足 に 赤い 斑点 痒く ない。 肌に赤い斑点が!?かゆくないのは大丈夫?あなたの不安にお答えします。

足の毛穴が赤い斑点のように!かゆいのは何故?治し方は?

足 に 赤い 斑点 痒く ない

患者さんから訴えを聞く機会は多いのに、一般医には診断が難しいものの代表格に、皮膚疾患があります。 『聖路加GENERAL〈Dr. 衛藤の皮膚科疾患アーカイブ〉』は、そんな一般医の「?」にストレートに応える番組として、リリース以来、人気です。 皮膚の疾患は、症状の面からは大きく「痛い」「痒い」「痛くも痒くもない」の3つに分かれますが、このうち「『痛くも痒くもない』つまり皮疹はあるけれど症状がない皮膚疾患に、実は見逃してはいけない『怖い病気』が隠れていることが少なくありません」と衛藤 光先生は言います。 患者さんがあまり困っていないので、つい経過観察にしてしまいがちだからこそ、注意が必要なのです。 たとえば、第5回 症状のない皮膚疾患(1)で提示されるこんな症例。 75歳男性。 右陰嚢部に3年前から発赤あり。 掻痒感、疼痛など自覚症状なし。 鼠経リンパ節腫脹もなし。 この男性、自転車に乗る機会が多いことから、サドルとの擦れと汗の影響で、湿疹が悪化したのではないかと近医で診断され、外用ステロイドが処方されていました。 ところが、ステロイドを塗っても皮疹は一向に良くならないばかりか、3ヵ月前から赤みが増してきたと言います。 湿疹、カンジダ、白癬などと誤診されることが多い、この「怖い疾患」とはいったい…?.

次の

ダニ刺されの症状6つ!痒くない場合もあるって本当?

足 に 赤い 斑点 痒く ない

患者さんから訴えを聞く機会は多いのに、一般医には診断が難しいものの代表格に、皮膚疾患があります。 『聖路加GENERAL〈Dr. 衛藤の皮膚科疾患アーカイブ〉』は、そんな一般医の「?」にストレートに応える番組として、リリース以来、人気です。 皮膚の疾患は、症状の面からは大きく「痛い」「痒い」「痛くも痒くもない」の3つに分かれますが、このうち「『痛くも痒くもない』つまり皮疹はあるけれど症状がない皮膚疾患に、実は見逃してはいけない『怖い病気』が隠れていることが少なくありません」と衛藤 光先生は言います。 患者さんがあまり困っていないので、つい経過観察にしてしまいがちだからこそ、注意が必要なのです。 たとえば、第5回 症状のない皮膚疾患(1)で提示されるこんな症例。 75歳男性。 右陰嚢部に3年前から発赤あり。 掻痒感、疼痛など自覚症状なし。 鼠経リンパ節腫脹もなし。 この男性、自転車に乗る機会が多いことから、サドルとの擦れと汗の影響で、湿疹が悪化したのではないかと近医で診断され、外用ステロイドが処方されていました。 ところが、ステロイドを塗っても皮疹は一向に良くならないばかりか、3ヵ月前から赤みが増してきたと言います。 湿疹、カンジダ、白癬などと誤診されることが多い、この「怖い疾患」とはいったい…?.

次の

肌に赤い斑点が!?かゆくないのは大丈夫?あなたの不安にお答えします。

足 に 赤い 斑点 痒く ない

医者ではありませんが、静脈の毛細血管が詰まり始めてきている印と思われます。 詰まって破れて血がにじみ出て赤い斑点になっているのでないかと思います。 これが進むと足の血管が広く壊疽状態になり、手術している人をよく聞きます。 手術しても良くならないので、人体の自然治癒力でバイパスができるのを待つ方法(それにしても、分かりませんが、努力が必要でしょう)に切り替えた外科医の話も聞いています。 要は血管の老化と思います。 健康な人でも血圧の高い人でも、血管によい方法を考えて損はありません。 足の血管は重力が加わり心臓から一番遠く届かないので、帰りの血液を心臓に押し上げる方法は、この自然を創造した神様は、血管を足の筋肉にはさんで握りつぶして押し上げる設計をしています。 丁度手で逆流防止弁のついたゴムホースを握りつぶしてて水を押し上げる原理で、心臓に押し上げているのです(帰りの静脈には逆流を防ぐ弁がたくさんついているのです。 壊れて機能しない弁もあります)。 さしあたり、椅子に腰掛け(あるいは立ったままで)、足をつま先で立つ動作の繰り返しがポンプアップ動作になることは知られています。 基本は、静脈の毛細血管をいかに早く柔軟に通りよく若返らせるかです。 私なりの薬を使わない家庭でできる健康法は、今は差し控えます。 病院や 他の治療法も気になるでしょうから。 質問があればお答えします。 Q 半月ほど前から、両足のふくらはぎの内側と太ももの内側に、内出血のような赤いぷつぷつが広範囲にわたって出ています。 初めは左足のふくらはぎの内側、それから他の場所へと出ました。 痛みもかゆみも全くなく、肌表面の凹凸もないので、直に治るだろうと放っておいたのですが、少しづつ範囲が広くなってきているようなんです。 お風呂上りには、鮮やかな赤色になります。 ちょうど、強く掻きすぎてしまった後に出る内出血に似た感じなのですが、ぶつけたり、こすったりしたわけではありません。 これは、何かアレルギーなどによって起こる皮膚の症状なのでしょうか? ちなみに、一部の果物を生で食べると口の中などがかゆくなる、というアレルギーは持っています。 あとは動物アレルギーもあります。 ですが、これといって、その二つのアレルギーのせいであるような原因は考えられません。 ちょうどこの赤いぷつぷつの出る少し前に、左足薬指の爪の脇を化膿させてしまいました。 しばらく病院に行けず、長く膿の出る状態が続いたのですが、もしかしたらそのせいかと外科での受診の際、軽い感じで訊いてみたところ、関係ないだろうとのことでした。 左足薬指はほぼ治っていますが、赤いぷつぷつは一向に消える気配がありません。 かといってかゆみなどもないので、どうしてよいか困っています。 皮膚科に行くべきなのでしょうか? ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。 半月ほど前から、両足のふくらはぎの内側と太ももの内側に、内出血のような赤いぷつぷつが広範囲にわたって出ています。 初めは左足のふくらはぎの内側、それから他の場所へと出ました。 痛みもかゆみも全くなく、肌表面の凹凸もないので、直に治るだろうと放っておいたのですが、少しづつ範囲が広くなってきているようなんです。 お風呂上りには、鮮やかな赤色になります。 ちょうど、強く掻きすぎてしまった後に出る内出血に似た感じなのですが、ぶつけたり、こすったりしたわけではありません。 これは... A ベストアンサー こんにちは 確認です。 これが出始めたころに、何か新しい衣類を身に着けましたか? それとも、肌が弱っていて擦れたとか・・・。 痒くないのだとすると、衣類に擦れて被れているのかもしれません。 接触性皮膚炎です。 私も腕の内側とか半そでで歩いていると、擦れて写真のようになることがあります。 ただくれは推測なので、皮膚科で診て貰ったほうが いいと思います。 ご参考になれば幸いです。 php? hifunokoto. html Q 2週間前程から体に赤い斑点が出来ました。 私は皮膚病の「でんぷう」と言うカビの病気をこの時期にいつもできるので 今回もそれだと思い抗真菌剤を塗布していました。 しかし、今回の斑点は見た目はでんぷうの様に若干盛り上がった感じの斑点ですが「でんぷう」とは色が全く違い今回は赤い斑点が首・腕・背中・胸に主に出てきました。 そこで本日皮膚科に行って斑点の皮膚を削り顕微鏡で見て診察してもらった所、でんぷう菌は無く、別の症状と言われました。 病名を言われたのですが、忘れてしまいましたが丁寧に先生から説明をしてもらい、 1:病名は忘れましたが、カタカナのちょっと長い名前で最初の何文字かは発見した人の名前でその後にでんぷうの様に皮膚に斑点のできる病気を指す言葉が入った名前でした。 ご存知の方居ませんか? 2:斑点の直接の原因は不明で、体に何かしらの異常があってそれに体が異常に抵抗して出来る物だと説明を受けました。 3:処方箋はステロイドを塗布することと、クラリチンと言う飲み薬を夕食後飲むように言われました。 病院帰りから異常に不安になり質問させて頂きました。 どなたか、このような症状の経験や病名の分かる方居ませんか? また、体に何かしらの異常が皮膚に出てきているのなら何科に診察に行けばいいのでしょうか? 最近の体の異常と言えばやたらと胸焼けがすること、風でもないのに鼻水が出るなどなのですが。 病院で直接の原因が分からないと言われたことが初めてで非常に不安になっています。 どなたか、病名や経験談、有効な資料となるHP等何でも構いませんので教えてください。 2週間前程から体に赤い斑点が出来ました。 私は皮膚病の「でんぷう」と言うカビの病気をこの時期にいつもできるので 今回もそれだと思い抗真菌剤を塗布していました。 しかし、今回の斑点は見た目はでんぷうの様に若干盛り上がった感じの斑点ですが「でんぷう」とは色が全く違い今回は赤い斑点が首・腕・背中・胸に主に出てきました。 そこで本日皮膚科に行って斑点の皮膚を削り顕微鏡で見て診察してもらった所、でんぷう菌は無く、別の症状と言われました。 病名を言われたのですが、忘れてしまいましたが... A ベストアンサー ANo. 2です。 仕事において体を動かすことは運動にはなりません。 仕事ととはあくまでも生活の一部です。 生活の一部にプラスすることを運動といいます。 お気づきの通り、仕事は疲労が溜まるだけです。 しかし、運動として適度に歩くことは疲労回復につながります。 ぜひ、ウォーキングを始めてみてください。 >むくんで赤い斑点が出るのは珍しいことではないのですか? はい。 ちょくちょくみますので珍しくないです。 であれ、あまり改善しないようであれば病院にかかってください。 蛇足ですが、整体やカイロは無資格者なので注意してくださいね。 半日講習などでやっている方もいるみたいで、結構事故もあるみたいです。 整骨、鍼灸、按摩マッサージ指圧は国家資格なので私はこれらをお勧めします。 Q どなたか同じ症状の方がいらっしゃらないか、と思い質問させていただきます。 現在、脚の付け根の前面(鼠蹊部近く)と、腹部、脇腹に、何かを散らしたような赤い発疹が出ていますが、痛みも痒みもまったくありません。 最初に気づいたのは5月1日の夜に、脚の付け根の前面に、10個くらいの大小さまざまな発疹が出ているのに気づきました。 そのときは、下着の締め付けの汗疹かな?と思いながらも、痒みもなく4月29日からの3連休ということもあり、締め付けるような下着は着ていなかったことで、変だな、とは思いましたが、塗り薬を塗ってそのままにしておきました。 しかし翌日の夜の入浴時には、前日に加え腹部、脇腹に多数の赤い発疹が出ていました。 帯状疱疹かと思いましたが痛みがないため、前日と同じ塗り薬を塗り、そのままにしていました。 2、3日で消えるだろうと思っていたのですが、1週間経過した今も消えず、数は増えずに色も薄くなったように思えますが、入浴など体が温まるとまた目立ってきます。 薬疹の可能性も考えましたが、薬は一切服用した覚えがありません。 なお、胃のペプシノーゲン検査で陽性が出て病院にいかなければならないと思いながら、今に至っていますが、胃の症状と何か関係はあるのでしょうか? また同じような経験をお持ちの方がいらっしゃればご意見など伺いたいと思います。 よろしくお願いします。 どなたか同じ症状の方がいらっしゃらないか、と思い質問させていただきます。 現在、脚の付け根の前面(鼠蹊部近く)と、腹部、脇腹に、何かを散らしたような赤い発疹が出ていますが、痛みも痒みもまったくありません。 最初に気づいたのは5月1日の夜に、脚の付け根の前面に、10個くらいの大小さまざまな発疹が出ているのに気づきました。 そのときは、下着の締め付けの汗疹かな?と思いながらも、痒みもなく4月29日からの3連休ということもあり、締め付けるような下着は着ていなかったことで、変だな... Q 2,3週間前から太ももに直径1,5センチくらいのうっすらと赤いアザ?のようなものに気付き、最初は自分でかいたりして傷が出来ていると思って気にしないでいたのですが、いまだに治らず、それどころか赤みが増し、大きくなっているように思います。 痛みはまったく無く、腫れや凹凸も無いです。 少しだけ表面がざらついているような気はします。 ぶつけたわけでもないし、ひっかいたわけでもないのに突然アザ?が出来、消えないのが段々と不安になり、ひょっとして皮膚ガンかも?と心配です。 やはり病院に行くべきでしょうか?病院に行くとしたら個人病院でもしっかり検査などをしてもらえるでしょうか? 説明がわかりにくかったらすみません。 回答をよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 私の友人も同じようなアザができて、すぐに病院に行きました。 検査は尿検査・血液検査・一般検査とうでした。 その時の原因はビタミン不足ということでした、まぁ栄養が偏った生活をしていたからですが・・・。 よく聞く原因がビタミン不足ですが、その外に心配されたようにガンの可能性もぬぐいきれません。 不安を取り除くためにも早めに病院にいって検査してスッキリしましょう。 yahoo. 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。 ・長時間・長期間の立ち仕事、肥満、加齢、出産などが誘因となって膝下3分の1の部位に静脈瘤ができ、 血液のうっ滞が生じ、血管から皮膚への酸素や栄養の供給が不足し、皮膚炎や色素沈着などの症状が出る。 長い時間立っていた日やよく歩いた日の夜に膝下がむくみ、翌朝には軽くなるという症状。 ・長時間の立ち仕事などを避ける、休憩・就寝時は足を高くして休む。 ・血流を悪化させる要因(立ち仕事、肥満、糖尿病、長時間の歩行など)があれば、可能なものから改善する。 goo. ・長時間・長期間の立ち仕事、肥満、加齢、出産などが誘因となって膝下3分の1の部位に静脈瘤ができ、 血液のうっ滞が生じ、血管から皮膚への酸素や栄養の供給が不足し、皮膚炎や色素沈着などの症状が出る。 長い時間立っていた日やよく歩いた日の夜に膝下がむくみ、翌朝...

次の