に こる ん 太った。 「コロナ自粛」で太った女性は6割

太っている人の7個の特徴!痩せている人との違いって?

に こる ん 太った

Babe」編集長の倉科です。 皆さんは日常の中で「この人、太ってるのになんでモテるんだろ」とか「この人、太ってるのになんかオーラを感じる」なんていう人に会ったことはありませんか? 私の運営する「Mr. babe」では独特のかっこよさを感じるポチャメンの方たちに独自調査をし、彼らのモテるテクニックやそのオーラの要因となるのは何なのかをリサーチしたことがあります。 そうすると、彼らがなぜモテているのかのテクニックがいくつかあることがわかりました。 今回はそんなデブなのにモテる男たちのテクニックをご紹介しましょう。 太っていることに引け目を感じるのではなく、むしろそれを武器にして笑いに変える。 それにより相手に緊張感を与えず、リラックスできる環境にもっていくということです。 たとえば、相手が私に「この人、太っている」というような印象を持っていると、相手も気にして太っていることには触れないようにするでしょ。 そこで自分も太っていることを隠すような方向に持っていくと、お互いに距離感が縮まらないので、逆にありのままの自分を開放して「僕、ポチャメンを売りにしてるんですよ! このお腹かわいいって評判なんです!」くらいの会話をしたほうが相手の女性もいじりやすくなり、距離感が縮まるんですよね。 太っていることをコミュニケーションのツールにしてしまえばお互いにラクになれますしね。 もしその時点で相手が引いてしまうなら、別に他の人を探せばいいですから(笑)。 でも、僕はそんな感じで彼女もできましたし、今でも女性の友達は結構います。 太っていることがむしろ「武器」ですよ。 たとえば、「そういえば実家はどこなの?」と聞いた際に「〇〇なんですよ」と返ってきて、もし行ったことのあるなら「そうなんだ! 僕も旅行で行ったことあるけどいいところだよねー、食べ物もおいしいし。 地元の人的には食べ物で何がおすすめなの?」と質問すると、相手は自分の生まれたところの話なのでいろいろと話してくれたりするじゃないですが、そうしたらその話に乗って「話を聞いてるだけでも食べたくなるなー、いいところで生まれたんだね〜」と相手の話に乗っかっると自然と盛り上がるんですよね。 もちろん何でもかんでも持ち上げると「調子のいいヤツ」と思われてしまうので、自分が本当に面白いと思うポイントを盛り上げるという感じです。 そうすると話も広がるし、女性は話を聞いてもらうのが好きな子も多いので、すぐに仲良くなれたりするんですよね。 聞き上手は「モテ」の大事なテクニックだと思いますよ。 いくらかっこよくても、キレイな女性でも近づいた時にクサかったり、香水つけすぎてたりする人だと嫌なイメージになるでしょ? 自分がそういうのが嫌いなんで、匂いには気を使ってますね。 歳も歳ですから、そろそろ加齢臭なんかも気になりますし(笑)。 太っている私の場合、もちろんまめにシャワーを浴びたり消臭シートは必ずバッグに入れてますけど、香水を付ける場合には石鹸の香りに近いものや、柑橘系の匂いがするすっきり系ものを選ぶようにしています。 匂いって人の印象をよくも悪くもイメージ付けてしまうので大事だと思います。 そこを抑えておくと、こんな太っている私でも周りにいい印象を与えられるんですよね。 先日も少しだけ香水をつけて仕事をしていたらアルバイトの女のコに「社長さんっていつもいい匂いがしますね〜、私の好きな匂いなんです! 香水なにつけてるんですか?」って聞かれて香水の話で盛り上がりましたよ。 ちょっと照れましたけど(笑)。 そもそも、それって日本人はあまり得意な部分ではないと思いますが、男女問わず気配りができたり、人に優しい、思いやりがある人ってかっこいいと思いますよ。 たとえば、食事の席でも料理が来ればすぐ取り分けてあげたり、飲み物がなくなれば「次は何を飲む?」って聞いてあげたり。 簡単なことなのにできない人も多いので、僕はただそれを実践しているだけですけど。 自分が寒いと思ったら「寒くない?」って聞いてあげたり、女性が重いものを持っていたら「僕が持つよ」って持ってあげたりとかね。 そんな振る舞いを当たり前にするだけで相手は「優しいね」とか「なんか私のために気を使ってくれてありがとう」って言われたら、こっちも嬉しいじゃないですか。 それを普通にやっていたら、周りの女性たちが「こういちくんってすごく優しいよね」って言われて照れましたけど……。 そのおかけで自分が好きだった女性とも付き合うことができましたし、今も「こういちってホント優しいよね」って言われてますよ。 自慢しちゃってこめんなさい(笑)。 でも、そのギャップを武器にして女性を口説いてますね。 太ってきてからも定期的にウエイクボードを続けてるんですけど、女性と飲んでいる機会にそんな話をすると「ホントですか〜」なんてギャグっぽくとられちゃうんですよね。 なので、「じゃあ、今度みんなでバーベキューがてら、ウエイクボードやりにいかない?」なんていうと「みんなでなら行きたーい!」ってなることも結構あります。 実際に行ってボードに乗ってるとこ見せるとちょっと信用してなかった女のコたちの反応が違ってきたりするんですよね。 まさにこれが「ギャップ萌え」っていう感じで結構楽しいんですよ。 最近、また体重増えてきてるんで膝にきてるんですけどね……。 僕の場合はウエイクボードですけど、得意なジャンルがあれば、ぽっちゃり体型とのギャップがある得意分野であればあるほど「ギャップ萌え効果」は絶大なので試してみてください。 女性の反応が面白いですから。 ということで「モテるデブが実践しているテクニック」いかがでしたか? 皆さん、太っていることをマイナスに考えていないところが素敵ではありませんか。 でも、これって体型に関係なく生き方としてポジティブに生きている人は魅力があるし、オーラを感じるということかもしれません。 そこに「太っている」ことを武器にしてしまうというオプションを付けてしまうことでより輝けるかもしれませんよ。 皆さんも実践してみてはいかがですか。 現在はウェブマガジン『Mr. babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中。 2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr. 大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中.

次の

太っている人の性格や特徴をご紹介!

に こる ん 太った

自分の体型に自信を持てず、いつも「痩せなきゃ」「ダイエットしなきゃ」「ジムに行かなきゃ」と追い詰められている…そんな人は多いはず。 ボディイメージを気にするのは、ある意味普通のこと。 しかし、それにとらわれすぎると大きなストレスとなり、ネガティブな思考に支配されることに。 ロンドンを拠点に作家、コメディアン、活動家として幅広く活動しているさん(30歳)も、長年にわたりボディイメージと格闘していた1人。 しかし、現在はその闘いを終え、自分の体型を受け入れているそう。 そんなソフィーさんが語った「自分の体型を受け入れるヒント」を<Good Housekeeping>からお届け。 「太っている」という言葉の意味を分析し、論理的に開放される方法を説いています。 語り:ソフィー・ハーゲン A post shared by sofiehagendk on May 29, 2019 at 6:54am PDT どうしたら自分の体を愛せるの? 考え方を変えるだけでいいんです。 もし、「太っていることは悪いこと」と信じていたら、あなたは一生を恐怖と共に過ごすことになってしまうかも。 食事の度に恐怖を感じ、制限だらけのネガティブな人生を歩むことになるのです。 「痩せていたい」という願望のために。 ほとんどの人は、太っているよりは痩せていたいと思っているはず。 それは私たちが「痩せている方がいいし、幸せに決まっている」と教えられてきたからでしょう。 ダイエットの広告に登場する、細身の美しい女性を見てください。 サラダ片手に笑っていますよね? でも、彼女たちが幸せかどうかは別の話です。 さて、ここで質問。 野菜や味のないダイエットフードしか食べられない「制限だらけの食生活」に毎日に、幸せを感じられる? 痩せていることは幸せの条件ではないのです。 「痩せている=幸せの条件」ではありません。 「痩せている=快適な生活を約束される」ではありません。 「痩せている=人に愛され、必要とされる」ではありません。 「痩せている=セクシー&ビューティフル」ではありません。 痩せなくてはヨガ教室に通うのも気が引けるし、プールで泳ぐのも恥ずかしい…と思うのも間違い。 水着もクロップトップも、痩せないと着られないものではないはずです。 あなたが「痩せなくてはならない」理由なんて、ないのです。 正しく理解する 自分の体型を受け入れるファーストステップは、「太っていることは悪いことではない」と知ること。 とてもシンプルなことだけど、これが実に重要なポイント。 この世の中には、「太っていることは悪いこと」という印象が刷り込まれています。 たとえば、「私、太っているから」と誰かに言ったとします。 すると誰もが「そんなことないわ」と答えるでしょう。 でも、私は太っているんです! つまり、人は誰かに「太っている」と言うことさえにも罪悪感を感じるぐらい、「肥満は悪」だと認識してしまっているわけ。 しかし、この認識は間違い。 そしてこの間違いに気づくことが、ファーストステップなんです。 もうひとつ、「太っている=美しくない、醜い」という考え方も浸透しています。 美に対する認識は大きく分けてふたつあります。 ひとつは社会が「美しい」と判断した美しさです。 この考え方で世の中を見る場合、社会が「美しい」と判断したカテゴリーに当てはまらない人は、差別されてしまうのです。 いわゆる「美しさ」の定義はこの世に浸透しているため、幼い頃から無意識にその価値観を植え付けられています。 これによって「太っていることは良くないこと」と考えられ、社会が決めた「美しさ」を客観的で正しい価値観だと定義づけられてしまっているのです。 もうひとつは、個人による美意識(美に対する認識)です。 これは主観的な感覚なので、一般社会において、人は社会的価値観の方を優先してしまいます。 しかし脳内では自分の価値観が生きており、太っている人のことを美しいと思う人も多いのです。 私にとって「美しくあること」はとても重要であり、固定観念から開放されるまでずっととらわれていたものでした。 しかし、考えを変えたとき、鏡に映る自分が違って見えたのです。 「以前と同じ自分なのよ」と言い聞かせても、違って見えました。 突然、今まで大嫌いだった自分の体を、美しいと思えるようになったんです。 誰もが同じものを同じように「美しい」と感じるなんて、本来ありえないこと。 そんな当たり前のことに、初めて気づいたのです。 まず、これまで社会から押し付けられていた美の価値観を捨て去ることが大切です。 そして何より、自分自身を社会の価値観で判断することをやめましょう。 「太っている」という言葉を「自分の言葉」として使えるようになることは、私にとって自分を愛するために重要なプロセスでした。 これまで「太っている」という言葉は、私自身を傷つける武器のようなものでした。 しかしこの言葉を受け入れ、自分を形容するときにあえて使い、またネガティブな表現として使うのをやめたとき、見える世界が変わりました。 それはまるで、今まで自分に向けられていた銃をつかみ返し、そのまま敵の背中にぐるりと銃口を向けたように、「勝った!」という気持ちになったんです。 難しい意識変革のように聞こえるかもしれませんが、実はあまり難しいことではありませんでした。 本来、「太っている」という言葉にネガティブな意味はありません。 私は何度も「太っていることはネガティブなことではない」と、繰り返し声に出して言ってみました。 社会に蔓延する肥満への恐怖から、「太っている」という言葉はネガティブなイメージを植え付けられています。 しかし本質的なことに立ち返れば分かるように、「太っている」と言う言葉には何もネガティブな意味は込められていないのです。 ただ(太っているという)体型を形容するための言葉でしかありません。 あなたを傷つけてきた「太っている」という言葉には何ら悪い意味はなく、ただ事実を伝える単語なのです。 背が高いとか、赤毛だとか、Tシャツの色が紫だとかと同じように、美醜を評価する価値基準とは無縁のものなのです。 私は「太っている」ことで、傷つく必要はないことを知りました。 「太っている」という言葉は、通りすがりの人だけでなく、家族、そしてネット上に存在する「誰かを傷つけよう」という意図をもって攻撃してくる人も含め、多くの人から投げかけられるものです。 でも、ちょっと想像してみてください。 毎日家を出るたびに、誰かがあなたの顔をめがけてシナモンロールを投げつけてくるとします。 しばらくの間、あなたはシナモンロールのことも嫌いになるでしょう。 しかしシナモンロールを上手にキャッチする方法を覚えたら、シナモンロールを後で美味しく食べることもできるし、投げつけられることで傷つくこともなくなるはずです。 「シナモンロールをたくさんもらえるから、美味しく食べよう」というだけのことです。 このように「太っている」という言葉を受け入れ、ただの形容詞、もしくはあえて良い意味で使うようになると、傷つかなくなるのです。 少し時間はかかるかもしれません。 でも、言葉は使えば使うほど、あなたの言葉としてなじんでくるはずです。 美味しいシナモンロールと同じように。 Translation:.

次の

虹プロ|リリアが脱落理由は?太った&顔パンパン!性格悪いから嫌い?

に こる ん 太った

自分の体型に自信を持てず、いつも「痩せなきゃ」「ダイエットしなきゃ」「ジムに行かなきゃ」と追い詰められている…そんな人は多いはず。 ボディイメージを気にするのは、ある意味普通のこと。 しかし、それにとらわれすぎると大きなストレスとなり、ネガティブな思考に支配されることに。 ロンドンを拠点に作家、コメディアン、活動家として幅広く活動しているさん(30歳)も、長年にわたりボディイメージと格闘していた1人。 しかし、現在はその闘いを終え、自分の体型を受け入れているそう。 そんなソフィーさんが語った「自分の体型を受け入れるヒント」を<Good Housekeeping>からお届け。 「太っている」という言葉の意味を分析し、論理的に開放される方法を説いています。 語り:ソフィー・ハーゲン A post shared by sofiehagendk on May 29, 2019 at 6:54am PDT どうしたら自分の体を愛せるの? 考え方を変えるだけでいいんです。 もし、「太っていることは悪いこと」と信じていたら、あなたは一生を恐怖と共に過ごすことになってしまうかも。 食事の度に恐怖を感じ、制限だらけのネガティブな人生を歩むことになるのです。 「痩せていたい」という願望のために。 ほとんどの人は、太っているよりは痩せていたいと思っているはず。 それは私たちが「痩せている方がいいし、幸せに決まっている」と教えられてきたからでしょう。 ダイエットの広告に登場する、細身の美しい女性を見てください。 サラダ片手に笑っていますよね? でも、彼女たちが幸せかどうかは別の話です。 さて、ここで質問。 野菜や味のないダイエットフードしか食べられない「制限だらけの食生活」に毎日に、幸せを感じられる? 痩せていることは幸せの条件ではないのです。 「痩せている=幸せの条件」ではありません。 「痩せている=快適な生活を約束される」ではありません。 「痩せている=人に愛され、必要とされる」ではありません。 「痩せている=セクシー&ビューティフル」ではありません。 痩せなくてはヨガ教室に通うのも気が引けるし、プールで泳ぐのも恥ずかしい…と思うのも間違い。 水着もクロップトップも、痩せないと着られないものではないはずです。 あなたが「痩せなくてはならない」理由なんて、ないのです。 正しく理解する 自分の体型を受け入れるファーストステップは、「太っていることは悪いことではない」と知ること。 とてもシンプルなことだけど、これが実に重要なポイント。 この世の中には、「太っていることは悪いこと」という印象が刷り込まれています。 たとえば、「私、太っているから」と誰かに言ったとします。 すると誰もが「そんなことないわ」と答えるでしょう。 でも、私は太っているんです! つまり、人は誰かに「太っている」と言うことさえにも罪悪感を感じるぐらい、「肥満は悪」だと認識してしまっているわけ。 しかし、この認識は間違い。 そしてこの間違いに気づくことが、ファーストステップなんです。 もうひとつ、「太っている=美しくない、醜い」という考え方も浸透しています。 美に対する認識は大きく分けてふたつあります。 ひとつは社会が「美しい」と判断した美しさです。 この考え方で世の中を見る場合、社会が「美しい」と判断したカテゴリーに当てはまらない人は、差別されてしまうのです。 いわゆる「美しさ」の定義はこの世に浸透しているため、幼い頃から無意識にその価値観を植え付けられています。 これによって「太っていることは良くないこと」と考えられ、社会が決めた「美しさ」を客観的で正しい価値観だと定義づけられてしまっているのです。 もうひとつは、個人による美意識(美に対する認識)です。 これは主観的な感覚なので、一般社会において、人は社会的価値観の方を優先してしまいます。 しかし脳内では自分の価値観が生きており、太っている人のことを美しいと思う人も多いのです。 私にとって「美しくあること」はとても重要であり、固定観念から開放されるまでずっととらわれていたものでした。 しかし、考えを変えたとき、鏡に映る自分が違って見えたのです。 「以前と同じ自分なのよ」と言い聞かせても、違って見えました。 突然、今まで大嫌いだった自分の体を、美しいと思えるようになったんです。 誰もが同じものを同じように「美しい」と感じるなんて、本来ありえないこと。 そんな当たり前のことに、初めて気づいたのです。 まず、これまで社会から押し付けられていた美の価値観を捨て去ることが大切です。 そして何より、自分自身を社会の価値観で判断することをやめましょう。 「太っている」という言葉を「自分の言葉」として使えるようになることは、私にとって自分を愛するために重要なプロセスでした。 これまで「太っている」という言葉は、私自身を傷つける武器のようなものでした。 しかしこの言葉を受け入れ、自分を形容するときにあえて使い、またネガティブな表現として使うのをやめたとき、見える世界が変わりました。 それはまるで、今まで自分に向けられていた銃をつかみ返し、そのまま敵の背中にぐるりと銃口を向けたように、「勝った!」という気持ちになったんです。 難しい意識変革のように聞こえるかもしれませんが、実はあまり難しいことではありませんでした。 本来、「太っている」という言葉にネガティブな意味はありません。 私は何度も「太っていることはネガティブなことではない」と、繰り返し声に出して言ってみました。 社会に蔓延する肥満への恐怖から、「太っている」という言葉はネガティブなイメージを植え付けられています。 しかし本質的なことに立ち返れば分かるように、「太っている」と言う言葉には何もネガティブな意味は込められていないのです。 ただ(太っているという)体型を形容するための言葉でしかありません。 あなたを傷つけてきた「太っている」という言葉には何ら悪い意味はなく、ただ事実を伝える単語なのです。 背が高いとか、赤毛だとか、Tシャツの色が紫だとかと同じように、美醜を評価する価値基準とは無縁のものなのです。 私は「太っている」ことで、傷つく必要はないことを知りました。 「太っている」という言葉は、通りすがりの人だけでなく、家族、そしてネット上に存在する「誰かを傷つけよう」という意図をもって攻撃してくる人も含め、多くの人から投げかけられるものです。 でも、ちょっと想像してみてください。 毎日家を出るたびに、誰かがあなたの顔をめがけてシナモンロールを投げつけてくるとします。 しばらくの間、あなたはシナモンロールのことも嫌いになるでしょう。 しかしシナモンロールを上手にキャッチする方法を覚えたら、シナモンロールを後で美味しく食べることもできるし、投げつけられることで傷つくこともなくなるはずです。 「シナモンロールをたくさんもらえるから、美味しく食べよう」というだけのことです。 このように「太っている」という言葉を受け入れ、ただの形容詞、もしくはあえて良い意味で使うようになると、傷つかなくなるのです。 少し時間はかかるかもしれません。 でも、言葉は使えば使うほど、あなたの言葉としてなじんでくるはずです。 美味しいシナモンロールと同じように。 Translation:.

次の