看護師になるのは難しい。 看護師になるのって難しいですか??

産業看護師になるには?

看護師になるのは難しい

看護師の国家試験は難しい? -看護師について知りたい- 健康・医療の総合情報サイト 看護師の国家試験は難しい? -看護師について知りたい- 健康・医療の総合情報サイト >>看護師の国家試験は難しい? サイト内検索 医療従事職 臨床検査技師 看護師 最新記事、お役立ち情報をいち早くご覧いただけます。 看護師の国家試験は難しい? 看護師になるにはまず看護学校に入らなくてはいけません。 ここまでは分かっている人も多いと思いますが、看護学校を卒業すれば看護師になれるわけではないんですよ。 看護学校を卒業して得られるのは、国家試験受験資格です。 看護師は国家資格なので、国家試験を受験して、合格しなければなりません。 これは看護師だけではなく、他の医療技術職もほぼ同じです。 看護師の国家試験は、毎年2月下旬の日曜日に行われ、3月に合格発表があります。 国家試験と聞くと難しいイメージがありますよね。 看護師の国家試験の難易度って、どのくらいなのでしょう。 厚生労働省のデータによると、看護師国家試験の合格率は毎年約90%です。 これって、高いのでしょうか、低いのでしょうか?数字だけ見ると、「意外に高いな。 看護師の国家試験は、結構簡単かも」と思うかもしれません。 でも、国家試験を受けるのは、看護師になるための教育課程を3年以上受けた人達だけです。 さらに看護師の国家試験は、10科目にも及びます。 基礎看護学、成人看護学、小児看護学、人体の構造と機能などありとあらゆる分野から出題されます。 看護学校で学んだこと全てが出題範囲となっていると言えるでしょう。 それを考えると合格率が高いからと言って、一概に簡単とは言えませんよね。 看護師の国家試験は、学校での授業をしっかりと受けて、実習をまじめに取り組み、国家試験のための勉強をコツコツやっていれば、合格すると言われています。 もちろん、人それぞれでしょうが、ほとんどの人は受験の約1年前から、国家試験対策の勉強を始めているようです。 学校によっては、学校が国家試験対策のカリキュラムを組んで、通常の教育課程のほかに補習等も行っているところもあります。 3年間きっちり勉強すれば、合格可能な看護師の国家資格ですが、逆を言えば3年間あまり勉強していなかった人達は、不合格となります。 看護師の仕事は、命を扱う責任の重い仕事なので、国家試験は学生時代に不真面目だった人を看護師にさせないための試験とも言えるかもしれませんね。 看護師国家試験の出題範囲は、かなり幅広いので、日頃の授業を真面目に取り組み、コツコツ試験対策をしておくことが、国家試験合格の一番の近道と言えるでしょう。 准看護師が今後どうなるかは決まっていませんが、これから准看護師を目指す人は、廃止の議論がされているという現状を知っておいたほうが良いでしょう。 ブランクのある看護師の再就職 看護師の資格は、国家資格で更新の必要もありません。 そのため、出産や結婚、介護などの事情で一度看護師を辞めた人でも、再び資格を生かして働くことができるんです。 でも、看護師は専門的な知識や技術が必要とされる職業ですので、一度看護師を辞めてしまうと、復職するのが難しい場合もあります。 医療の世界は日々進歩を続けていて、どんどん新しい技術や知識が導入されています。 現役の看護師さんでも、その進歩に追いつくため、働きながら日々勉強を続けているのですから、ブランクがあり医療の現場を離れていた看護師さんは、ブランクがあっても働けるのか不安でいっぱいになるでしょう。 看護師は3年以上のブランクがある場合は、一から勉強しなければならないと言われいますので、いくら看護師の資格は一生使えると言っても、実際にはなかなか難しいというのが現状です。 でも、看護師不足が問題になっていますので、ブランクのある看護師さんでも積極的に採用するという病院は増えていますし、職場を選べばブランクがある看護師さんでも復職することは十分に可能です。 ブランクのある看護師さんにおすすめの職場は、介護施設です。 介護施設は、基本的に治療が必要な方は入所されていませんので、看護師の仕事は、バイタルチェックをしたり、服薬管理をするなど利用者の健康管理です。 医療行為はほとんどありませんので、採血や静脈注射などに自信ない人でも、勤めやすい職場といえます。 また仕事量も多くなく、のんびりした雰囲気の職場が多いですので、最初はマイペースで仕事に慣れていけるでしょう。 介護施設で働く看護師さんの中には、ブランクがあった人も多いですので、同じ環境の人と働くことができるのは心強いですし、職場の協力も得やすいと思います。 また、教育制度が整っている病院もおすすめです。 上記で述べたようにブランクのある看護師さんでも積極的に採用している病院は増えています。 プリセプターをつけてくれたり、入職前に復職支援研修を行ってくれたりと、ブランクのある看護師さんがスムーズに復職できる制度が整っている病院を選べば、安心して復職できるのではないでしょうか? 確かにブランクが長かった看護師さんが、いきなり第一線の急性期病棟で働くのは難しいと思いますが、職場を選んで復職すれば、再び看護師として働くことができますよ。

次の

経理になるのは難しい?経理への転職が難しいといわれるワケは?

看護師になるのは難しい

こんにちは。 今現在国立大学の医学部保健学科看護学専攻に在籍しています。 私自身、人の役に立てる看護師って素敵!と思ったのと、これからは資格がものを言う時代だと思い、今の学部学科を希望しましたが、親からは大反対でした。 親は「看護師なんて専門学校にいってもなれるし、世間的には馬鹿な女の子がなるものだと思われている。 国立大学に入れる学力があるのであれば、教育学部などに行け。 はっきり言って、私は看護師に憧れはありましたが、技術的には難しいとか勉強が難しいとか思っていませんでした。 簡単になれると思っていました。 受験は受験で大変なものでしたが。 さて前置きが長くなってしまいました。 しかし現実としては・・・・・・大変です。 英語の解剖学の本を読みあさり、体の解剖を英語で覚えなければなりません。 (何百個とあります。 骨の名称まで。。。 ) 眼科、皮膚科、脳神経、耳鼻咽喉科、消化器、呼吸器、循環器、整形外科、精神科、造血器・・・・と全ての科の授業があります。 それに加え、小児科、産婦人科、老年、成人と発達段階別に授業があります。 さらに加え、栄養学、公衆衛生学、在宅ケア論、救急医学、看護技術(注射の打ち方など)、緩和ケア、医療統計学、生理学、薬理学、心理学、微生物学・・・・と書ききれないくらいあります。 ちなみに2年生のときの教科書代だけで、10万は超えました。 もちろん冊数も相当ありました。 看護技術も、注射の種類も何種類もあります。 皮下注射、筋肉注射、採血・・・そして針のサイズまで(21Gとか22G)とか。 薬の名称とその効果、副作用まで覚えなければなりません。 でも、親の言うことも少しはわかりました。 国立大の看護に進学したって、世間の「看護学生=馬鹿」というイメージなんて変わらないようです。 実際に身をもって経験して実感しました。 でも国立大でも専門学校でも看護学生は忙しく、大変なものなんですけどね(涙) ちなみに大学は4年間ですが、看護専門学校は3年制をとっているところも多く、これらの内容を3年間で勉強するのです。 専門学校生のほうが酷な毎日を送っていると思います。 かなり大変という内容を書きましたが、看護師になること事体は、難しいかと聞かれると微妙です。 日本には沢山の看護専門学校や看護大、国立大学の保健学科がありますから、狭き門ではないでしょう。 しかし、勉強する内容は難しいですし量が大量です。 難しいというか、大変という言葉が1番合うかもしれません。 なんだか回答というよりも、私の愚痴になってしまったような気がします。 私はこんな学生ですけど、現場の看護師さんたちは本当に患者さんのことを考えていて、たくさんの知識をもっているすばらしい方ばかりですよ。 追加:授業のカリキュラムは大学ごとに違うので参考までにしてください。

次の

採血が難しい血管選手権!|看護師の本音アンケート

看護師になるのは難しい

看護師の国家試験は難しい? -看護師について知りたい- 健康・医療の総合情報サイト 看護師の国家試験は難しい? -看護師について知りたい- 健康・医療の総合情報サイト >>看護師の国家試験は難しい? サイト内検索 医療従事職 臨床検査技師 看護師 最新記事、お役立ち情報をいち早くご覧いただけます。 看護師の国家試験は難しい? 看護師になるにはまず看護学校に入らなくてはいけません。 ここまでは分かっている人も多いと思いますが、看護学校を卒業すれば看護師になれるわけではないんですよ。 看護学校を卒業して得られるのは、国家試験受験資格です。 看護師は国家資格なので、国家試験を受験して、合格しなければなりません。 これは看護師だけではなく、他の医療技術職もほぼ同じです。 看護師の国家試験は、毎年2月下旬の日曜日に行われ、3月に合格発表があります。 国家試験と聞くと難しいイメージがありますよね。 看護師の国家試験の難易度って、どのくらいなのでしょう。 厚生労働省のデータによると、看護師国家試験の合格率は毎年約90%です。 これって、高いのでしょうか、低いのでしょうか?数字だけ見ると、「意外に高いな。 看護師の国家試験は、結構簡単かも」と思うかもしれません。 でも、国家試験を受けるのは、看護師になるための教育課程を3年以上受けた人達だけです。 さらに看護師の国家試験は、10科目にも及びます。 基礎看護学、成人看護学、小児看護学、人体の構造と機能などありとあらゆる分野から出題されます。 看護学校で学んだこと全てが出題範囲となっていると言えるでしょう。 それを考えると合格率が高いからと言って、一概に簡単とは言えませんよね。 看護師の国家試験は、学校での授業をしっかりと受けて、実習をまじめに取り組み、国家試験のための勉強をコツコツやっていれば、合格すると言われています。 もちろん、人それぞれでしょうが、ほとんどの人は受験の約1年前から、国家試験対策の勉強を始めているようです。 学校によっては、学校が国家試験対策のカリキュラムを組んで、通常の教育課程のほかに補習等も行っているところもあります。 3年間きっちり勉強すれば、合格可能な看護師の国家資格ですが、逆を言えば3年間あまり勉強していなかった人達は、不合格となります。 看護師の仕事は、命を扱う責任の重い仕事なので、国家試験は学生時代に不真面目だった人を看護師にさせないための試験とも言えるかもしれませんね。 看護師国家試験の出題範囲は、かなり幅広いので、日頃の授業を真面目に取り組み、コツコツ試験対策をしておくことが、国家試験合格の一番の近道と言えるでしょう。 准看護師が今後どうなるかは決まっていませんが、これから准看護師を目指す人は、廃止の議論がされているという現状を知っておいたほうが良いでしょう。 ブランクのある看護師の再就職 看護師の資格は、国家資格で更新の必要もありません。 そのため、出産や結婚、介護などの事情で一度看護師を辞めた人でも、再び資格を生かして働くことができるんです。 でも、看護師は専門的な知識や技術が必要とされる職業ですので、一度看護師を辞めてしまうと、復職するのが難しい場合もあります。 医療の世界は日々進歩を続けていて、どんどん新しい技術や知識が導入されています。 現役の看護師さんでも、その進歩に追いつくため、働きながら日々勉強を続けているのですから、ブランクがあり医療の現場を離れていた看護師さんは、ブランクがあっても働けるのか不安でいっぱいになるでしょう。 看護師は3年以上のブランクがある場合は、一から勉強しなければならないと言われいますので、いくら看護師の資格は一生使えると言っても、実際にはなかなか難しいというのが現状です。 でも、看護師不足が問題になっていますので、ブランクのある看護師さんでも積極的に採用するという病院は増えていますし、職場を選べばブランクがある看護師さんでも復職することは十分に可能です。 ブランクのある看護師さんにおすすめの職場は、介護施設です。 介護施設は、基本的に治療が必要な方は入所されていませんので、看護師の仕事は、バイタルチェックをしたり、服薬管理をするなど利用者の健康管理です。 医療行為はほとんどありませんので、採血や静脈注射などに自信ない人でも、勤めやすい職場といえます。 また仕事量も多くなく、のんびりした雰囲気の職場が多いですので、最初はマイペースで仕事に慣れていけるでしょう。 介護施設で働く看護師さんの中には、ブランクがあった人も多いですので、同じ環境の人と働くことができるのは心強いですし、職場の協力も得やすいと思います。 また、教育制度が整っている病院もおすすめです。 上記で述べたようにブランクのある看護師さんでも積極的に採用している病院は増えています。 プリセプターをつけてくれたり、入職前に復職支援研修を行ってくれたりと、ブランクのある看護師さんがスムーズに復職できる制度が整っている病院を選べば、安心して復職できるのではないでしょうか? 確かにブランクが長かった看護師さんが、いきなり第一線の急性期病棟で働くのは難しいと思いますが、職場を選んで復職すれば、再び看護師として働くことができますよ。

次の