復讐 の カルテット 最終 回。 復讐のカルテット 54話 動画

梨泰院クラスの最終回ネタバレ!結末は復讐完了でパクボゴムも?

復讐 の カルテット 最終 回

その夜、すずめは家森が受け取った手紙を読んでいます。 そこにはカルテットドーナッツホールの演奏は酷いという内容のものでした。 4人の演奏は煙突から出た煙のようなもので、才能がなく、4人の演奏は価値もなく意味もなく、記憶にも残らないものだと。 なぜ、煙のくせになんのためにやっているのだろうと。 手紙の主は5年前に奏者を辞めたのだという。 自分が煙だということに気付きスパッと演奏を辞めたのでした。 もう一度、お店を訪ねたのは4人にどうして辞めないのか、続ける意味があるのかを話を聞きたかったのだと。 (教えてください。 価値があると思いますか?将来があると思いますか?なぜ辞めないんですか?教えてください。 お願いします。 ) … 「ミステリーストリングスナイト」の演奏日。 すでにマスコミが会場に集まっているようです。 4人が車を降りると早速騒ぎに…。 その夜。 谷村大二郎と谷村多可美もコンサート会場にやって来ます。 するとアポロのチョコを落とした男性を呼び止めてアポロを手渡すのでした。 すると、来杉有朱(吉岡里帆)が超イケメンの金持ちの外国人を連れて会場に入って来ました。 アリスちゃんは婚約指輪を見せて「人生、チョロかった〜!あははは!!」と笑顔で去って行きます。 …楽屋。 すずめは真紀に「真紀さん、1曲目ってわざとこの曲を選んだんですか?」と聞きます。 「ん?好きな曲だからだよ。 」 「真紀さんを疑ってきた人、別の意味を取りそう。 …なんでこの曲にしたの?」 「…こぼれたのかな。 内緒ね。 」 「うん。 」 すずめの持つ楽譜には「死と乙女」というタイトルが書かれています。 アリスちゃん…最後の最後までヤバい。 てか金持ちのイケメンと結婚って、そりゃ「チョロかった〜」って大笑いするわなー。 開幕前。 4人は緊張を隠すことができません。 会場は満員御礼となっています。 ライトが暗くなります。 そして、中央にスポットが当てられて4人は演奏を開始するのでした。 (真紀:みんなを裏切って..。 ) (すずめ:裏切ってないよ。 人を好きになるってことは絶対に裏切らないから。 ) (別府:僕たちの名前はカルテットドーナッツホールです。 穴がないとダメなんです。 僕はみなさんのちゃんとしてないのが好きなんです。 ) (真紀:しっかりと3流の自覚を持ってプロの仕事を、カルテットドーナッツホールの力を見せつけてやりましょう。 ) …. みんな、それぞれの思いを抱きながら演奏が続きます。 すると、そこに空き缶が投げ込まれます。 (別府:あ、音楽を一生やっていきたい感じですか?) 4人がカラオケで音楽を演奏することが楽しいという思いを語り合ったシーンが。 4人はそのまま演奏を続け、最後まで演奏をやりきったのでした。 静まり返った会場。 すると会場は拍手で埋まります。 そして、ドラゴンクエストの序曲を演奏します。 会場の客は帰っていくもの、そのまま留まる者に別れ、残った観客は拍手をして演奏を盛り上げています。 … 別荘。 レモン付きの唐揚げを囲んで4人で夕食を食べています。 カルテットドーナッツホールは初遠征をすることが決まったようです。 みんなはパセリを避けて唐揚げを自分の小皿に乗せレモンをそれぞれ掛けています。 それを見た家森は「君たち.. 、見て。 見て〜、こい、こいなんだろう?」と言います。 「すずめ:パセリ。 」 「家森:そう、パセリ。 」 「別府:あんまり好きじゃないんですよね。 」 すると真紀が「.. 家森さんが言ってるのは好き嫌いじゃないと思います。 家森さんが言ってるのはパセリを見ましたかってこと。 パセリ、確認しましたか?」と。 「家森:パセリがある時と、ない時。 ないと寂しいでしょ?この子達言ってるよね、ここにいるよって。 」 「すずめ:どうすればよかったんですか?」 「家森:心で言うの。 」 「真紀:センキュー、パセリ。 」 「家森:センキュー、パセリ。 食べなくてもいいの、ここにパセリがいることを忘れないで。 」 「すずめ:あ、パセリ、ありますね。 」 「別府:パセリ、綺麗ですね。 」 「すずめと別府:センキュー、パセリ。 」 するとすずめは唐揚げにレモンを思いっきりかけるのでした。 … 4人はカルテットドーナッツホールの車に乗り込み別荘を出発します。 別荘には「for SALE」の文字が…。 … 4人が乗ったカルテットドーナッツホールの車はガス欠に。 4人は走って遠征先の会場に向かっています。 「あ…違う、あっちでした。 」 「道迷ったね。 」 「間に合わないかも。 」 すずめは笑いながら「みぞみぞして来ました。 」と…。 スポンサードリンク カルテット 最終回 感想 カルテット、最終回も面白かったですね。 真紀が最終的にカルテットドーナッツホールに戻って来て4人で再び音楽をすることになったのは、本当に良かった。 このコンサートをきっかけに趣味ではなく夢が実現…するにはまだまだ先のことになりそうですが、その一歩は確実に踏み出したのかなと思います。 真紀は免許証の不正取得などの罪で起訴されたものの執行猶予処分で普通の生活に戻ることが許されましたが、そこに待っていたのはマスコミの異常なまでの個人情報の露出でした。 しかし、4人の絆があったからこそ、真紀が再びカルテットドーナッツホールに戻ってくることができた。 こんなすごい事件があっても4人の絆が引き裂かれることがなかったのですから、これから何があってもこの4人の関係が壊れることはないのかもしれませんね。 コンサートで真紀が選曲した「死と乙女」はシューベルトの楽曲で、病の床に伏す乙女と死神の対話を描いた作品で、乙女は死を嫌がり死神に帰ってくれと懇願するが死神は乙女に「私はおまえを苦しめるために来たのではない。 お前に安息を与えに来たのだ」と。 「死」は恐ろしい苦痛ではなく永遠の安息として描かれ、「死」も一つの永遠の安息として描かれている…というなかなか深い意味があるようです。 なぜ、真紀がこの楽曲を選んだのか。 その謎が明かされることはありませんでしたが、まだある真紀のなんらかの秘密がすずめだけに明かされたのかもしれません。 また、カルテットドーナッツホールで音楽を奏でることが真紀にとっても安息だったのかもしれません。 真紀はすずめに「こぼれたのかな。 」と答えましたがこれって「9話で好きはこぼれるもの、こぼれたものが嘘なわけない。 」とすずめに言われてましたがそれに対しての答えだったのかもしれません。 真紀は自分の人生は嘘だらけであることを認めています。 しかし、ここだけは譲ることができない、本当の好きという感情があったのかもしれません。 最後の最後まで謎の多いドラマでしたが、こんなに面白いドラマは久しぶりだったように感じます。 最後の締めにレモンと唐揚げが再登場したのも良かったですね。 そこにパセリが加わるとは…。

次の

復讐のカルテット キャスト・相関図 感想 視聴率 あらすじ

復讐 の カルテット 最終 回

韓国ドラマ「バベル~愛と復讐の螺旋~」は、韓国のTV朝鮮で2019年1月27日から2019年3月24日まで放送されていました。 理事会で会長に就任するつもりはないと宣言したスホ。 ヒョンスクは取り乱すが、スホは前夜に理事たちを集め、持ち株をすべてユラに譲渡したことを伝えていた。 理事会の場に現れたユラはヒョンスクを追い出し、コサングループの会長に就任する。 一方、ウヒョクは監禁された場所から自力で脱出。 暗殺者と格闘の末、ジョンウォンを無事救出して病院へと運ぶ。 退院したジョンウォンは、ウヒョクに別れの挨拶もせず、彼の前から去ってしまうが…。 lala. (韓国でのテレビ放送の場合) スホの妻ヨンウンは、「息子しか知らない母と、その息子、お似合いの結果じゃないですか」と義母ヒョンスクを煽り、これに逆上したヒョンスクは、ワインの瓶でヨンウンを殴つて殺してしまいます。 スホは、妻ヨンウンが倒れている姿を見て号泣します。 全部私が処理してあげるからと言うヒョンスクでしたが、駆け付けた警察とウヒョクにヨンウン殺害の犯人として、 自ら墓穴を掘った形で逮捕されます。 続いて、次男ミノを殺害した真犯人のウ室長も妻の納骨堂で逮捕されました。 そしてジョンウォンは、姿を消しました。 1年後・・・ ゴサングループの会長となり奮闘するユラと、画家となり自身の道を歩み始めたスホ、そしてウヒョクは、ジョンウォンと生きて行くことを決め、両親の復讐の為に目指した検事を辞めて、人権弁護士として働いていました。 スポンサードリンク 韓国ドラマ「バベル~愛と復讐の螺旋~」の最終回はハッピーエンド?みんなの感想は?! それでは、韓国ドラマ「バベル~愛と復讐の螺旋~」に最終回について、SNSではどのような感想があったのでしょうか? さっそく調査開始です!! ㉟バベル 悪人だらけの財閥サスペンス、面白かったです! あの人結局どうなったんだろ。。 とか、イマイチすっきりしない部分もあったけど、最後までドキドキ感楽しめました。 奥様役、キムヘスクさんの迫力ある演技も印象に残りました。 全16話視聴完 韓国ドラマあるあるの「財閥のぼんくら息子を跡取りにしたい狂った母親」が繰り広げる、欲にまみれたら人間何でもするよねを描く系。 守るものがある層は必死よねー。 — ぶ〜にゃん pigpigpoopa 全てはこのヒョンスクから始まった悲劇でした。 欲にまみれたヒョンスクが、自分の息子を後継者にしたいばっかりに、最後は自業自得の結末を招きました。 韓国ドラマ「バベル~愛と復讐の螺旋~」のオススメポイント! 「バベル~愛と復讐の螺旋~」のオススメポイントは、なんといってもパク・シフさんのセクシーさに心奪われました! 両親を殺した犯人への復讐心に燃える孤独なエリート検事チャ・ウヒョク(パク・シフ)は、復讐すべく財閥家の御曹司の妻ハン・ジョンウォン チャン・ヒジン でしたが、2人は許されぬ恋に発展していきました。 一歩踏み入った大人の危険な恋愛が、パク・シフさんの持つセクシーさを、より際立せていましたね! 特に、冒頭の階段でのキスシーンは、これまで多くの作品に出演しているパク・シフさんのラブシーンの中でも、強烈なインパクトを残す作品となりました。 韓国ドラマ「バベル~愛と復讐の螺旋~」の最終回あらすじネタバレまとめ! いかがでしたか? 「バベル~愛と復讐の螺旋~」の最終回は、最後までドキドキのシーンの連続でした! 二人が再会した場所は、南紀白浜の 三段壁で、韓ドラファンにとっては、また新たな観光スポットになったのではないでしょうか? そして、やっぱり ジョンウォンのお腹の子供はウヒョクの子でしたね! ウヒョクがジョンウォンをどん底から救い出して、幸せな家庭を築きました。 これからは家族三人で、穏やかで幸せな時を過ごして欲しいです。

次の

韓国ドラマ|復讐のカルテットのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

復讐 の カルテット 最終 回

復讐のカルテット-韓国ドラマ-あらすじ-最終回まで感想あり-1話〜5話-全68話-初回視聴率 韓国 7. 彼女達の友情と成功のドラマです。 そしてドゥレは母親を追って、死にたい!と言い出して..。 ハリとウニャンは、ドゥレを慰めるのだった。 そしてドゥレが、皆でうちで暮らさない?と言い.... ドゥレ宅で生活することになったハリとウニャンとドゥレ! その後、3人は各々、最愛の人の死因の事実を暴露してていくのだが..。 「復讐のカルテット」のあらすじ、感想、相関図。 自分のことをいつも気にかけていてくれた娘思いの母がドゥレの熱狂的な追っかけのせいで亡くなってしまう。 小さい時父母が死んでしまい、姉妹で生きてきたハリ。 大好きな人と結婚するも、その夫も車との事故で命を失ってしまう。 大手会社で秘書として仕事していたウニャンは自身の体のこともあり、子供のアルムのことが大好きだったが、ある事故で子供が死んでしまう。 ダルヒはメイクアップアーティストとしてその名を知られるも、ある出来事の拍子でセラに重症を負わせてしまう。 ドゥレ声を掛けられ一緒に暮らすことになったハリたち。 それぞれが大切な人を失った真実を突き止めようとする。 【復讐のカルテット&相関図】 復讐のカルテット-1話あらすじ みんなから祝福され晴れやかな結婚式を無事済ませたハリとジェイルだったが、式場から帰る際の車に乗ったブレーキが突如壊れてしまい、車が暴走してしまう。 ハリたちを救出しようと出動した救急車も事故を起こし、現場は騒然となるのだった。 愛する我が子が一人でいた家が燃える様子を見て、ただただ立ちすくみ唖然とするウニャン。 復讐のカルテット-2話あらすじ ジェイルの父と母に会いに行くってたハリは、ジェイルの父がデインであることを知りびっくりする。 ハリに父や母はどんな人なのかと尋ねる妻の横で、デインハリにびっくりし、自身の緊張を隠そうとひたすら飲み物を飲み続けるのだった。 盗みの疑いを掛けられてしまったダルヒは、一生懸命頑張っていたアルバイトを辞めさせられそうになってしまう。 復讐のカルテット-3話あらすじ 怪しげな人を見かけたギチャンは、声をかけるもすぐにその場から立ち去った不審な人物。 しかし、そんな不審な人物を逃さまいと追いかけ正体を明かせと叫んだところ、それはなんとダリであった。 自分のことを見てびっくりしているギチャンに、ずっと会いたいと思っていたと抱きつくダリ。 あることについてギチャンに尋ねたダリ。 復讐のカルテット-4話あらすじ いつまでも起きないジェイルを気にかけるハリは、助けに来た救助隊員に早く救出してくれと泣きながら叫ぶのだった。 最愛の子供を一人留守にさせてことに激怒して急いで家に向かっていたウニャンだったが、住む家が炎に包まれているとわかるや否や、焦り始める。 子供を助けようと家の中に飛び込もうとするウニャンを救助隊を待とうと止める周囲の人達だったが、アルムはその時必死に助けを求めていた。 復讐のカルテット-5話あらすじ ジェイルの元に行き玄関の鍵を開けてと頼むも、サンミにもう家族なんかじゃないと激怒されてしまうハリ。 持ち物を全て片付け、もうここには来るなとデインにまでも言われてしまう。 あまりにも酷い言葉をあびせられ、戸惑いを隠せないハセ。 妹もハセたちのやり取りの一部始終を見て、ここには何があっても住みたくないとふともらすのだった。 【感想】 本当にみんな訳ありすぎで最初から複雑すぎます。 涙 そして大切な人をなくしたり、誰かに受け入れてもらえなかったりと波乱万丈すぎる。 それぞれが色々と事情を抱える中で、みんなの人生がどこで交わっていくのか気になります。 初めからもう何が起こりそうな気がしかしません。

次の