ!オーキドけんきゅうじょ VHS(レンタル・セル共に)には欠番の「でんのうせんしポリゴン」を除けば、放送順で収録されている。 ただし番外編3「ルージュラのクリスマス」は短編映画『』に収録されている。 以後、短編映画のVHS、DVDには本編のうち1話を収録することが恒例となった。 年末特番作品 [ ]• (2000年12月30日)• (2001年12月30日) コミックス [ ]• カントー編が20巻、オレンジ諸島編が9巻、金銀編が33巻発売されている。 基本的にテレビアニメと同じだが一部のシーンや台詞がカット、もしくは別のものに置き換えられているものがあり、話数が長いため金銀編の後半からは一部の話が2 - 3ページのダイジェスト紹介となっている。 金銀最終巻でミシロタウンには到着しているがピカチュウの熱のシーンはカットされ、AG以降のコミックスは出ていない。 劇場版 [ ] 公開順 長編 短編 公開日 1 2 3 4 5 この他、厳密には本作の劇場版としての制作ではないが、ポケモン映画20作記念として制作された『』 2017年公開 は、無印の「劇場版ポケットモンスター」を冠す15年ぶりの新作である。 TVシリーズの第1話に並ぶパラレルワールドを舞台とした作品であり、ストーリー構成や劇伴など本作へのオマージュが多分に含まれている。 本編初期でのシリーズ構成と、劇場版第3作目まで脚本を担当し、2010年に死去した首藤剛志が一部脚本としてクレジットに記載された。 脚注 [ ] []• 1話(第38話)除く。 シリーズ全体としてはこの限りではない。 2012年にから発売された関連商品ではカントー編の作品群に対して「初期シリーズ」という名称を使用している。 2013年2月8日閲覧。 『』1997年5月号p. 164に1年間(52話)放送の予定と記載。 首藤剛志「」、WEBアニメスタイルCOLUMN、2008年4月9日。 首藤剛志「」、WEBアニメスタイルCOLUMN、2008年8月6日。 『』1997年7月号p. 51「あのポケモンは誰の声? 『』の7頁「前向きロケット団! 第38話として放送されたが、この回はが発生した回であり、公式サイトの放映リストから削除されている。 アメリカなど世界各国でも放送されておらず、海外版DVDなどにも収録されていない。 この回から56話、その後の金銀編188話から190話までには『』の主人公であるが登場した。 海外版では(英訳版は存在する)。 この回のエンディングは、『ポケットにファンタジー』。 この回からデジタル制作となる。 当初、ポケモンショックが発生しなければ放送時間が移動することは無かったと思われる(移動するとと放送日が合わないため)。 関連項目 [ ]• - の主題歌や初期のエンディングテーマを何度か担当した(後者の場合は、別の名義を使用することがあった)。 外部リンク [ ]• - ポケモンについては第138回以降に記載。 前番組 番組名 次番組.

次の