サンドロ トナーリ。 【ウイイレアプリ2020】サンドロ・トナーリの評価とレベルマックス能力値

サンドロ・トナーリの身長、体重の正しい数字は?同じ体格で活躍している選手は?

サンドロ トナーリ

サンドロ・トナーリの身長、体重の正しい数字は? サンドロ・トナーリの身長、体重を調べていると、様々な数字が出てきます。 まず、Wikipediaでは身長173cmと出ています。 なぜか?体重の表記はありません。 一方では、身長181cm、体重79kgと出ていたり、身長189cm、体重70kgと出ているところもあります。 いったい、どれが正しいのでしょうか? サンドロ・トナーリの画像を見て、考えてみましょう。 この画像を見てみると、身長189cmはないでしょう。 体重も79kgもあると思いません。 ちなみに、フットボールチャンネルさんの記事内では、身長181cm、体重79kgと表記されています。 身長が189cmあってもおかしくないですね。 体重は70kgで当たっているように思えます。 見る画像で、サンドロ・トナーリの身長、体重がわからなくなりますね・・・。 UEFAU-21欧州選手権2019では、身長175cm、体重68kgと出ています。 何か、こちらのデータの方が、サンドロ・トナーリの身長、体重を正確に表しているような気がします。 選手によって、プロフィールに載せる身長、体重をサバ読んでいる話は出ていますからね。 おおよそなデータは、チームメートが知っていることでしょう。 かつて、TVで長友佑都が身長ネタで、日本代表選手にいじられていましたので(笑) サンドロ・トナーリの正しい身長、体重はチームメートが公開してくれることを祈りましょう。 まだ、年齢が19歳なので身長が伸びているかもしれませんし、体重に関してはトレーニングで増えている可能性もあるので、どの情報が正しいのか?わかりませんね・・・。 EURO2020の本戦が始まれば、正確な数字が出てくるでしょう。 その時に、追記します。 では、サンドロ・トナーリと同じぐらいの身長、体重で活躍しているセリエAの選手について書いてみたいと思います。 サンドロ・トナーリと同じぐらいの身長、体重で活躍しているセリエAの選手は? サンドロ・トナーリと同じぐらいの身長、体重で活躍しているセリエAの選手は、どんな選手がいるのでしょうか? ちなみに設定は、サンドロ・トナーリの身長175cm、体重68kgの設定で行きたいと思います。 まずは、ニコロ・バレッラ。 身長172cm、体重68kg。 カリアリの絶対的司令塔。 サンドロ・トナーリと似たようなプレースタイルであり、イタリア代表ではライバル的な存在でしょうね。 サンドロ・トナーリと共存は可能なのか?注目したいところ。 そして、もう一人は、ステファノ・センシ。 身長168cm、体重62kg。 セリエAで活躍し始めたのは最近ですが、サッスオーロから強豪インテルにレンタル移籍をし、インテルの主力として活躍しています。 ステファノ・センシも中盤の底からゲームメークを得意としているので、サンドロ・トナーリのライバルとなる存在ですね。 どちらが、イタリア代表のポジション争いに勝つのかも見ものですね。 ニコロ・バレッラとステファノ・センシ、サンドロ・トナーリの内、イタリア代表でスタメン争いで勝つのは誰になるのでしょうか? これだけ、若手のタレントが揃っているイタリア代表は、EURO2020でも躍進しそうな気がします。 層が厚くなっている中盤のポジションで、サンドロ・トナーリが生き残れるのか?ブレシア、イタリア代表での活躍を楽しみにしています。 まとめ。 今回は、サンドロ・トナーリの身長、 体重について書いてみました。 どの数字が正しいのか?わかりませんね・・・。 似た通ったかだと良いのですが、あまりにもかけ離れすぎているのが気になります。 EURO2020でのプロフィールで明らかになることでしょう。 セリエAで、サンドロ・トナーリの体型に近い選手について紹介をさせていただきましたが、2選手共に似たようなポジション。 プレースタイルも近いものがあります。 この2選手とポジション争いをすることになりそうですが、サンドロ・トナーリは勝てるのでしょうか? 新生イタリア代表の中盤のポジション争いも楽しみです。

次の

おすすめ銀玉選手!!ピルロの後継者サンドロトナーリ【ウイイレアプリ2020】

サンドロ トナーリ

イタリア史に残る名選手アンドレア・ピルロ。 ブレッシャの下部組織出身で、わずか17歳でトップチームデビュー。 当時セリエBで戦っていたチームの中で2017-18シーズン開幕戦に出場したが、その直後に再びプリマヴェーラ(下部組織)へと戻されてしまう。 それでも順調な成長を続けると、同シーズンの第23節に初先発。 結局リーグ戦19試合に出場。 活躍が高く評価されて、イタリアサッカー選手協会の選ぶセリエB最優秀若手選手賞に輝いた。 そして翌シーズンは飛躍の年に。 2018-19シーズンは累積警告のによる出場停止を除き全試合でピッチに立つ。 18歳にしてもはや絶対的な存在となったトナーリは、中盤でタクトを振るいながら3ゴール7アシストを記録。 そして10月には、若返りを図るロベルト・マンチーニ監督によってイタリア代表にも召集され、リヒテンシュタインとのEURO2020予選で初キャップを飾るなど、イタリア最有望株として脚光を浴びることになる。 編集部のおすすめ• 2019年夏にはユヴェントスやインテル、パリ・サンジェルマン(PSG)など多くのビッグクラブへの移籍が騒がれたが、「ここに残る」と宣言して残留。 初挑戦となったセリエAの舞台でも23試合1ゴール5アシストをマークし、19歳ながらイタリア最高峰の舞台でも物おじせずに自身の真価を発揮し続けている。 あのフランチェスコ・トッティも「世界最高のMFになる。 テクニックはもちろんのこと、メンタル面でも素晴らしい。 ピッチ上においてはどんな状況でも気を抜かない」と、大きな期待を寄せている。 しかし本人は「合宿の時に『この1年間、君のことを見ていたよ』と言われて本当に嬉しかった」としつつ、「比較は気にしてないよ。 最初の2、3カ月は少しプレッシャーを感じていたが、今は聞き流せるようになった」とコメント。 周囲の声は気にせず、黙々と自身の挑戦へフォーカスし続けている。 sandrotonali がシェアした投稿 - 2019年12月月3日午前11時58分PST プレースタイル 本人は「気にしていない」と語っているが、やはりピッチに立つ姿はピルロそのもの。 ディフェンスラインの前に立つ典型的なレジスタであり、長短の正確なパスでチームを動かし、傑出した戦術眼で司令塔に君臨している。 正確なFKも大きな武器だ。 また守備面でも、激しいコンタクトプレーが多いセリエBでもまれた彼は、果敢なタックルやディフェンスも躊躇せず。 それでいて相手をいなすプレーも得意としており、激しいプレッシャーもお構いなし。 その市場価値は6000万ユーロ(70億円)とも言われており、イタリアが誇る新たなスター候補筆頭である。 動画:プレー&ゴール集.

次の

【注目選手】サンドロ・トナーリ

サンドロ トナーリ

サンドロ・トナーリ【写真:Getty Images】 ブレシアに所属する19歳のイタリア代表MFサンドロ・トナーリが自身について、アンドレア・ピルロ氏よりもジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の方に似ていると明かした。 13日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。 今年10月に行われたEURO2020予選のリヒテンシュタイン戦で代表デビューを果たしている。 昨季はブレシアのセリエA昇格に貢献し、今季は公式戦12試合に出場し1得点2アシストを記録。 イタリアのクラブやアトレティコ・マドリー、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティなどから関心を示されている。 ピルロ氏と比較されることについてトナーリは「ピルロ氏と比較されても気にならない。 ただ、彼は言葉で表せないテクニックと才能を持っているので、僕とは非常に異なっていると思う。 むしろ、技術的に自分はガットゥーゾに似ていると考えている。 彼はいつも僕のロールモデルだったから」と語り、自分自身はピルロ氏よりもガットゥーゾ氏の方に似ていると明かした。 【了】.

次の