しね 英語。 「それで」「だから」「なので」「そこで」と英語で文をつなげる表現の種類と使い方

「拝啓」を英語で表現するには? 英語ビジネスメールの書き方 [ビジネス英会話] All About

しね 英語

注意事項• ・本サイト「英語力測定テスト2020」はNHK英語テキストのプロモーション用サイトとして株式会社NHK出版が提供しております。 ・このテストの結果は、あくまでひとつの目安です。 講座の内容なども吟味して、ご自分に合った講座を選んでください。 ・音声が視聴できない場合は別の環境からアクセスしてください。 ・本サイトで表示される統計データは、本サイトに入力された情報を集計したものです。 ・本サイトで入力された情報は当サイトに関連する媒体での掲載を目的とするものです。 なお、お答えいただいた回答を統計的に処理し、個人を特定できない形で販売促進やPR活動に利用することがございます。 ご了承ください。 ・本サイトに掲載されているコンテンツは私的使用その他法律によって明示的に認められる範囲を超えて、これらの情報を使用(複製、改変、ネットワーク上へのアップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版等を含む)することを禁止します。 ・本サイトは、2021年1月31日の終了を予定しております。

次の

最短ルートで英語をマスターする現実的かつ効率的な勉強法まとめ

しね 英語

英語関係の参考書は有名どころはだいたい試し、ECCでの英会話授業、フィリピン英語留学、Skype英会話も経験し、映画やアプリなど多くのツールも試した。 その甲斐あってか、今では毎日 英語を使って仕事をしているし、TOEICも900点を超えた。 ただ振り返れば、英語が話せるようになるまでにかなり時間をかけてしまい、数倍効率良く勉強ができたと思うところが多い。 今回はその反省を踏まえ、怪しい方法抜きで 現実的に、最短ルートで英語を話せるようになる方法をまとめてみようと思う。 最短ルートで現実的に英語が「話せる」ようになる勉強法まとめ 目次を兼ねて、ざっくりと英語勉強のステップを紹介する。 決して楽ではない。 しかし最短ルートだ。 ステップ1:基礎的な英単語・文法を一気に詰め込む• ステップ2:そのまま使える英語のフレーズを一気に覚える• ステップ3:実際に英語を話す機会を作り、文章を組み立てる練習をする• ステップ4:英語をブラシュアップする ステップ1:基礎的な英単語&英文法を一気に詰めこむ 残念ながら最速で英語を習得するには、英単語・文法は避けられない。 このステップを飛ばすと、はじめは良いが、 後から英語力が伸び悩むことになる。 英語を勉強しようと決心したら、まず英単語と文法の勉強を同時並行で進めよう。 1-1. 英単語の覚え方のポイント 単語勉強のポイント1:単語帳は受験用のもので良い 単語帳はターゲットやキクタンやユメタンなど受験用の単語帳でOKだ。 ただし、世の中の単語帳の中で、最も完成度が高く、最も効率良く英単語を学べる単語帳は、「」だろう。 DUOには、よく使われる「英単語」と「英熟語」が盛り込まれた560本の英文が載っている。 この英文を読みながら、効率的に、一気に英単語・熟語を覚えられるのだ。 なお、 英会話用の薄い単語帳はあまりおすすめしない。 受験の英単語は必要ないように見えても、なんだかんだ英会話の中でもよく使われるからだ。 速読英単語のような超長文の中に英単語が組み込まれてる単語帳も、頭に単語が集中して入らないのでおすすめしない。 単語勉強のポイント2:単語帳は必ずCD付きのものを選ぶ 英単語の綴りだけ覚えても発音が分からなければ、いざ会話のときに使えないし、聞き取れない。 単語勉強のポイント3:とにかく単語をたくさん目に入れ、耳に入れる 英単語を覚えるときのコツはとにかく 何度も繰り返し目に入れ、耳に入れること。 CDをミュージックプレイヤーに入れて、単語帳の区切り(セクション)ごとに何度もリピート再生をする。 1セクション終わったら、またセクションの始めに戻り…を繰り返し、1つ1つのセクションごとにマスターしていくのが効率が良い。 1-2. 英文法の勉強法についてのポイント 英単語と並行して、英文法の勉強もしよう。 英会話では文法なんてどうでもいいという意見もあるが、「本当にただ通じれば良い」という人以外はきちんと押さえておいたほうがいい。 文法が理解できていないと、文章を頭の中で1から組み立てる段階で苦労する。 応用ができないから、丸暗記した英文しか使えない丸暗記スパイラルに入る。 逆に文法をおさえておくと後から何かと楽だ。 ただ、文法については大学受験レベルまで覚える必要はない。 文法を勉強するときのポイントをまとめる。 英文法勉強のポイント1:大学受験用の参考書を使わない 使い道のない古臭い文法・構文が入っているため。 これは大事 英文法勉強のポイント2:直感的に文法を学ぶ 前置詞をはじめとして英語の文法は、イメージで理解すると後々応用が利きやすい。 イラストを使い、ネイティブの感覚で文法を丁寧に説明している「 」という参考書がかなりおすすめ。 丸3日あれば読破できる。 英文法勉強のポイント3:発音しながら学ぶ 可能であれば、例文等を声に出しながら読み進めると良い。 記憶に残りやすくなる。 ステップ2:会話で使えるフレーズを丸暗記する いざ、英単語と文法を覚えても、すぐに会話でポンポン使うことは難しい。 英単語と英文法を結びつけるのは、頭で分かっていても時間がかかるからだ。 しかし 英会話で使えるフレーズを丸ごと大量に覚えてしまえば、それらが結びつき、頭の中で整理される。 ステップ1がきちんとできていれば「覚えたフレーズの単語を変えてみる、フレーズ同士を組み合わせてみる」などの応用がすぐに出来るようになる。 ぼく自身、英会話でそのまま使える短いフレーズを1000本近く丸暗記してから会話が驚くほど出来るようになったことを覚えている。 2-1. 英フレーズ丸暗記メソッドのポイント ポイント1:日常会話で使えるフレーズがたくさん掲載された参考書を選ぶ 覚えればそのままえるようなフレーズが大量収録されている「」や「」 がおすすめ。 (フレーズ数としては多そうに感じるが、以下の方法でやれば意外とすぐに終わる ポイント2:CDを必ず使い、英語を聴き発音する とにかく英語を自分の耳で「聴き」「発音する」ことが重要だ。 通勤時間・通学時間には常に聞き流し、可能であれば発音もする。 何度もリピートで聞き発音することで自然とフレーズが身についていくのだ。 ポイント4:日本語が読み上げられたら、すぐに頭の中で英文を組み立てる ある程度フレーズを覚えてきたら、CDで「日本語訳」が読み上げられたらすぐに頭の中で瞬時に英文を作るようにする。 そして、その後に読み上げられる英文を聴き、逐一答え合わせをしていく。 これが良い訓練になる。 ある程度までフレーズを覚えたらステップ3に進もう。 ステップ3:とにかく英語を大量に話す機会を作る 日本の学校の勉強では「英語を話す機会」というのがスッポリと抜け落ちている。 しかし、話す機会を大量に持たないことには英語が話せるようになるはずがない。 とくに発音などは独学では難しいが、マンツーマンで指摘してもらう機会を持てばそんなに難しくない。 少し細かくポイントを説明していく。 3-1. どうやって英語を話す機会を持つか? 選択肢その1:(フィリピン)語学留学 留学では強制的に英語を話す環境ができるので、手っ取り早い。 「英会話の勉強」限定で考えると、カナダやアメリカへの語学留学よりフィリピンの格安語学留学のほうが効率が良いと感じる。 ぼくは2カ月間フィリピンで勉強したが、食費・寮費などすべて合わせても20万円強しかかからなかった。 1対1なので、発音・文法の間違いについては適宜指摘してもらえた。 1日6時間話せば誰でも英語力はかなり上達する。 「フィリピン人の英語は発音が悪いんじゃないか」ということを良く聞かれるが、先生にもよるが大抵アメリカよりの発音でそんなに悪くはない。 フィリピン留学の語学クチコミ情報については以下から見ることができる。 選択肢その2:オンライン(Skype)英会話 海外留学ができない人には、Skype英会話が圧倒的におすすめだ。 システムとしては、「1日25分まで毎日、Skype上でマンツーマン授業が受けれる」「24時間授業を受けることが可能」「予約は15分程前までいつでもOK」などというものが多い。 どこの会社もキャンペーンをいつでも行なっているため料金はかなり安い。 3日間で2回だけ授業を受けたとしても、1回あたりの授業料は150円。 実際に英会話スクールに足を運ぶのに比べると何分の1も安いし、時間の融通も利くため仕事をしながらでも学校に通いながらでもレッスンが受けられる。 たいてい無料で2回程体験レッスンが受講ができるので、勇気を出して試してみることをオススメする。 個人的にはシステムがしっかりしていて、講師の質が高く、料金も安いがおすすめ。 3-2. 効率的に英会話レッスンを受けるポイント 間違えてもいいからとにかく話す 英語を話すことは「発音の練習」と「頭の中で英文を組み立てる練習」になる。 間違えても、英語が出てこなくても気にしなくていい。 英語を話す機会を持ち続ければ、必ず瞬時に英文が組み立てられるようになる。 発音は早めに指導してもらう 発音については早い段階で教えてもらおう。 とくに「th」「sh」「rとl」あたりの発音をきちんとマスターすると、英語に対する親しみやすさも、相手の英語の聞き取りやすさもかなり変わってくる。 うまく表現できなかったことは、走り書きでメモしておく レッスン中、伝えたいことがうまく表現できなかったときは、それを走り書きで良いからメモしておく。 レッスン後は 「レッスン中にうまく伝えられなかった部分は、どう表現すべきだったのか」必ず振り返るようにしよう。 メモした「うまく伝えられなかったこと」リストを、1つ1つネットや参考書で調べながらつぶしていく。 これをするだけで、英会話レッスンの効果はグッと上がる。 ステップ4:映画やアプリなどのツールを使い、英語をブラシュアップする 簡単に言えば、ネイティブ英語に近づけるためのステップだ。 英会話授業や参考書で使われる英語はいわゆる"模範的な英語"で、実際にネイティブスピーカー同士が話す"くだけた表現"を学べない場合が多い。 人によってはカジュアルな英語を話す必要はないかもしれないが、会話についていくために、ある程度触れておいたほうがいい。 4-1. 映画・ドラマから学ぶ 映画・ドラマには理解しやすいカジュアル表現が多く含まれている。 ネイティブの英語表現を学ぶにはぴったりだ。 ポイント1:同じ映画・ドラマを繰り返し観る 同じ映画・ドラマを、セリフを丸暗記してしまうぐらい何回も繰り返し見ることが重要だ。 繰り返し頭にフレーズを入れることで、記憶に残りやすくなるためだ。 そのために、何回見ても飽きない、自分の好きな映画を選ぶと良い。 基本的には、ドラマのほうが映画より発音がはっきりとしていて聞き取りやすい。 迷ったら「FRIENDS」 海外ドラマなら英語学習教材の定番とも言える『』がやっぱりおすすめ。 そのまま日常英会話で使えるようなフレーズがたくさん出て来るし、ジョークの連続で英語でどうやって冗談を言うのかを学ぶことができる。 本では学べない下ネタなんかもちょこちょこ出てきて良い。 そして、単純に見ていておもしろい。 4-2. スマホアプリを使って無料で学ぶ ここでは効率的に話すための英語の勉強になるスマホアプリを厳選して紹介する。 英語プレゼンが字幕付で大量に見れるアプリ• Koujirou Inoue• このアプリでは、TEDでの専門家・著名人たちの興味深いプレゼンテーションを、無料で日本語・英語字幕付きで視聴することができる。 TEDの動画で英語を勉強するなによりのメリットは「無数にある動画の中から、自分の興味のあるものを選ぶことができるため、取り組みやすく継続しやすい」ことだ。 プレゼンターたちの国籍は様々であるため、訛りや独特の言い回しを学ぶにも最適だ。 このアプリでは動画のダウンロードもできるため、自分のお気に入りのプレゼンテーションを見つけて、何度も繰り返し視聴することをおすすめする。 ゲーム感覚で英単語・英語フレーズを覚えられるアプリ• Duolingo• 世界で最もダウンロード数が多い英語学習アプリ。 分かりやすく親しみやすいデザインで、ゲーム感覚で英単語やフレーズを覚えられる。 イヤホンをつけて、電車通勤中などスキマ時間に利用すると良い。 英文を多読するのにおすすめのアプリ せっかくならニュースも英語で読んでみよう。 英語ニュースを読むなら、英字新聞なんかを購読するよりニュースアプリ「Smart News」を活用することをおすすめしたい。 Smart Newsは日本のアプリだが、設定を変更し、英語版として使うのだ。 設定はカンタン。 SmartNewsの設定画面から各国版を選び、「アメリカ合衆国」または「インターナショナル」を選ぶだけ。 上部タブ右端の「+」から自分が興味のあるニュースサイトを加えれば、楽しみながら英語を読む機会が作れる。 最後に ここまで紹介してきた勉強法の中で共通して言えることは、繰り返すことの大切さだ。 中途半端にやったものは時間が経てばすぐに忘れてしまう。 教材は少なくていい。 目新しいものに引かれる気持ちを我慢して、同じものを繰り返すことで記憶は定着する。 巷には「聞き流すだけで英語が話せるようになる」などの怪しい学習教材が多くあるが、そんなことはありえない。 楽をしようとして、色んな教材を試そうとすればするほど逆に遠回りになってしまうものだ。 自分の中でステップを決めて、着実に進めていくことが一番の近道になるはずだ。 英語・英会話勉強の関連記事•

次の

「拝啓」を英語で表現するには? 英語ビジネスメールの書き方 [ビジネス英会話] All About

しね 英語

Weblio公式 提案や依頼に対して 肯定的に返答する場合、日本語なら「」「了解です」のように返答しますね。 承諾や了承の意思を示す表現です。 対応する英語フレーズとしてはまず が思い浮かびます。 英語の O. も幅広い場面で使える便利表現ではありますが、それだけに何がどうOKなのか今ひとつ曖昧になりがちな表現でもあります。 表現そのものが幾分カジュアルであり、目上に人に対して使える表現でもありません。 英語における提案や依頼に対する肯定的な返答には、場面に応じた適切な返答フレーズがあります。 日本語だとどれも「わかりました」「」「承知しました」のように訳せてしまう言い方ですが、英語フレーズでは意味するところが違います。 フレーズそのものはどれも短くてシンプルです。 「場合に応じて承諾フレーズを使い分ける」という部分に意識が向けば、難なく使いこなせるはずです。 「理解」を伝える「わかりました」 軽い返事だけでは、相手の言ったことを自分がちゃんと理解している、ということが伝えられないことがあります。 さっと確認しただけでなく、「頭で理解した」ことを伝えるにはもう少し表現を工夫します。 I understand. その場の返事としての「了解」「」ではなく、「理解した」「内容をきちんと読んだ」「あなたの言っていることは適切に伝わっている」ということを伝えたいときは「理解する」= を使い、 I understand. と答えます。 メールなどの文面では「何が分かったのか」を understand の後に続け、自分が理解している内容を明確に伝えましょう。 理解した、というと日本語では過去形ですが、英語では I understood. と過去形にするのではなく、「今」理解しているという「状態」を示すため現在形を使います。 I understood. は「過去に理解していた」ということになるので過去の事を語るときのみに使われます。 Understood. の略で、受動態の understand を使って「その件は(個人・団体に)理解されている」という意味になります。 Can you buy bread on the way home? コピー 家に帰るときパンを買ってきてくれない? All right. 注文などを「承りました」というときや、クレームなどの対応で「今後そのようにいたします」という気持ちを伝えるときには、これらの表現を使うことで「これから行動する意思」が伝わりよりわかりやすくなります。 少しフォーマルな表現です。 receive (受け取る)は (注文)や (要求)などを「承諾した」という意味で使われます。 「きちんと受け取った」事実を伝えることで、「これから行動にうつる」ことが含意されます。

次の