ムラ っ け オクタン。 オクタン|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

オクタンとは (オクタンとは) [単語記事]

ムラ っ け オクタン

オクタン育成論 概要 特性:ムラっ気でムラムラしながら、能力をあげつつ しおふきで相手に負担をかけます。 ふんしゃポケモンのオクタン、一番しおふきが似合います。 もちろん、性別もしっかり厳選する必要があります。 しおふきにロマンを感じよう しおふきは、HPが高いほど高威力になる技です。 ムラムラして能力をあげつつ、勢いよくしおふきで相手を突破します。 ムラっ気を高めて、しおふきするのは非常にロマンがあります。 しおふきを覚えるライバル しおふきを覚えるポケモンは少ないですが、ライバルに ・しめりけ ブルンゲルのしおふき ・鈍感ホエルオーのしおふき (敏感だろ) ・ムラっ気ドーブルのしおふき ・メガランチャーしおふきのメガカメックス が存在します。 個人的には、湿り気ブルンゲルのしおふきがおすすめです。 ムラっ気オクタンの他の有用な技 オクタンは優秀なポケモンで、技巧的な技をたくさん覚えるテクニシャンなポケモンです。 ・からみつく ・しぼりとる ・ きあいだめ ・ みずびたし ・ メロメロ ・ないしょばなし など、しおふきと相性のいい技ばかりです。 特に、 メロメロからのしおふき しおふきからのみずびたし きあいだめからのしおふき は多くのトレーナーに役割を持てます。 など 非常に有用な技を覚えました。 ムラっ気オクタンの欠点 可愛くないため、役割対象が少ないのが欠点です。 そこは、メロメロを採用することで補いましょう。 また、 範囲は狭いですがB専には役割を持ちやすいです。 それでは、育成論の詳細に入ります。 きっと、女子力が高くなるから急所ランクが上がります。 体力がある(若い方が)と威力が高い。 しおふき後に行うことで後続のポケモンのサポートができます。 性格 ひかえめ おだやか おっとり などの、きあいだめ+しおふきと肉食系な感じとギャップのある性格をおすすめします。 ギャップを演出することが大切です。

次の

【ポケ勢の闇】もこう先生、大会で「ムラっけオクタン」に負けた結果とばっちりで炎上してしまう…

ムラ っ け オクタン

耐久は並程度。 覚える攻撃技の範囲が半端ではなく、ほとんどのタイプの技を覚え、でんじはやみずびたしと小技もそこそこ。 一致技もハイドロポンプやしおふきと火力のあるものが揃っている。 しかし種族値の低さが災いしてオーソドックスなアタッカー型の使い勝手はイマイチ。 両刀種族値・特性からエース運用が前提になるが、A・Cはそこそこ、素早さは麻痺を絡めてもそうそう上を取れないなど対面性能の低さが目立つ。 同じタイプを持つ鈍足特殊アタッカーとしてはサイクル性能の高いがおり、セルフトリルによるS操作も可能と対面性能にも隙がない。 物理技の範囲で大きく差別化できるものの、個性を活かしつつ活躍させるにはパーティ単位での作戦が必要になる。 差別化としてはやはりを利用したターン稼ぎによる自己強化が重要といえる。 その場合は当然などの他のムラっけ持ちがライバルとなるが、ムラっけでは最鈍であることが足を引っ張る。 ムラっけは相手の上を取ってみがまも連打で発動回数を稼ぐのが基本戦術であるため、上を取れる範囲が他に比べて狭い点は大きな欠点。 トリックルーム下で上を取りやすい点、ムラっけ最高の攻撃性能、優秀な耐性による受け出し・流し性能を活かしたい。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 きゅうばん 交代技無効。 積み技と相性が良いが、きあいだめ以外の積み技は習得しない。 バトン先として運用する場合には考えられなくもないが、他の変化技もまとめてシャットアウトできるの壁が厚い。 低種族値を無難にカバーできるムラっけの汎用性には及ばないため、採用優先度は低い。 とはいえ中程度の耐久かつ鈍足であるため、積む余裕は作りづらい。 きゅうばん同様、やはり汎用性の視点では下記のムラっけが優先される。 ムラっけ 隠れ特性。 まもるとみがわりで攻撃を防ぎつつ能力上昇が狙え、これだけで積みエースとして採用理由になるほどの強力な特性。 ムラっけ持ちでは最鈍であることが玉に瑕だが、やと共にスイッチトリルに組み込めることは利点。 上手くターン稼ぎできれば低めの種族値をカバーすることができ、能力上昇できれば高い攻撃性能も活かせる。 時々必要な能力が下がってしまうこともあるが、ターン稼ぎが上手くできていれば問題はないだろう。 前者2つの特性はあえてオクタンで採用するメリットが無いため、汎用性・差別化いずれの視点でも基本はこの特性で確定といえる。 ただし、には注意。 でんじはと組み合わせれば追加効果も狙える。 ダイビング 水 80 120 100 - ORAS秘伝技。 溜め技なので止まりやすいが、ムラっけの時間稼ぎに使える。 水に刺さる。 こちらも急所で大幅威力UP。 4倍ならきあいのタスキ貫通も狙える。 タネばくだん 草 80 100 - タネマシンガンと選択で安定性を取るなら。 ギガインパクト 無 150 90 反動で攻撃不可 Zワザによって使いやすくなった。 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 ハイドロポンプ 水 110 165 80 - 命中不安だが火力は高い。 なみのり 水 90 135 100 - 特殊型のメインウェポン。 タイプ一致。 なみのりとは選択。 しおふき 水 ~150 225 100 - トリパ専用だが最高火力。 Zワザ化で威力200 300。 オクタンの個性の一つで優先度高め。 4倍弱点のなどにはこちらで十分。 素の威力と命中に難有り。 ダブルでは全体攻撃なので優秀なサポート技。 水タイプとの等倍補完はまずまず。 はかいこうせん 無 150 90 反動で攻撃不可 Zワザによって使いやすくなった。 変化技 タイプ 命中 備考 みずびたし 水 100 相手のメインウェポンの火力が下げられる上、草技が効きやすくなったりと耐久向き。 でんじは 電 90 地面を呼びにくいので好相性だが電気タイプに注意。 最速でS140族まで抜けるようになるが、準速だとぎりぎり130族が抜けない。 きあいだめ 無 - スナイパー型で確定急所を狙うなら。 オクタンほうについて 名前と違って準専用技(以外に進化前のテッポウオやも遺伝で覚える)。 スリップダメージの狙えるねっとうを高威力で撃てるため、安定した攻撃技として採用できる。 と比較するとSがかなり低く、耐久値も少し劣るが、AC種族値及び耐性はオクタンの方が優秀。 S最速で実数値106、無振り85族や準速50族までは抜ける。 ムラっけでSが2段階上がれば最速140族まで。 逆に鈍足を活かしやと共にスイッチトリルに組み込まれる場合も多い。 確定技3枠で埋まるが、残りは水技と補完に優れ、みがわりやに強いタネマシンガンが有力。 A下降補正無振りでも能力上昇すれば十分な威力が出るため、性格おくびょうの型でも採用率は高い。 他のムラっけ持ちとの差別化にもなるため、優先度は高いと言える。 技選択範囲の広いオクタンのため、ねっとうはあくまで確定技には入れず様子見。 自身も覚えるがでんじはやへびにらみ等の麻痺撒き、壁サポートがあれば動きやすくなる。 対オクタン 注意すべき点 とにかく覚える技の範囲が広い。 物理・特殊共、非常に多くのタイプの技が使える。 火力もそこそこ出る。 トリックルームからの無双にも注意が必要。 また、ムラっけで戦う型もあり、どの能力が上がっても強い。 スナイパー型の確定急所戦法も無視できない。 対策方法 ムラっけ対策としてはてんねんの、が有効。 ヌオーはタネばくだんやタネマシンガン、ピクシーはダストシュートに注意。 スナイパー対策にはカブトアーマーの等が安定して戦える。 耐久もムラっけで急激に上がりさえしなければそれほどないので、抜群技で倒せる。 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技34 ヘドロウェーブ 95 100 どく 特殊 10 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 10 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技53 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技55 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技98 たきのぼり 80 100 みず 物理 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No. 1 オクタンほう 自力 Lv. 26 テッポウオ時 , 教え技 4BP ロックブラスト 自力 Lv.

次の

オクタンとは (オクタンとは) [単語記事]

ムラ っ け オクタン

オクタン ふんしゃポケモン ぜんこくNo. 224 アローラNo. USUM 144 高さ 0. 9m 重さ• 5kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Octillery タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 25で『テッポウオ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• 釣り テッポウオ呼出• 釣り テッポウオ呼出• 釣り テッポウオ呼出 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• /『てもち』の先頭にいると釣りが成功しやすくなる。 自分の攻撃が急所に当たると、ダメージが1. 5倍ではなく2. 25倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の