シルビア ブラウン。 楽天ブックス: 天国にいったペットたち

シルビア・ブラウンの予言

シルビア ブラウン

シルビアがこんなに天使のことにくわしいのはなぜなのでしょうか。 ネットで検索してみました。 著書も4〜5冊翻訳されています。 Sylvia Browne (シルビア・ブラウン) 1936年生まれ。 アメリカのNo. 1超能力者として、FBIや全米の警察などの公的機関にも協力、多数の難事件の解決・犯罪の調査に貢献。 日に20件ものリーディングをし、超自然現象の調査研究、精神科医をはじめとするアメリカ中の100人以上の医師たちとの共同作業、祈りの場の建設など、約50年にわたって第一線で活躍。 現在、テレビの「モンテル・ウィリアムズ・ショー」にレギュラー出演のほか、「グッドモーニング・アメリカ」「エンターテインメント・トゥナイト」、CNNなどの人気テレビ番組に出演。 その著書は、いずれもニューヨークタイムズのNo. 1ベストセラーに輝いている。 生まれつきのサイキックで、物心ついたときから、霊や天使が見えていました。 7才から2人のスピリチュアルガイドと見えない世界を探求、その60年の研究の成果のひとつが「天使が与える癒し」。 アメリカではTVにもレギュラー出演、警察の捜査にも協力、本はベストセラー、講座は発表前に満員。 ほんとにすごい人気です。 75年後の未来は見えるけれど100年後は見えないといいます。 前世で日本人だったことがあるとも言っています。 シルビアは、ちょっと口が悪いけれど、とても面白くて親近感の持てる女性だそうです。 今年で70才、アメリカまでTVを見に行きたくなりました。 どんなリーディングをしてくれるのでしょう。 リマ「シルビアさんにリーディングしてもらいたいヨー」 リマの守護天使「何言ってるんですか。 自分で見ればいいでしょ。 」 リマ「自分で自分のこと見てもつまんない。 人からどう見られてるか知りたいヨー」 守護天使「人間の心理って不可解ですね。 幸運の天使があなたの横にいます。 プチッと押してくださいね。 精神世界ランキング.

次の

【経歴】シルビア・ブラウンの透視失敗事例【米国の有名サイキック】

シルビア ブラウン

複数のコロナに関する予言 サイキック シルビア・ブラウン 難事件を解決に導いた実績のあるサイキック、シルビア・ブラウン氏は2008年に今回のコロナウイルスに関するものと思われる予言を残していることが判明しました。 2020年頃、深刻な肺炎のような病気が世界中に広まるだろう。 その病気は、肺と気管支を攻撃し、あらゆる既存の治療法に抵抗する。 しかし、病気そのものよりも不可解なのは、その病気が忽然と姿を消すという事実の方だろう。 その病気は10年後に再び現れ、永遠に姿を消すだろう 「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World」より引用 シルビア・ブラウン氏は2013年に他界しているので、この予言に関することは質問できないが「2020年頃」や「肺炎のような病気」など明らかにコロナウイルスに当てはまるのではないでしょうか。 実は度々当たらない予言をしていた過去も有るので、ブラウン氏を信用していない人も多かった様子で記憶に留めていなかったのかもしれません。 リンク 2026年頃、いくつもの巨大な津波が日本を襲うだろう。 これによる海洋の地殻変動により、ハワイ諸島の中に新しい島が生まれるだろう。 このようにも記載されており、これが本当になってしまうとコロナに津波にと日本は大惨事に見舞われる可能性があります。 サイキック クレイグ・ハミルトン・パーカー 的中率70%といわれるクレイグ・ハミルトン・パーカー氏もコロナウイルスについて最初は楽観視していたものの後日新たに予言しています。 新型コロナウイルスの感染は5月か6月あたりに勢いが収まり、6月21日には収束する。 落ち込んだ経済も夏には盛り返す。 しかし、一旦は収束するものの、 12月にはまた新たな感染拡大が中国で起こり、欧米はさほど影響はないものの、中東で大きな問題になる。 しかし、 その頃にはワクチンが開発されているので、最悪の状況は避けられるだろう。 「アガスティアの葉」という未来が記されているものを読み解いた可能性があるということですが、この「アガスティアの葉」というのは信憑性に乏しくインドでお金儲けのために使用されている面があることからこの予言自体が信憑性に欠けますね。 占星術師 アビギャ・アナンド 14歳のインド人の占星術師アビギャ・アナンド氏は昨年の8月の時点でYouTube上でコロナウイルスのものと思われる予言をしていました。 2019年末からウイルスパンデミックが発生し、3月29日から4月2日かけて状況が悪化していき、5月29日に収束する 人々はソーシャルメディアの至る所で、そして主流メディアでさえも、新型コロナウイルスは5月29日に終わると述べた私の予言について書きましたが、新型コロナウイルスは5月29日に終わるわけではありません。 5月29日以降、徐々に減少していくのです。 人々はきちんと理解して聞かなければなりません とも述べています。

次の

【HOT】全米最強サイキックが「新型コロナ」を12年前に予言、完全的中! 2026年に「日本が大地震・滅亡」と予言も!

シルビア ブラウン

(CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 Penguin Random House 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。 人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。 サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。 自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そのうえで、「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」と結論付けている。

次の