扁桃腺 手術 費用。 治療牙周病好貴,但有保險能賠你知道嗎?快翻開你的保單!

扁桃腺摘出手術を体験して払った入院~再出血~再手術~退院までの料金・費用、生命保険は使えたのか

扁桃腺 手術 費用

根據衛生福利部國民健康署調查,台灣有超過9成的成年人,或多或少都有牙周病的症狀,罹患率高居亞洲之冠。 牙周病主要是由牙齒或牙根表面上牙菌斑及牙結石長期刺激造成牙齦、齒槽骨等牙齒周邊支持組織發炎而破壞的慢性疾病,根據輕重程度有不同的治療方法,嚴重的話需要進行手術。 牙周翻瓣手術是治療牙周病最常見的手術型式,此類手術是「門診手術」不需住院,但大多都會使用到骨粉或再生膜,這2樣材料是自費項目,因此常聽到人家說治療牙周病很花錢,就是因為這2項材料;而能轉嫁這2項材料費的保險,就是實支實付醫療險。 實支實付醫療險可能可以理賠牙周病 不過並不是每一張實支實付醫療險都可以理賠。 認證理財規劃顧問(CFP)陳瑀莘表示,目前大多保險公司推出的實支實付醫療險,都有理賠門診手術,但大多將牙齒手術列為不保事項,僅有幾家公司推出的保單門有理賠牙齒門診手術。 要如何知道哪一張保單有理賠門診牙齒手術呢?可以從以下2個地方判斷: 1. 手術定義 各家保險公司對手術的定義不大相同,目前大多數實支實付醫療險對手術的定義是指:符合行政院衛生福利部最新公布之全民健康保險醫療費用支付標準第二部第二章第七節所列舉之手術(簡稱健保2-2-7);也就是說只理賠健保2-2-7所列舉出的手術,但牙齒手術就不在健保2-2-7內,因此不在理賠範圍內。 若看到: 被保險人所接受的手術,不在「手術名稱及費用表」所載項目內時,則由保險公司與被保險人協議比照該表內程度相當的手術項目給付比率,這種寫法對於手術沒有特別的定義,屬於概括式寫法,就有機會可以跟保險公司申請理賠。 除外責任 目前大部分實支實付醫療險條款中的除外責任,對於牙齒手術大多都載明:非因當次住院事故治療之目的所進行之牙科手術,也就是說,有理賠因治療目的的住院牙齒手術,但是不理賠門診牙齒手術。 但是有少數幾家保險公司的寫法是: 「非因當次住院或門診手術事故治療之目的所進行之牙科手術」或「非因治療目的之牙齒手術」,意思是,只要是因治療目的的牙齒手術,不論住院或門診都有理賠。 回到上述小明的案例,可以推斷另一張不賠的實支實付,不是手術定義排除門診牙齒手術,就是將門診牙齒手術列入除外責任。 陳瑀莘說,一般人對於理賠細節可能不太熟悉,但這些都是能否申請理賠時的關鍵因素,建議民眾在挑選保單時,應充分了解,也可以此做為挑選重點。

次の

你的扁桃腺還在嗎?──《科倫醫生吐真言:醫學爭議教我們的二三事》

扁桃腺 手術 費用

高額療養費制度:医療費の支払いが一定の上限額まで• 勤め先の健康保険組合からの付加給付金: 27,600円• 民間の医療保険からの給付金: 100,000 円 それぞれについて詳しく説明します。 高額療養費制度(限度額適用認定証) 扁桃腺の手術&入院のように医療費が高額となる場合、その負担が軽減されるように一定の上限額( 自己負担限度額)を超えた際に、その超えた分の金額が戻ってくるという制度があります。 自己負担限度額は所得水準等によって異なり、私の場合は 標準報酬月額が26万円以下だったので 57,600円でした。 この制度の利用にあたって、いくつか気をつけておきたい点があったのでまとめておきます。 窓口での支払いが高額にならず助かりました! できるだけ月をまたいで入院しない 高額療養費は 1ヶ月(暦の1日から末日まで)にかかった医療費で計算されるため、 月をまたいで入院した場合は損をすることがあるので注意が必要です! このことを知らず、私は10日間の入院なのに月をまたいで入院したため余計に医療費がかかりました。 私の場合、手術料・入院料 76,300 円のうち、6月分が 57,600円、7月分が 18,700円で計上されています。 月をまたいでいなければ手術料・入院料は 57,600円で済んだので、 18,700円分もったいなかったことに…! 金銭面で考えると、入院のスケジュール調整が可能な場合は、 できるだけ月をまたいで入院しないようにされることをおすすめします。 従って、入院準備の費用や入院前後の診察料を加味すると、個人的にはトントンという結果でした…。 私が扁桃腺の手術&入院をした感想(金銭面) 最後に、 金銭面から私が扁桃腺の手術&入院をした感想と反省点をまとめておきます。 個人的に、 思っていたよりも金銭面での負担は少なかった(むしろ収支がプラスだった)ので良かったです。 漠然と経済的に手術ができないと感じていた方は、一度ご自身の加入保険や適用される社会制度を確認してみてください。 案外と扁桃炎になる度に医療費を支払い続けるよりもコスト面ではお得になるかもしれません。 手術することにした方は、 高額療養費制度や健康保険組合、民間の医療保険などを上手く利用することが経済的に大切なので、 早め早めに準備しましょう!お勤めの方は会社に相談したり、加入している保険などにも 自分から連絡する必要があります。 今回の扁桃腺の手術に限らず、万一の場合に備えて 医療保険には入っておく重要性がわかりました。 病気になった時にまでお金の心配はしたくないので保険に加入し、そして保証の内容が自分にマッチしているかを今後も定期的に見直していきたいものです。

次の

治療牙周病好貴,但有保險能賠你知道嗎?快翻開你的保單!

扁桃腺 手術 費用

手術によるいびきの治療 手術の費用と効果・リスクについて いびき対策には様々な方法がありますが、 手術による治療も選択肢の一つです。 手術にもいくつか種類があり、目的や効果、費用等にも違いがあります。 今回は、 手術によるいびき治療の費用と効果・リスク等についてまとめます。 いびきの手術 いびきの治療は基本的に保存的治療(外科手術や外科処置などを行わない治療法)が主流ですが、アデノイドの形状が生まれつき大きい・変形しているケースや、保存的治療では回復が見込めない場合等には外科手術が適用されることがあります。 また、睡眠時無呼吸症候群による病的ないびきや、アレルギー性鼻炎等によるいびき等においても手術を行うことがあります。 いびきの手術は主に耳鼻咽喉科で行うことになります。 近年ではレーザー手術による治療が施術可能な医療機関も増え、従来の切開手術に比べると患者さんの身体的な負担は大幅に軽減されていますが、状態によっては切開術が必要な場合もあります。 いびき手術には以下のような手技があります。 口蓋扁桃手術(扁桃腺摘出術)• アデノイド切除術• レーザー手術 いびきの手術の効果・リスクについて いびきやの手術は、保存的治療では治療効果が上がらないと判断された時に適用となります。 施術による改善効果は高く、症状の大幅な軽減あるいは完治も見込める治療法です。 しかし、メスを入れるあるいはレーザーを照射する治療法は、患者への身体的な負担が大きく、免疫の重要な役割を担っている扁桃を切除することになるので、それなりのリスクはあるということを理解しておかなければなりません。 予後については、切開する「口蓋扁桃手術(扁桃腺摘出術)」、「アデノイド切除術」に関しては、概ね 1週間程度の入院が必要で、全身麻酔で行われます。 術後も1~2週間程度は、腫れや激しい痛みを伴う場合があります。 一方、「レーザー手術」は局所麻酔で 日帰り手術が可能です。 こちらも術後1~2週間の間は、食事の際などに強い痛みがあります。 手術の費用について 全身麻酔で行う切除術 「口蓋扁桃手術(扁桃腺摘出術)」「アデノイド切除術」は、全身麻酔で行う切除術です。 これらの手術は睡眠時無呼吸症候群や慢性扁桃腺炎、アデノイド腫脹(いずれもいびきの原因です)の確定診断を受けると 健康保険が使える手術になります。 口蓋扁桃手術には切除と摘出があり、摘出の方が手術野(執刀範囲)が広い分大がかりな手術となり、費用も高くなります。 また、手術は全身麻酔で行われ、入院期間は1週間前後となります。 保険適用となる切除術の場合、費用は3割の自己負担として計算した場合、大体 10万円〜15万円程度です。 レーザー手術 もう一つは「レーザー手術」です。 こちらは局所麻酔で、日帰りで受けることができます。 ただし、術後の痛みが治まるまでには1〜2週間ほど要しますので、手術を受けるタイミングは連休前にするなど、十分に検討しましょう。 費用については日帰りで 3万円〜5万円程度が相場です。 まとめ 今回は、手術によるいびき治療の費用と効果、リスクについてご紹介しました。 医師の診断に基づき手術を行った場合、いびきが大幅に改善・解消されたという声は多いようです。 最近ではレーザー手術が比較的負担が少なく人気がありますが、リスクもありますので、事前にしっかりと医師からの説明を受けて把握しておくようにしましょう。

次の