一人暮らし 洗濯。 【驚】一人暮らしの洗濯はいつ?朝がお勧めの理由は?めんどくさい洗濯を簡単にする方法まとめ!

一人暮らしの洗濯のやり方。分け方や注意点をまとめてみた

一人暮らし 洗濯

一人分の洗濯なら、毎日洗うより、まとめて洗った方が経済的 一人分の衣類を洗うのに、毎日洗濯機を回すのは大変だし、効率も悪い。 でも、休日まで溜めてしまうと、一度で洗いきれないし、ニオイが気になることも……。 そんな一人暮らしの場合、生活時間帯や衛生観念によっても違いますが、週に2~3回洗濯機を回すというのが一番多い洗濯スタイルのようです。 洗濯機から考えても、一人暮らし向けの洗濯機の容量は4~5kg。 目安として下着・シャツ・バスタオルが1組ずつで約600~800g程度。 これらを毎日洗うのにプラスして出る洗濯物と合わせると、3日に一度洗うと、4kg前後の洗濯物になります。 一回に何度も洗濯機を回すのが面倒であれば、週に2~3日の洗濯を目安に。 少量で毎日洗濯をすると、今度は電気代・水道代の負担が増えるので、節約といった面からは注意が必要。 ・洗濯機の中に衣類を入れておくのはNG! 洗濯待ちの衣類を保管するのに洗濯機を使っている人がよくいますが、これはNG。 湿気が多く、密閉された洗濯機の中は雑菌の宝庫。 そんな中に汗や汚れのついた衣類を入れて、しかも何日も置いておいたとしたら、カビや雑菌が繁殖し、洗っても乾かしても嫌なニオイがとれないなんてことも。 洗濯待ちはできるだけ通気性のいいラウンドリーボックスで。 湿ったり、濡れたりしたものは、いったん乾かしてから入れるのがベターです。 洗濯機は何時頃までOK? 夜の洗濯は、音や振動に配慮して。 自分の都合やペースだけで判断しないこと 日中は家にいることがなく、夜中にしか洗濯をする時間がない。 でも、こんな時間に洗濯機を回したら、迷惑かも……。 これ、一人暮らしに本当によくある悩みであり、また人によって生活時間帯や感じ方も違うので、難しいところです。 洗濯しても問題ない時間帯の目安は、午前7時から午後9時。 ただし、近隣に子どもやお年寄りが多く住んでいるような場合は、夜の時間帯はもう少し早めに切り上げるといった配慮が必要です。 また、音が響きやすい建物や洗濯機の置き場の場所(室外の場合は、特に)、洗濯機そのものの静音性が低い場合なども意識しておくといいでしょう。 ・早い時間に洗濯できない。 どうする? 時間の目安を書きましたが、現実には「もっと遅い時間に洗濯をしている」「他の部屋でもしているし」という人もいるでしょう。 何時までなら迷惑をかけないかは建物の構造や洗濯機の機能、住人の層や考え方、管理方法によっても異なるので、それ以外の時間が絶対にいけないというわけではありませんし、反対に、その時間内だから大丈夫というわけではありません。 遅い時間にしか洗濯できない場合は周囲の様子をよく確認ながら、配慮を忘れずに。 もし苦情を受けるようなことがあっても、「どうして自分だけ!」「それじゃあ洗濯できない!」とムカッとする前に一呼吸。 タイマーを使って帰宅時間までに終わるように洗濯機をセットしたり、手間がかかりますが、休日にまとめて洗濯をするのも、ひとつの手です。 洗濯物はどこに干している? 外に干した方がパリッと乾いて気持ちがいい。 でも、天候やタイミング、時間に左右され難しいことも 日中家にいないと、天候が変わったり、また防犯上、外に干して出かけるのは心配。 でも、部屋干しではすっきりと乾きにくく、ニオイが気になることもあります。 どこに干すかは好みもありますが、女性の場合は外干しが好きでも、下着だけは部屋干しという人も多いようです。 また、外に干すと、天候を気にしなければならないので、晴れていても部屋干し、または乾燥機を利用するという人も。 干す場所は人それぞれで構わないと思いますが、洗濯物を気持ちよく乾かすためには、風通しよく干すことがポイント。 濡れた洗濯物同士がくっついていたり、空気の流れがない場所に干していると、いつまで経っても乾きません。 物干しスペースが狭い場合は、こまめに洗って、できるだけ空間をとって干したり、エアコンや扇風機などを使って風を作るよう心がけてみてください。 ・夜遅くまで、夜中もずっと干しっぱなしはNG! 洗濯物を外に干したけれど、残業が入って、深夜まで干しっぱなし。 または、干していたことを忘れて、そのままずっと干しっぱなし。 よくありそうなシチュエーションですが、これは洗濯物が汚れたり、湿ったりする心配もありますが、何よりも防犯上危険です。 洗濯物が干しっぱなし=部屋に誰もいないと思われて、泥棒のターゲットにされる危険が高くなります。 また、女性の場合は、下着などを狙われる可能性も。 深夜まで取り込めそうにない場合は、その日は洗濯を止めるか、部屋干しするのがベターです。 洗濯代行サービスを利用してみる? クリーニングよりリーズナブルな価格で、日常の洗濯物を頼めるのが洗濯代行サービスです 忙しくて洗濯を時間がモッタイナイ。 また、どうしても夜中にしか洗濯ができずに溜めこんでしまう。 お金を払ってもいいから、誰かに洗濯をしてもらえたらいいのに……。 そう思う人は洗濯代行サービスを利用してみるのがおすすめです。 いわゆる自宅で洗えないものを依頼するクリーニング店とは違い、シャツやタオルなど、日常の洗濯をお願いできるサービスが増えています。 基本的には、洗濯物を専用のバッグに詰めて、店舗に持ち込むか、集荷を依頼。 洗濯したあと、たたまれた状態で戻ってきます。 料金は、バッグ単位で決まっているので、入れられるのであれば、何枚入れてもOKというスタイル。 下着まで頼めるサービスもありますが、抵抗があるなら、それだけは手洗いしてもいいでしょう。 忙しいときだけでなく、梅雨時などで洗濯物が乾きにくいときや、洗濯機が壊れたときなどにも便利。 すぐに頼むことはなくとも、ちょっと覚えておくと安心です。 上記記載の内容とは異なる場合もあります。 ご了承ください。

次の

一人暮らしの洗濯機の容量は5kgで大丈夫?本当に必要なサイズを解説!

一人暮らし 洗濯

一人暮らしを快適に始めるための必須家電、洗濯機。 最近はおしゃれなコインランドリーも増えてきていますが、好きなタイミングで洗濯ができる洗濯機はやっぱり必要不可欠ですよね。 一度購入したら長く使うものだからこそ自分に合った一台を選びたいですが、 どのくらいの容量があればいいのか、 縦型とドラム式どちらがいいのか、違いも選び方もよくわからない……というのが正直なところ。 そこで今回は、家電をレビューするための一戸建て「家電ラボ」にてさまざまな洗濯機のテストを行う、 家電プロレビュアー・石井和美さんがプロ目線でおすすめする洗濯機を紹介。 一人暮らしに最適な洗濯機を選ぶためのポイントや、洗濯機の種類とメリット・デメリットなど伝授していただきます! 左が8kg、右が5kg(どちらも縦型) 「自分に合った容量は、 洗濯の頻度によって違います。 一人あたりの洗濯量はだいたい1. 逆に、1週間分をまとめて洗うなど 週に1〜2回の洗濯なら7〜8kgくらいあるといいですね。 基本的に洗濯機は、壁にぴったりはつけられないんです。 何センチくらい空けなきゃいけないかホームページなどに載っているので、自分が置きたい場所に設置できるかしっかりはかって確認しましょう! それと意外と盲点なのが、 高さが入るかどうか。 写真奥:ガラストップ式、写真手前:折りたたみ式 最近の縦型洗濯機では、従来の 折りたたみ式だけでなく ガラストップ式のフタも増えてきています。 フタを開けたときに天井や備え付けの棚に引っかからないかどうかや、上に棚を作って洗剤を置きたい方などは注意が必要です。 洗濯を早く終わらせたい方や、どうしてもこれだけはすぐに洗濯したい!というときに便利です。 汚れ落ちがよく衣類が傷みにくいので、 ちゃんと洗いたい方、大切な洋服などを傷めたくない方向けです。 ただ水をたくさん使うため、水道代はドラム式よりもかかってしまいます。 昔は縦型のほうが汚れ落ちがいいと言われていましたが、最近はほとんど差がありません。 乾燥までおこなうと、縦型よりも電気代がかかってしまうので注意が必要です。 干す時間がなかったり、雨の日でも洗濯したい方におすすめ」 人気メーカーの特徴は? <ハイアール>• 2〜3万台で買えるものもあり安価• 5kg 標準使用水量 洗濯~脱水:57L 洗濯~乾燥:80L 目安時間 洗濯~脱水:44分 洗濯~乾燥:170分 消費電力量 洗濯~脱水:60Wh 洗濯~乾燥:1600Wh 「超シンプル&コンパクトな一台。 ドラム式の中ではおそらく一番小型なのではないでしょうか? ドラム式がほしいけど、置く場所の余裕がない方におすすめです。 5kg 標準使用水量 洗濯:約69L 洗濯〜乾燥:57L 目安時間 洗濯:約30分 洗濯〜乾燥:約200分 消費電力量 洗濯:約65Wh 洗濯〜乾燥:約1750Wh 「日本のメーカーではなかなかない、スタイリッシュなデザインの一台。 部屋のインテリアと合わせるなど、 見た目の美しさを重視する方にいいんじゃないでしょうか。 Cubleはサイズ展開も豊富なのですが、これは一番コンパクトで、幅・奥行60cmに収まります。 ドラム式って乾燥のときにけっこう音がうるさいんですが、これは驚くほど静か……! 夜間にかけて、洗濯から乾燥まで全部やってしまいたい方にぴったり。 ワイシャツにアイロンをピシッとかけた……みたいなのはさすがに無理ですが、普段着だったらそのまま着られるレベル。 アイロンがけなど、 乾燥後のケアをあまりしたくない方に使ってほしいですね。 ただ音がわりとうるさいので、日中に使うのを推奨します。 また、ドラム式だと靴下などの小物が扉に引っかかってしまうことも。 靴下などの小物も、洗濯ネットに入れるといいかもしれません」 洗濯物を詰め込みすぎない 「洗濯物は、 詰め込みすぎないのが基本! 入れすぎると汚れが落ちないだけでなく、洗濯物が絡まってシワの原因にもなってしまいます。 ギチギチに入れて洗うなら、2回に分けたほうがキレイに汚れが落ちますよ。 洗濯機の容量のだいたい7割を目安にして、ゆとりを持って洗うのがおすすめです」 洗剤の量をちゃんとはかる 「洗剤は、 多すぎても少なすぎてもダメ。 多すぎるとすすぎが足りず肌によくないですし、少なすぎると汚れが落ちないのはもちろん、洗ったあとの汚れが再付着してしまうんです。 種類によっても入れる量が違うので、適当に入れず、ちゃんと確認してはかりましょう! 面倒な方は、 自動投入機能付きの洗濯機を選ぶと手間が省けていいですよ」 自分に合った洗濯機で効率よく洗濯しよう 洗濯する量や時間帯、部屋の広さなど、自分にぴったりな洗濯機はライフスタイルによってさまざま。 納得できる一台を見つけて、より快適で効率的な洗濯ライフを過ごしましょう! あわせて読みたい:.

次の

【2020年】一人暮らしにおすすめ洗濯機7選!選び方のコツ

一人暮らし 洗濯

乾いたらすぐに気温が高い時間帯に取り込みます 夕方遅くまで干していると洗濯ものがしめっぽくなります 洗濯が終わったら 洗濯機の蓋は開けっ放しが正解です。 蓋をしめたままにしておくとカビがはえやすくなります。 脱いだ服や使用済みのバスタオルなど「これから洗うもの」を 洗濯機に入れっぱなしにしておくのもカビの原因になります。 ランドリーバスケットを用意しましょう 一人暮らし 洗濯物の分け方は? 洗濯表示は平成28年に新しいものに変わりました。 学校で習ったものとは少し違うのではないでしょうか。 少し前に買った服は「旧洗濯表示」、 ここ数年の間に買った服は「新洗濯表示」になっています。 新洗濯表示は下のようなものです。 ・ アイロンの際は当て布をしてください ・ 洗濯の際、色落ちする恐れがありますので他のものと分けて洗ってください ・汗や摩擦により色移りすることがありますのでご注意ください ・ 漂白剤や蛍光漂白剤の入っていない洗剤をご使用ください ・洗濯により、多少縮む恐れがあります。 ・ タンブラー乾燥はおさけください 絵で説明している洗濯表示と 小さな字で書かれている取扱い説明の内容って似ていますよね。 というか、むしろ大事なことは説明書きで書かれているので ここに目を通す癖をつけておくといいです。 他の服に色がついてしまうと大変です。 洗濯するときは裏返すようにしてくださいね。 それに雑菌の退治もしてくれますので、においが気になる物の洗濯には最適です。 タオル・下着・靴下などですね。 でもジーンズや色の濃い服を洗濯すると段々と白くなってきて色あせてしまいます。 なのでジーパンを洗う時には漂白剤や蛍光漂白剤が入っていない洗剤を使った方がいいです。 色あせしても気にならない場合は、全部一緒の洗剤でガンガン洗って構いません。 コインランドリーにもありますし、ドラム式の洗濯機もそうですね。 買ったばかりのジーンズに乾燥機をかけて縮ませる方法があるとかないとか…。 私は関心がないのでよくわかりませんが…洗って縮ませて、履いて伸ばしてを繰り返して、だんだん体になじんでいくのが本来のジーンズだとか…いやあ、私のサイズではできない話ですけどねえ。 というわけで 特別「縮ませたい」という希望がない場合はジーンズは乾燥機禁止です。 次に しまむらで買ったトレーナーです。 トレーナーは裏返すと 脇のあたりにタグがあります。 サイズの品質表示の下に洗濯表示があります さっきのジーンズと全く一緒です 裏側の説明書き コチラにも色々書かれています。 めんどくさいなーって思いますよね めんどくさいと思ったら 服を買う時に できるだけガンガン洗えるものを 選ぶようにしたらいいです めやすは下のようになります。 洗い桶(洗濯機?)の下に横線が1本とか2本とか入っていたら 普通の洗濯ものと分けて「弱」のコースで洗濯になります。 洗い桶プラス「手」のマークなら洗濯機ではなく「手洗い」で。 洗面器などに入れて 優しく押すようにして洗ってください。 クリーニング屋さんに持って 行って相談してください。 全体に装飾が多くなるほど 洗濯がめんどくさくなります。 一人暮らしで洗濯をするときの注意点 単身生活の場合は それ以外にも特別に注意することがあります。 例えば 洗濯をする時間のことで揉め事になって不快な経験をしたり怖い目に合う人もいるようです。 また女性は防犯にも 気を付けるようにしてください。 洗濯で周囲に迷惑をかけない 新しい環境がアパートやマンションなどの集合住宅で 音が響きやすい場合は それなりに周囲に配慮を してくださいね。 女性が一人暮らしをしている部屋だということが わかると 犯罪に巻き込まれるかもしれません。 防犯対策は これでもかってくらい 充分にしておいてください。 「男性ものの下着などを一緒に干すといい」と 言われていた時期もありますが その方法は すでにみんなが知っています! 男性ものの服を一緒に干すのは危険です。 しかも いつも同じパンツとかシャツではなくて 毎日日替わりで干すとか。 …あまり現実的ではないですよね。 なので 通りから洗濯物が見える、 とか 近くの建物から見下ろすとベランダの中も見える とか 防犯上心配なことがある時は 洗濯物は室内に干した方が絶対に安心です。 またカーテンの色も 女性らしいものではなく 男性が使ってもおかしくない色や柄を選んだり 窓から見える インテリアも あまり女性っぽくないものに した方がいいです。 「どうしても布団だけは外に干したい」という人は シックな色の布団カバーや毛布などを 選ぶようにしてください。 【関連記事】 おわりに あと 2階だから安心ということもないです。 マンションも エレベーターで誰かと一緒にならないように 周囲に気を配ってから乗るようしてください。

次の