ロマサガ 限界値。 キャラクタ能力値の詳細

【ロマサガRS】レベル50を目指すべきおすすめスタイル【ロマサガ リユニバース】

ロマサガ 限界値

キャラクターを「どのくらい育成すればいいのか?」という疑問に対して答えていきます。 それに加えて、「育成のコツ」や「気を付ける点」も合わせて紹介していきます。 (もちろんPT編成にもよります) 「どこまで育成すればいいの?」という人はこのあたりを目安に育ててみて下さい。 それ以降は「消化しなければいけないクエスト」に連れて行っているうちに自然と上がっていきます。 メインキャラが「HP550~600」まで育ったら、次のサブキャラ育成に切り替える。 を繰り返していくと、今後「どんなクエストが来ても対応しやすく」なります。 上を目指すならば「HP700」以上 「好きなキャラクターをとにかく強くしたい!」という場合は「HP700」以上を目指してみて下さい。 大体「HP700」あたりから、かなり上がりにくくなります。 私もそうですが、多くの方がそのあたりでいったん育成をやめ、次のキャラクター育成に変更しています。 HP700を超えても少しずつ上がっていきますが、それ以降は膨大な数の周回が必要になります。 育成は成長率の高いスタイルで 育成は成長率の高いスタイルで周回してください。 たとえば「ヨハン」の成長率。 「Sヨハンは素早さ」「Aヨハンは腕力 」と、2つのステータスに「2段階成長補正」が付いています。 これらは「基本ステータスの上がりやすさ」に影響します。 私が育成してみた中では、Sで周回している時は「腕力48」からなかなか上がらなくなりました。 しかし、 Aに変えて周回すると、「腕力50」まで割とあっさり上がっています。 反対に「S」に切り替えてみるとそれまで中々上がらなかった素早さが「53」まですんなり上がりました。 この「腕力50」「素早さ53」あたりが「現在の成長値の限界」に近いようです。 よく「ツイッター」などで、「腕力が上がった!」「腕力が上がらない><」みたいなツイートをしている方がいますが、これのことです。 ステータスの限界値までどのスタイルが上がりやすいのか? どれくらい戦えば上がってくれるのか? ということをみんなで話し合っています。 ステータスアップは色々な人が検証していて、まだわからない部分が多いですが、 そのステータスを限界値まで上げたい時は 「成長率の高いスタイルで育成する」と考えて間違いなさそうです。 もちろん「ステータス補正値」はレア度が上のスタイルの方が高いので、強敵と戦う時はそちらで。 育成にはジュエルを割っても大丈夫 キャラクターを強くするためには、「クエストを周回」する必要がありますね。 ただ、何度も周回していると「あっという間にスタミナが尽きる」と思います。 そんな時は 「ジュエルでスタミナ回復」してください。 「貴重なジュエルはガチゃに取っておきたい!」という気持ちはよくわかるのですが、「ロマサガRS」では「育成が最重要」です。 ガチャでSSスタイルを引いても、「周回して育成しなければ強くなりません」 逆に 「しっかり育成すれば、レア度AやS」でも高難易度クエストをクリアできます。 たとえば、私がウィルの「焼殺」を99ま上げた例です ちょうど技ランク「1桁」の時と、「99」の時でスクショしていたので、参考に。 (ステータスは上がりきっていたので、知力の差はほぼありません) 技ランク「1桁」の焼殺が「7,500」ダメージ程、だったのに対し、技ランク「99」では「10,000」以上のダメージをたたき出しています。 およそ1,5倍近く上がっているのがわかりますね。 技ランク上げは結構時間がかかりますが、「消費BPが同じなのに大ダメージを与えられる」ので、育成がひと段落したら上げてみて下さい。 あまり急いで育成しすぎると、将来的に「ミッション」が達成できなくなってしまう恐れがあります。 スタイルレベルは使うキャラだけ上げて、経験値を残しておく。 技も、使うキャラ以外は習得せず残しておく。 「まったく上げてはいけない」というわけではありませんが、ある程度は今後のミッション達成を見据えて残しておきましょう。

次の

【ロマサガRS】ステータス上限(最大値)と育成ランキング

ロマサガ 限界値

スタイルとは? キャラと別に、スタイルという概念があるのが本作の特徴。 これはキャラを軸としてスタイルという選択肢が存在するというものです。 例にヘクターを挙げます。 こちらはチュートリアルガチャで確定入手となるSSヘクター。 キャラクター名は「フリーファイター(男)」となっており、スタイルがヘクターです。 別の「フリーファイター(男)」を見てみましょう。 ガチャで入手できるAレアリティのスタイル「オライオン」 これらは「フリーファイター(男)」という同一キャラでありながら、別スタイルということになります。 ロマサガ2では仲間は「フリーファイター」などのクラスが基礎であり、キャラごとの名前はローテーションされていくシステムでした。 (カラーも違い、能力もそれぞれにいくらかの差異がある。 ) 本作でもその要素が踏襲されており、クラスがキャラとしての軸になっています。 主人公系キャラであるモニカなどはキャラ、スタイルともに「モニカ」です。 ガチャなどで手に入るのは「スタイル」であり、それと同時に「キャラ」が仲間になるという事になります。 スタイルが違っても同じキャラの場合、キャラ数は増えません。 パーティにも同一人物扱いで同じキャラは編成出来ません。 いわゆる期間限定の水着Ver、クリスマスVerといったガチャもスタイルが増える事になり、キャラは同じです。 別のキャラとしてイチから育てなおすのではなく、一部は引き継がれ、一部は育てなおすという仕組みになっています。 加えて、別スタイルを育てた事はムダにならず恒久的に効果をもたらす仕組みも用意されています。 強くなるための軸になってくる話なので、そのあたりを詳しくご説明していきます。 スタイルのメリット 同じキャラで、まずレアリティAのスタイルを手に入れたとしましょう。 使っているとバトルごとに能力が上昇し、強くなっていきます。 この能力上昇はキャラで共通のため、後に同じキャラのレアリティSSのスタイルを手に入れた場合はそのまま引き継がれた状態でスタイルだけを自由に切り替えられます。 ソシャゲのガチャでありがちな、低レアリティの同キャラはゴミ、ハズレといった残念な側面を補うシステムになっています。 レア格差のあるスタイルを2つ以上持っている場合、引き継ぎだけでなくムダにはならないメリットがあります。 他のスタイルの技・術は習得していれば継承が可能で、スタイルが持つ3つに加え1つだけ自由にセットできます。 低レアリティのスタイルだけが回復の術を使えたり、範囲攻撃を使えたり、マヒなどの付与効果のある技を覚えたり…キャラの幅を広げてくれる要素です。 それぞれ、以下のようにキャラに結びついているかスタイルに結びついているか切り分けられています。 キャラ依存 HPなど能力値 (成長分を含む) スタイル強化EXP スタイル依存 スタイルLv 属性耐性 アビリティ 習得する術・技 装備可能武器 EXPは共通なので、どのスタイルでEXPを貯めても別のスタイルに振り分けられます。 最大LvになってもEXPだけは溜まっていくので、あとあと別のスタイルが入手出来た際にはすぐさまLvアップさせることが可能です。 強いスタイルの選び方 ではスタイルが複数ある場合はどれを選べばいいのか? 簡単にはレアリティの高いものがシンプルに強い、というのがあります。 それを決定づける一番の要素は属性耐性。 いくつか例を見てみましょう。 Aレアリティのアザミ。 属性耐性は合計すると-65。 次にSレアリティのアザミ。 最後にSSレアリティのアザミ。 この属性耐性が弱点やRESISTといったバトルでのダメージ倍率に直結するので、非常に大きな影響を受けます。 どのキャラでも共通して属性耐性の合計値はレアリティによって決まっています。 (今後、例外が出る可能性はあります。 ) 比較としてSSモニカ。 アザミのように熱、冷、雷、陽、陰といった術系の属性耐性を持ったキャラも一部いますが、多くの場合はプラスの属性とマイナスの属性が対になって打ち消し合う配分です。 物理属性の斬、打、突については共通して3すくみのように配分されます。 基本的に自分の得意武器の属性に強く設定されています。 レアリティが同じなら? 技や術、アビリティなど非常に多くの要素から選択することになります。 最も選びやすいのは技・術で威力が「SS」や「S」といった大ダメージ技を持つ火力の高いスタイルを選ぶこと。 もう1点はパーティに1~2名は回復術を使えるキャラを入れること。 回復は貴重で、持っているキャラは現状は数少ないです。 Aウンディーネ、Aミューズなど。 習得すれば上位レアのスタイルに継承出来るので、更に戦力アップも望めます。 他にはアビリティなどですが、絡み合った要素になってくるのでおすすめキャラなどの記事でまとめたいと思います。 スタイルLvで強化できること まず能力値の補正が上昇します。 素の能力値はキャラ依存なのですが、スタイルによって補正がかかります。 これは同キャラでもスタイルによって腕力が上がりやすかったり、すばやさが上がりやすかったりと違いがあります。 補正だけでなく、一定のLvごとにボーナスによる+値も付与されます。 まずはパーティに編成しているスタイルLvから優先的に上げましょう。 上限Lvに到達したら別のスタイルを上げることによるメリットもあります。 それが画像にもある「マスターレベル経験値」というものです。 マスターレベルはキャラ全体の強化! マスターレベルはキャラやスタイルではなく、キャラ全員の共通パラメータとなっています。 カテゴリは武器ごとであり、大剣を装備するスタイルのLvを上げて得たマスターレベル経験値は大剣マスターレベルに統合されます。 マスターレベルが上がると技・術の威力、OverDrive時の威力の2要素が0. 5%と僅かですが上昇していきます。 多くのスタイルのLvを上げていけば、同じ武器を使うキャラ(スタイル)すべての威力上昇につながるわけです。 装備強化も重要! こちらは進化前と進化後の装備を上下に並べた画像。 数字は小さく見えますが、装備による威力補正は目に見えてダメージが大きくなりますので少しでも高い装備を手に入れたいものです。 本作では武器はガチャではなくクエストドロップや交換にて入手。 序盤はBレアリティを使うことになりますが、先のクエストでAが入手できます。 その頃には強化用の武器や素材も貯まるのでLvを上げるといいでしょう。 HARDを何話か進めるとSレアリティも報酬に登場します。 体感では1~2%のドロップ率かなぁ?といったところでした。 武器の進化直後は少しだけ性能ダウン! 注意点として、進化した直後、レベル1に戻った装備は少しだけ性能ダウンします。 進化させるときは、強化素材も持っていてすぐにLvを上げられる準備が出来てからにしておくといいでしょう。 防具の選び方は属性耐性を見る! 武器は固定なので単純に威力の高いものを選べばいいのですが、防具は種類がいくつかあるので選択に迷うかもしれません。 一見、防御が低そうな「ローブ」でも弱いわけではなく術系の属性耐性が高い、などといった特徴があります。 物理面ではプロテクトスーツなどの全体鎧が属性耐性値が上がりやすいのですが、すばやさが下がることで被弾が増えるなどのデメリットもあります。 クエストやイベントのボス相手など敵の攻撃属性に合わせた防具を選ぶのがベストです。 クエストごとに付け替えるのは面倒なので、バランス重視の装備としては弱点を補うようにするといいでしょう。 主防具、副防具ともにスタイル別にマイナス値になっている属性耐性を上げてくれる種類を装備させましょう。 装備を鍛えればマイナスが0より高くなり、弱点を打ち消す事も可能です。 まとめ 属性耐性を考えるとSSレアリティが筆頭候補になりますが、ボスなど固定の属性が相手ならSやAでも活躍できる可能性は十分にあります。 他のソシャゲよりも、レアリティによる絶対差は少ない印象です。 それより何より、キャラ依存の能力値が いかに成長しているか、が最も重要です。 ゲームが進んできてからSSレアの新キャラを手に入れても、即戦力にならないことがほとんど。 コツコツと育成することが本作では重要です。 能力値上昇はクエストクリア時だけでなく、遠征でも可能です。 より長時間の遠征へ参加させて、デイリーミッションでも入手できる「遠征即時帰還チケット」で即時帰還を繰り返すのが最も早く成長させられる手段となります。 ボスが倒せないなどつまづいたときは、少し前のクエストで今の装備よりレアリティの高い装備のドロップを狙いましょう。 高レアの武器を進化させれば、ダメージを大きく引き上げられます。 今作はガチャ入手したスタイルが腐りにくいシステムになっているので、さらなる強化でより良いシステムになる事を期待しています。 次の機会はオススメキャラ、スタイルやボス攻略を書いていきたいと考えています!.

次の

【ロマサガRS】【永久保存版】全クエストの成長限界 調査結果報告 (偽の塔と妖魔の君 追加)

ロマサガ 限界値

基本能力値と補正能力値の違い キャラの基本能力値はスタイルで変化しない 基本能力値とは、キャラ本体の基礎ステータスです。 スタイルによって変化することはなく、クエストクリア後に「HPがアップ!」などと表示された場合は、この基本能力値が上がっています。 スタイルに備わっているのが補正能力値 スタイルには、それぞれに補正能力値が設定されています。 ランクが高いほど補正値が高く、よりキャラのステータスを強化できます。 スタイルごとに上がりやすいステータスが異なる アイコン 意味 上がりやすい 少し上がりやすい スタイルごとに伸びやすいステータスが異なります。 重点的に育てたいステータスがある場合は、スタイルを切り替えましょう。 能力値上げの効率を良くする方法 デイリークエストの「遺跡潜り」をオート周回 能力値を上げるためにクエストを周回する場合、序盤はデイリークエストの「遺跡潜り」を周りましょう。 他のクエストに比べて能力値が上がりやすく、装備の進化素材も集められます。 遺跡潜りの中で優劣はないので、自分の目的に合った箇所を周ると良いでしょう。 メインクエストを周回 戦闘力基準 おすすめ周回クエスト 10,000 N1-2-12 15,000 H1-2-1、VH2-1-2 23,000 VH4-1-5 27,000 VH4-1-5、VH5-1-3、VH6-2-2、VH6-2-3 メインクエストの周回はランクアップも同時に行うことができ、さらにオート周回が簡単な場所だけを選べるのでおすすめです。 帰還チケットを使って遠征を短時間で回す 帰還チケットを使うことで、遠征したメンバーを瞬時に帰還させることができます。 帰還チケットは、デイリーミッションなどで入手できます。 各ステータスの意味 能力値 意味 HP HPの最大値。 HPが0になると気絶状態になる。 腕力 剣・大剣・斧・棍棒・体術・槍など、一部物理系の攻撃に影響する。 体力 斬・打・突への防御に影響する。 器用さ 攻撃時の命中率、銃・小剣・弓での攻撃に影響する。 素早さ 回避、行動順、体術の攻撃力に影響する。 知力 熱・冷・雷など、魔法系の攻撃と状態異常の付与率に影響。 精神 熱・冷・雷など、魔法系の防御に影響する。 愛 回復を与えた時の回復量が増加。 魅力 回復を受けた時の回復量、状態異常の成功率に影響する 素ステの上限突破 素ステとは 素ステータス 基礎ステータス は、スタイルや装備によって変化する数字ではなく、キャラが共有してもつ素ステータスを指します。 各キャラの各スタイルごとにステータスの上限が定められています。 能力値2倍アップ期間でのみ、ステータスの上限を突破することが可能です。 上限値を超えて素ステをアップさせるには、上限値ギリギリの「-1」の状態から能力値2倍アップを目指します。 例えば、クローディアAの器用さの上限は54です。 従って、器用さ53の状態で2倍アップ中に周回するとステータス上限値を超えて、器用さが55になります。 ただし、 上限突破はごく稀にしか発生しません。

次の